エネルギーアート

市川Heart  Window  Art.  作品です。

未完成の作品ですがご覧ください。

 

 

幸せを感じ、未来に帰る!

雨の中、東京から新潟に向かっています。

6日からのわっぽー東京ワークが終わり、みんなと別れる寂しさと、これから起きる次元上昇現象への期待を持ち、新潟に向かってます!

これから起きる事!

想像するだけでワクワクします。

具体的にと聞かれれば、今あなたの心配はあなたの希望へと変換され、現実となると言えます。チャネリングしてください!こんなに大いなるエネルギーを身近に感じることは今までありませんでした。今、横に、大いなるエネルギーを感じます。上ではなく、横です。

自分に自信が持てない人は悩まないでください。

自信なんていりません。

ただ、今は知らないとても大きく愛溢れる大いなる自分がいる事をうっすら自覚して、共に人生を楽しみたいと願っていれば、なかまができ、信じられる人々に囲まれて生きている瞬間が楽しいと実感できます。

今までとは違うバランスが取れる時代になってきました。バランスを取らず、今したい事を実行して、今の喜びを味わってください。

未来は見たことにない世界が広がります!

楽しみですよ!

生きましょう!

わっぽー          踏江みつ子

 

3月のHeart. Art. Window エネルギーアート作品

家族を亡くし、新しい家族を迎える体験をした、心の作品です。

そして、同じ手法なのにそれぞれの個性が現れた作品  下越病院教室の作品群です。絵を描いている瞬間は、内観と同じなのです。絵を描き終わった時、確実に内なる変化が起きているのです。

命  を描いたのは、9歳の少女です。最近おばあちゃんを看取り、そして妹が生まれ、命を実感し、自分にとっての命の意味を真剣に考えて描きました。

「人の命が繋がっていくこと」を描いたそうです。

 

 

『神と闇の神と地球と交信する』ワーク

3月2日東京にて、縄文式チャネラー養成講座アドバンスクラスを開催した際の内容を一部アップします。

メンバー全員チャネリングができ、互いの信頼関係があり、挑戦したワークです。

一つのテーマを、3人が違うエネルギーソースに聞いてみたうえで、エネルギーソース同士デスカッションしていただくのです。

本人の意識は介在させないよう意識してもらい、深く深くエネルギーソースの中に入り込みます。

『神と闇の神と地球と交信する』

それぞれ人間が概念として持っており、その人の文化により概念が違うのですが、媒体として存在していても、人間ですので、色は付きます。大いなる存在はそれで良いと認めてくれますので、媒体の個性も含めデスカッションに行ければ嬉しいなと企画しました。

結果は、みなお顔が高揚するほど楽しかったと感想述べていました。

活字にするとな~んだと思われるかもしれません。しかし本人は知らない世界に誘われ言葉以上の感覚で智慧を体験しているのです。

『神と闇と地球と交信する』

質問:女性と男性の仕組みについて

A神 二つの極があることでバランスがとりやすい。流れが起きやすくい。
2極が引き合い、反発し合い、大きなエネルギーが起きる。大きなエネルギーがあることで変化も起きやすい。
それぞれの役割があって、豊かに成長し流れていく。

B地球 2極がもっと増幅し、二通り以上になる。
女性男性の2つの性は対等にあれば感覚の豊かさを担っている。残念ながら、今は男性優位で、女性はのびやかになることが望みだが、男性極のほうが強い。対等が良いがどちらから優位に立とうとする。

C闇 支配するほうが強くなり、されると怖いから支配に回る。
本来対等。対等を理解していないと、破壊、崩壊に続く

A神 競うい合うからそうなる

B地球 このままでは破壊が強いエネルギーとなる。
女性に対して違う見方をする時代。
地球と人類 つながっている。地球も進化する。人類に続いてほしい。

C闇 人類は地球のエネルギーをもらうだけで、互いに受け取り合う関係が成り立っていない。闇のエネルギーを使い地球を疲弊させている。

B地球 人類が好き!提供するだけになっているが、人類が好き!
人類のDNAも破壊されつつある。絆も破壊されつつある。
闇の神に近いものが復活のきっかけを創る

C闇 美しいDNAを持つ人類 男女
人類にとって、地球にとって不自然なものは受け入れられない・・・・(不自然なものは何?)

A神 人類の今後の役割 地球に立っていることの認識 どこに立っているのか・・・

C闇 エネルギーが必要 成り立ちを理解しなくてはいけない!

B地球 それでも人類が好き~~~!

 

1時間弱かけての対話になりました。

皆へとへとになりながら、愛を智慧として体験できたのです。
小さな個人の中に、3つの世界を時々お持ちになると、考えは常に広がり、日常的な家庭生活にも、会社でのコミュニケーションにおいても、必ず変化が起きると予感します。
神だったら、闇の神だったら、地球だったらと少し考えてみるだけで、ワクワクしてきます。

お読みいただきありがとうございました。

母の看取り

2月23日母が永眠しました。

亡くなる前日から39度の熱が1日続きそして。徐々に呼吸が浅くなり、息が途切れ始め、最期に大きく息を吸い向こう側に旅立ちました。

エネルギー全てを使い切り、生き切る姿を観せてもらいました。

その姿に感動し、精一杯生き切ると強く思い母に約束してお別れしたのです。

 

向こうに行く時のコンタクト

後は任せたよ!

 

今母を感じると、若くて穏やかで、フワリと広がったエネルギーになっておりますが、母だとわかります。穏やかに微笑みながら私がしていることを嬉しそうに観つめてくれます。生きていた時は苦しい事も多かったでしょうが、今感じる母のエネルギーは何のこだわりもなく、ただ穏やかな美しい母の存在感です。

今迄と違うのは、とても近くに母を感じる事です。

母の存在を感じながら、講座やセッションでチャネリングするのも楽しいです。生前は、私がしている事を否定はしないけれど、面白がる事もなく、距離を置いていましたが、亡くなるまえに光へ誘導したり、母が観ている世界を転写しながら言葉をかけていましたから、近くに感じるのだと思います。この時間もいずれ終わるでしょうから、今の感覚がありがたいです。