カウンセリング、セミナーでは」カテゴリーアーカイブ

母の看取り

2月23日母が永眠しました。

亡くなる前日から39度の熱が1日続きそして。徐々に呼吸が浅くなり、息が途切れ始め、最期に大きく息を吸い向こう側に旅立ちました。

エネルギー全てを使い切り、生き切る姿を観せてもらいました。

その姿に感動し、精一杯生き切ると強く思い母に約束してお別れしたのです。

 

向こうに行く時のコンタクト

後は任せたよ!

 

今母を感じると、若くて穏やかで、フワリと広がったエネルギーになっておりますが、母だとわかります。穏やかに微笑みながら私がしていることを嬉しそうに観つめてくれます。生きていた時は苦しい事も多かったでしょうが、今感じる母のエネルギーは何のこだわりもなく、ただ穏やかな美しい母の存在感です。

今迄と違うのは、とても近くに母を感じる事です。

母の存在を感じながら、講座やセッションでチャネリングするのも楽しいです。生前は、私がしている事を否定はしないけれど、面白がる事もなく、距離を置いていましたが、亡くなるまえに光へ誘導したり、母が観ている世界を転写しながら言葉をかけていましたから、近くに感じるのだと思います。この時間もいずれ終わるでしょうから、今の感覚がありがたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

チャネリングメッセージ「人生の流れ」 

2月16日新潟セミナーを行った。

初めての参加者もあり、チャネリングについての説明を行った後、コンタクトがおり、下記のメッセージを語っていた。

読み返してみると、温かい神の視線を感じるメッセージです。

是非一読ください。 踏江みつ子

コンタクト

右手と左手の役割に違いがあるように
今のあなたと過去のあなたの役割に違いはあります
そして未来のあなたの役割に違いもあります
この自分の役割がどんどん変化していく
それは生きていくうえで当然起こることです

小さいときには皆を幸せな気持ちにする役割
だんだん知恵がつきはじめ、体を自由に動かしくたくなった時
周りに迷惑をいっぱいかけ、たくさんの世話になり、愛情をたくさん受けて成長します
その時のあなたの役割は周りの人の忍耐力、知恵をつけさせるきっかけとなり、体力を持って幼子の動き回るエネルギーについていく
そのような周りの人の成長を促す時期です

そして勉強する時期に入ると、周りの人はだんだんとあなたに何かを期待し、できることを与えて、その人の持っている力を引き出そうとしていきます

次に成人し社会に貢献する時代になって、たくさんの仕事をし、また若い者を育て社会を作っていく時代になります
がむしゃらに働き、一つの時代を作り上げていくのです

そしてそれが第一の終わり迎えた時、気持ちにゆとりができ、目を開き、もっと自分を見たくなっていく
そうあなたはこれから自由な、言い換えればわがままな老人へと進化していきます
役割としたら若い世代がいつまでも上の世代に頼っていられないという自立の考えに至るのです。
若い者を成長させる役割に変わります

そして自由、何かを楽しんだ後、この地球に、自分の家族に、次の世代に何かを残したくなるでしょう
それを実感した時あなたは自分の言葉に責任を持ち、なりたかった自分になっていることに気が付くでしょう
そのあともっと自由があることを知ります
言い換えれば愛の世界に入っていきます
深い深い愛、広い広い愛、暖かく、時には冷たく色々へんげする愛
愛という神の世界にあなたは足を入れていくことでしょう

Q:それは今のことですか?

先でもあり、今でもある

宗像大社、九州野外セミナー

九州野外セミナーを参加者募集します。
6月29日~7月1日
北九州

宗像大社に行かなくてはいけないと想いついたのは、数年前でしたが、行けるタイミングが見つからず月日が過ぎていました。
今年はどうしても行かなくてはいけないと奥から押され、チャネラーTOMさんとも一緒に地図をリーデイングした結果、宗像大社と玄界灘など、北九州を中心に2泊3日で行こうと思います。

参加料金 セミナー料20000円

交通費宿泊費別

羽田発は一緒に予約を取ります。
後の方は現地集合現地解散となります。

ご希望の方は5月6日までにご連絡をお願いいたします。
08013014228 ふみえまで

 

鎌倉野外セミナー

4月14日野外セミナー鎌倉

江ノ島電鉄線長谷駅から海岸に向かう途中、参加メンバーの2人がはぐれ、探すためにきょろきょろしていたところ、地元のおじさんから迷子か?と声をかけられました。

最初から神様が参加して旅を楽しんでくれていたように、おじさんはなかなか立ち去ってくれなかったので、地元の神社やお花について質問すると、大地から温泉が噴き出したように熱く語ってくれました。はぐれた2人は最後に向かう事になった重要な場所を目指していました。
その二人とも合流し、おじさんに海岸に行く道を聞き、海岸に到着!
最初のテーマ
☆大地と融合
☆海に溶け命が生まれた瞬間を感じる
このワークからスタートです

磯の香り、わかめとノリが沢山打ち上げられて、その匂いが懐かしく、命が生まれた匂いは意識を溶かし、胎児の記憶やもっと以前の地球の命の誕生の瞬間に誘ってくれました。
自分を失うほど溶ける体験でした。

ここで、それぞれに子供の頃のお砂場遊びを思い出し、五感で感じる事を楽しむと、心が広がり、子供の頃よりもっと自由になる事ができました。

子供の頃を忘れていた事に集中してしまうと、今感じている事も、いつか思い出すシーンになるだけなので、そこは注意しながらたっぷり楽しむ事にしました。

メンバーの一人yuukiさんが大地にメッセージを描き始めました。ひらひらとしたおしゃれなお洋服が砂まみれになっても意に介さず、穴を掘り、もらった言葉を地面に刻んでいました!!

すっかり心が溶けたところで神社ワークに向かいます。

甘綱神社でのコンタクト踏江

右と左を合わせて
我が御霊に入れなさい

 

 

コンタクト たかま「過ぎ去るものを追う」追うなじゃなくて追う?
「追う」

今回は山の奥の聖地に入らせてもらったのでしたが、山の奥深く入る事を許可いただき、そして、神が待ってくれていることを信じ歩み、とうとう山の胎内の様な場に到達しました。

山の奥の院でコンタクト踏江

地を大切に思い
消えていった命を愛おしみ
芽生えて行く命を慈しみ
今ここにいるものたちの道しるべとなる者己の存在を含め
我を超え
ただ在るというその一点に我を表すだけ
先頭に立ち
人々の目印となろう者は
我を目印と思うのではなく
我はただそこに在る者と言う意味
神はその者を認め
力を与えてくれるだろう
本日この時ここに立ったならば
それを心に留め
導かれていく我が身を喜びとし
ひとかけらの否定もせず
また奢りを持たず
ただ今生きている場に在り続ける
沢山の命
そのかけらがあなたに注がれる
あなたの意志が次の命へと伝達される
その我に責任ありと
しかと思う
ここにきた奇跡を噛みしめる

この後御霊神社に参拝したのですが、これは次回書いてみます。

yuukaさんから来たメールです。

踏江先生

こんばんは、
昨日は野外セミナーありがとうございました!

お陰様で体調の方も特に問題なく、少し筋肉痛がある程度で済んでます。
体調面で少し不安があったり帰りもかなりクタクタになってたのですが、
普段ならあまり座れない電車の要所要所で座ることができたりと、
家に辿り着くまでずっと神様にサポートしてもらっていることを実感した1日となりました。
野外セミナーでの体験も一つ一つが感動と感謝の連続で、
ありとあらゆる場面で神様のサポートやお導きを頂き、
本当に素晴らしい体験をさせてもらったと改めて噛み締めています。

由比ヶ浜では自分が地球の一部(一員)であることを五感で実感し、
地球に生まれてくる覚悟をした子宮の中での記憶が呼び覚まされたこと。
甘縄神明宮では神域の子宮の中で、改めて今この時代、
この地球に生まれてきたことの覚悟と決意を神の前で誓ったこと。
御霊神社では安産、子宝の神社で夫婦の御神木にそれぞれ触れて、
今の自分の魂の質を再確認したこと。
それらのピースが全て繋がって一つの大いなるストーリーとなっていること。
まさしく奇跡の体験させてもらったのだと思います。

最後の休憩タイムでも個人的に新たな課題が見えてきたので、
あるがままの今の自分を受け入れつつ、舞い上がることなく
さらに一歩一歩踏みしめて(でも軽やかに!)進んでいこうと決意を新たにしました。

改めて、昨日は本当にありがとうございました!
28日のアドバンス講座の方も、またどうぞよろしくお願いします。それぞれの課題を見つめ直したことも含めて、
今回のセミナーの、誕生→決意→今の自分→今後の課題、
というストーリーの一環だったんだな、と思い至りました。
最後の最後まで神さまのお導きをいただけて、本当に感謝するばかりです。。

今は、よしまた頑張って生きていこう!と力が漲っている感じです。笑
改めて、貴重な体験の場をありがとうございました。

yuukaさんありがとうございます。

 

チャネリングで知る『今は問いの時代』問い未来を知る!

2018年4月新潟セミナー中に降りたコンタクト  踏江みつ子

 

弾む時代からそこにある

次にある

その間に疑問が間に入ってくる

次にある「なぜ」

次にある「なぜ」

人も状態も時代の流れの中に

経営も含め、聞こえない疑問のキーワードが放たれているから

人も物事も形がはっきりしてくる

なぜと問われてくるから自分を出し、

なぜと問われているから自分のしたい事を強く現す。否定されない為に…

またはそこにあるただそれの為に…

疑問が多くなる時代は人は智慧を宇宙から与えられる時代なのです

人が人として考えてるには限界だから

「なぜ」「なぜ」と問うのです

この時代は短いです

チャンスとして掴むが良い

疑問が多い時代こそ何度も脱皮が出来る時代なのだから…

 

 

 

 

 

 

Q疑問を詳しくお願いします

 

単純な言葉で「なぜ」と問えば良いのです
そうすれば貴方の心の奥になぜの次の言葉が湧いて来ます
その「なぜ」の次の言葉が智慧なのです

Q起きた事に「なぜ」と問う癖を付ければ良いのですか?

そうです
問いながら、それに対する次の言葉を引き出していくからです
なぜを問うた答えを言う必要は無いのです
なぜと問うた次の言葉を引き出せば良いのです。
次の疑問でも良いし、答えになっていても良いが
答えという限定を求めた瞬間から「なぜ」は小さなものになっていきます

Q原因とかの細かな小さな事ではないのですね?

 

力を抜いて「なぜ」という感じ

子供と同じ「知りたい」という感覚

決めつけの時代ではない