未分類」カテゴリーアーカイブ

ドドんと波動絵

波動絵久し振りに発信します!

ソーシャルディスタンスを守り、制作を続けています。

コンタクト 死がひとの引退

新潟わっぽーアドバンスで行った宇宙対話です。

読んで感じ、想ってみてください。

 

国民性、地域性を考えるとき、土地の形、そして長い間歩んできた人々の選択、これを見過ごしてはいけません。
どんなに理不尽であろうとも、まずその選択を認め、そのうえで深く思い、己は何を選択するのかに至る必要があります。
せっかくですのでそのワークをおこなってみなさい
神から見たらどのように見えるかヒントをいただけますか?
我々はそれそれが選択してることを尊重します。
それによって物事がおきてくるのですから。
星の成り立ちをあなた方は教わることができます。
まず知っていること星の成立を学んでください
そこにルーツがあるのですから、学べるチャンスがあるのですから
自分のルーツはここにあると思えたなら色々な関係性が違って見えてくるでしょう
貴方のルーツは星の成り立ちです
そして星の終わりも教わるべきです
目に見えなくとも自分の死が訪れた時、地球人という個でなくなる時
何が起きるか想像できるでしょう
老いるという事はしぼむという風に思っている節がありますが、最大限に膨張し、最大限につかみ切り、そして消滅が起きているわけです。
星の最後を教わる様に自分にも起きるであろう最後の瞬間をより宇宙らしく迎えるために・・
ほとんどの方が年を老いていくとできなくなることが増え、嘆き、早く迎えが来ないかと嘆いてらっしゃいます。
これは宇宙的ではないということですか?
自然なことかと思っていましたけれど・・
若く、動けるときを成熟している時期だと勘いう違いしているから、年を老いて成熟してきているものを見逃し、ないがしろにし、捨ててしまっているからこそ、最大限熟した自分を知ることができないのでしょう
なぜ死で引退するのに働けるうちに引退するのか
この概念から引退後の学び、成長していくものを切り捨てるシステムを作っている
人は死が訪れるまで、自分のできることをし、生き切るという役割を果たしていきます。
最後まで自分を磨いていかなければ、その役割は果たせないということを止めたのですから、大きな勘違いに至ったのでしょう
死ぬまで役割を果たしていきなさい

 

 

縄文式チャネラー養成講座 内容 「〇〇を迎えた自分からのアドバイス」

2020年になり一人で考えても、想像を超えた出来事が多くなり、何かのアドバイスが必要となっていると思います。

たくさんの研究者の意見も、状況に応じて変化しており、一人一人の人生の歩みよりも、周りに歩調を合わせるしかなくなって、閉塞感をお持ちの方もいらっしゃると思います。または、実は疎外感を気にしないようにしていらっしゃる方もあると思います。

どんな状況でも、ある程度社会に適応しながら、自分の人生を意識しながら生きるにはチャネリングというサポートが何より心強いかと思います。

今回のアドバンスクラスでは、自分の人生の到達点、死を迎えた自分自身とチャネリングすることにし、未来の自分の視点を現在の自分に生かすことにしました。

メッセージの内容をお伝えします。

他の人からのアドバイスではなく、今より成長している自分ですので、うまくいっていることもいっていないことも含め、細部にわたり理解してくれている言葉です。心にしみやすく、また実行しやすい内容です。

ただ、他の方がお読みになって、参考になるかは知り得ませんが、このようなアドバイザーをそばに持つ事が、チャネリングの醍醐味かと思います。

 

死を迎えた貴方からの言葉

<踏江>
これからもっと色々な事が起きて
それは想像さえしていなかった事が形になっていく
完璧に形を整えようと思っても完璧さえもわからなくなる
だから起きる事に対して挑むだけ
ただ挑むだけ
そして挑んでいると貴方は今より能力が上がります
能力が上がる事
同時に必要のない事
もう古くなった考え方、クセはこれは足かせのように重さを感じますのでドンドン切り離して行けば良い
変わっていく
太くなっていく
同時に削ぎ落としていく
それをし続ける時代に入ります
生み出すと同時に削ぎ落とす
今よりもっと刺激ある生活になるでしょう

死を迎えた貴方から
<真帆>
居なくなる前の存在感
居なくなっても仕事が続いている
家族にとっても無理をしている親はすごい鏡になる
あれだけのことをして人生の本当にやりたい事を勝ち取っていくのだと言う本当の教えになる
欲しい事をただ言っていて楽してたのではない。本当に欲しいならば本気で死ぬほどやるのだと見せつけている
これはものすごい教育になる
勉強している姿は残る

感想

私(踏江みつ子)自身、死を迎えた自分自身を感じ、コンタクトを受け取った時、ほっとしました、そして何とかなるなと思えました。今の自分では、目の前の問題は大きな壁に思えるのですが、死を迎えた自分にとっては既に乗り越えた出来事なのですから、乗り越えるための方法がより分かりやすいのです。
自分自身が本当に頼れる存在なのだと実感できます。

ぜひとも、未来の自分を感じてみてください。

ドド〜んと、波動絵2月3月

ここのところクリニックデイケアでは、点描画が多くなっています。

最初に色を選び、最初に沸いてきた想いを元に、点を打ち始めます。

トントントン     タンタンタタタ   トットットトト

自分のリズムに包まれていきます。腹がしっかりしてくるので、モチベーションが上がらない時にも、不安定な時にも、入りやすい手法なのです。

形を描こうととしているとリズムが流れる様に奏でられず、手が止まり、どうして良いかわからなくなる。最初に沸いた想いはちょっと忘れて、音を楽しみ、めちゃくちゃに色を使って、ダンスをするように、ドラムを叩く様に、キツツキになった様に、点を打つ行為のみを行います。

不思議な事に似ていても、溢れてくるエネルギーはその人の世界です。

描き終わると、ほとんどの方が軽い運動後の様な爽やかな満足感を体験されています。ただ、内奥を見つめながらの絵は、白い画用紙の向こう側に自分の世界を見いだす作業ですので、描き終わると満足感と同時に疲労を感じ、現実世界に帰ってくる時間が必要になります。自分がここに居るという実感は腹に残っている様に感じます。

 

一緒にこの世と向こう側を描いた時間

波動絵  この世とあの世を描く

先日一つの波動絵クラスのメンバーさんから、「向こう側の話を聞きたいんだけどね、お坊さんも他の偉い人もあまり話してくれないんだ。」

という話が出て、私の母の臨死体験の話をして、向こう側は明るいらしいと話すと、その方の知り合いも三途の川に行ったことがあり生還したという話を思い出されたので、生きている世界と徐々に向こう側に上がっていく世界を描いてみましょうという事になり、なんとなく色を選び描き始めました。

今の自分は暗めの色を選ばれます。その方が落ち着く様です。

上に向かって行くイメージで色を選んでもらうと、明るめになり、輝きたいという気持ちが自然と湧いてきました。40分くらいで描いた作品ですので仕上がっていない部分もありますが、不思議な世界が現れました。

お二人の言葉

「茶色の大地に白い自分がいて、青い空は向こう側でもあり、亡くなった夫がいる世界!夫のこといっぱい思い出した。夫が待っていてくれる気がする。」

「暗い今から、3本の花火が天に向かってドカン!」

私も一緒に描いたのですが、それはそのメンバーとそのスペースだから出来た絵だと思います。

自己否定の言葉が多かったその方は、前向きな言葉が多くなり、向こう側に行くのが怖くなくなったと、次の絵の時間に話されました。

この時の時間は私自身にとっても、生きている世界その後の世界を、お二人と共有できた奇跡の時間だったと思います。感謝です。