未分類」カテゴリーアーカイブ

縄文式チャネラー養成講座 内容 「〇〇を迎えた自分からのアドバイス」

2020年になり一人で考えても、想像を超えた出来事が多くなり、何かのアドバイスが必要となっていると思います。

たくさんの研究者の意見も、状況に応じて変化しており、一人一人の人生の歩みよりも、周りに歩調を合わせるしかなくなって、閉塞感をお持ちの方もいらっしゃると思います。または、実は疎外感を気にしないようにしていらっしゃる方もあると思います。

どんな状況でも、ある程度社会に適応しながら、自分の人生を意識しながら生きるにはチャネリングというサポートが何より心強いかと思います。

今回のアドバンスクラスでは、自分の人生の到達点、死を迎えた自分自身とチャネリングすることにし、未来の自分の視点を現在の自分に生かすことにしました。

メッセージの内容をお伝えします。

他の人からのアドバイスではなく、今より成長している自分ですので、うまくいっていることもいっていないことも含め、細部にわたり理解してくれている言葉です。心にしみやすく、また実行しやすい内容です。

ただ、他の方がお読みになって、参考になるかは知り得ませんが、このようなアドバイザーをそばに持つ事が、チャネリングの醍醐味かと思います。

 

死を迎えた貴方からの言葉

<踏江>
これからもっと色々な事が起きて
それは想像さえしていなかった事が形になっていく
完璧に形を整えようと思っても完璧さえもわからなくなる
だから起きる事に対して挑むだけ
ただ挑むだけ
そして挑んでいると貴方は今より能力が上がります
能力が上がる事
同時に必要のない事
もう古くなった考え方、クセはこれは足かせのように重さを感じますのでドンドン切り離して行けば良い
変わっていく
太くなっていく
同時に削ぎ落としていく
それをし続ける時代に入ります
生み出すと同時に削ぎ落とす
今よりもっと刺激ある生活になるでしょう

死を迎えた貴方から
<真帆>
居なくなる前の存在感
居なくなっても仕事が続いている
家族にとっても無理をしている親はすごい鏡になる
あれだけのことをして人生の本当にやりたい事を勝ち取っていくのだと言う本当の教えになる
欲しい事をただ言っていて楽してたのではない。本当に欲しいならば本気で死ぬほどやるのだと見せつけている
これはものすごい教育になる
勉強している姿は残る

感想

私(踏江みつ子)自身、死を迎えた自分自身を感じ、コンタクトを受け取った時、ほっとしました、そして何とかなるなと思えました。今の自分では、目の前の問題は大きな壁に思えるのですが、死を迎えた自分にとっては既に乗り越えた出来事なのですから、乗り越えるための方法がより分かりやすいのです。
自分自身が本当に頼れる存在なのだと実感できます。

ぜひとも、未来の自分を感じてみてください。

ドド〜んと、波動絵2月3月

ここのところクリニックデイケアでは、点描画が多くなっています。

最初に色を選び、最初に沸いてきた想いを元に、点を打ち始めます。

トントントン     タンタンタタタ   トットットトト

自分のリズムに包まれていきます。腹がしっかりしてくるので、モチベーションが上がらない時にも、不安定な時にも、入りやすい手法なのです。

形を描こうととしているとリズムが流れる様に奏でられず、手が止まり、どうして良いかわからなくなる。最初に沸いた想いはちょっと忘れて、音を楽しみ、めちゃくちゃに色を使って、ダンスをするように、ドラムを叩く様に、キツツキになった様に、点を打つ行為のみを行います。

不思議な事に似ていても、溢れてくるエネルギーはその人の世界です。

描き終わると、ほとんどの方が軽い運動後の様な爽やかな満足感を体験されています。ただ、内奥を見つめながらの絵は、白い画用紙の向こう側に自分の世界を見いだす作業ですので、描き終わると満足感と同時に疲労を感じ、現実世界に帰ってくる時間が必要になります。自分がここに居るという実感は腹に残っている様に感じます。

 

一緒にこの世と向こう側を描いた時間

波動絵  この世とあの世を描く

先日一つの波動絵クラスのメンバーさんから、「向こう側の話を聞きたいんだけどね、お坊さんも他の偉い人もあまり話してくれないんだ。」

という話が出て、私の母の臨死体験の話をして、向こう側は明るいらしいと話すと、その方の知り合いも三途の川に行ったことがあり生還したという話を思い出されたので、生きている世界と徐々に向こう側に上がっていく世界を描いてみましょうという事になり、なんとなく色を選び描き始めました。

今の自分は暗めの色を選ばれます。その方が落ち着く様です。

上に向かって行くイメージで色を選んでもらうと、明るめになり、輝きたいという気持ちが自然と湧いてきました。40分くらいで描いた作品ですので仕上がっていない部分もありますが、不思議な世界が現れました。

お二人の言葉

「茶色の大地に白い自分がいて、青い空は向こう側でもあり、亡くなった夫がいる世界!夫のこといっぱい思い出した。夫が待っていてくれる気がする。」

「暗い今から、3本の花火が天に向かってドカン!」

私も一緒に描いたのですが、それはそのメンバーとそのスペースだから出来た絵だと思います。

自己否定の言葉が多かったその方は、前向きな言葉が多くなり、向こう側に行くのが怖くなくなったと、次の絵の時間に話されました。

この時の時間は私自身にとっても、生きている世界その後の世界を、お二人と共有できた奇跡の時間だったと思います。感謝です。

 

80代90代の波動絵作品 元気もらってください!

久しぶりに波動絵をアップします。元気もらってください。

80代90代の作品  私の花   〈ささえ愛よろずクリニック  波動絵作品より〉

花の形を描くというより、自分の中の華やぐ感覚が蘇る様に、色や形を表していきます。

描き終わっ瞬間に描いた記憶はなくなり事が多いのですが、形に残る絵を見て、自分が描いたのか?と確認し次の作品に向かう時間となっています。

70代の利用者さんの言葉に「こうしなきゃと言われると嫌な気持ちになるけど、言われたヒントを自分がしたい様に適当に出来るから面白い」とあります。

上手く描こうとするとストレスが強くなり、辞める方もいらっしゃいますが、色と遊びその時の偶然生まれた形を描き続ける事は、脳が活性化し、心が動いていくのを体感して、また、描きたくなるのです。今生きている瞬間の作品です!

そうじゃなー、と答えてくれる神様のメッセージと…

チャネリング  を学んでいる上級者クラスのメンバーは、日常的に神と対話しています。

講座が開催出来ないので、ウエブでメッセージを伝え会う事にしました。

そこから、皆様にご紹介します。  (ご本人の承諾を得ています。)

💫

個人的な失敗に対して、昨日の朝のチャネリングの一部です。
『恐怖に打ち勝つには、おのれの強い自信が必要となってくるのじゃ。
おのれ自身に対しての自信は、おのずと自分に向かっていく勇気にもなるのじゃな。』

今朝のチャネリングの一部です。
(私) 今回の失敗に対して、頭で、言葉では分かっているつもりですが、心はすごくドキドキしています。怖いです。
『その怖さについて対処法を教えようか
おのれを信じること、それだけじゃ』
(私)私はまだ自分を信じきれていないということですね?
どうしたらいいのですか?
『おのれを頼ることから始めなさい』
(私)私が私を頼る…
頼れられた私は、対処法を模索するから…
1人2役でやるという…
『そうじゃな
それでやってみるといい
案外、面白い結末になるかも知れん』

個人的な内容です。

 

報告ですが…
もう1人の「頼りにした私」は、明るくかなり楽観的な私で…
全く具体的な方法を模索せず、気持ちを盛り上げるだけで…
結局、問題解決へは「恐怖にかられた私」が、不安の中でも冷静になって対処しています。

今回の事、パニック状態になってしまった時に元の自分に戻る1つの方法だと思いました。
あまりのショックで我を忘れてしまった時、もう1人の自分を置くという方法、とても良い経験になりました。

💫

私自身、二人の自分それ以上の自分がいるのを感じています。

皆さまは如何でしょうか?

彼女の神さまの言葉は、心の奥に届きます。

彼女のように是非試しみてください。

もう一人のご自分はどんな個性を持ち、どんな言葉をかけてくれるでしょうか?

 

⭐️

チャネリング  メッセージ(踏江みつ子)

Mさんの個人セッション中に降りたメッセージです。

⭐️

新しい時代が来る前には必ず起きる事

痛みを伴い、何を選ぶか熟慮し、

しかし混乱し、自分達のいままでの方針では限界であると気が付いた時、新しい道が少しずつ始まっていく

その時に指針となるのは、心の奥に湧く楽しさ、

そして心の奥に湧く、これが真実であるという直感

その声を大事に掴み、その時々を選択するならば

気づいた時には新しい価値観の世界へと移行する

本来の貴方の存在、貴方自身の在り方になり、発揮するが良い

己を

 

 

心の奥に湧く楽しさをもう少し詳しくお願いします

 

 

魂が楽しむと言う事

 

 

魂は欲があまりない。その魂の声を聞く事です

 

 

直感に関して、注意する事はありますか?

 

 

微かな感覚を探していきなさい

⭐️