コンタクト集」カテゴリーアーカイブ

共に、今ここに!

怒涛の2018年も10月なかば、思ってもいなかった人生の流れがはっきりと観えてきている方も、こんな自分が現われこんなはずではなかったと思っている方もいらっしゃると思います。

思い込んでいた事が、幻想だったと知る体験が増えていませんか?
そうなんです。目の前で起きている事は自分を照らし映す幻想と言う鏡なのでしょう。
その幻想は自分の思いから生まれているのですから、どんな素敵な現実も、嫌な現実も元は自分から作りだしているのです。

次元上昇が起きている今、全ての価値観や現実の生活が変化していきます。
今の豊かな生活を維持していけるかどうかを心配するより、どんな状況でも幸せに思える強靭でしなやかな心を育てていきましょう!

どんな時でもしあわせに思える心って、どんな心だろう。
生きていれば、目の前には不都合が必ずあります。

そんな時、何を頼りにするのでしょう!
それは、おおいなる自分自身です。
他の人にすがるのではなく、他の人のせいにするのでもなく、ただただ自分の奥深くにいる大いなる我にすがり、智慧を求め、現実的な助けを求めるならば、物事がスムーズに流れていき、側にいる人とも神とも共に幸せを味わいながら生きていくことが出来るでしょう。

共に今ここに生きていきたいと強く思います。命が尽きるまで、ほんの僅かな間ですが、皆様と共に、神と共に!

2018年10月15日    踏江みつ子

 

 

生きるとは、命を生きる事

皆様も体でも、意識でも感じていらっしゃることと思いますが、ますます、エネルギー振動が激しくなって来ています。

脳が変化を起こしていると感じやすい方は、自分自身を通して色々な症状を感じていらっしゃるでしょう。目眩は頻繁になり、耳鳴りは奥まで微振動が届き、視覚は、見えている景色と自分がいる場所の違和感と共に、映像が歪んだり、横や縦にスライドしたり。人によってはもっと違う変化が起きているかも知れません。

怖がらないでください。進化の渦中です。

この進化をスムーズに進めるためには、感情も思考も微細にしましょう。ザラザラした思考を滑らかに抵抗感がない思考に変えようと意識してください。

ザラザラした思考、ネガティヴで自分に都合よくいい加減な思考は結局自分の本来の力を失わせます。

地に足をつけ、ちょっと踏ん張り、周りの景色を眺めてください!

空も大地も植物も動物も、それぞれにそれぞれが、逞しく自分自身を命を生きているのです。

先日、日本統合医療学会 新潟支部の学会が9月2日盛大に行われました。

そこで大井玄先生は「生きるとは、命を生きる事」ですと話されました。本当にそう思います。

今の地球に生きている事に感謝し、何かを成したいと思います。

手を取り合って、共に!神とも共に!

 

自分へのエール!

2018年8月

とても気忙しく、何かに達したい欲求が高まっています!
チャネリングコンタクトはその為の考え方の、切り替え方法を伝えてくれていますが、実践しながら想う事は、今回の人生で体験出来るほんのわずかな真実を、今しっかりと掴みたいという事です。

台風や地震や火山噴火が起きるたび、そのエネルギーを頂きながら、平常では達することだ出来ない領域までエネルギーを拡大させ、意識を広げ神と通信し大いなる地球の脈動を受け取るようにし、人としての限界を飛びだし、委ね、さっきまでの常識を壊し、新しい感覚から生まれる考え方を掴んでいこうとしています。

きっと、自分を知り、もっと奥深くの自分と共に生きたいと願っている方は、自然とそのような事をしているのではないでしょうか?

子供も老人も若者も、それぞれの立場でそれぞれの感覚を新たにし、混乱の今の時代で、何かを求め、直感を大いに活用し行動しようじゃあありませんか。

共に生きる!人も神も鬼も

そうすると、観た事が無い新たな希望が生まれ、必ずやその希望は実現します。

ゆったりと眠りにつきましょう!

朝目覚めた時、新たな自分と出会いましょう

 

お読みいただき、ありがとうございます。

 

 

北九州・宗像大社セミナー 6/29〜7/1 ③

車の中で 踏江に対してTOMコンタクト

決めた事にこだわるな
こだわるならばその場に
なるようになるのではなく
自分の決めた事に
どうしたいか


決めた事にこだわらず、どうしたいか、刻一刻と状況は目まぐるしく変化する。その時々にどうしたいかと自問せよという事!

捉えどころのない事
それが拘り


私自身捉えどころのない性格でありながら、奥はかなり頑固だと自覚している。それを拘りと指摘され納得した。それで良いと言われていると思った。

人が作り上げたもの
それをみる


今回の旅は、自然を見て感じ取るのではなく、人が生み出した形を見て、多くを学びなさいという事だと理解した。

牛田 富美江さんお部屋で夜中まで、大チャネリング大会!!
踏江・TOMコンタクト

世の中の人は苦労している自分を美とするところがある
苦労してるのを美とするのは得ではない
無駄なエネルギーになる

 

色々あなた方みたいに単純に明確に素直に
良い所を取ろうとするならば
世の中はもっと新しい時代を迎えやすいわけですが
絶対少し捻る

 

単純さが気恥ずかしい
素直さが出しにくい

 

魂が傷つくとか
概念を植え付ける
魂という概念を作らなかったら
どうなるかを想像してください

「魂」は概念!??
新鮮だった!

本当の現実を知るとき
そうじゃないものを想像出来ない

 

人間が作り上げてきた概念を一回消さなければ新しいものは見えない

 

創り上げた概念を一回消さなければ、新しいものは観えてこない!凄いな!神様って!とコンタクトを取りながら思った。
この神さまは、中性の感じで、さらさらと言葉が出てくる。それでいて、鋭かった。
今後個の神様の指導をもらいたいと願いながら、コンタクトを続ける!

偽善を超える智慧が必要
それには
真実を現す美しさで現すこと

 

真実を現すと
美しさはひとを魅了するから
人々の目を心を魅了して
そのあとからその意味を噛みしめる

 

このゲームは一体なんのために?
それに歓喜している人たちに疑問を持つものはいない
ある種哲学の美しさを現す事で
真実の美しさを現す

 

身につけるものを一つ一つ
エレガントにしていくと良い

 

北九州・宗像大社セミナー 6/29〜7/1 ①

念願だった宗像大社やっと行ける!胸踊らせ飛行機に乗った。

すでに、ためしは始まっていた。

出発前から、天候不良の為、着陸空港変更ありと聞き出発した。が、まさか、私たちの飛行機だけ、1時間半空で旋回していた。

定時に着いた新潟からのメンバーは、早い便だったので、2時間半空港で笑いながら待ってくれていた。

レンタカー2台に乗りいざ門司に向かう。目指せ和布刈神社!

 

高速乗る前に、田んぼの中でコンタクト

踏江  コンタクト

三重の層があって
横にも縦にもある
違う世界が同じ場所にあるという事を認識をして立ちなさい
自分が見ている一つの世界をまず見て
それ以外に2つあると見たときに
縦にあると見えるもの
上下にあると見えるものがいる
3つあるという事を意識して動きなさい
3つを言葉にすること
自分の元々持っている3つの世界観がわかってきます
同じ場に3つの次元があると思い
その場に立つ
それを再認識して
自分を知るという事をすると良いでしょう


習わしとは
見たことある世界と無い世界を繋ぐもの
見た事のあるものだけを重んじ
見た事の無い世界をないがしろにしたところがある
見たものより 見た事の無いもの
今後の動作には
ないがしろにしてきた
見た事が無いものをみる
それが今後の課題となって大きく影響を及ぼす事になるだろう

高速に2台の車がそれぞれに乗り出発

階段は登るだけではない
階段を横から見ている感じ
自分の見え方を変えると
もっと色々な見え方になるだろう


和布刈神社に行くはずが私たちの車は、玄界灘を渡ってしまった!
わおおー!!!
行先も違うかもしれないと必死でチャネリングする!!
車中でのコンタクト

踏みしめて次のところは気合を入れないと
受け取れない
ドスドス

渡す木と木があるから
橋渡し
人と人の繋がりを渡す
橋渡し
しかし残るのは橋のみ
人と人は入れ替わり
質も変わってきます
渡すという橋が残り、受け継がれていく
何を渡すのかは生きている人が決めていくもの
それは愚かなる事も尊き事も
橋を渡す事ができる
一人一人が何の橋を渡すのか
自分に問うと良い


鬼に教わる

鬼の世界を知る必要がある
鬼や魔 それらの智慧を知らずしてこれからの真実を知る事はできない

どこに行くかのキーワードをTOMさんに受け取ってもらった
『古事記』山口
探してみると 忌宮神社(いみのみやじんじゃ)

ついた瞬間ここだという手ごたえ
鶏が出迎えてくれた

そして、鬼石がある!!
鳥肌が立つ!

神は本当に教えてくれる!
本気で受け取り
本気で実行し
本気で理解しようと 決意する!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで和布刈神社に行ったもう一台と合流
和布刈神社の写真

日没後になりましたが、準備ができたようなので、宗像大社のそばまで行って、明日来ますとご挨拶をし、ホテルに帰り、夜の宴会に突入
死に物狂いでチャネリングしまくると決意するが、体力はなくなり、わたしは早めに消灯!

全てのテープ起こしをしていただいている、高橋真帆さんには心から感謝しております。