養成講座内容」カテゴリーアーカイブ

新潟チャネラー養成講座中のコンタクト

昨日行われた、新潟チャネラー養成講座アドバンスクラスでの、コンタクトと対話の一部です。

 

少し整理をしておきましょう
あなた方は想像してみなさい
神がこの身体を作った時、母なる神が愛しい子供を作る時、どのような道具をどのように置けば良いのか
どう考えたのだろう?神の意図を思えば、今自分がこの出来上がっている形を理解しやすいでしょう
この身体という道具を使いこなすにはこの道具を作った大いなる存在の意図に思いをはせなさい
智慧は自ら湧いてくるでしょう

Q:身体を勉強しているとすごく良く出来ていると思うのですが、他の動物達と人間の違いは何がありますか?

では聞きましょう
動物と植物の違いは何がありますか?
貴方の質問の答えです。

Q:自分で動く

そうです
それぞれがそれぞれの生態系を持ち、優劣などありません
それぞれが違う、生存していくシステムを与えられているのです。生きながら変化していくのです。
今人間を生きていますので学んでいくと良いでしょう
他の生命体を見る時に人間を見るような見方で見ないように。
その動物なら動物の世界を見るように
その世界で必要な形を与えられていると気づくように
そうすると貴方が知りたがっている事に到達するでしょう

Q:人間はとても未熟ですが、わざと学びが必要な形にしているのでしょうか

人間というのは可能性がある
どの方向を選んでも生存していけるような作り方がされている
例えば水の中で生きなくてはならなくなった場合、過去の記憶にある肺呼吸にシフトを変えることも可能です。
そういう変化を願ったのならば…
生きているもの達の意識を形にしやすい
そして脆い形になっています
病気もしやすい、傷つきやすい、なので治療というものが進化しやすい。

学ぶんじゃない、創り上げていく!
自分達が自分達をどう創り上げたいのかと思いをはせると、
神が自分の子供を創り上げるとき、どんな思いで作ったのか?を感じざるを得ないであろう。

 

⭐︎

「苦」という文字は
真ん中に「古い」がある
上には草かんむり
つまり、古いものから芽吹く時、「苦」となる
それを「苦」と捉えるか、新しいものに変わる時の変化と捉えるかで全く変わっていく

縄文式チャネラー養成講座 内容 「〇〇を迎えた自分からのアドバイス」

2020年になり一人で考えても、想像を超えた出来事が多くなり、何かのアドバイスが必要となっていると思います。

たくさんの研究者の意見も、状況に応じて変化しており、一人一人の人生の歩みよりも、周りに歩調を合わせるしかなくなって、閉塞感をお持ちの方もいらっしゃると思います。または、実は疎外感を気にしないようにしていらっしゃる方もあると思います。

どんな状況でも、ある程度社会に適応しながら、自分の人生を意識しながら生きるにはチャネリングというサポートが何より心強いかと思います。

今回のアドバンスクラスでは、自分の人生の到達点、死を迎えた自分自身とチャネリングすることにし、未来の自分の視点を現在の自分に生かすことにしました。

メッセージの内容をお伝えします。

他の人からのアドバイスではなく、今より成長している自分ですので、うまくいっていることもいっていないことも含め、細部にわたり理解してくれている言葉です。心にしみやすく、また実行しやすい内容です。

ただ、他の方がお読みになって、参考になるかは知り得ませんが、このようなアドバイザーをそばに持つ事が、チャネリングの醍醐味かと思います。

 

死を迎えた貴方からの言葉

<踏江>
これからもっと色々な事が起きて
それは想像さえしていなかった事が形になっていく
完璧に形を整えようと思っても完璧さえもわからなくなる
だから起きる事に対して挑むだけ
ただ挑むだけ
そして挑んでいると貴方は今より能力が上がります
能力が上がる事
同時に必要のない事
もう古くなった考え方、クセはこれは足かせのように重さを感じますのでドンドン切り離して行けば良い
変わっていく
太くなっていく
同時に削ぎ落としていく
それをし続ける時代に入ります
生み出すと同時に削ぎ落とす
今よりもっと刺激ある生活になるでしょう

死を迎えた貴方から
<真帆>
居なくなる前の存在感
居なくなっても仕事が続いている
家族にとっても無理をしている親はすごい鏡になる
あれだけのことをして人生の本当にやりたい事を勝ち取っていくのだと言う本当の教えになる
欲しい事をただ言っていて楽してたのではない。本当に欲しいならば本気で死ぬほどやるのだと見せつけている
これはものすごい教育になる
勉強している姿は残る

感想

私(踏江みつ子)自身、死を迎えた自分自身を感じ、コンタクトを受け取った時、ほっとしました、そして何とかなるなと思えました。今の自分では、目の前の問題は大きな壁に思えるのですが、死を迎えた自分にとっては既に乗り越えた出来事なのですから、乗り越えるための方法がより分かりやすいのです。
自分自身が本当に頼れる存在なのだと実感できます。

ぜひとも、未来の自分を感じてみてください。

チャネラー養成講座中のコンタクト

地球規模で加速する次元上昇。現象が想像を超えどんどん起きていきます。天災も人災も、今回のコロナウイルスもそうですが、自分の人生の速度も速くなって、起きている事柄についていけない気持ちになることも多いでしょう。
けれども、魂の成長を主にして今をみつめると、こんな恵まれた刺激的な時代はありません。
ぜひとも、現状から逃げず、どんな状況でも希望を持ち、起きることを体験によって学び、どんどん大きくなっていきたいと強く願います。
最大の希望は「死が訪れるその瞬間まで、生きることができるのです!」精いっぱい生きましょう!

1/19に行われた「わっぽー縄文式チャネラー養成講座アドバンスIN新潟」で講座最後に降りた一人一人に対してのコンタクトです。

踏江に対してコンタクト
はっきりとした視点は良いでしょう
足りないところは想像力
貴方の人としての意識を持った想像力が足りません
意識を超えた所の受け取る力はあるのです。
想像力が足りないが故に意識を超えた所からくる情報にゆとりがない。
もっと想像豊かにすぐに手放さないでしばらく自分でこねくり回した後、手放してメッセージを取ったり、もっと広いものの見方をして良いでしょう
こねくり回す時間はそう長くないので支障はない

 

高橋に対してのコンタクトたかまのブログ
明快なようでありますが、実は曲線を描いている
物の核心に行った後、自分の中に入っていく戻りがある
という事は自分思考の中に入り込んでいくと捉えて良いでしょう
思考に入る前のはっきりとした見つかった、そこだけで良いのにもうちょっと手ごたえのある所まで求めるが故に巻きこんだような感じになります。そこは気をつけた方が良いでしょう。
要はやり過ぎる所があるという事です。
今年もう一つ大きく扉を開くタイミングですから色々なところでグッと押しあけるような動きをした方が事が早く馴染んだり、早く聞こえたり、早く掴む事が出来るでしょう
内側からの力を大きくしながら丁寧に開けていくような感じ。

 

講座参加者の一人に対してのコンタクト
束縛から自由になる事
自分の中にある思いで繋がった縁と自分の思わざる所から繋がった縁
確かに縁というものは色々と要素がありますがほとんど貴方の生き方に影響を与えてくれるのは貴方の思わざる所からの縁です
それは予想し得ない所へ創り出し力となり今までと違う事を生み出し連れて行く
心の奥底でそれを望んでいるならば自らの思いとそれ以外と瞬別した上でそこから自由になって、そこから見つめ直せば、もっと楽に色々な事がやってくる

巨人が人の世界をまたいで歩くているように、貴方は人の尺度ではなく、立ちたい所に立ち、立ちたい歩みをする
そういう存在です。
人の尺度を持つと自分を枠にはめ、形を作ろうとします。
それも必要な事。しかし本来の自分に戻るときには大きな巨人が手をブラブラさせながら、大きな歩幅で、立ちたい所に足をおく、空を見上げる、ただただこの地球を面白がる、そのような存在です。
そのような人の中に収まりにくい者が仕事を与えられ、やりたい事を見つけられたのは、ひとえに縁があったから貴方は方向を見出す事が出来たのです。
貴方は楽になると遠い彼方を見つめ、意味のない動きをし、何も形にすることはできなかったでしょう。その貴方を生かしたのが縁です。
縁があったからこそ今形になったやりたい事、微かにやりたい事、きっとこうなるのかなと状況によって与えられる事が次々と貴方の所に生まれ、形をなしていきます。
このまま進んでいけばよいでしょう
ただ周りの人が貴方を理解し、貴方の個性を認め共感し、共有出来るには、縁を大切にする「言葉」が必要でしょう。
そこは努力をする必要があります。
頭を使う必要はありません。もう少し人に寄り添えば、言葉は自然と溢れてきます。特別な時間を作る必要もありません。
気持ちを寄り添わせればよいのです。

言いたい事は山ほどある
人もほかの神もそうでしょう
聞きたい事が山ほどあるようになったならお互いの関わりは深まるでしょう。
私はまだ言いたい事が山ほどある。
ちゃんと取れるように!

***

コンタクトを受け取ったときは脳がしびれる感じがし、全身が消耗していますが、ハートは満たされています。
今回も高橋真帆さんがテープ起こしをしていただいたことによりこのように発信できました。感謝します。
音で受け取っていた時とは違う智慧をいただいたようにも感じています。
沢山伝えたいをもっと深く受け取れる人になっていきたいと、願い、日常でも常にコンタクトを習慣としています。発信がなかなかできないことを反省し、今後もう少しコンタクトメッセージをお伝えしていこうと思います。

きょう1/23は長岡での個人セッションと、Heart Window Art教室があります。ここでも数多くメッセージが来ますので、ひとつでもお伝えしたいと思います。

お読みいただきありがとうございます。 踏江みつ子

 

 

東京滞在中8/9〜14

8月9日から東京に入っておりますが、今日の介護施設(リハビリケア船橋)での波動絵指導と明日の千葉Heart  Window  Art、千葉セミナー終了後新潟に帰る予定です。

10日の縄文式チャネラー養成講座は、第13期最終日で参加者の半年間の成長を目の当たりにしました。この間私自身、母の看取りを体験し、メンバーのお一人に起きた、ご家族の突然の危篤と会社での責任が肩にのしかかった状態で神とのチャネリングと、自身の内奥にある真のご自分の強さ(あるがままの自分)に委ねる試練でありチャンスを超えられました。講座では死生観、死後の世界がテーマとなる事が多く、深く考え、チャネリングでヒントをもらい、死者と繋がり終わった人生を共に振り返り執着を手放し、死者がその後に入って行く世界を垣間見せて頂く体験により、今をもっと自分らしく、もっと自分を生かして本来の自分らしく生きる気持ちに達しました。メンバーのご家族は命を取り留め、一回りもふた回りも大きくなったメンバーと笑って暮らしています。また、会社も大きく変容を始め、仕事が増え、メンバーが大きく成長するのを後ろから前から、促してもらっています。

嬉しいことです。

神の支援は益々増えています。

また、サロンをオープンしていたメンバーも、体調が安定し、チャネリングも拡大し同時に仕事も拡大し、生き生きと今を生きていますし、参加しているみんな、今ここで出会い共に溶ける事を知り、死ぬ事に安心し切って、今をどう生きるかを見つめ会い関わりあい、助け合う同胞になっているのです。

嬉しいことです。

 

2019年はミラクルが爆発的に起きます。意識変容が加速するために。そして、今どう生きるかをかたちで観る事がプレゼントされるのです。

感謝です!

今この瞬間を、思いっきり楽しみましょう!

 

明日は千葉セミナーを本八幡で開催します。12時半から15時半を予定しております。

参加費  5000円

ご興味のある方はぜひご連絡ください。TEL  08013014228

加速する7月

2019年に入ってからの物事の加速度は一層進み、ふたを開けるつもりもないのに、どんどん露呈してくるネガティブな自分自身。そう思っていた人も多いのではないかと思います。

内在している不安や怒りの開放が進み、気づけば何のこだわりもなくなった時、魂の願いは奥から現れ、一気に形となっていきます。

7月に入った瞬間、圧が取れ、魂がしたいことが現実に立ち現れてきました。

ふと沸いた言葉を大切に心に留め置き、丁寧に実行しましょう!
大いなる我は、自分にこんなプレゼントを用意していたのかと感動することでしょう!

6月16日のコンタクトを紹介します。

利き手ではない方の手に持っているものはとても重要ではあるが、ピンと来ない事もあるだろう
なぜならば、親しみのある利き手の握ったもんではないからだ
要は自分がスムーズに掴んだものでなく
引っかかりながら掴んだものがより重要である例えである
人は左右の差があるように得手不得手がある
どうしても自分の好む方を選んでしまう
なので偏りが大きくなる
けっして自分が選ばないようなものをたまには選んでみると良い
刺激となってあなたを若返らせるだろう

選ばないものとは選びそうなものが同時にあってではなく?

他の人が掴んだやり方を参考にする
不本意なものも選ぶ

世の中が変容する
次元が上昇し、人の自尊心が降下する
そして融和がもっと進むだろう
価値観が変わっている事にのれない者達は自分を主張し過去を主張する
自分を溶かすという事を時間を使い、知恵を使い、エネルギーを使い、行いなさい
次元が変わった現実をはっきりと目の当たりにするだろう
3までの宇宙の数字を超え、4以降の膨大なエネルギーの有り様に突入していく(混迷、複雑、同時に)
壊れる者は壊れていく
どうしようと救済出来ない
それさえも尊厳である

自尊心が降下、融和が進む?

まるで別世界、交わらない感じ、二極化以上のもの
我の自尊心をもつ事で本来の自尊心がなくなる

4の世界は静かに見つめられるよう、自分を溶かす
経験値で見るような見方では見えない

宇宙の3つ
1 在る
2二つのエネルギーが出会う
3出会った時何かがピッと走り変わる

4もう一つの地球に移る、別世界に移る、それが同じところにある
違う事を話しているのにお互いが通じ合ってると思っている
過渡期という表現
同時に存在する、これは以外とずっとある事
今現在起きている事だけど過去の事言っている
そこには居ないとはっきり認識したものはだんだんと過去の所業から離れていく
ここでいう過去とは新しい認識が出来ない人達
例えばさっきの老人に話
運転は出来ていないのに出来ている
これは現在の認識が出来ない過去に生きているという事

過去に生きている人達(新しい認識の出来ない)の起こす事に巻き込まれない為にはしっかりと違う世界にいるという事を認識してそこでの働きをする事
でも関わって不都合が起きます。対処法は新しい意識での対処をする必要があるのです

物 過去や未来はない、ただ在るという事を成し遂げている存在

その老人が望んでいる本来または未来と繋がれば良い事
本来とは絶望と希望を言葉で表す
心の奥にあるもの、言葉の裏にあるものを代弁する感じ

現実は自分の欲から始まっているという事
神がさせたい事という大義名分をつけない事