日光に行くつもりが、実は裏日光に導かれたわっぽーセミナー記②

駅で打ち合わせをしていた時、大型タクシーのおじさんが勧誘で来たのだけれども、これがまた神の計らいか、「私達が行きたいのは滝尾神社で神橋から歩いていきたいんです!」と言ったら、「あ~、裏日光だな!じゃ、ここから歩いた方が良い!」とまるで、神様からの指示のようでした。
思わず、はいわかりましたとお礼を言い、出発です。

相変わらず歩いている途中で入る準備の為のワークか体操のようなポーズをやらされ、神橋に到着(お天気は曇り、小雨がかすかにちらついていた)

 

 

己の中の水を想いなさい
聖水を頂くことで あなたの内なる水が変わる
聖なる水の力を大きくし あなたは水の粒子となる
己を内から清めなさい(禊をする)
その後 川面に立ち 心改め 川を渡るのです
一歩一歩 どんどん己を溶かし 川の中央では 完全に川と一体となるのです
次に徐々に人としての身体に戻り 
対岸についた時には 新たな身体になり 古道に向かいなさい

 

 

それぞれが大谷川で、水になり龍になり粒子になりやっとたどり着いた対岸で、水の神様に心から感謝し一礼

稲荷川に沿って古道へと向かう。足が重くなるたびに、意識を変え身体を変えるコツを教わる!

 

 

 

 

 

このお山は外山と言い、山が左手をひっぱりるとチャネラー富美江さんが言い始め、みんなで左手は外山、右手は神橋方向、両手を広げエネルギーに身を任せていると身体が熱くなり力みなぎって来る。
そのようすを老夫婦がみて、同じポーズをとり、????と立ち去る。
それも違和感を感じない場でした。
頂上に神社があったので思わず撮りましたが、映っていませんね???なぜ?

 

家康公墓所を横から拝見

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝道上人を祀る霊廟

http://miyokame.blog82.fc2.com/blog-entry-187.html

 

勝道上人の眠る開山堂である事を知ったのは帰ってからです。だた、足を止められ、導かれたところに身を置くだけで、想ってもいなかったプレゼントを頂けました。

その頃から、光が微かに降りはじめました!

撮影:鈴木しのぶ

 

ここから始まる古道は、まるで、異次元へ入り込み、ここは高天原かと見違うばかりの光の世界の始まりです。

 

 

 

 

 

そして写真では撮りきれなかった、観た事の無い美しさ!!

コケが神々しく光る北野神社!!

 

 

 

 

 

 

言葉がありません!

 

そして、

一人ひとり、自然と一体となった祈りの場から、巨石から、大杉から、沢山の言葉と力を頂く旅です!

 

 

 

突然差し込んだ光が、あまりに美しく、カメラを向けると、そんな世界!

肉眼でも、光は尋常ではありませんでした!

 

 

 

 

お気づきでしょう!

同じ場所です。

 

早く滝尾神社に詣でなさい!

光のショウを見せよう!!

 

その言葉に押され歩みを進めました。参加者全員興奮状態でした!

 

滝尾神社の滝です。

青く光っていました。

青龍でしょうか。

 

左の白く見えるのは、水の流れが凍っているのです。

 

 

 

 

眩い光は滝のすぐ下で頂きました。

 

 

 

 

この三点の撮影:鈴木しのぶ

 

 

 

金剛界曼荼羅のようです!

神業としか思えません!!

 

 

 

 

 

神はこんなにも存在を表してくれています!

それを受け取れず、大地を汚し、ただただ自分の生きる事のみに終始している己を見つめるだけです。

神の大いなる光は、確実にそこに存在しています!!

 

これから滝尾神社に参拝です。

明日アップいたします。

コメントは停止中です。