「チャネリングは自分をよい方向へと導いてくれる」講座参加者の言葉」カテゴリーアーカイブ

チャネラー養成講座中のコンタクト

地球規模で加速する次元上昇。現象が想像を超えどんどん起きていきます。天災も人災も、今回のコロナウイルスもそうですが、自分の人生の速度も速くなって、起きている事柄についていけない気持ちになることも多いでしょう。
けれども、魂の成長を主にして今をみつめると、こんな恵まれた刺激的な時代はありません。
ぜひとも、現状から逃げず、どんな状況でも希望を持ち、起きることを体験によって学び、どんどん大きくなっていきたいと強く願います。
最大の希望は「死が訪れるその瞬間まで、生きることができるのです!」精いっぱい生きましょう!

1/19に行われた「わっぽー縄文式チャネラー養成講座アドバンスIN新潟」で講座最後に降りた一人一人に対してのコンタクトです。

踏江に対してコンタクト
はっきりとした視点は良いでしょう
足りないところは想像力
貴方の人としての意識を持った想像力が足りません
意識を超えた所の受け取る力はあるのです。
想像力が足りないが故に意識を超えた所からくる情報にゆとりがない。
もっと想像豊かにすぐに手放さないでしばらく自分でこねくり回した後、手放してメッセージを取ったり、もっと広いものの見方をして良いでしょう
こねくり回す時間はそう長くないので支障はない

 

高橋に対してのコンタクトたかまのブログ
明快なようでありますが、実は曲線を描いている
物の核心に行った後、自分の中に入っていく戻りがある
という事は自分思考の中に入り込んでいくと捉えて良いでしょう
思考に入る前のはっきりとした見つかった、そこだけで良いのにもうちょっと手ごたえのある所まで求めるが故に巻きこんだような感じになります。そこは気をつけた方が良いでしょう。
要はやり過ぎる所があるという事です。
今年もう一つ大きく扉を開くタイミングですから色々なところでグッと押しあけるような動きをした方が事が早く馴染んだり、早く聞こえたり、早く掴む事が出来るでしょう
内側からの力を大きくしながら丁寧に開けていくような感じ。

 

講座参加者の一人に対してのコンタクト
束縛から自由になる事
自分の中にある思いで繋がった縁と自分の思わざる所から繋がった縁
確かに縁というものは色々と要素がありますがほとんど貴方の生き方に影響を与えてくれるのは貴方の思わざる所からの縁です
それは予想し得ない所へ創り出し力となり今までと違う事を生み出し連れて行く
心の奥底でそれを望んでいるならば自らの思いとそれ以外と瞬別した上でそこから自由になって、そこから見つめ直せば、もっと楽に色々な事がやってくる

巨人が人の世界をまたいで歩くているように、貴方は人の尺度ではなく、立ちたい所に立ち、立ちたい歩みをする
そういう存在です。
人の尺度を持つと自分を枠にはめ、形を作ろうとします。
それも必要な事。しかし本来の自分に戻るときには大きな巨人が手をブラブラさせながら、大きな歩幅で、立ちたい所に足をおく、空を見上げる、ただただこの地球を面白がる、そのような存在です。
そのような人の中に収まりにくい者が仕事を与えられ、やりたい事を見つけられたのは、ひとえに縁があったから貴方は方向を見出す事が出来たのです。
貴方は楽になると遠い彼方を見つめ、意味のない動きをし、何も形にすることはできなかったでしょう。その貴方を生かしたのが縁です。
縁があったからこそ今形になったやりたい事、微かにやりたい事、きっとこうなるのかなと状況によって与えられる事が次々と貴方の所に生まれ、形をなしていきます。
このまま進んでいけばよいでしょう
ただ周りの人が貴方を理解し、貴方の個性を認め共感し、共有出来るには、縁を大切にする「言葉」が必要でしょう。
そこは努力をする必要があります。
頭を使う必要はありません。もう少し人に寄り添えば、言葉は自然と溢れてきます。特別な時間を作る必要もありません。
気持ちを寄り添わせればよいのです。

言いたい事は山ほどある
人もほかの神もそうでしょう
聞きたい事が山ほどあるようになったならお互いの関わりは深まるでしょう。
私はまだ言いたい事が山ほどある。
ちゃんと取れるように!

***

コンタクトを受け取ったときは脳がしびれる感じがし、全身が消耗していますが、ハートは満たされています。
今回も高橋真帆さんがテープ起こしをしていただいたことによりこのように発信できました。感謝します。
音で受け取っていた時とは違う智慧をいただいたようにも感じています。
沢山伝えたいをもっと深く受け取れる人になっていきたいと、願い、日常でも常にコンタクトを習慣としています。発信がなかなかできないことを反省し、今後もう少しコンタクトメッセージをお伝えしていこうと思います。

きょう1/23は長岡での個人セッションと、Heart Window Art教室があります。ここでも数多くメッセージが来ますので、ひとつでもお伝えしたいと思います。

お読みいただきありがとうございます。 踏江みつ子

 

 

東京滞在中8/9〜14

8月9日から東京に入っておりますが、今日の介護施設(リハビリケア船橋)での波動絵指導と明日の千葉Heart  Window  Art、千葉セミナー終了後新潟に帰る予定です。

10日の縄文式チャネラー養成講座は、第13期最終日で参加者の半年間の成長を目の当たりにしました。この間私自身、母の看取りを体験し、メンバーのお一人に起きた、ご家族の突然の危篤と会社での責任が肩にのしかかった状態で神とのチャネリングと、自身の内奥にある真のご自分の強さ(あるがままの自分)に委ねる試練でありチャンスを超えられました。講座では死生観、死後の世界がテーマとなる事が多く、深く考え、チャネリングでヒントをもらい、死者と繋がり終わった人生を共に振り返り執着を手放し、死者がその後に入って行く世界を垣間見せて頂く体験により、今をもっと自分らしく、もっと自分を生かして本来の自分らしく生きる気持ちに達しました。メンバーのご家族は命を取り留め、一回りもふた回りも大きくなったメンバーと笑って暮らしています。また、会社も大きく変容を始め、仕事が増え、メンバーが大きく成長するのを後ろから前から、促してもらっています。

嬉しいことです。

神の支援は益々増えています。

また、サロンをオープンしていたメンバーも、体調が安定し、チャネリングも拡大し同時に仕事も拡大し、生き生きと今を生きていますし、参加しているみんな、今ここで出会い共に溶ける事を知り、死ぬ事に安心し切って、今をどう生きるかを見つめ会い関わりあい、助け合う同胞になっているのです。

嬉しいことです。

 

2019年はミラクルが爆発的に起きます。意識変容が加速するために。そして、今どう生きるかをかたちで観る事がプレゼントされるのです。

感謝です!

今この瞬間を、思いっきり楽しみましょう!

 

明日は千葉セミナーを本八幡で開催します。12時半から15時半を予定しております。

参加費  5000円

ご興味のある方はぜひご連絡ください。TEL  08013014228

大きな転換期を超える為のキーワードは・・・①

昨日の千葉のチャネラー養成講座アドバンスの中で、「神の愛を実感する具体的な出来事を言葉にするワーク」をしました。
それを体験後、
自分が理不尽に想おうが嫌であろうが、存在する人、モノ、モノゴト、すべて神が認めているならば、認める事が、尊厳を持つことだとわかりました。と参加者のSさんが言葉にしてくれて、涙がでるほどうれしかったです。
在ることを認めて自分は何を選択する?と思うと、心に摩擦が起きず、したいことをスムーズに実行出来そうと言っていました。

実感を伴って理解出来る人が増えてきており、未来に希望を持てます。

大きな転換が起きていると実感しました。
気が引き締まる思いです。

そして、今日参加者Aさんからのメールです。

先生、おはようございます。
昨日はありがとうございました。
また新たな自分発見になりました。
これからの生き方が変わります。

元々あった本質ですが、本来の自分にやっと出会えた感じです。
好きなことを思いっきりすると目立つし、目立ちたい自分なんだ、と納得しました。
こんな私ですが、これからもどうぞよろしくお願い致します。

昨日は帰りの電車の中で、「尊厳を持つ」が頭からずっと離れませんでした。
意識以上のところに、深く入ってきた感じです。
尊厳についてこれまで何度も教えて頂いてきましたが、昨日は身体全体に染み込んだ感じがしています。
そして皆どの人も神様が認めている存在なんだ、ということも同時に染み込んできました。
今、実家から帰る途中ですが、周りの知らない人たちの存在がすごく近くに感じられます。
近いというか、親しみがあるというか、なんとなく温かい感覚です。
安らかな…そしてちょっと嬉しいような感じも混ざっています。
今までない感覚ですが、とても気持ちがいいです。

今後もどうぞよろしくお願い致します。

お電話でメールをアップする事の承諾を頂きました。
尊厳がどんどん広がっているようで、周りの人に対しても、物事に対しても、家やものに対しても、それ自体が堂々とそこにあると実感しはじめているようでした。
そして、感謝の気持ちが自然にすべてに向けられているようで、それはそれは幸せに浸っていました。
この幸せはどんどん広がっていくでしょう!

この言葉を聞いて、もちろん私も嬉しさいっぱいです!!

「神の愛」これは現実に形になっています。
厳しく、冷静で、容赦ない、そして、智慧がどんどん溢れてくるのが、神の愛です。
探して、観つけてください。
ほとんどが一見不都合な事がらです。
そこに「神の愛」を見つけてください!

チャネリングで知る『今は問いの時代』問い未来を知る!

2018年4月新潟セミナー中に降りたコンタクト  踏江みつ子

 

弾む時代からそこにある

次にある

その間に疑問が間に入ってくる

次にある「なぜ」

次にある「なぜ」

人も状態も時代の流れの中に

経営も含め、聞こえない疑問のキーワードが放たれているから

人も物事も形がはっきりしてくる

なぜと問われてくるから自分を出し、

なぜと問われているから自分のしたい事を強く現す。否定されない為に…

またはそこにあるただそれの為に…

疑問が多くなる時代は人は智慧を宇宙から与えられる時代なのです

人が人として考えてるには限界だから

「なぜ」「なぜ」と問うのです

この時代は短いです

チャンスとして掴むが良い

疑問が多い時代こそ何度も脱皮が出来る時代なのだから…

 

 

 

 

 

 

Q疑問を詳しくお願いします

 

単純な言葉で「なぜ」と問えば良いのです
そうすれば貴方の心の奥になぜの次の言葉が湧いて来ます
その「なぜ」の次の言葉が智慧なのです

Q起きた事に「なぜ」と問う癖を付ければ良いのですか?

そうです
問いながら、それに対する次の言葉を引き出していくからです
なぜを問うた答えを言う必要は無いのです
なぜと問うた次の言葉を引き出せば良いのです。
次の疑問でも良いし、答えになっていても良いが
答えという限定を求めた瞬間から「なぜ」は小さなものになっていきます

Q原因とかの細かな小さな事ではないのですね?

 

力を抜いて「なぜ」という感じ

子供と同じ「知りたい」という感覚

決めつけの時代ではない

2018年4月のエネルギー

4月2日千葉セミナー資料より

2018年4月がとうとう来たと言う感じです!

 

 

 

新しいエネルギーに変わった感じがしています。

また、個人の周りでも、社会情勢も、ころころ状況が変わっていく、変換の時代なのでしょう。

これを利用して、もっといろいろな状況を創りだす事が出来るのだと思います。

まずは自分から!

自分自身の事が、自分の行動・言動を観るとよくわかります。

よくわかると同時に、自分を変えようと強く意識すると、変換できやすいのです。

「何故そう思うのだろう?」がキーワードですが、全てを肯定して自分に聞いてください。

否定感があると、小さな声は閉ざしてしまいます。

肯定して、共感すると、自分の中の小さな声は色々な想いや考えを出してきます。

コンタクト 踏江

あなたに分かる事はあなたに分かる事

他の人に分かっている事があなたに伝わるわけではない

言ってみれば、自分の世界で起きていることが自分の真実で

他の人の世界で起きていることは

あなたにはわかり得ない

しかし

分からなくてもやってしまう事がある

やってしまう事は他の人も共有できること

やってしまう事は他の人もやってしまう事なのだ

時間差はあっても

やってしまう事は誰かがやることで

あなたかもしれない他の人かもしれない

やってしまう事は 起きる必然のことなのだ

ころころと変容していく中、自分を失わないには、もっと自分を手放し、自分を出せば良いきがします。
そうすれば変容を含めた全体意識のわれに到達するのでしょう。

コンタクト 踏江

人は自然と宇宙に委ねるられるようになる

それが人と言うもの

出来ない事がはっきりとわかった瞬間から、委ねる事が始まる

宇宙の大きさと自分の小ささとを実感した瞬間から、委ねる事が始まる

気が遠くなるほどの宇宙の広さを実感した瞬間から、委ねる事が始まる

そして

委ねる幸せを掴むだろう!

セミナー資料を開かず1ヶ月の振り返りをしていると、前の日に創った資料道理進んでいることがよく起きました。

今日も正に、そんな状態でセミナーは進んでいきました。

「もっと自分を手放し、自分を出せば良いきがします。
そうすれば変容を含めた全体意識のわれに到達するのでしょう。」
この踏江の言葉は、富美江さんによって

自分を出した瞬間から出したものが独り歩きするから
自分を出した瞬間から手放しているんじゃあないかな?

踏江「自分を出してその言葉や行動を掴む人が多い!
赤ちゃんがぐーぱーするように、つい握ってしまうのが人間かもしれない」

コンタクト 富美江

入口は出口と違うと思っても、ただ一緒なのにどこが違うのだろう
出入り口はどちらでも良いのが、こちらの世界だ。
だからこそ、どの場も言葉の違いだけだと知れば
その言葉だけで、意味を捉えなくて良いだろう。
こだわりは、自分の中で意味づけし
出した瞬間に、大きくこだわりを持たなければ
ただできた事を手放し、
その時、宇宙に大きく解き放たれる!