コンタクト集」カテゴリーアーカイブ

移ろいの中で願いが叶う

ここの所体が重く、仕事の進みが遅い。

この件について神に聞いてみた。

コンタクト

時間をもっと理解しなさい。

自分の状態を優先せず、今の時間を感じ取りなさい。

そうすれば、何の不都合もない。

全てが時間にはまり、自分に時間が寄り添う

 

これを本気で意識し実践しなければ、全て遅れてしまうと思って、時間を気にするのではなく、時間という移ろいを意識し、自分に移ろいが寄り添い移ろいの中でしたい事が叶っていくとイメージした。

そして、新潟に一昨日から入った。

動きが早くなった。可能であればどんどんスケジュールを前倒しして効率化を図る。突然の予約が入り、絵の教室を変えてもらう。急いで引っ越しをしていたら初めての方が来てしまう。手伝って頂き無事引っ越しが完了し、絵の説明に入る。移ろいの中でしたい事が思っている以上に形になった。

おかげさまでした。

コンタクト 『大きな岐路』

コンタクト

地と天の間で人は営み
彩 智慧 または 欲を持つことで 花開かせる
人が人を殺し 人が人を助け 人と人々がどのようななり方になるのか
これが重要
大きな地球の上で 小さな人が 我が世界を席捲せたと思い
宇宙を我が支柱に入れた思い
何を逃したと思うか
人々は大きく変わり
己を喰らい尽くしてしまうような意識は何処へか払い
己を生かしていく
大いなる全体意識を持ち
突き進んでいこうと思うかどうかの岐路に立っている
この大きな岐路に背筋を伸ばし大地を足で感じ
喜びも始まる
智慧を使う
遠くから眺めている己と共に

質問
不安になる言葉です
希望が欲しいです

答え
その不安感こそエゴなのです
恐怖が餌となりエゴが増幅するということです。
恐怖を打ち勝つためにエゴを大きくして突き進む
ということをしている。
恐怖に打ち勝つのは我が心でしょう
我が心の強さが 突き進む地球人の方向を変えるヒントとなります
エゴの形さえ変えられる
我が心の強さを持てば!

 

 

iPadから送信

コンタクト 「もっと大人になりなさい」 「滑るよ~に生きる」

チャネラー養成講座中に降りたコンタクトです。

先の事などなく 瞬間しかない
過去の事など 瞬間にも入らない
時間を飛び越え流れを飛び越え ただただここにある自分と 話さえできれば
今世の満足はできる
仕事は救いだ
仕事によって 役割を捉えやすく
混乱から身を守り
次の幸せを思う事となる
幸せは求めた先にあるものではなく
今ここに在る ドアのように 向こうとこちらをつなぐもの
意識を大きく持ちなさい
まだまだ 全体意識と繋がるには幼すぎる
意識を大人にさせなさい
あなた方の人間的な成長のスッテプが 意識の成長と似ている
ヒントは自分が持っている
もっと大人になりなさい
そして 全体意識を掴むように

常に分かろうとするな
計算するな
歩くな
走るな
滑るよ~に人生歩めばいい
山だろうと 谷だろうと
道は後から分かるだろうが
分かる必要はない
滑るよ~~に 生きる感覚
力を抜き
委ねる感覚で
ただ 滑るよ~に 生きていけば良い
そうすれば どの瞬間も丁寧で
どの瞬間も 繋がり合い 
どの瞬間も 大いなる意図を 持つ事が出来る
滑るよ~に 在りなさい

Q 滑るように とは 無感覚ですか?

A いろいろな事に対しても 滑るように 輪郭に沿う  
山とか谷とかではなく ただ輪郭に沿うから 同地点でも同じこと
滑るように行くという事は その接点と自分としかない
山と認識するするには 高さを認識することになる
それもせず 障害物もと思わず どこでも止まらず 滑らかに生き続けるという事

 

コンタクト 「ワーッ と動き出せ」

久しぶりですが、コンタクトをお伝えします。
みなさん沢山のメッセージを受け取っていらっしゃると思いますが、ご自分と共鳴する言葉が見つかるかもしれません。

心に響いたメッセージがあれば、それを現実のご自分の考え方・思い方に影響を及ぼしてください。

変化センサーが働きだし、変えたいと思った古い考え方をした時にセンサーが違和感として教えてくれます!
変わりやすい2017年、変化し続けましょう。

踏江みつ子コンタクト

ワーッ と動き出せ

ドッ と形にしろ

スッ と己の姿は軽やかに

感情はあらわにし

意志は出し 意志を自覚すべし

幼児のようであり

初めて創られた人のように

そして

作られた人を楽しむべし

人が作った社会で

神が創った人として

心より人生を楽しむべし

 

WAKASAコンタクト①

高まることが常とならず

この変容を善しとせず

一つ一つ刻世界

刻まれし 意志

規定が生まれ変わる 確かなものが現れ・・・・効果がある

それを越えていけるのは

己を越えて信じて 行くのみだ

闇の力も光も

ひとつの事柄となり

細胞分裂のように 細かく分かれ

多くのモザイクを創りだしていく

己が試されることとなる

コンタクト②

聞きたいことを聞くよりも

耳を傾け 姿勢を正す

奥から沸いてくる思いに委ね

己の言葉を過信せず

ただ一本の管のようになって 振動を言葉に変えるだけで良い

ただ 耳を傾けるだけで良い

 

 

ちかコンタクト7/6

差別

そう思うならそれはそれであり

それに対しどう対処するかが今後の問題

もっと深いところでわかりあう認識することが肝要

良い課題だ!

探ってみよう

Q探る方法はどうしたらいいですか?

手探りで

 

WAKASAコンタクト③

高まる事が常とならず

変容を善とせず

一つひとつ刻まれたこの世界が

一度に広がり崩壊し

すべての規則が生まれ変わる

確かなものが何も現れず

ただそこに個があるのみとなる

己を超えて信じていくのみだ

 

WAKASAコンタクト④

闇の力も光もひとつの事柄となり

細胞分裂のように細かく分かれて

それぞれが今までのように

均等に発生するのではなく

違った生き方で

多くのモザイクを生み出していく

 

WAKASAコンタクト⑤

まず 聞きたい事を聞くよりも

耳を傾け 姿勢を正す

奥から湧いてくるおもいに委ね

己の言葉を過信せず

出がままに 人々に伝える

ただ 一本の管のように

振動を言葉に変えるだけでいい

やりたいと思わなくても ただ耳を傾ける

 

体の不調その訳は

70代女性
原因不明の皮膚感覚や、腸や子宮を内側から押され引っ張られるような不快感を長く感じており、病院に行っても改善せず、お一人で悩み、知人を通してご連絡を頂きました。
言葉も聞こえるし、触られた感覚もあります。
「霊症ですよね。怖いから関わらないようにしてきていたので、誰にも自分の症状を話せないでいた。それを理解してくれるだけで嬉しい」と話されました。。
20年以上そのような状態いた方です。辛かった。体の痛みもそうだけど、誰も分かってもらない事がつらかったと。

関わって、1年になります。
遠隔地ですので、お電話セッションと、年に2回くらい上京なさった時面談セッションを行います。すっきり治っている訳ではありません。症状を抱えながら、以前より動けるようになった状態です。
こんな時何かがきっかけで、ベールが脱げる時があります。

そんなワンシーン

ご本人から辛いとお電話があった時のコンタクト
自分の心の奥にある、「なにか」を観つめなさい。
何がある?

本人
*人に利用され、比べられるという想い
*狭いところに入ると、息苦しく感じる事があります。
*昔ですが、男の人がいると、嫌な感じが強かったです。結婚してそれは解消しました。
*お腹の強い張りがあります。

コンタクト
お前は
聖女で在り 人を縛る看守でもあった
死を迎えた時 
飛びぬけて人の前に立つ事をやめようと願った
天に心を委ね 共に生きる事を願った
自分の中の愛を育てなさい
そうすれば あなたの中にある力を引き出す事が出来る
1、人を包み込める聖女
2、ダメな事はだめといえる力
この二つが発揮できると
『眞を貫ける力が加わり もっとゆったりとした
委ねる事が出来る 愛の人に変わるだろう!』

今回このコンタクトで、

ご主人に気を使い、体がつらくても黙っておさんどんをして、心を閉ざしていたけれども、苦しいと言えるようになり、少しずつ、自分の望みを表現し始めた様子です。
体の痛みは、在りますが、横になり、自分を一番に考える事が出来るようになってきたと話されます。
今までは、そんなことをしてはいけないという意識が彼女を支配していましたが、力を抜き、頑張り方を変えて、自分を大切にして、ちょっと不平不満を言って、我がままになり、そして、相手の気持ちも認めるようになれれば、もっと症状は軽くなると思っています。
霊症は実際ありますが、ご自分の奥深くに在る心が、そのような症状を創りだしていたのです。

元々はとても優しい方です。。

ここのところ、お電話で笑うことも増え、私に対しても、嬉しい心遣いをしていただける人生の先輩と繋がっているこの奇跡に感謝しております。

先読み

先日洋服のお直しをお願いした方が、トマトとズッキーニをくださった。
ご主人が丹精込めて育てられたものだと。
「踏江さんが数年前、ご主人は定年後、広いところでキラキラした顔で何かをなさっているから、大丈夫ですよ!と言ってくれた。仕事人間だったし、定年後どうなるんだろうと心配したけど、興味なかった人が、毎日元気に畑に行って野菜を育てています。
びっくりです。
こういう事だったんだって思いました。」
この言葉を聞いたとき、私は自分が言ったことすっかり忘れていて、しばらくぽかんとしていましたが、段々思いだしてきて、平らな土地で太陽の光浴びていそいそと何かをしていらっしゃるご主人を観たなと思いだしました。
トマトとズッキーニにご主人のお姿がダブり(お会いしたことはありませんが)、幸せのおすそ分けをいただきました。

未来を読むことは多いです。もちろん過去も多いです。
どの瞬間も人は精一杯生きているなと実感です。

 

変化に乗る

踏江コンタクト

やんわりと伝えているのに

人はいろんな風に変化させながら言葉を出す

それがまた面白い

我々の世界から小さな単位で情報やエネルギーを送っても 

人の世界では 大きな影響をもたらす
受け取りようで

あなた方の変化は丁度良い変化であるから

宇宙の領域の物事を動かす練習しているようなもの

自分が何かによって変わるという事を もっとドラマティックにダイナミックに表現することで 周りに人に影響が及ばされる

それは宇宙が何かを起こすという練習なのです

小さくして影響を止めるという事は

宇宙の世界から遠ざかる事です

思いっきりのたうち回り

思いっきり地団駄踏んで

騒いで

その自分を隠さず表わす事で

宇宙がことを起こす練習をしていると認識を持つ事で

自分が置かれている状況は 置かされている状況だと理解していくでしょう

自分がことを起こしているのではなく

事が起きる事に加担しているだけ

自分の変化に乗っていけばよいでしょう

変化は爆発となり

自分自身にたくさんの体験を与えてくれるでしょう

質問:自分の変化に乗っていくという事が、
自分が変わるという実感はあるけれど、

ほくそえんでその状況で自己満足で止まる時どうすれば良いでしょう

表現すれば良い

自分は今こんな状態と喜びを大きくすればよい

弾け飛ぶような喜びを エネルギーを大きくすればよい

怒りにしてもなんにしても エネルギーを大きくしていけばよい

人の変化に乗っても大きくなる

輝いていない命(人)はない

昨年12月2日にアップしたアオーレ長岡の展示風景と、その時降りたコンタクトです。内容はこちらから
天の言葉に元気づけられました。

チャネリングメッセージ(踏江みつ子)

飛び抜けて 秀でなくとも

皆輝ける

輝いていない命(人)はない

その輝きが表に表れるには

自分を観つめ  認め  磨く必要がある

自分と向き合う事の難しさは

人を受け入れる事の難しさと  等しく  大山の如く在る

その難しさを溶かす方法は

あなたも知ってる「信じる力」

信じる力があれば 人生後悔しないことを信じるならば いづれ必ず真正面から自分と向き合い 今の自分を超えている!

信じる力があれば 今の自分を超え 他の人も自分の一部と分かる時が来る

そうなったとき大山はなくなり 輝く己になっている

みな輝き 共にある

 

2017年6月29日新潟美術館 市民ギャラリーで搬入します。
作品出展数過去最高の60点
かなりのエネルギーが渦巻くでしょう。それぞれの作品のエネルギーが自由に動き、なおかつ全体が大きな調和の宇宙空間になるよう、幾つかのコンタクトをもらいながら、真摯に搬入作業を行おうと思います。
体調を整え新潟に向かいます。

闇の神よりコンタクト  2017/5/10

かなり怖いコンタクトなので、心の準備がない方は、読まないでください。

 

2017年5月10日 闇の神様よりコンタクト

人は本来残酷である

残酷に人を罰し、人を破滅させ

自分をも破滅させる

喜びの中で生きるというのは

喜びの瞬間を生きるというのは

その残酷さを超えたところにある

残酷を超える手前の喜びは偽りである

残酷さを知り

その相手への拒否・否定があって

それでも関わろうとした時 初めて 本来の人を超えた

『神の領域の愛おしいという想い』

『感謝の愛の世界』

を知るのです

人は残酷なものです

残酷な仕打ちを受けている時 ありがたいと思うならば

それは偽善でしかない

残酷な仕打ちを受けている時

相手を拒否したり 相手を憎んだりして

真正面からその残酷さを受け身に染みさせる

そうすれば

その向こうにある 慈しみの世界に入っていくでしょう

しかし

感覚がこの残酷さを認識出来なくなっていく

残酷を残酷と思えない状態になったならば

それは闇ではない 生きている世界でもない 神の世界でもない

人が創ったゲームのような世界

ただただ 意味のない何かをし続け

それがどういう事をしているかも考えず

智慧も働かせず

相手を分かろうともせず ただただし続ける

そこに陥ってしまったなら そこはあり地獄のように

あがけばあがくほど埋没して

無感覚の孤独という世界に入っていく

それがウイルスのように広がっていく

いつ感染してもおかしくない

 

 

 

2017年5月10日コンタクト  「5月6月について」

2017年5月10日踏江みつ子コンタクト  「5月6月について」

人々が生きていくうえで

多くの事が停滞します

変化が激しいように観えて 現実の生活は停滞することが起きます

心を求める 色々な体験したいという欲を持った者たちは

停滞するものたちとの差が大きくなり

お互いの姿が観えなくなります

心を求め超特急で動いているものたちは 互いに動いているものたちでないと認識出来ず

止まっているものたちは 足踏みしているものたちしか目に留まらなくなります

同じ場にいたとしても お互いに認識出来なくなるでしょう

そういう現象は多く発生するでしょう

沢山の岐路を体験したいものたち

沢山のスリルを体験したいものたちは今こそその力を発揮できるでしょう

チャンスです

思いっきり 自分が持ているものを総動員して 

事を動かし そこを楽しみ 智慧を使い もっとことを動かす

結果など求める必要なく 一つやり 次を起こし また次をやる

結果など見ている間がない というほど動いていけばよいでしょう

役割がそれぞれの立場で始まっています

止まるものも必要でしょう

超特急で進むものも必要でしょう

地球の上に あなたの速度を置くのがあなたの役割です

人と共に何かをすると言う概念ではなく

何かによって自分が動かされ 何かによって事を行うという事を良しとする

自分はそれを選んでやっている

周りとの差があったとしても

全体で言うと全てがあって成立しているのです

動かないものも必要 死ぬものも必要 生き残るものも必要

 

 

質問A

個人的な事ですが、疲れたので止まろうと思ったのですが、それは停滞するという事でしょうか?

 

まず止まれないでしょう。

休みたいならば、動きながら休めばよい。

すぐに分かるでしょう。

あなたは止まると混乱します。

 

 

質問B

私は動いている気がしないという事は止まっていることでしょうか?

 

あなたは、自分のした事の記憶はありますか?

 

質問者

周りの人は分かりますが自分の事は記憶ありません

 

ではあなたには速度はわかりません。

そうなってそうなってそうなっていると分かるから、速度が分かります。

あなたは、ぱっ、ぱっ、ぱっとその時しかありませんから、ただ在るという事です。あなたの質問に答えても、意味がありません。記憶が無くなるでしょうから!

 

 

質問者C

いろいろやっていますが、大丈夫でしょうか?

 

何を持って大丈夫かは答えられないが、常に綱渡りをしているから、ゆらぎの中でギリギリをやっているから、あなたの人生で大丈夫はないと自覚した方が良い

揺れて、ときどき落ちている。

その後道に立って、道を歩けば、良いのですが、綱しか目に入っていない。

綱が道だと思っている。不安定さが道だと思っている。

命が、地球人の命というのがそのようなものだと知っているから、しっかりとした道を歩くのは仮の姿だとしか思えない。

命と言う不安定なところに身を置き、何も分からず生きるというのは、綱渡りをし続けるという事を知っているから、綱が人の道だと強い認識を持っている。

だから、道は人の道ではないという認識があるから、安定した道を避けてしまう。人は、不安定なものだという信念というがあるから、綱しか観えない。

人間はいついかなる時どうにでもなってしまうから安定した道は違和感がある。

綱は 生きるが出来る

大地があると生きるが出来ない

道を歩いていると死が分からない

生きるが出来るのは死があるから だから綱!!

安定は幻

手のひらに残る金の光

昨夜降りたTOMコンタクト

あるがなしに 浮き上がったものを 

漏れるものは漏れ 残っているものに目を向ける

その自然な動きだけで

想いを寄せるな

漏れたものには  想いはいらない

 

事はあるように観えて ない

問題があるように観えて ない

あると想ったところに 焦点を当てると

想いこみが強くなる

すくった時 手のひらに残ったものだけに 焦点を当てる

手のひらには 小さな金の光が残っている

 

北朝鮮がミサイルを発射し、世界にざわつきが広がっています。

現実を観る力と、ざわつきによる不安の想いに焦点を当てると、どこまでもその不安は広がっていきます。不安という感情に、不安ありきの思考をのせたならば、不安は尽きる事は無く、どこまでも湧き続けるでしょう。
生きるとは、多くの出来事に対しどう向き合う自分なのかを知るだけです。

手のひらに残る金の光は、自分の中に今すでにあるものです。

この時代にどう生きるかを見つける事は、心踊る楽しみな事です!挑戦しましょう!

心に嘘はつけない

2016年までは便宜上の言葉や行動、形を何とかつくろえましたが、2017年に入って、心に沸いた事がそのまま形に表れてくるようになってきました。

自分の行動や言動により、自分の心が表明されるような事が増えています。

例えば、たかまさんのブログ のような

それでも、本心を隠しているつもりの場合、自分の本心が徐々に分からなくなっていくでしょう。

ご自分を隠さないでください。
自分自身でも自分の言葉を聞いてください。
自分がとった行動を丁寧に振り返ってください。
そして

 

すべて良し!と思ってください。
丁寧に振り返りご自分を観つめたうえで、すべて良しです!

 

もし誰かにひどいことを言ったとしても、その時の自分に抗う事は出来ません。
反省せず、否定せず、ただ認めるだけで、その時の自分より一回り大きくなり、過去の自分を慈しむことが出来ます。
ただ認めるだけで、これからどんな自分になりたいか、ふと未来の自分が心に沸いてきます。
理想で画いた自分ではありません。
未来のあなたが本心からの行動を起こすでしょう!!

未来の自分が、すぐそこにいます。

今の自分を認めてください。

 

未来の自分が、今の自分と主に歩んででいくでしょう!

 

 

 

 

 

4/10 コンタクトメッセージ 『火の玉』

4/10チャネラー養成講座アドバンス 講座最後に来たメッセージを紹介します。

大きな循環(4/4コンタクト①)

4月4日 千葉セミナーで降りた踏江コンタクト

「宇」に行けば
外からの影響に委ねてただよい
外からの力によって動きは始めた事が外を変えていく力となる
外から影響を与えられていた我は
外を変える力となる
委ねてもらい そして 手渡し 広げ また もらい
互いに影響し合い
互いに刺激し合い
ひとつの世界を生み出し
生み出した世界によって また 影響される
どんどん影響され 多岐にわたって 形はいくつも創られ 形無きがごとくなり
形はなくなり 一つから始まる
一つから 他へと変化する
この過程が面白い
影響され その影響に身を委ね
自分の意志により次の動きを起こし
外の影響と 自分の意志と 合わせて 次の力と成す
次の力 次の我
委ね 影響される必要がある
そして 意志を持ち 動かす力が必要だ
その力により 生まれる
生まれたものによりまた影響を受ける
影響を受け影響を与え 多岐にわたり沢山の形が生まれ
そして形は分離し 一つとなり
そこから始まる
どの段階であっても 変化していく
循環は あなた方が思っているよりもっと大きなスケール
大きなスケール循環を知った時
小さな自分を知って
愛おしく
小さな自分を生かしたいと思うであろう
愛とはそのようなもの

4月 これからの時代

4月に入り、呼吸法をしていて、プラーナ管を天空に伸ばしたときの位置が高くなってきました。
という事は、目眩がするような宇宙エネルギーが近くに降りてきています。

想いも、ちょっとした決意も、行動も今まで以上に効果があり、自分の想い以上の状況が創られる可能性があります。
ですから、今までと同じ捉え方だけすると、他の世界が観えにくく、狂信的になりやすいので、多方面の受け取りが同時に出来る心と脳スペースを持ったが良いでしょう。

自分の今の想いは大切です。でも、その想いだけが真実になってしまうと頑固になり、想いに固執し、孤立してしまいます。
自分とは違う考え方を持った人の想いを同時に自分の中に入れてみる必要があります。
そこに詮索も判断も無く、相手の想いの念を取り去り、ただ字面だけを何度も音として繰り返してみて、腹に入れる事が出来たならば、自分の想いも同じように想いの念を取り去り字面を繰り返して、相手と自分の想いのエネルギーを並べてください。
このエネルギーワークは、効率よく対立する2つを認め一つとし、もっと広がった考えが浮かんでくる方法です。
これからの時代、そのようなヒトが必要です!
たくさん必要です。

 

 

2017年3月31日 コンタクト

2017年3月最後のコンタクトです。

海で生まれた風

山で生まれた風

ビルによって生まれた風

人を遮る風

人と人を繋げる風

嵐となる風

風にも様々あるけれど

風が吹き  物事が動き 時代が変わる

動き  変わったが良い

嵐の中では大きく目を開き 中心に入り 嵐を動かす意志を観る

草原を渡る風に目を細め 心穏やかに 人とくらす

ビルの谷間で吹き上げる風に乗って 天高く昇り 現象を観

海から山に吹き上げる風に乗って 自然の雄大さ荘厳さを感じ 畏怖の心を知り

窓を開け 我が家に風を入れ 

家族が変化成長する風を起こす

 

春分の日から違う!

20日の春分の日からエネルギーが変わったと多くの発信が出ているように、違うと実感しています。

対局にあるものが一つになり始めているように感じています。
嫌いと好きが同じこと
あるとないが同じこと
2極として捉えていたものを同じグループと観ると、認識すると脳が変わってきます!!
それが新たなエネルギーの世界に入るヒントです。

ただ、新たなエネルギーと意識とを繋げる必要があると思います。

20日から不快で重いようなエネルギーに包まれていたので、地震でも来るのかしらと思っていましたが、15日に受け取ったメッセージを意識してみると、繋がってきました。

いい加減に目を覚まし
よくよく あたりを見回すと良い

目の前が同じ景色にしか観えないものたちや(時や)
何も観ようとしていないものたちには(時には)
命を使い天命を全うさせる力がなく
いずれ 終わりが来る
終わりの前に 目を開き 景色をみると
その美しさに感動するだろう

 

目を覚まし→目が開いていない→目が閉じている→開いていると閉じているが同じ状況の可能性がある(これはふと沸いた考え)

「閉じていると開いているが同じ状況」
重いエネルギーが軽いエネルギーと同じ
重いと軽いを入れ替えてみる
まずはそこから始めてみようと考えた!

 

私の中で拘りがあり、いつも引っかかる真逆の事を探してみた。
「形が無いことを求め、形がある事を嫌う」(抵抗感はない)
これを逆に捉えてみた。
「形を好み、形が無いことを嫌う」(抵抗感があるので抵抗が無くなるまで思ってみる。抵抗感が無くなった)
そして、同じ状況にしてみる
「形を好み、形が無いことも好む」(ブワッと世界が広がる。愉快な気持ちの後に深い静寂が来た)

バスの中でこの意識変換をしていたら、景色がいつもより違ってみえた。
エネルギーの動きや、場の濃さが、ゆがみや濃淡で感じたうえに、いつも見えにくい文字が良く見えた。
微かな感覚なのでまだ説明しにくいが、

皆さんもぜひやってみてください。

真逆な捉え方をしている事がらをみつめ
逆さにし、自分の感覚の変化を観つめてください。
意識が自然に変わります。
重く苦しいような事を楽しみ、軽やかに感じる事は消えてなくなっている可能性があります。
それがどういう事なのかは、これから認識していくのだと思います。

確実に変化が起きています!

貴方のチャンスは相手のチャンスになる

長い間自分を観つめる作業をし、ご自分の感情はどんな事があっても穏やかにいられるようになった方のお話です。
その方は、4年の間に夫を看取り、弟さんのキーパーソンとなり看取り、その後ご両親を看取り、残された家族が穏やかに暮らせるよう、一族の家長の役割を果たしてこられました。
今回大人になった息子さんたちにどう対応すれば良いか、特に長男のさんに対してどう関わるのかのセッションを行いました。
彼の人生を想い、親として後悔のない自分の想いを伝えるためのコンタクトです。

コンタクト

今の流れでいいでしょう。
時を大切につかみなさい。
掴んだ時をチャンスと思いチャンスを自分だけのものとせず
相手のチャンスに変えるには
貴方の魂の奥にある尊厳の心を大きくし
貴方の愛の力を自分の心を越えた宇宙に拡げられる状態になれば
貴方のチャンスは相手のチャンスになる。
そしてその体験が人生の目的と言って過言ではない。
この瞬間の為に今まで学んできたと思いそこに立ちなさい。
その体験がいかされたなら貴方はすべてに感謝できるでしょう。
夫にも感謝できるでしょう。
息子の命を心から愛おしく思えるでしょう。
貴方の息子は素直でありながらねじれた心を持って生まれている
そのねじれた心に手を入れる事が出来る最大のチャンスです
貴方の命をかけその瞬間に立ちなさい。
ご本人からのメール
「尊厳、愛を宇宙に拡げるなんて神業のような課題の前に自分の小ささに愕然ですが、一晩たった今は目の前にきたことに逃げない私を息子にさらそうとだけ思っています。
尊厳、宇宙の愛についてはもっと私の中で醸してみたいです。」

 

踏江メール

「ありがとうございます。
私も気持ちが引き締まります。
宇宙の愛に向かい、愛すべき息子さんに向かい歩んでください。
応援しています!」
ご本人のメール
「立ちなさいといわれるこの瞬間とはどのくらい前からの神の計画なのかと考えると気が遠くなります。本当に宇宙に拡がるようです。」

 

個人セッション時のメッセージとその後のメールのやり取りです。(ご本人の承諾を得ております)

思った事を意識するって意外と難しい!

養成講座では5感を磨く訓練をします。
その為には、感じた事を想いに変換する前の感覚を言語化してもらいます。
それが意外と難しい。
色の中に入る。
それをやってみると言われても、入るって??という事になりますが、ちょっとしたコツが分かれば、色の世界に入る事はできます。
色でエネルギーが違いますので、手で触り、対比から色に入る事はできます。
その先です。
今感じている感覚を言葉にするのが意外と難しいのです。

優しいとか、威圧感とか、広がる世界という言葉の前に感じた感覚を言語化して、今感じているエネルギーと音を合わせる作業をします。

単純な音から入るのです。

意味のない音は、それだけで空間を創ってくれます。
感じている色と音の空間があってその空間で遊ぶことをします。

 

かなり大雑把に説明しているので、分かりにくいでしょうが、言葉に変換する前に、瞬間的に感じた状態があり、次に無意識にすぐに変換しているのです。

その瞬間を捉えるのです。
昨日のチャネラー養成講座基礎コース、皆さん初めての参加でこのワークを体験して頂きました。
これがチャネリングの基礎になります。
脳の使い方を変えます。

日常でも、今思った事を言語化し、今感じた事を言語化するよう意識をしていれば、メッセージが来たときも、直感が働いたときも、すぐに分かります。
自分の考えか、天から又は魂の奥から湧いた言葉の違いはすぐに分かります。
今日のメッセージ

自分がどう感じ
どう反応したか 観察する必要がある!

いい加減に目を覚まし
よくよく あたりを見回すと良い

目の前が同じ景色にしか観えないものたちや(時や)
何も観ようとしていないものたちには(時には)
命を使い天命を全うさせる力がなく
いずれ 終わりが来る
終わりの前に 目を開き 景色をみると
その美しさに感動するだろう

今日喫茶店でコーヒーを飲んでいる時、来たメッセージですが、数日前のように感じます。
私自身も、同じ景色ばかり見ているような気がしたので、今日は絵を画いて過ごすことにしました。
絵を4時間描きながら旅をしてきました。
かなり疲れましたが、物事を深く考えやすくなりました。

色々妄想して

アイデアも想いを巡らせる事も、一晩置いておこうと思いました。
そぐわない考えは消えていくでしょうし、ピッタリな考えは、明日も同じように浮かんでくるでしょうから。

 

 

 

 

今幸せと言う思い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の羽田空港

夕陽に浮かぶ富士山

最終便の出雲行きを待っている間に

電話がかかってくる

「いつまでこの苦しさが続くのか⁉︎苦しさが以前より辛く感じる」と

それに対し

「苦しさが増していますか。以前より動けませんか?」

「以前より動けているけど、どうして皆さんみたいに普通の生活が送れないのか、以前の自分になれないのか…     幸せになれるからとそれを信じてきているのに…」

 

「幸せになれるという思いは、今が幸せではないと言うことですよね。」

 

「あっ、その違い、今ちょっと分かりそう。」

 

「今が不幸だから幸せになりたいという願いなのです。今、幸せだと言い切ってみてください。あなたの中のあなたではない声が抵抗し、内側から体を押さえてきますが、以前より動けるようになっているし、自分の気持ちを抑えず言えるようになっています。ご主人があなたが具合が悪いことを認めてくれています。

幸せですよ!

それが現実です。幸せに条件をつけないで、ただ今の状態が幸せなのだと言い切ってください。

思えなくても良いです。言霊ですから、」

 

富士山に頼みながら言葉を出していた。今が幸せなのだと受け取って欲しいと。

 

「ちょっとの言葉の違いが、分かります今が不幸でいつか幸せと思うと、体が重い。今、どんな自分でも幸せと思うと、何かが違う。軽い感じです。

やってみます」

 

富士山に感謝しました。

今までなかなか伝わらなかった言葉が、今伝わった。

彼女の強い意志が、中心軸を太くし、自己存在が他によって影響されなくなり、それにより、心はしなやかで寛容になる。

これから彼女に変化が訪れると確信できました。

声が変わりましたから。

 

 

 

コンタクト「感情の気づき 」

新潟セミナー時に降りたコンタクト
それをチャネラー養成アドバンス講座で解析し、理解する作業をしました。

 

コンタクト(踏江みつ子)

コンタクト  『天空界のお社が地上に降りてきて』

コンタクト 1/8

わっぽー新潟新年会(1/8)

チャネラー養成講座アドバンスの講座終了後、新潟わっぽー新年会を開催しました。TOMO氏の10弦ギターのバッハに浸り、丹羽真広さんのギターと声に聴き惚れ心がとろけました。

 

幸せな2017年のスタートです。

かじかさんの新潟郷土料理も舌がとろけました。 ありがとうございました

それぞれが人生を抱え 

それぞれに人生を表わし

ここに集う

この奇跡の瞬間に酔い笑い語り合う

魂に刻むが良い

生きていることは なかなか良いものであると

体に刻むが良い

視覚・聴覚・触覚・味覚・臭覚 全てをフルに動かし 喜んでいる今この瞬間を!

そして、我が道をまた一歩 歩みだすのだ!

 

元旦のコンタクト

2017年になりとにかく、怒涛の加速を感じています。

早くに準備していたつもりでしたが、この4日間でも、時間についていけないように感じております。

でも、面白いです。

本当に面白いと思います。

今までは、すべて良しだったのですが、今年は、良しではなく、全て面白い!という印象です。

この1月、世界中がチェンジします。

善いとか悪いとか、好都合とか不都合とか関係なくです。

その感覚をもっと掴みたいものです!

 

 

1月1日元旦

踏江コンタクト 

今が始まり

その後 終わることなく始まりが続き

先行く人も 後から来る人も

同じく 我が道を歩むから 先も後も無い

同時に閃き 

あらゆる方向に 皆が動き

てんでバラバラに それぞれが 我が道を歩む

それで良い

それが 同時に起き 大きな一つとなる

 

 

TOMさんコンタクト

ま近にみえる事がらは 

欲として 捉えると 意味がなくなるが

欲ではなく 必然としてある事だとみれば

核があらわれ

真の姿をあらわす

その必然の姿は 欲にまみれていても 表現は綺麗である

だからこそ 核を隠し通して来れたが

必然として 観られた時は

幕を外されて 本質だけとなる

これからの時は 

その本質が だれから観られても 中身は汚れても恥じなければ

本当の生き方が出来るであろう

 

 

 

人々の生き方の一瞬が 切り取られたように

重なり 繋がり その場が去る

だからこそ 人なりを慈しみ 尊敬し

その時を大切に接する事で

一瞬の出会いが 魂に大きく響き

自分の生きる道に 彩を加え

豊かな時を 送る事ができるだろう

しかし

人の出会いを 価値ずけ 評価し 見下したり 自分が奢ったりして

相手を見た場合は 自分を汚し 魂を傷つけ

自分の身の置き所が なくなっている事を知るだろう

その時 その自分を知った方が良いか 知らない方が良いかは

自分次第である

「大きな流れ」と「始まり」 たかまさんのブログより

2016年最後の日まで、皆何かを超えていらっしゃったと思います。
たかまさんにも、他の皆さんにも関わらせていただいておりました。
私自身も、ブログにも書いておりましたが、気づきは大みそかまで続きました。
本当にありがたいことです。
自分の心も魂も理解してくれる誰かがいてくれることの幸せを、本当に実感できた2016年でした。
たかまさんのブログを紹介いたします。
大きな流れを体験し、自分を知り、そのままの自分を正直に出す事を自分に許した瞬間でした。

その中に登場しますが、私とTOMさんはよくみんなの事を話します。
二人であうと、よく誰かにその場で電話をかけます。TOMさんは何も知らなくても、宇宙から観たその人に必要な言葉を伝えてくれます。
プライバシーを気にするより、自分を共有して、気づかぬ大切なメッセージを互いに伝え合う事を、生きている間に体験出来る瞬間です。
自分をさらけ出し、知る事を求めていれば、宇宙はどんな時もメッセージを誰かを使って伝えようとするのです。

三人寄れば文殊の知恵と言います。
昔大昔、文殊菩薩さまとご縁があった時代、穏やかに互いを認め合い語り合い、大いなる智慧を求めていた感覚が、時々今の自分を包みます。

チャネリングをしながら、宇宙の智慧を皆で受け取る事が出来るならば、人生の目的が達成した至福の時となるだろうなと、2017年の最初に思いだしました。ありがたい!

たかまさんの気づきの旅を読んでみてください。

大きな流れ

ずっと一緒に時間を過ごしてきた仲間
出来事が先に起きて
関われない時間が作られていった
2016年が終わろうとする時期
距離が出来て、年末の挨拶メールでシャッターを降ろされた感じがした
以前シャッターを降ろされた人と同じエネルギーを感じた
でも話をする時間が持てた
そうしたら
奇跡が起きた…
自分の思考に振り回されていたのだと気づいたと…
自分の中にも同じものがある事を見なかった
周りの人によって苦しいのではなく、自分自身と気づいた…
「現実は自分の思いでいくらでもすりかわり、相手への非難が生まれた時、自分に被害者の気持ちが生まれます。
ひとの心を責め、比べていると観たならば、そうしか観れなくなります。
でも、それも何かがきっかけとなり、違う観えかたになります。
誰でもいつでもそうなると思っています。
それくらい、危うく、形のない曖昧な世界にいます。でも、自分の真実は神と魂と共にあると信じられたなら、強く神に抱きしめられ安心して生きていけます。
覚悟と勇気と委ねる力が必要です。
昨日は神が与えてくれた大切な日だったです。
神は人が持つ感情はありません、私たちがまだ知らない、宇宙の真理からの言葉と思ってください。
その言葉の奥にある、気の遠くなる宇宙の愛を感じてください。
その愛からの言葉です。
今、世界が違ってみえると思います。
今の感じはたくさんの神の支援、周りのみんなの想いのエネルギーが注がれ、思考を超えたところに行けたのです。
この奇跡に真っ直ぐな気持ちが力となり届き、心を震えさせてくれました。

コンタクトがゆるゆるであろうと、厳しい言葉であろうと、正面から向き合う姿勢であれば、徐々に頑なな気持ちは溶けていきます。

向き合う姿勢を持ってください。

向き合って、嫌だと言う気持ちが強くなるならばそれを正面から認めてみると、気持ちが変わってきます。

来年はもっと不安や疑心暗鬼が襲ってきます。

世界中がそうなんです。

だからこそ、自分に正直に向き合い、逃げなければ、どんな状態でも、希望が持てます。

今回の感覚を覚えていてください。」

 

起きた出来事と
踏江さんのコンタクト
身に染みて
そして
年が明けた
ヨシ!自分に正直に!
NEW !
テーマ:
{2EE7EEAE-8C87-4BCC-BFCA-AB51D9E2F5AD}

元日の仕事帰り…

虹を見ました✨
なんかご褒美もらったみたいでした😊
昨日の大晦日
TOMさんと電話でお話しする時間を作ってもらいました。
「声が豊かだよー
良い人生だね〜。
これから起きる事は
私だからこそ起きたの!と思えば良いよ。
私だから!なのよ。
思いは止めちゃダメ。
楽しみ方は人それぞれだから
らしく楽しんで」
こんな話をして
新年を迎えた
私だからこそ
起きる何かが始まるんだなぁ…と。
いやいや
すでに始まってた…
年末は職場で2016年を象徴するかのような出来事があり、年明け早々にその対応が始まる。
ギリギリの所で出来る事
やれる事を…やった
年末に起きた出来事
この時期、このタイミングで起きるのね〜とちょっとビックリ‼️
激流の始まり…
でも虹✨

2016年と2017年の間に

今年色々あった事を振り変える必要があります。

2016年と2017年の間には、今まで感じた事のない層があるのだと思います。エネルギーが違うのです。

 

私自身に起きた事ですが、来年は2日後なのに、もっと先のような感覚がして、現実味がなかったので、おかしいと自分を観つめました。家で、ぼやっと考えても、心当たりがなく、散歩に出かけ、今の気持ちを一つひとつ言葉にしていきました。で、気づきました。
今年1年を振り返らなくてはと!
自分がどう乗り越えたのかを知る必要があり、気持ちを観つめ、やり残しがないかを確認する必要があると気づきました。

 

大変な1年でした。
皆さんそうだと思います。
そして、その時を越えて今を過ごしていらっしゃると思います。

どう超えたのかを思いだし、自分を褒めてください。
そして、緊張している心があるならば、認めるだけで心は緩んできます。

緊張して、2017年に突入は辛いです。
緩ませて、2017年を迎えましょう。

2017年は現実に起きる事が今まで以上に大きな変化をもたらします。

 

受け入れられないような事も、始まってきた時、流れに載せられ、無感覚になる可能性もあります。
自分の魂が望んでいることを、選択できる自分でいれば、大きな変化は自分の内側にも起き、現実社会で起きていることに怯えず向き合う事が出来ます。
来年は、大きく飛躍できるチャンスでもあります。
常に自分の魂からの願いをかなえてください。
意識レベルではなく、魂のレベルからの願いをかなえる事が、自分を生きる事になり、自分を含め周りの人々が幸せになる事です。

まずは、今年を振り返り、沢山起きた奇跡の瞬間を喜び、自分を慈しんでください。

今年も後わずか、だから、メッセージが必要!!

千葉セミナーの内容です。

師走になりました。

2016年も後わずか、多くの体験をした2016年

沢山の大変動が今の時点でも起きています。

自分にも起きているだろうと思ってください。

*変わった自分を観つけてみましょう。

*2016年最後のセミナーで、愛について深めてみたいと思います。

人間の愛と神の愛と宇宙の愛について
畏怖の心(神を恐れる心)と  神と共にある安心感

この愛は、日頃意識していません。

けれども、神を恐れ、神と遠ざかりながら、神に守られられていると皆信じている事は事実でしょう!

だからこそ、どう神を観ているのかを改めて認識してみましょう!

私自身は、自分が孤独で在ることを認識しています。だからこそ、神なしでは、ここに存在で来なのです。

どんなに孤独で在ろうと、神は手放してくれません。

だから神と共にある事を知れば、人はいなくても、孤独にはならない事を知るのです!!

 

 

 

踏江コンタクト(TOM個人セッション時)

宇宙の自由な命

法則は必然

宇宙の自由な命は

いくつかの意識が相談して創り上げる

自由な命はつながっている

その繋がりが 宇宙でばらばらとなっている

それが地球に影響して 

好き勝手に行動して まとまらないことが増えていく

宇宙もまとまろうとするのではなく

バラバラに動くのが宇宙の法則となり

個と個がぶつかって

ぶつかった時のエネルギーが次の法則を創っていく

全体の法則があるのではなく

個々の勝手な動き 部分の法則

部分の法則が沢山混在した後

新しい自由な命(きそく)を創っていくだろう

混乱を起こしているのは 宇宙が起こしている

それでも 個々はぶつかり合い

個々の法則をみつけていく

それが 次の社会

 

 

 

TOMさんの個人セッションから、ご本人を通して人を知る事を体験してみましょう。

彼女の人生のみ方・捉え方をヒントに、コンタクトから学ぶ。

 

*人生の観方・捉え方
起きた現実はあった。その事実に囚われない。

その事実を逆から観ると、悪いことを言っているようだけれど、良い事を言っている。

何が出来たかでは無く、事実は事実として感情を次に持って行く。

 

*人生を豊かにする妄想力・発展力  観えないものが観える力

ぶつかった時、個々が出し合うと、妄想力から発展していく

 

*個々の中でため込んでいるとグルグルとなる。思考が迷走する。

口に出していう事によって、多角的・多様的なものになる

プラスアルファになり、自分の考えに囚われないところに行く
*自由な命 自由な意識  いつも生まれたて
・今この瞬間、今生きている部分だけしか切り取られない! そう思うと、今この瞬間しかない。 過去はない

・初めて、今出会った。今の現実は今初めて起きて、過去はあったと覚えているけれど、今は今の現実

 

 

今がすべて いつも生まれたて

何かが起きても気をつけようがない

 

 

TOMさんに必ずあるもの  <ひらめき 何とかなる>

ないもの   < 不満   願い  >

皆さんも 自分に必ずあるもの、無いものを観つめてください。とても面白いです。

自分を知る事が出来ます。

 

ちなみに、私の必ずあるもの <知りたい!という探求心  希望>

ないもの <悲しみ   嘘>         寂しさはも苦しさもあります。祖母の死を体験した10歳の時、祖母の温もりを触り死んでいないと数時間泣きじゃくっていました。返事をしてくれず、冷たくなり顔が変わり祖母ではなくなりもうここにいないと自覚し、もう逢えない寂しさに1年間は泣いていました。

その後に起きた人生の様々なことを振り返り悲しみに浸っていた時はありません。皆様もそうであるようにとにかく、目の前で起きていることに向き合い、進んでいくだけです。

 

話を戻し、TOMさんの言葉です。

人生の流れ上にあるものはする!
流れを創るのではなく、流れはあるという生き方!

流れは、私には作れない!

やればできる!をやるだけ!

流れはあるもの!だから、流れに委ねる事が出来れば、人生は進んでいきます!!

 

最後のコンタクトを頂きました。

コンタクト

静かに見つめた時

うごめくように 下から生まれてきて

それが流れを起こす

湧き上がってくる表現ではなく 

うごめいて 呑み込んで 流れは起きてくる

自分が流れを起こしているという概念が強いと 流れに呑み込まれ

自分の意志は希薄となる

流れは巨大なのだ

流れの中であり続けるとするならば

流れにあるものを ただ受け入れていく

その力が必要

 

 

このコンタクトにより、自分自身を生きるという事は、自分に委ね、流れに乗るという自覚が生まれました。

その気持ちで、今日を生きてみると、幸せな暖かさが自分を包んでくれます。

包まれ、誘われてくる感覚があるからです。

それは現実なのです。

信じてみてください。

人は、必ず幸せになれます。

どんな状況でも、幸せと感じ刈れる智慧を掴むことが出来ます。

どうぞ、今の幸せを感じて下手ください!!

 

 

わっぽーの活動

*****12月予定*****
Heart Window Art松戸工房             21日(水)15:15~17:15
Heart Window Art市川工房             22日(木)14:00~16:00

*****1月予定*****
千葉セミナー                       4日(水) 11:00~14:00
Heart Window Art長岡工房              5日(木) 13:00~15:00
Heart Window Art新潟工房              6日(金) 17:00~20:00
新潟セミナー  (新津交流センター)         7日(土)  13:00~16:00

チャネラー養成講座アドバンスIN新潟②       8日(日) 13:00~16:00 フェニックス2階

わっぽー新潟新年会

Heart Window Art下越病院工房           9日(月) 16:00~18:00
チャネラー養成講座基礎コース土曜IN千葉①  14日(土)13:00~16:00
チャネラー養成講座基礎コース平日IN千葉⑤  16日(月)13:00~17:00

Heart Window Art松戸工房              18日(水)13:00~15:00
Heart Window Art市川工房              24日(火)14:00~16:00
Heart Window Art東京駅八重洲北口工房仮    28日(土)14:00~16:00
(銀座ルノアール八重洲会議室)

*****2月予定*****
千葉セミナー                       1日(水) 11:00~14:00
Heart Window Art長岡工房              2日(木) 13:00~15:00
Heart Window Art新潟工房              3日(金) 17:00~20:00
新潟セミナー  (新津交流センター)         4日(土)  13:00~16:00

チャネラー養成講座アドバンスIN新潟         5日(日) 13:00~16:00

Heart Window Art下越病院工房           6日(月) 16:00~18:00
チャネラー養成講座基礎コース土曜IN千葉②  11日(土)13:00~16:00
チャネラー養成講座基礎コース平日IN千葉補講  13日(月)13:00~16:00

Heart Window Art松戸工房              15日(水)13:00~15:00
チャネラー養成講座アドバンス土曜コース       18日(土)13:00~16:00

チャネラー養成講座アドバンス月曜コース       20日(月)13:00~16:00

Heart Window Art市川工房              21日(火)14:00~16:00
Heart Window Art東京駅八重洲北口工房     25日(土)14:00~16:00
(銀座ルノアール八重洲会議室)

2016年自分はどう進むかを問われている!

大きな岐路に来ていると実感します。

全ての人が

今までの価値感ではありません

自分はどう感じどう行動するかだけです

自分は人から言われた事に忠実だと思っていたのならば、それは、自分の想いに責任を取っていません。人から言われた事を選び、その決意を選択したのです。それでいいのです!

もし、これしかできないと思うならば、それを形にし、幸せだと持ってください。それだけで、本当に天にいるような感覚になります。

もし、自分を変えようと必死ならば、自分はなりたい自分になっていると信じてください。
そして、なりたい自分は今の自分に対し寛容で温かく包んでくれると思いこんでください。実際そうなんですから、そうなります。

世界情勢がどう変わっても、日本の方向がどう変わっても、自分の人生の流れにある事を自ら体験していくのは事実です。
周りによって変わるわけではありません。
あなた自身が、自分自身になり、ご自分の人生を堂々と歩むだけです。

安心してください。

あなたも私も、必ず満足して終わりを迎えられるでしょう。

それがあるから、どんな人生で在ろうと、自分自身でいることが出来ます。

同じ時代生きているのですから、共に頑張りましょう。

 

ありがとうございます。                わっぽー 踏江みつ子

アオーレ長岡 Heart Window Art展始まりました。

Heart Window Art にいがた  アオーレ長岡協働センターギャラリー始まりました期間:12月1日~6日

お立ち寄りいただけますことを願っております。

昨日の搬入風景

会場風景は展示会場風景はこちらから

チャネリングメッセージ

飛び抜けて 秀でなくとも

皆輝ける

輝いていない命(人)はない

その輝きが表に表れるには

自分を観つめ  認め  磨く必要がある

自分と向き合う事の難しさは

人を受け入れる事の難しさと  等しく  大山の如く在る

その難しさを溶かす方法は

あなたも知ってる「信じる力」

信じる力があれば 人生後悔しないことを信じるならば いづれ必ず真正面から自分と向き合い 今の自分を超えている!

信じる力があれば 今の自分を超え 他の人も自分の一部と分かる時が来る

そうなったとき大山はなくなり 輝く己になっている

みな輝き 共にある

 

搬入後会場会議室ワークショップで描れた作品 です。みなそれぞれに輝いています!

image image

 

今この場で存在し、この場に自分の宇宙をミックスすることが大事!

<ご本人のご承諾を得、ご本人のご感想も取り入れております。>

 

ある方が、どこか違うところに常に意識が行っており、言葉が伝わらない状態が続いた。

その方の目は、私を見ていても、私の向こう側の別の世界を観ている、もしくはご自分自身の過去の出来事に囚われ、その事だけを反芻して現在を観つめていないような目だった。

それがはっきり分かったのは、合気道の立ち方を試しにレッスンした時だった。(通常はしないが、ふと思いついたので天に確認後実践した)

気持ちがどこかに行くと体がぶれて、体を押すとふにゃふにゃとなる。
気持ちはここにあり、体の力を抜き、気の流れを感じ、臍下の一点に集中するだけで体はしっかりと大地と一体になって、びくともしない。
目があらぬ方を向いたときは、気も通らない。
何度も練習をしているうちに、ご本人に自覚が現れた。

1ヶ月後にお会いした時、目が全く違う。瞳に力がついた。
しっかりと私を見据えている。

エネルギーが大きくなっていた。

ご自分は、「穏やかな気持ちになり、幸せを実感している」と。
「自分の周りが違う。温かい優しいエネルギーで包まれているのを実感した」と。
「今までは、読んだ本や、聞いた言葉の中の答えを探していたと思う。」と。

 

嬉しいです。

次は、感動が日々増えますとお伝えした。確実に始まってくるでしょう。

 

宇宙は今生きている私たちの中にあり、まわりにあり、現実のここに存在しているのです。

どこかに行くのではなく、宇宙をここに置きながら、実生活をしたならば、どんな状況も不幸ではないと思っています。
苦しいことも、つらい事もありますが、不幸ではありません。

辛い時、苦しい時、どこかに逃げたくなります。
分かってもらえない時、逃げたくなります。
助けを求め、生きる方法を模索していけば、助けは来ると思っています。
簡単ではないし、楽でもないです。
でも、幸せは手にしているのだと思います。
人と比べると、さっきまで満足していた事は、不満の心に変わります。
自分の中に幸せの種は必ずあるのですから、その種を信じて芽を伸ばしていきましょう。

燈明杉からのプレゼント

青森に住んでいる時に、地元の方から樹齢700年の燈明杉があると聞き、逢いに行きました。
山に光を見たと話してくれました。名前の由来は現実に光が放たれる(光が降りる)からだという事でした。樹木医の方からの話なので確かです。

燈明杉

細い山道、対向車に出会ったらバックで戻らなくてはいけない舗装されていない林道を導かれるように進みますが、どこまで行っても姿が現れませんでした。
かなり登り、突然、開けた場所に湧き水があり、その場だけでも清い気に満ちていました。
そこからは徒歩で登ります。
子供たちも一緒だったので、これ以上は怖いねと言っていたら、修行場のような小屋が現れ、もっと上に威風堂々とした巨杉が現れました。
まだ雪が残っておりましたが、大杉の懐に抱かれるように、杉の足元に座り、しばらく瞑想をさせて頂くと、頭の上にポトリと木の皮が落ちてきました。

「持って帰りなさい」と声が聞こえたので、神からのプレゼントを持ち帰り、床の間に飾ったのですが、その時からコンタクトがのべつ幕無しに聞こえるようになり、眠る事もできません。
それまでのエネルギーソースとの違いは歴然でした。宇宙エネルギー満載。数式や文字やメロディーがおり続けてきます。
体力の限界になり、山に戻しに行かせてくださいとお願いしたら、敷地内のスポットに埋めろと指示が来ました。
その通りに埋めると、何とかバランスが取れ、宇宙空間が自宅に出来ました。

一般の方にも見える光が降りる大杉は、宇宙と交信して大地にその智慧を注いでいるのだと思います。

青森から今の千葉に移りもう15年が経ちますが、残念ながらその後大杉に逢いに行ってはおりません。私の記憶にはっきりと刻まれていますので、思いだした今もシャワーの光が注がれてきます。

一般公開されておりますが、行くには準備していく方が良いです。心と体の準備を。修験者の聖地ですし、何かが起きるかもしれない場所ですので。

 

樹齢の長い杉や銀杏は、存在しているだけで、神のようです。

逢えてよかった。

 

アメリカが変わり、世界が変わる、この時代を選んだ自分の意図を知る必要がある!!

11月1日に受け取っていた言葉です。

コンタクト

天の喜びを感じます。

何が喜んでいるのか分からないのですが、奥の方からのにひひと言う感じの喜びです。

いたずらっ子のくすぐるような感じでしょうか?

何かをしでかす前のワクワク感を感じます。

現場にいる私たちにとっては、不都合な事も起きるであろうと思います。

こんな時には、受け身に立っていたのでは不安が起きやすいので、ぜひ、物事が起きる元と繋がり、その流れに乗ったが良いです。

自分の意識で、自分に都合よい方向に持って行こうとすると、摩擦が起きます。

流れを読んで、流れに乗るのです。

流れに身を委ねながら、ワクワクできたならば、今の瞬間が幸せこの上ない瞬間になるでしょう!

 

 

天が弾むような振動。ちょっと怖いなと思っています。

そして、トランプ大統領が決定しました。

大地が揺れ、人々の思惑はまとまりなく、我が身を最優先するエゴが大きくなります。

けれども、自分次第なのです。全てが自分次第です。

11月6日に降りたコンタクトは、意志を教えてくれるコンタクトでした。強い強いエネルギーでした!

この日は新潟縄文式チャネラー養成講座アドバンスクラスでした。

このメッセージは、みんなのエネルギーが一つになって、大きな導線となり、私が言葉にしたものです。私一人では肉体的にこのエネルギーを長時間保つ事ができませんでした。アドバンスクラスは全員チャネラーです。それぞれに人生の学びをしています。  宇宙からの智慧を受け取りながら、チャネリング生活を実践している人たちです。

だから、このメッセージの本当の意味、

生まれる前の智慧とエネルギーと、大人として今の社会の第一線で働いている人の心と

体融合を知った(体験した)瞬間でした。

この瞬間、感謝します。

お読みいただいている皆様に、ともに受け取ったみんなに、感謝します。

 

コンタクト

最低限超えなくてはいけない事がある
それを超えなくては死は訪れない
それも約束
天命があると思っているけれども
この約束を果たさなければ死は訪れない
それを腑に落としておきなさい
死はたやすい事ではありません
死はここで生きることをやり切ったものに与えられる事です
なぜなら
次に生まれる事であるから
次に生まれる事が出来なければここに留まり続けるでしょう
それを腑に落としなさい
終わりがあるという事を教わりました
そして全てが消えるという事も教わりました
ただ時間が経てばそこに入れる事は誰も言っていません
ここに生まれる為にあなた方は強い意思を持ちました
意思を持つ為の準備もしました
その意思を全うした時あなたは死を受け入れられます
自分の意思を
ここに生まれようと思った意思を見つめた方が良い
その意思がどれだけ強く巨大で
そして願いを持っていたのか
自分の持ったその願いを叶えなさい
叶えるだけの沢山のサポートは貰えます
ただ叶えれば良いのです
叶えられると信じれば良いのです
それは精一杯を超えた領域になるでしょう
生まれよう この地球に!と強く願った自分の意思をしっかりと受け止め
願いを  自分の願いを叶える
それが   今  自分に課せられたものです
その意思があなたの後押しにもなるでしょう
あなたの救いにもなります

 

 

体の芯をしっかりさせ、本当にしたい事を今したいと心から思います。
今朝全体のエネルギーが大きく変わりました。掴みましょう。
幸せを!幸せの感覚を!形のない満足できる真実が幸せです!
形のないものが存在すると実感し、始まります。
それを掴める時代になったと思います。

いじめにあった高校時代を克服したのは、自由に飛べる傘を手にしたから!

ある青年のお話です。

高校時代アメフト部に所属し、怖い先輩や、監督から練習と称して、毎日殴られることが日課となっていました。
このころ鼻を折られたこともあるのですが、親に心配かけたくないのでそのような姿を見せないようにしていたそうです。
私がお会いしたのは19歳の時です。大学に入っていましたが、パニック状態で、対人恐怖も強くなっており、休学中でした。
ほんの僅かな時間お話しましたが、症状が強くなってきたので、ご本人との面談は終了し、お母さんとどこかに希望を見つけようとリーデングしました。
専門家の治療をお受けになる事を薦め、もっと読み込みます。

 

23歳からグッとエネルギーが上がってきますので、23歳から大丈夫です。と伝えました。
その後何度リーデイングしても、23歳から力強くなってくるので、大丈夫とお母さんに断言しました。

 

実際23歳から病状が良くなったそうです。
専門のサポートをもらい、徐々に社会復帰を始めていました。

 

先日28歳になった青年は、次のステップアップの為に何かを掴みたくてセッションとなりました。
たくましく成長した姿を見せて頂き、嬉しさがこみ上げます。
現在、統合失調症の症状は出ておらず、今の仕事の専門課程を得るために専門学校に入る事にしていました。
いくつかのアドバイスをした後、あることを提案し、それを行うか相談しました。
「一番辛かった高校時代を観て当時に行ってみる?」
コミュニケーションに不安を持っており、今後の仕事で弊害になるのはご本人も分かっていたので、勇気と覚悟を持ってもらえば可能だと判断したからです。

 

「やってみます!」

 

どのような方法で当時に入るかをご本人に説明します。
当時のご自分と完全に一体になると、パニックの症状が表れる可能性があるので、太陽の光になってもらいます。太陽の新米神様という表現を取りました。

太陽の光に入り、神となり、当時にワープする。
本当に観えてきます。
相手の表情とか、幼い自分の表情とか、その部屋にあるものや、着ている服の模様まで観えてきます。
記憶が入り口となって、現場にワープします。

 

そして、相手の目から自分がどうみえるのか、相手は何を思っているのか、体の中の状態はどうなのか、奥に入って、どんな心情風景があるのか観て、暗ければ明るく、かたくなならば、一緒に遊んで心を溶かす作業をします。
相手が変わってから自分の中に入って、何かをアプローチします。

 

彼の中は、全てがフリーズしていました。
嫌だなと言う感情があるのですが、動かないのです。
恐怖が強く、絶望から無気力になったように感じました。
声をかけます。「逃げても良いんです!」  「そっか、逃げても良いんだ・・・学校をやめても良いんだ」でも動きません。動けません。

声をかけます。

「太陽の神さま彼を助けて」と。

新米太陽の神さまはどうしてよいかわからず、戸惑っていたので、
「神様は何でもできるの、彼が自由になれるような道具をあげてください」と伝えたならば、パラソルを渡しました。

メリーポピンズみたいです。

 

本人も笑い、傘さして先輩たちがいる部室から飛びました。
「気持ち良い♡です。」空を飛びながら、
「逃げても良いんだ、学校やめても良いんだ」と言いながら。

ちょっと自由を味わってもらって、次に教室に入り傘を閉じます。落ち着いて勉強しているよう。
もう一度高校の先輩を観てもらいます。
怖くないし、一人一人の顔の表情が良く観えるようになっていました。

ここで、セッション終了しました。

 

「マジックのようです。気持ちが楽になったし、逃げても良い、自由で良いと思えます。
すっきりしました。
これから頑張ります」と言葉を残して帰宅しました。

 

見送って横になり、幸せを味わいました。
28歳になった彼が、これからもっと幸せをつかんでいくのだろう。人生は大変だけれど、一つひとつ乗り越えながら大きくなっていくんだろうと想像しながら、ちょっと眠りにつきました。

 

 

コンタクト 『自由に飛び続けるというのは』  

コンタクト

跳ね上がって跳ね上がって 

飛ぶ前に大地から何回か 躍動しなければ飛びあがれない

躍動するとき 物事は壊れていきます

壊れて 壊れて それでも自分を生きたい

もっと自由になりたい

広い世界を観たい

挑戦したい

全ての責任は自分にあるから

神よ自分に力を与えてくれ

自由に飛び続けるというのは

強い意志を持って

覚悟を持って

色々なものを捨てて

ただ己だけである

その状態で 飛び続けられるのです

全てのものが それを実現するわけではないのです

自由に飛んでいるものは

見下さず 物事を狭く見ず 決めつけず 囚われず

軽~く認める

他の在り方を認め

他の存在が飛ぶ事も認めるのです

決めつける必要はなく  奢る必要はなく  広い視野を持って

己が自由にあると強い意志さえ持っていたならば

飛び続けられるのです

それぞれが自分の在り方を全うすれば良し

それで良し!

 

『壊れて 壊れて それでも自分を生きたい

もっと自由になりたい』

 

この言葉は、何度も自分に言ってあげると、変化を恐れなくなります。
自分を生きたいという気持ちが高まってきます。
上記のコンタクトを何度も読んでいると、翼が生えて、自由になる感じがします。

翼を動かすのも、方向を決めるのも自分次第。
それが意志であり、覚悟であり、掴んだ自由なのです!

 

コンタクト

最低限越えなくてはいけない事がある

それを超えなくては死は訪れない

それも約束

天命があると思っているけれども

この約束を果たさなければ 死は訪れない

それを腑に落としておきなさい

 

質問:許可が下りるのはわかりますか?

 

求めなければ分かりません

精一杯生きる事をしていれば 必ず到達することです

約束は何かはわからなくても 精一杯生きていれば 到達します

精一杯生きる事を味わってください

 

質問:来るものを拒まずをしていますが、これで良いのでしょうか?
逃げないで、向き合うでいいでしょうか?

 

それは精一杯外に向かって生きている事ですね

自分の内側に精一杯向かって行けばよいのです

今のままでと止まらずにではなく

止まる事も精一杯の場合がある

自分の限界越えをすること

内側に対して精一杯生きるという事は、自分の限界越えをし続ける事!

 

とにかく、外側に向こうが、内側に向こうが、精一杯。
最期には自分だけになるでしょう!!
それは必然的に内側に向かうのだと思います。

自分に来たメッセージ「事を始めるのに必要な立ち方」

私に宛ててのメッセージなのですが、何かを始めようと思っている方には必要なエネルギーだと思いますので、アップしました。

 

コンタクト

行け行け  後さき考えず

起こすならば

形は変化していく

スタートだ!

すっきりと立てばよい

背は立て

中心に真を通す

中心の中心

覚悟を持って

それ自体は大きなものになる

雲のようにふわり

中心の中心が 空洞となって

俎板の鯉となれば良い

神の前での料理人 そして 神の前での俎板の鯉  両方になる

人からのプレゼントも多くなってくる

受け取って負担に思うような狭さを変える

プレゼントは循環

神のプレゼントと 人のプレゼント

合わせ  

事を動かす力にすれば良い

どう使うかだ

粒子の動き

先は後に

上は下に

捉えどころなく

自由に動く元 それが真

腹すえて

覚悟を持って

本来の自由なる命となれば

全てが動きだす

よって

モノの成り立ちが変わる

そこに立つ

 

 

コンタクト 『喜べ喜べ』

絵を画いている時急に熱くなり、降りてきたコンタクトです。
受け取っている時はわかりませんでしたが、こうしてテープ起こしをしてみると、画いていた絵が踊っていました。
蓋が空いたらしいので、素直に喜んで、起きる事を真正面から受け止め、踊るリズムで対応すればよいのだと思います。

 

image喜べ喜べ

蓋が空いた

踊りまくる

踊りながら真実の言葉を言ったり

あほらしいことを言ったりする

踊りは自分の意志に従う

欲するままに表わしていく

内側から 魂からの要求に対して人が意識で抑えられなくなってくる

意識が勝っていたけれど

踊りの中であれば身を置くことが出来る

恐怖の形が変わっていく

不安の形が変わっていく

蓋が空いた事を喜べ

湧き上がる状態になって

素直で在れば踊る

 

 

 

 

 

新潟新しい時代 それは「一人一人が広げていく事」であると空から声が聞こえる 

新潟市民である高橋さんのブログをご紹介します。

新しい時代

NEW !
テーマ:

原発再稼動に慎重姿勢の医師で弁護士でもある米山候補が当選した

 

これはゴールではない

 

いよいよスタートだ。

 

「新潟県民なく地震大国の日本でどのような政策を持つべきなのかを政府に問い続け、3期本当に奮闘して頂いた泉田知事。

「学び、知り、問い続け、行動する」

これを政治の場で実践している姿を見せて頂いた。」

 

私はこの文章を感謝の気持ちと共に泉田知事に送っている。

読んでもらえただろうか…

 

ちょうど県知事選真っ最中に県庁18階ギャラリーに絵の展示中

 

指導者の踏江さんからメールが届いた

 

「みんなで支援しながら、政治参加しないと潰されます。

資本主義社会も大転換期に入っているので、実験と実践を同時に行わないと間に合わない感じがしています。

 

新潟が自治を主体に持って行けるか、日本の国民が観ています。

まさに宇宙は観ている

観ることは、参加している事でもあります。

 

やるっきゃない!!」

 

「学び、知り、問い続け、行動する」

そして

一緒に参加していく。

 

面白い時代です

新潟で起きた事、今後起きる事は、全国に影響を与えるでしょう。

 

高橋さんにはHeart Window Artにいがた  県庁展示会の世話人として担当者と関わり、展示会を形にするためにお力をいただきました。
知事選と期間がぴったりあったのも、宇宙空間を18階展望ギャラリーに創り、人が変化し、場が変わり、なるようになると言う流れが加速すると願った事と無関係ではないと思っています。
これからも、「学び、知り、問い続け、行動する」 をし続けていきます。
どんな事も正面から向き合い、関わり、それぞれが自分らしく行動したいと思います。
踏江みつ子

 

コンタクト7/9 「今の恐怖の中だけのあなたでは無くなる   器を大きくしてみると 優しくなれる」

自己否定・将来に対する不安・他に対する否定など、苦しい思いが増してきています。同時に、幸せの感覚も増しています。
そんなことを考えながら、過去のコンタクトを読んでいたら、心に染みました。
7月9日のチャネリングメッセージです。
どんな状況も、どんな自分も、どんな人も、自分の中に呑み込む感覚的な事が感覚体験できます。読んでみてください。

 

体と命 同じようで 同じではない
心と魂 同じようで 同じではない

人は何と複雑で広く深いのだろう

人の深さは 知れば知るほど 呆然としてくる

 

<踏江みつ子コンタクト>

沢山の人の在り方

沢山の人の死に方

沢山の苦痛

沢山の幸せ

心が震えるほどの感動

哀しみ

悲しみ

嫉妬や妬み

怒り

 

人は心の内側で これら起きる全ての感情を味わっている

様々な人生の形として 

 

事故に逢い 病気をし 身近な人の死を突き付けられ 人に嘘をつき 人をだまし 
人を助け 人に助けられ

目を開いて 目の前で生きている人の体験を観てみよう  自分の体験を観てみよう

未来に希望を持っている青年

親を憎み 親の負しか観えず 将来に希望が持てない少年

ただ したい事をし 将来も考えず 今を味わいながら生きている女性

数えきれない人の人生がある

 

今もし 自分が抱えきれないほどの恐怖や苦しみの中にいるのならば

 

観じてみると良い ただ観じるだけ ただ観るだけ

 

恐怖の中にいる自分の向かい側には その恐怖の原因を与えている人がいる

横にはあなたを大切に思い あなたの恐怖を払おうとする人もいる

その横には 笑いお花を積んでいる人がいる 

またその横には 転んで足を怪我した人がいる

あなたが観える限りの人の在り方を あなたの心の中に入れてみると良い

 

自分の恐怖のみを観ていると 心がその事を抱えきれなくなる

自分の恐怖から逃げるのではなく

 

あなたから観える全ての人の今を あなたの心の中の景色として入れて見ると良い

 

あなた自身の心の器を大きくして

 

人々の在り方をあなたの心の中にいれると 良い

あなたの過去世に同じような体験があったであろう

 

今の恐怖の中だけのあなたでは無くなる

器を大きくしてみると 優しくなれる

心が緩んできたならば

どんな気持ちが湧いてくるだろう?

 

 

そして 歩きだすが良い!!

今 自分はどう生きるのかを想い 自分を信じ!!

imageimage

コンタクト『我が道と信じることが、揺るぎない我が道となる』

人生の岐路に立たれた方に対してきたコンタクトです。
信じる事で、道は観えてきます。
間違えを恐れると、どの道も危うく見えてくるのだと思います。
勇気をもらえるエネルギーでした!

 

コンタクト

幾度となく人生の岐路を体験したものには、道を選ぶ瞬間という感覚が身についており、その瞬間にある何かに突き動かされる感覚が人生に力を与えてくれることを知っている。

さあ、揺るぎない我が道を歩めばいい。

どんな道でもそれが我が道と信じることが揺るぎない我が道となる。

歩みながら時には回り道をし、よそ見をすることも人生を楽しむことになるだろう。

心を緩ませ、今生きているその瞬間を楽しむがいい

 

 

次は、感じる力が強いがゆえ、立ち止まっている方に降りたコンタクトです。
「河は人生そのものである。力を抜き、その流れに乗るがいい。」この言葉は今の私の心に響きます、流れに乗ってどうすれば良いのだろう?と疑問が湧きます。
でもこのコンタクトのように、「人生とは予測不可能であり、宇宙に向かう河のように大きな流れを持っている。」という訳で、どれだけ身を委ねる事が出来る人になるかだなと想い、自分を信じ委ねるよう、意識をしています。
コンタクトは、実践方法を教えてくれています。
一見抽象的でも、それを行ってみると、そこに宇宙が広がってくる事が分かります。
コンタクトに浸ってみてください。

 

幾つもの河が目の前に現れ、そこに飲み込まれそうになった時、初めて奥にある自分の力を引き出すであろう。

河は時に凶暴になり、時に恵みになる。

人の力をたやすく無にする力も、人により河自体が存在を失うことも起きる。

しかし、太古から遠くの未来に向かって、人の力以上の河が存在しており、人は我人生のみの尺度でしか河を捉えることができない。

河は人生そのものである。

力を抜き、その流れに乗るがいい。

そうして初めて我が人生の方向が見えてくるだろう。

己の人生を掌握できる意識を今持ち合わせてはいない、いや永遠に持てないだろう。

それほど人生とは予測不可能であり、宇宙に向かう河のように大きな流れを持っている。

最後の瞬間その大きさが分かるであろう。

 

下支えも、後押しも、引き上げも、たくさんの支援を周りからも、上からももらっています。
だから頑張れます。
もっと愛され、もっと愛したい!
自分も、周りも、天も!

講座受講生のコンタクト「でも、最後には、最後には立ち向かわなくてはだめだぞ!」

基礎講座を受けている20代の方のコンタクトメッセージです。

コンタクト
お前は、泣き虫だ。
丁寧で、敏感なところがあって、生きにくい。
どうしても、ダメだと思ったら、休んでよい。
休むことは、逃げる事とは違う!
でも、最後には、最後には立ち向かわなくてはだめだぞ!

質問:立ち向かう力が弱いのですか?

少なくとも本人は弱いと思っている。
蓋を外せば進める!

質問:今蓋を外すには、どうすれば良いですか?

色々あるが、やりやすいのは怖がらない事。
怖がっても仕方がない。
怖がらないには、傷ついた事を認め、傷つけた事も認め
逃げない
向き合う

感情を認めないと、手放しは難しい。
お前が、頑固なのは知っている。
現状に執着し、変わる事を怖がる。
プライドは、ひねくれた向上心。
向上心  うまく働けば前に進めるが
過剰な期待がある
自分に期待しない状況で、ふたを開けると良い。

今回、彼女はスタート時点から、胸の奥の重い感じがあり、涙がこぼれていました。
何故なのかご本人にも分からない状況でスタートしました。
アップしたコンタクトの前に、彼女の状況を教えてくれるメッセージがあり、そこに対してアプローチできたので、気持ちが軽くなってから、コンタクトを受け取れました。

「自分に期待しない状況で、蓋をあけると良い」   の私なりの解釈です。宇宙から見たら、どんなに社会で成功していても、どんなに人間的に素晴らしい人でも、小さく未熟だと分かります。自分に期待すると、自分が自分にプレッシャーを与え、自分の開放が辛い作業になります。蓋を開けることを楽しめ!と言うことだと理解しました。
敏感な方は、自分のサポートをしてくれるソース以外も感じてしまうので、そのエネルギーの違いも認識し、受け取らない、出てもらうなどの対処も必要になります。

養成講座では、1つのエネルギーソースとの対話だけするようにして、繋がっているラインを太くし、じぶんが納得いくまでエネルギーソースにくらいつきます。
それが、自分自身を守る事になります。
まずは繋がることが大事ですが、繋がるようになってから、自分自身について深く尋ねたり、世の中の現象について教わったりしながら、宇宙の智慧をもらい、何度も反復し、自分の生きる力にしていきます。
今の時代、チャネリングはとてもし易くなっています。
ただ、自分の都合(エゴ)で受け取ってはいけません。エゴが入ると憑依など低いレベルと繋がりやすくなりますので。
何度も聞き、じぶんが腑に落ちるコンタクトメッセージになるまで、質問し、神の真意を感じる事をしていきます。
上手にしようとすると、かえって聞きづらくなります。
エネルギーソースにため口が言えるほどリラックスして、沢山智慧を受け取って頂きたいです。
チャネリングが楽しい、チャネリングしながら仕事や家事や起きている問題と向き合うのが楽しい、人と関わるのが楽しい、そう実感して欲しいです。

 

チャネリングと言う言葉を知らなくても、繋がって楽しく実生活をしている方もいます。
エネルギー混乱の中で、不安になっている方もいます。
まずは、お近くで、分かる方のアドバイスをもらう事も良いのかなと思います。
ご縁ですので。

お読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

コンタクト 「拡大した自分がどんな人なのかは、分からない。 分からないからこそ、その自分に出会う楽しみがある。」

4年前に個人的にお伝えしたメッセージです。
今日重い空気を感じ、過去のメッセージを読み心に染みたのでお伝えします。

今生きているこの地球で起きていることは、理解の限界を超えていますが、一つでも真実を掴み、知った真実を実践し、体で体感することができる唯一の瞬間のように思っています。

どんなことが起きようが両目を見開き、第三の目でも何が起きているのかを観、現実を受け止めていきましょう。

そして起きていること、自分自身の全てを楽しみましょう。

コンタクト

元気な時も苦しい時も、同じ自分であることを忘れぬように。

元気な時が本来の自分だと思うと、薄っぺらの「ひと」になっていく。

苦しい時の自分があなたの奥を拡大し、大きな人になるよう育ててくれる。

拡大した自分がどんな人なのかは、分からない。

分からないからこそ、その自分に出会う楽しみがある。

何事も形に溺れず、何事も意味に溺れず、何事も結果を求めず、

何事もない世界に入ったなら、そこに未来のあなたが、ただ静かに存在しているだろう。

 

今日で8月も終わり、9月はどんな月?

テロ・オリンピック・施設の事件・地震・台風
8月この1ヶ月を思うだけでも、つらい事が多かったです。
人の弱さ、残酷さが表に現れてきていますが、人の慈悲深さ、能力の高さ(困難を乗り越える力)も増して来ているように感じています。
オリンピックでもそうでしたが、技術と精神を伴って、在る領域を超えた姿は、神をそこに観るような美しさがあります。

自分を諦めない。人生を諦めない。
智慧を使ってみよう。何かの方法があるだろうから。
その気持ちが現実を創っていきます。

9月とにかく挑戦する時期に入っています。
肩の力を抜いて
自分に挑戦。
社会に挑戦。
おしゃれに挑戦。
嫌いな人に挑戦。
何でもいいのです!グッと歩みだすその勢いが次の現実の後押しとなります。

大きな流れがいくつも現れ、混迷します。だからこそ、挑みましょう!
挑むことをさらりと楽しみましょう!

コンタクト

皆でより良い世界を切り開くには
個となり、孤独という現実を味わい、自分をしっかり掴む
そして、ある時期、自分と言う個の考え方を超えるのだ!
個の探求心は小さく、力を大きく発揮できない。
自分を超えた、自分を取り巻く全体の意識を持った時、個では越えられない領域を超える。
それは共に働いている人々でも良い
家族でも良い
同じような志を持っている人々でも良い
森の中に入り、木々とでも良い
ある瞬間
個を超え
溶けあうのだ!
そして、また、個となり、孤独という現実を味わい、自分を掴む!
今の感覚とは違い、
自分がよりより世界に立つのではなく、
皆でよりより世界に立ちたいと言う人になるだろう!

コンタクト『試しは、智慧の実践場となり、己自身が智慧の宝庫となる』

個人的に送られたメッセージです
神の愛があれば、心に灯がともります。神の愛が後押しになり、人は勇気を持って、前に進めます!!

 

コンタクト

今日一日がとっても満足でき、感謝の心が己の中で大きくなっている。
智慧は、どこまでも与えられ続け、試しは、智慧の実践場となり、己自身が智慧の宝庫となる。
そこに目を向けず、ただただ、謙虚に与えられた仕事や物事や人に真摯に向き合えば、己の智慧の宝庫から、言葉は湯水のように溢れ出て、本当の愛の存在となるだろう。

謙虚であれ!

真摯であれ!

丁寧に行え!

神とともに人生を生き抜ける人であれ!

7年前のコンタクト  

私はどなたかのチャネリング指導を受けていない。

最初からチャネリングソースに教わりながら、多くを学んできた。

かなり厳しい指導だった。今も厳しさは変わらない、でも、厳しさを内包している大きな愛を感じる。そして、いつでも観られている凄さを感じる。どんな状態でも、必ず的確な智慧を戴けるその凄さを感じる。

チャネリングソースは徐々に入れ替わり、実践の指導が増えていった。

それは、現実の世界が生易しくなく、苦しんでいる人の世界に入り、地獄のような世界でも、軸をずらさず、しっかりと立、希望を観つめる自分でないと、神が救いの手を伸ばそうとする邪魔になるからだ。

目の前で、どんな事が起きようとも、目をつむらず、起きた事と向き合う心の強さを育ててもらっていた。

波乱万丈であっても、自分の人生体験では想像すらできない方々とのご縁が広がっていった。目の前のクライアントの状態が楽になる方法を観つける、それが、実践だった。

 

7年前のコンタクトが、今でも新鮮に感じるので、ご紹介します。

コンタクト集 踏江指導霊コンタクト (2009/09/30)
見渡しなさい もうそばで 共に在る人がいます

足元は 見なくてよい

足元は しっかりと大地に繋がるだけで 整ってくる

今は 見つける為に 心のわだかまりを捨て 心を広げ あらゆる人と関わるように

命はかけなくてよい

人は 支えられ支え 与えられ与えている 存在だから

もっと心が豊かになる事で 現実の幸せは すぐ手に入る

心にあるわだかまりを捨て 広く誰とでもかかわっていくよう

コンタクト集 踏江指導霊コンタクト (2009/10/6)

山に登るような感覚で、今を超えるのではない

丘を目指し先が見えないが、楽しく登って行った先は、高い高い絶壁だった。

向こうの世界は想像もつかない霧の中

それでも今度は、飛び込むだけで、その世界に入れるのだ

飛び込め、飛び込め!

後先考えず、飛び込め!!

行った先は別世界 行った者にしか分からない別世界 われわれ全てが勧める別世界

しかし、帰る保証は無い別世界

行った者しか体験できない別世界

コンタクト集 踏江指導霊コンタクト (2009/11)
新たな時代の幕開けは全てのものに訪れる 宇宙は進化しているのだから 進化とともに 新たな世界となっていく

人も動物も木々もそして 地球も

このままでいいという概念は 宇宙にはない

常に振動し変化している事が 宇宙の在り方

さあ 意識して 全ての思いを捨てなさい

そうすれば宇宙の在り方と 一体化する

進化し続け 膨張し続ける宇宙と一体化する

***********************************
何かを手に持って 我を感じ

もった物を手放して 我を感じてみれば 良いだけだ

何かを手にした時 我がものと 思うのも 思わないのも 今の在り方

もった物を手放した時 寂しさを感じ 手放したくないと思っても 何の執着がないと思っても

それが 今の在り方

手放した後は 全てが過去の事

今 この瞬間のあるがままには 過去はもうなし

同じことを繰り返すという思いは 過去の思い

在るがままの 今ならば 過去はもうなし

***********************************
ひとひらの雪が舞い降り 地には 光の白き天使が 乱舞する

人々は寒さで縮みながら 心は喜びを感じ取る

命とは そんな時に輝けり

命の輝きは 人間社会の価値には見えず 見えぬ価値のみ

身体と共に在りたいのなら どのひと時 尊く在れ

人は気づきながら実行せず 分かる領域を狭めている

どのひと時も 有り難く尊い在り方を 真に行えば 溶けてくる事も多い

天から雪が舞い降り 人々は 心に喜びを感じるように

***********************************
つるべ落としの このひと時の流れの時が 非常に怪しげな 光を放つ

その光は 一瞬にして 消えていく

その光の速さが 心を奪われる

その光を見失ってしまったとあせると その光は 尊く美しいものになってしまう 

そのような 思い込みは 世界をつまらなくしてしまう

全てが 光が美しいものではない

怪しげな光は ただ怪しげに 人の心を打つものだというだけでいい

気にくわない光も 曖昧な光も 美しい光もある

そうただ在るだけ

それだけで よしと思えば これからも 思いもよらないものから 光が出てくる事に気がつく

そのエネルギーを これからは 楽しみなさい

お読みいただきありがとうございます。

踏江みつ子

コンタクト 『現実に起きることは、あなたの道しるべ』

特定の人に対して降りてきたコンタクトですが、ご紹介します。

*人との信頼関係を築きそうになった時、ご自分の強きが表に出て信頼関係を壊してしまう癖がある方が、人を信頼すること、大いなる存在に委ねることを始めた時に降りたコンタクトです。

 

コンタクト

さあ、夢から覚めた気分はどうだ。

重苦しく狭い世界の夢だった。

しかし目が覚めてみればそれも懐かしく、よき世界だったと分かるであろう。

そこにいることが必要だったということも。

賢いあなたならば、それがわかるだろう。

しかしその賢さは、あなたの深淵なる智慧の邪魔となる。

智慧は賢さが及ばないほどの世界だ。それも薄ら気づいているか?

さあ、気が絶するほどの深淵なる己の世界への旅立ちが始まった。

友はいる、道案内もいる、生きる場所もある、何の心配もいらず、その道を進むがいい。

現実に起きることは、あなたの道しるべとなるであろう。

現実を区別せず、排除せず、すべてを受け入れるところから始まる。

成長は拡大すること。成長は永遠に続く。

それが宇宙の真実。

コンタクト  『内に隠された世界が開かれた時』

特定の人に対して降りてきたコンタクトですが、ご紹介します。

*虐待を受け、体も心も委縮し、怒りや憎しみの心が自分を覆い、
そして、その心を観つめるのが耐えがたくなり、怒りや憎しみは奥にしまい、
自己否定心が表面を覆い、
自分を守るために、人を排除し、殻にこもっていた方に降りたコンタクトです。
殻を、少しづつ脱ぎ、恐れる心で、周りを観るには、心を開くことにより希望が生まれると信じるところから始まるのです。

 

コンタクト

内に隠された世界が開かれた時、今までなぜ苦の状況があったのかが理解できるだろう!

内に隠された世界が開かれた時、これからの己がいかに常識を超えたものの見方を手に入れ、自由なる世界を切り開いていくかがわかるだろう!

内に隠された世界が開かれて、その自分になれた時、もっと奥に隠れた己がいることが、微かに、けれども確実にあるとわかるであろう!

そう、隠れた己は、次の世界を開いていく力だ。

どんどん自分を切り開き、そのことを証明し、他の者たちをも切り開いていく力を身に付けなさい。

あなたの深淵の世界に眠っている知恵を解放するのです!

 

 

<コンタクト>

人を知るには人の愛を通して神の愛を知ることから始まる。

人を愛しなさい!

人を思いやる前に人を愛しなさい。

すると、愛に実感が沸き!人に実感が沸き!自分に実感が沸く。

実感はそのもののあり方の実を感じること

愛することは押しつけではなく、愛することは耐えることでもなく

ただただその存在を認め愛おしむこと

そうすれば己自身を認め、愛おしむことができるだろう

あなたは 愛されるべき存在 

愛すべき存在 

そして 愛を体現出来る存在である

 

お読みいただきありがとうございます。

大いなる智慧を引き出す必要に迫られている

あまりにも次から次から世界中で事件が起き、先に起きた事の結果が出る前に、皆の目が違うところに向けさせられる。そんな印象を持ちます。

何故このような事になのかと思い、現実に起きている事を誤魔化そうとしても、できず、説明も出来ない事ばかりが多くなっています。

物事から目を離さず、心は自由にいるには、集中力が必要で、それが継続していきにくい感じを受けます。

自分を知る事が、どれだけ大切か、本当に切実に感じています。
どのような状況になっても、自分を生き切るには・・・

 

人が信じられなく、自己否定が強く、けれども自分に対して特別感があり、大いなる存在を求めながら大いなる存在を否定なさっている人がいました。しなくてはいけない事が重なったりすると、頻繁に頭が真っ白くなり、体も意識もフリーズするパニック状態に陥ってしまい、もうすべてを終わりにしたい、誰ともかかわらないで、静かに生きていたいと言葉にしていらっしゃいました。

 

奥にあるものを開放しなければ、心が壊れそうな状態でした。

 

子供のころをリーディングすると、2~3歳のころすでに人が怖く、人を疑い、神に対しても否定観がありました。

 

何があったかを読みます。

 

人の奥はとても複雑ですが、人生のその瞬間はシンプルにして、
焦点を明確にしそこに集中していながら、抱えきれなくなった時、抱えきれないものを持ちながら爆発すると、それを超えた領域に行くことが分かった内容でした。

 

過去世を読み終えたご本人は、人が怖くなくなり、用もないのに人に逢いにいき、人が恋しくなってきたと話します。

 

パニックに陥る感覚も無くなりました。

 

自分をみつめ、もっと奥に入るには、大きな存在に身を委ね、そこから、人が考える事もできない大いなる智慧を引き出す必要に迫られているように感じています。

エネルギーアート Heart Window Art 市川 「絵とコンタクト」

うねるエネルギーが強烈に降りていました。
目が回るような空間で、絵とコンタクトで受け取りました!
下のTOMさんの作品は、特に次元が違う絵です。
コンタクトはずっと来ていたのに、画き終わってあまりに具合が悪くなり、やっと受け取り始めました。

image image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

踏江 コンタクト

二つのエネルギーが存在し、それぞれの動きが違った場合、捻じれが起きる。

 

立体空間で3つ以上のエネルギーが、それぞれ違った動きをした時、
距離があれば互いに自由であっても共存できるのですが、
近い距離で起きた場合、捻じれは自分の存在さえ危うくなるほどの影響力があります。

しかしこれが現実

ゆるぎなく存在することは不可能

捻じれは、いくつかの大きなエネルギーがあれば必ず起きる。
捻じれを置いた上で物事は起きてきます

それを踏まえると、次の自由が起きてきます。

あなた方が知っている自由の概念は、互いに距離があって、自分の想い通り行くという事と捉えています。
現実はとても近しい距離で、それぞれが自分の想い通りの動きを行った場合、
そこに非常に大きなエネルギーのぶつかり合いが起き、
エネルギーのひずみ、圧縮、拡散が同時に起きます。
その中であるという事!
なおかつ自由であるという事を想像してみると良い。

次の自由の段階です。

質問:葛藤の中に自由があるという事ですか?

葛藤と言うと相手を意識していますね。
自分らしくあるという事をもっと思ってください。
互いにもっと近いところでそれぞれが自分らしくある事に、もっと想いを向けてみてください。
自分がもっと自由になった時、今までとは違う事が起きます。

 

TOM:自分が絵を描いていたとき、一個一個のエネルギーを描いた上に大きな目を置きたくなった。
それは、どんなに捻じれていても、観る自由、かんじる自由、があると思った。
そうです。観る事が出来る自由さ!
その位置は影響受け合っているわけではないけれど、共存している。

ごちゃごちゃ画いた上で自由に観る!

新たな段階。

 

☆次のコンタクト

根底が変わる

 

繋がり
繋がりが基本
繋がる者たちが繋がり
違う繋がりを持つものたちが 近しいところで カッテニ テンテンバラバラに動いていて
摩擦にならない大きな法則がある
これは人が創るものではない

 

人が及ばない大きな法則の中にいて それぞれがカッテニ動いて 調和されるという時代になっていく

大事な事は人が及ばない大きな法則があり その中で 自由であって 調和するのです。
その時代になるかどうかです。

 

今までの地球では 部分で行われていたけれど 地球全体で始まっている

 

今 同時に限界だという事が分かって 人を超えた流れがあって
その流れに 身を託しているのだという境地にいたって 初めて
それぞれがカッテニ してよいのである

TOM:最近の出来事で 自分がいいと思っている事は通らないと知った
自分はこう思って行動するけれど それは正しいわけではない
バラバラに観えても おもっと大きな法則の中にいるのだという意識を持つ事

自分の意図していない事が起きたとしても 人が及ばない大きな法則の中と思えれば
満足した人生になるだろう!!

 

その前に 抑圧 支配が 全体を覆うだろう! 絶望も覆うだろう!
抑圧を超え 絶望を超え  人が及ばない大きな法則の中なのだと気づく !!
そして 次の自由なる世界が始まる!

 

 

 

 

 

嫉妬する心を手放すコツ

突然ですが、過去の瞬間と今の瞬間は同時に存在していると感じています。
下記の相談メールに、今も過去も同じくあるのは、ご本人の生きようとする意志、今の自分に足りない事への探求心、そして、かなりきつい助言を耳を開いて聞こうとする姿勢です。
そして、そこに立ちあっている私自身も、同じように、人を知りたい、生きる事を知りたい、知りたいという探求心は変わらず有り続けています。
過去の自分が今ここにおり、今の自分が過去にもいると実感できた内容でした。

 


テーマ:

知り合いのお子さんの状況とご自分のお子さんを比べてしまい、嫌な自分になる事を卒業したいというご相談メールのやり取りです。ご本人の承諾を頂いています。

比べなくするコツを教えてほしいとの要請にお答えして、微力ではありますが、おこたえしました。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

親も子も表面的には挫折がなくてエリートだなと…
他と比べる必要もないけど
そんな親子もいるんだなぁと…
少しくらい不合格やうまくいかない経験もすればいいのにと自分の中の嫌な感情もあります
何かへんな気持ちです
この感情が自分の何なのかを考えてました
やはり見栄や羨ましい感情があります
こういう気持ちの切り替えのコツはありますか?

踏江:
比べないコツは、他人を心に取り込まないほど、自分や大切な人を見つめる事なんです。
言い変えると、やるしか無いことだけ思い、考え、行動するだけです。
人と比べるのは、迷いたいからの思考です。
分かっているなら、意志力で、比べる必要ないよと自分に百万回言ってください。
お嬢さんを思うだけでも、複雑怪奇な彼女の奥を知るチャンスを与えられているし、お孫ちゃんが加わるともっと奥深いし、他の子達を加え、その上、自分を観つめると、人生の時間全部かけても解き明かせません。
嫉妬があるならあるで認めましょう。
栄光の未来を諦め、手放しましょう。
自分や、臍の縁の方々をもっと知りましょう。

コツが…
少しわかりません
自分も子供もそこまで優秀ではないことをきちんと見つめ、認め、腑に落とすと言う意味ですか?
それが知り合いのお子さんが挫折をしていない事とどういう繋がりがあるのかがちょっとよくわからないです
自分の中で他を完全に切り離すなら
あっちはあっち
になると言う意味ですか?
確かに関係ないので羨ましがる必要もないです
自分や子供を認めてないから
そんな感情が出るという意味ですか?

明日で良いのでお返事ください

一晩たって

本当ですね
娘の複雑怪奇な内面との表現は笑いました
あの子達、もちろん自分の事を知る
確かに時間がいくらあっても足りないでした

嫉妬はあります
嫉妬というより試練というか不都合が起きない嫉妬というか…
まあそれも別に気にならなくなりました

ありがとうございました

踏江:
自分の思い、言葉、行動に責任を持って、人と比べず、人のせいにせず、楽しく生きなければもっと辛くなる時代ですね

かなりわかりました

 

本当にそう感じます
それぞれ自分がどう生きるかが激しく現れてきますね

人と比べるのは、迷いたいからの思考です。

それも何かストンと落ちました

揺れ動きたい自分
迷いたい自分
あるんですね

また色々刺激的になってきました。

変化
しなやかに柳のように
楽しむ

台風の時の木のようにあんまりガチガチになるとポキンと折れるから流れに任せ動きながらも中心、根っこをきちんと奥深くに置くようなイメージ浮かびました

踏江:しなやかにたおやかに

そうすればどんな刺激も、苦と見える出来事も、全て良しと思えます。
今の体験に感謝だけです。

台風含む天災も大いなる存在を表してくれているのだと思います。
畏怖の念は、恐れを超え、今の命に感謝を与えます。

何故自分がこのような目に合うのかと言う奢りの気持ちの上には、自分が生み出した恐れが続き、他を攻撃したくなったり、現実から逃げたくなったりするのだと思います。

しなやかにたおやかに
生きましょう

コンタクト 「今の恐怖の中だけのあなたでは無くなる   器を大きくしてみると 優しくなれる」

体と命 同じようで 同じではない
心と魂 同じようで 同じではない

人は何と複雑で広く深いのだろう

人の深さは 知れば知るほど 呆然としてくる

 

<踏江みつ子コンタクト>

沢山の人の在り方

沢山の人の死に方

沢山の苦痛

沢山の幸せ

心が震えるほどの感動

哀しみ

悲しみ

嫉妬や妬み

怒り

 

人は心の内側で これら起きる全ての感情を味わっている

様々な人生の形として 

 

事故に逢い 病気をし 身近な人の死を突き付けられ 人に嘘をつき 人をだまし 
人を助け 人に助けられ

目を開いて 目の前で生きている人の体験を観てみよう  自分の体験を観てみよう

未来に希望を持っている青年

親を憎み 親の負しか観えず 将来に希望が持てない少年

ただ したい事をし 将来も考えず 今を味わいながら生きている女性

数えきれない人の人生がある

 

今もし 自分が抱えきれないほどの恐怖や苦しみの中にいるのならば

 

観じてみると良い ただ観じるだけ ただ観るだけ

 

恐怖の中にいる自分の向かい側には その恐怖の原因を与えている人がいる

横にはあなたを大切に思い あなたの恐怖を払おうとする人もいる

その横には 笑いお花を積んでいる人がいる 

またその横には 転んで足を怪我した人がいる

あなたが観える限りの人の在り方を あなたの心の中に入れてみると良い

 

自分の恐怖のみを観ていると 心がその事を抱えきれなくなる

自分の恐怖から逃げるのではなく

 

あなたから観える全ての人の今を あなたの心の中の景色として入れて見ると良い

 

あなた自身の心の器を大きくして

 

人々の在り方をあなたの心の中にいれると 良い

あなたの過去世に同じような体験があったであろう

 

今の恐怖の中だけのあなたでは無くなる

器を大きくしてみると 優しくなれる

心が緩んできたならば

どんな気持ちが湧いてくるだろう?

 

 

そして 歩きだすが良い!!

今 自分はどう生きるのかを!!

imageimage

朝ごはん 食べたら ガツンと一言!

朝ごはん

昨日の朝、ホテルでバイキング朝食を頂いた時の事です。
新潟ラングウッドホテルの朝食は地場産の野菜を多く使い、品数も多く、見ているだけで嬉しいのですが、新潟滞在も5日目となり、疲れが溜まっていた私は、つい、たらふく食べてしまいました。
腹八分目にしようと思っていたのに。

満足しましたが、体は怠かったので、ボソッと、疲れた~と独り言言ったならば、間髪入れず、『命を食らって何を言っている‼️

ハッキリと声がして、自分の愚かさに気づけました。
そうだ、命を頂いた!
何度かつぶやいて元気になってきました。
ありがたい。
体の中で人参が光を放ち、梅干しが腸を調整し、コンニャクが、腎臓の手助けしてくれている感じがし、体が軽くなってきました。たくさんの命が私の中で、生きている感じがしたのです。
これ、妄想かもしれませんが、元気になったので、朝の散歩に行って、40分歩き、仕事に向かいました。

あの声は、厳しい不動明王様の声に似ていた、、、怒った男神の声は、低く太くバリトンのようですので、一気に目と心が覚めました!
甘えていました!

今朝は、感謝して、ほどほどに頂き、部屋にもありがとうを伝え、ホテルを後にしました。

長岡に向かう新幹線の中で、人生が変わるシーンになった講座を思い出し、みんなの絵を思い出し、幾つか決まった企画イベントに思いを馳せております。

新潟のみなさま、作物さん、ありがとうございました。

 

耳を開き、目を開き、心の奥で感じ、考えよう!

身震いがするほど恐ろしいと感じています。

イギリスの女性議員銃殺事件

抗議集会と言いながら、非難集会になってしまう現実。

不寛容

自分自身に言っている事を、ここに書きます。
イライラした時、ざわついた時、自己否定した時、誰かが何かを伝えています。
自分を変えるためのヒントを!
でもその言葉は、耳に痛く、目をそむけたくなるのです。
その言葉を聞くことは、心が痛いから。
でも、その痛さの中に、苦しみから脱却するヒントが隠れていることが多いです!

今の苦しさから逃れるために、他を責めたり、現状を否定することは、もっと苦しくなるだけです。
苦しさは、今生きている全ての人が感じています。
苦しいという事を不幸と思わない。
その強さを持ちたい!
苦しさは、チャンスであると聞こえます!

 

そうチャンスなのです!
生きてきたのは、苦しくてもそこに幸せがある事を体験したいのだから。
そして、幸せを感じたならば、苦しさは、苦しさでは無くなり、味わいになるのです。
生きる醍醐味を味わう事が、生きてきた望みなのです。

自分を変えようと思うならば、
全ての概念の根底が変わります。
苦しみの元が解き放たれたとき、

 

不幸と言う言葉も、幸福と言う言葉もなくなるでしょう。

image

大家さんのお気持ち、ありがたい。

頑張れくまモン

頑張れ日本人

地球に住まわせてもらっている宇宙の人として、みんなで力合わせて、助け合って、どうすればいいのか、どう考えれば良いのか、必死で見つけましょう。

他人事ではありません。

自分も含め人が壊れていきます。

コンタクト 「時間と空間」 同じテーマを時空を超え二人が受け取る!

時間についてのコンタクトが今日おりました。
今日の千葉セミナーでTOMさんに、そして、本日夜長岡でWAKASAさんに
時間と空間の事を受けとり、メッセージとなりましたが、それぞれの個性が表れています。

<TOM コンタクト>

ゆっくり観る
大きく超えて向こう側にわたる
急ぐと短距離
ゆっくりと向こうに行けば 
大きな歩幅
その世界を観る
その世界は夕刻のような
日が沈まず
白夜でもなく
昼間でもなく
そして 暗黒でもない
星が星として エネルギーの ピピピ のような
その粒子からの 回転だけれど 上がくっつかない
の動きが始まった時
とじ込まないで次に進む
その感覚で地球上に起きた事を捉えると
時間は大きくゆっくりしているから
目先の事にこだわらずに済む


時間は大きくゆっくりしているから 
を教えてください

点は点でしか見なければ瞬間の時間だけれど
点ではなく  空間の一部としてみれば その空間が大きいから
その一瞬の出来事も大きな時間の流れの部分として捉える

<WAKASAコンタクト>

この宇宙に、主となるものはなく、ただ生きているものもない。
どんなことも変わらず、そこにいても、通過する時間は、放射することで変容す 
るひかり。光のスペクトルは遠心的に広がり散らばり
像を結び、万華鏡のように回転している。
その束が伸びたり縮んだりして現象界を形成する。
空間は塑像のようであり、万物の形質に働きかけ、個々事柄をモノに変換する。
光の束が像を結び伸びきった瞬間、断絶し束はバラバラになり、勝手に動き出す。
時間とは緊張と断絶を繰り返し、現象界の模様となる。

空間と時間は分離したものですか?

本来ならば別のモノだが、構造として不可分である。
空間から事柄が、時間の切り替えで変化が起こる。
今までは、オン オフの切り替えだったが
伸びきった束が切れた時の制御不能な状態となる。
その断面だけなら、時間と空間は同じに見える。

奥出雲でコンタクトが

奥出雲でコンタクト

抱かれていると 深さ 豊かさに 気付きにくいであろう!

時々外に出て 違う空気を吸うと良い

どんな土地でも

どんな状況でも

その懐深く入り  抱かれると  感覚は研ぎ澄まされ  今までには味わえない事が目の前で起きているとわかる

その衝撃を智慧と変換した時  目が醒めるだろう!

目が醒めたならばさあ翔び立つがいい‼︎

広い世界へと!

そして

新たな場で  新たな状況で  その懐奥深く入り込むのだ

場も状況も壊れることを恐れるな!

新たなる状況を期待し

翔び立つがいい!

 

コンタクト

関係性で捉えると、感情が入り、縁によって創り上げられるその場の経験が薄れ、何も残らない。

自分が在ること。

次に他も在ること。

それぞれが在って、絡み合って、また、それぞれに在る。

絡み合って溶け合えば、今日の自分の在りようが分かるだろう。

そこに縁の色が深く刻まれる。

満足という感情が、深く刻まれた縁を開放してくれる。

 

龍が立ち昇り、空から覆いながら、「来い!」と言っているようです。

と打っていたら目の前に米子空港への大橋が現れました。

天に向かって行けってこと!

image

 

 

ひま語録 5/22 「大きくなる事を怖がるな」

6歳児はますます開かれていきます!

みていて気持ちよいです!

メッセージも魂の応援歌ですね!

皆さん「大きくなる事を怖がるな」を実践しましょ!
大きくなりましょ!開かれていくことを楽しみましょう!!

 

ひまと海と太陽と…

NEW !
テーマ:
海が見てくれてありがとう

もっと見て
もっとこっちにきて
太陽が言ってた
私の力を浴びてくれてありがとう
お日様はね
佐渡に行くなら
私の力をまず浴びた方が良いよ
元気がでるから浴びた方が良い
って言ってる
あなた達はいつも私の太陽をいつも浴びててください
天気が良い時だけで良いから
雲や雨の時は雲が邪魔をして、お話が出来ないから
私の力は大きいから
とても気持ち良い
太陽さんは普通熱い
天気が良い時にひま達も太陽さんに力をあげる
大きく手を広げて、上を向いて、胸から力をあげて、大きく息を吸えば
力をあげれる、笑顔も運ぶの
海も力欲しいって言ってた
待ってるから早く力のポーズしてね
海さんと太陽さんが一緒に言ってた事
「さっきからパワーをあげたり返したりしてるけどすごく楽しいねー」
海を見ると深さと広さと大きさで怖くなり、腰が引けてくる…
ひまは全然怖くないらしい…
「面白いからー」だそうです。
「大きくなる事を怖がるな」
と言われた
それは楽しむ事なのだ
{BD257F53-7B57-4DE2-BCEF-D9E370D78304}

高校2年生の希望は恐怖の開放 さてどうなる?

 先日高校2年生の個人セッションを行いました。飛行機が怖くて乗れない、それがネックになって修学旅行に行けない、、、それを解放したいと!

始まってすぐにコンタクトを一本受け取りましたが、将来についてのコンタクトだったので、取りあえずそれは置いておいて、過去世を読むことにしました。

🌊大海原が觀え、板一枚に乗っている男の人がいます。目の前には大きな渦が巻いていて、飲み込まれるシーンです。

恐怖で体を固め目をぎゅっとつむり、もうダメだと諦めています。けれども、その渦では死ねず、気がつくと強い日差しの中で漂いながら徐々に衰弱していき死を迎えます。🌊

何がヒントなのか、心の奥を感じながら、もう一度読みます。渦に巻き込まれると思った瞬間、体の力を少し緩めるとどうなるかを本人に聞くと、目を開けて飛ぶ感覚になり怖くなくなったと言います。何かが足りない感じでしたが、この過去世はここまでにし次を読みます。

🌿アフリカの大地   太古の人々のお祭りの最中、大きな鳥が飛んできて、頭を掴まれそのまま空高く持ち上げられます。意識はありますが、もうどうしようもなく、手足は自由でもだらりと力は抜けています。崖が目の前に迫ってきてもうダメだと思った瞬間なんともう一羽現れ餌(本人)を奪い合っています。(このシーンはお母さんも一緒に読んでいました)2羽が戦っている時、掴んでいた手が緩み落下しますがどこかに引っかかり、体を突かれた傷から徐々に衰弱して死に至りました。🌿

こんな過去世を16歳に聴かせるのかと疑問に思いましたが、恐怖の解放のステップだと、この過去世の最初に戻り、頭を掴まれた時、手足を動かし鳥のバランスを崩させることはできるし、最期まで生きようとすることはできるのに、しないのは何故?と聞いたならば、アニメのようで実感出来ないし、ダメなものはダメじゃんと言います。

そこから、お母さんが彼の怪我の話をしてくれました。
3人で話しているうちに、もうダメだと思ってから動物的な本能が出てきて、危険を回避しようとするのにその力が湧いて来ていない習性は、過去世と繋がっているということが分かってきました。
それでも本人は、ダメなものはダメでしょ、あがいても結果は変わらないと言います。

事が起きる瞬間を掴み、最期まで挑む!これはすべての人に必要な事です。彼が自分を生きるには絶対に必要な力です。少し時間をかけ、その力を実感するまでの旅が始まりました。

恐怖の解放は生きる力を掴んだ瞬間に消えるのだと思います。以下は彼のお母さんの5/9のブログです。

テーマ:

高校2年の三男が踏江さんの個人セッションを希望。

理由は「飛行機が怖い。今年の修学旅行で乗る為克服したい」だったが…

同時に起きていた事

先週の水曜日にラグビー部での練習試合で頭を打って少し頭痛が続いていた
土曜日にはスクラムの練習で腕を持っていかれ、右腕が痺れて動かない。
朝から手の外科を受診して、脳から右腕の神経の損傷と言われた。
このタイミングでこの怪我とセッション…何かあるなと感じていた。

飛行機が怖い事、小さい頃から怪我が多い事(骨折は4回している)を含め、2つの過去生を読んでもらう。

共通していた事は…
恐怖で固まり最後はもうダメだと力を抜く事
まさか怪我はしないだろうと高を括る事

そして
今このタイミングで気づくのが必要だった事
最後まで目を見開いて拳を握り自分の人生を生ききるのか?
自分が本当にやりたい事をやる為に何が必要なのか?を本気で考える事
どんな未来の自分になりたいのか?を本気で考える事

「人を助けるがやりたい」と…

怪我をして不自由な右腕を感じ、当たり前に動いていたのがありがたいと感じ
もう少し引っ張られていたらそのまま動かなくなった可能性も言われ、これからの部活をどう考えるのか?

でも色々考えると「モヤモヤする」と悩んでる…

そこで踏江さんから

「その自分を隣に置き、その人にアドバイスするとしたら、そういう状況の人に対して何て言う?」と…

「…自分で決めろ…」

「もう一言!」

「今を取るか?後を取るか?」

痺れた右手で力を入れて書いた。

{757D257D-3270-4269-91CC-48CDBE275A30}

 

その後も、彼の旅は続いています。

少年よ、頑張れ!

ひま語録   2016.5.8

久しぶりのひま語録です。
ひまちゃん6歳になり小学生になりました。

ツバメ

ひまと車庫にいるツバメの夫婦を見ていた

「よく見ておこうね~

来年は見れないかもしれないから」

「?」

「だって事故に遭うかもしれないし

また病気になるかもしれないでしょ」

「嫌な事言うねー」

「ひまは嫌な事言ってるんじゃないよ。

だって来年はわからないでしょ。

だから今年のツバメ、

今ここにいるツバメをよく見るの」

…今この瞬間を大切に味わう…

6歳の小さなチャネラーは真実を伝えてくれた

 

チャネラー養成講座基礎コースでのコンタクト  「あなたのこれから」

昨日のチャネラー養成講座基礎コース

参加者へのコンタクト です。

基礎講座でのコンタクト

ちりぢりになった仲間達が集まって事を起こす時、それぞれの立ち位置に立つ

少しでもズレたならばその事は成立しない
私はそこを任されている者
人がズレる事
人が勘違いする事
人が自分を否定する事
その小さな事が大きな大地を邪魔する要因となる
私に課せられた使命は
間違えない事
皆の私情を外す事
自分の私情を外す事
起きる事を私は知らない
ただその事が起きなければ次が始まらない
その役割を私は選んだ
だから責任がある
力も必要
判断力もなければ事は起こせない
「私とは誰の事?」
あなたであり私である
「事を起こすとは?」
あなたが知る必要はない
起きる時に起き、起きた事にみな対処すれば良い
起きる事に気持ちを向けたならば対処がおろそかになる。
その覚悟を持たない者は関わるべきではない
「対処とは?」
あなたが対処するべき事は自分自身をどうこうする事ではない
人がその場に立てるよう、あなたは位置をつけ、手を貸し、肩を貸し
安心を与え、ずれない場所に人を導く事です
自分の為に自分を求める為に動くのではないのです
「もう少しわかりやすくお願いします」
大きな流れの事を起こす為に、あなたはあなた自身を無にして
起きる物事に従い、人をその人がならなくてはいけない所まで案内し
手を貸し、肩を貸し、自分の理解を超える大きなプロジェクトの一員として
手を挙げ遂行する。
あなたがすべき事はもっと透明になり
自分が頑張るという事を超える事
静かな心で湧いた事
目の前に起きた事
耳に入った事
これらがあるべき所に導く事
「今まではわざと自分で塞いで超えるという事をしてきたのですが」
これから起きてくる自分の状態はあまりにも形がなく
姿もなく、生きている感覚さえない領域に入るから
その前のご褒美(ゲーム)やり切ったというご褒美
これからはやり切ったという思いはわかない
ただただ淡々と事をこなしていく
心が静かですべてを受け入れて
深い眼差しで見つめるだけ
そしてこなしていくだけ

『痛みの中に快をみつける』って、⁉️

『痛みの中に快をみつける!』

ちょっと分かりにくいでしょうか?

怪我や病気で痛みを感じた経験は、ほとんどの方がなさっていると思います。

その痛みの中に快をみつける事が出来るのです。それが面白いのです。

長期で闘病なさっている方や、神経痛や、血液の病気などで常にどこかに痛みを持っている方などは、この感覚を自然に身につけていらっしゃると思います。

この『 痛みの中に快をみつける』と言うのは、痛みの中に入るという事で、今の痛みを感じ表現する事です。例えばチクチクとか、ズキズキとか、ズ~~ンとか    痛みの状態を観察すると、痛み方が変化してきます。

痛みがなくなる事を目的にすると、痛みを強く感じるようになります。不思議ですが、痛みを嫌がらない感覚が出てくると、痛みに快を感じ始めます。サディストぽいですが、ちょっと違います。

痛みから湧いてくる感情・感覚とダイレクトに繋がらず、感情・感覚を観察する事で、冷静になります。その上で、その痛みを楽しむのです。

 

以前青森八甲田山でのワークショップでの出来事ですが、八甲田山から下山する時右足を骨折しました。骨折は帰宅して翌日病院でわかった事ですが、その時は歩けましたし、神様から「大丈夫、助けてくれるものが来る」と言われたので、それを楽しみました。たまたま通りかかった介護士の方におんぶして頂き、次には、たまたま通りかかった自衛隊の隊長以下5名の隊員の方々におぶって頂き、下山しました。誰よりも早くついてしまい周りの人たちはびっくりしていました。重い私を背負いながら天狗のように走り続けた隊員の皆様には、背中で感謝し続けました。思い出すたび、この奇跡に感動します。

その時普通に歩けないのですが、あまり痛みを感じませんでしたが、帰ってからの手術後、車椅子、松葉杖生活の中でも、痛みはありましたが愉しかった方が強いのです。

全く愉快な体験でした。

話がそれましたが、痛みの中に快を見つければ、その体験自体が愉快になります。

 

今日の絵に参加した方のお話です。足に痛みを持っていた方にズキズキする痛みを描いて頂きました。最初は嫌々と言う感があり、赤のギザギザが痛々しく描かれていました。色を足して、もっとズキズキを描いてとアドバイスしたら、楽しみが出てきて、絵がカラフルに可愛くなってきました。その頃から痛みをそう感じないと言い始め、出来上がった頃、足はそう悪くないと言葉にしていらっしゃいました。同席していた人たちはびっくりです。でも、本当の事でした。

感覚と感情がくっつくと感覚も感情も増幅します。そこを断ち切ると、とても新鮮な体験ができます。

ぜひ、挑戦してみてください。

打ち上げチャネリングコンタクト4/30

コンタクト(tomie)

一歩は百歩ではなく  千量を移動とする

だから何か?

そう  なんでもない

地をゆらし  空を光らせ   海を逆なでした時に

我らの時代となっていく

早く早くと願えばよい

今のまやかしは  鼻をつまむほど  臭くにごり

息がつまる場であろう

自らこの地を壊せ!

 

 

コンタクト(YUKA)

惑わす

惑わされる

人にのまれ   集まる

進もうとしても  立ちふさがる

下にもぐると   抜け道があったり

訳が分からなくていい

動きは痙攣のよう

飛びまわり

自分が自分で分からないが    存在がある

 

 

コンタクト(tomie)

息詰まる時に  情が揺れる

空が揺れるより怖い

情が揺れると   ◯が動く

情が揺れると意志が壊れる

形が壊れる

 

コンタクト(踏江みつ子)

自由に自由に

自由は自分の感覚に責任を持つこと

ふと思ったら   最後まで

形にするまで

途中で手放すと   消えてしまう

自由は集中  探求

最後まで到達する責任が必要

それがあれば  あなたをもっと解き放つことが出来るだろう!

 

 

 

今日はちょっとホッとするのにお散歩しました。畑に蝶々が舞っているようでした。

image

 

8人展無事に終了! 怒涛のチャネリングコンタクト

8人展<4月25日~30日>が無事に終了しました。

お手伝い頂いた皆様、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

作品を展示する意味は何だろと考えます。
チャネリングと、自分の願望によって形にしたものは、何を生み出すのだろうとふと頭に疑問が湧きました。
銀座の画廊で行う事は一体どんな意味があるのだろう?

 

コンタクト(TOM)

くんずほぐれず
からまり
離れてことは進む
そこにある物と 他の物が からまり ほぐれ
次第に形になり
また 次への始まりが 動き出す
そこに乗って 飛べばよし
乗ったからには
おもいきり 事を 楽しめばよし

 

コンタクト(踏江みつ子)4/27
来た来たもっと来る
もっともっといろいろな展開が起きてくる
起きた事は起きた事で
忘れ去らないで育てて行けばよい
それが段々と繋がってくる
繋がらなくても良い
こなしていけ
警戒するべきは
生ぬるいところに引っ張られることを警戒するが良い
起きる事に対しては対応して
心をはせれば良い

 

コンタクト(踏江みつ子)4/30
各自自分がしようとしている事 今行っている事を自覚しなさい
何を自分が表したいのかをもっと観つめなさい
それぞれがもっと暴れて良い
もっと自分の個性を引き出していけばよい
納まらない者たちがここに集っている
自分がひとつの爆弾となり
ひとつの夢となり
ひとつの始まりとなり
自分の人生を観つめるだけというのは 終わったのです
観つめるという目的は終わったのです
もっと仕掛けていくべき
その為に自分を使いなさい
知る事は永遠にし続けていくけれど
知った自分を使いなさい
そのチャンスをもらっているのに
その場を生かし切っていない
自分たちの力量不足
思いっきり自分の命を人生を瞬間を使い
この場に この瞬間に 起爆剤となるように生きると良い
その為の表現をどんどんやっていくと良い

 

 

コンタクト(みんなでチャネリング)4/30

遊ぶという事をもっとする
重なり合うけれど
振動し
崩れ落ち
増殖していく

「遊ぶ」という持っているイメージを壊して
「遊ぶ」は
「もていじはなす」
その意味は 持って  いじって  放す
自分を知って、持って、いじって、放す  という事をしなさい。

すると、脱力する
強烈なだるさが襲ってくる

抵抗しない

すると、無重力になる

逆さになる
ふわりとする
穴が開く

別世界に入る
強烈な宇宙!!

 

Heart Window Art展はチャネリングの場
チャネリングして描いた作品に囲まれ、そこに宇宙エネルギーは降りてきます。

今まで体験したことがないエネルギーを感じられるまたとない瞬間となりました。
この後打ち上げでもチャネリングは続きました。体はヘロヘロでしたが、その場に居たことが奇跡なのだと実感しました。
疑問はすっかり溶けました。
メッセージは理解出来なくても体験として内側に入れたならば、考え、想いの元から変わっていくのだとおもいます。

また、プロのアーティストの方や、コレクターの方からご意見を沢山いただき、アートとしてどんな風に観えるか知る事が出来、もっと自由に画くためのヒントを得る事が出来ました。

濃い濃い体験をありがとうございました。
読んでいただき、ありがとうございました。

image

image image image image image image image

 

チャネリングコンタクト  「形に囚われず 形を慈しみなさい」

4/27コンタクト

形に囚われず

形を慈しむ

この二つが 命がある時にだけできる事

形を生み出す前の意識は

人と成りを全て使い 全力で表わすが良い

地位や名誉や欲によって生み出すならば

その姿勢があなたの方向を生み出し

いつしかあなたが 地位や名誉や欲に使われるようになるだろう

自分の探求にのみ想いをはせれば

全ては与えられ

あなた自身が背伸びをせず

身の丈の安心感と

広大な宇宙空間を自由に飛びまわるような自由を手に入れるだろう

形に囚われず

形を慈しみなさい

 

*  *  *  *  *  *  *

現在銀座で8人展を開催しています。
出展者のブログを読んでいたら、まさに、形に囚われず形を慈しみなさいのコンタクトのエネルギーと同じものを感じ同ページに紹介しました。
生きている事が瞬間の形の積み重ねです。
たかまさんのブログをお読みください。

*  *  *  *  *  *  *

 

人生を表わす瞬間となりました。

今ここに居る事が奇跡だと実感している

半年くらい前に取ったライブのチケット

銀座での展覧会とちょうど一緒になる

銀座で出展してみたい

2つの目標を持ちながら過ごしていた

その時には想像つかなかった

今の自分…

病気がわかった。

生きる事を選び、治療に入る。

そうすると上京はかなり厳しい…

もっと生きる事を選び覚悟した

そうしたら

流れが変わってきた

病気がわかる前描いた絵と手術前に描いた絵が銀座に展示されていた

自分の生きてきたそのものがあった

案内を送った友人達が絵を見に来てくれた

全く知らずに同じ病いと闘っていた友人がいた

20年ぶりに会った

語り合った

彼女は全く連絡をせずに私が今日来る事を知っていた

奇跡のライブを堪能した

何というパワーだろう

エネルギーをたっぷりともらった

もう一つの目標だった

英語のMCをそのまま理解したい

まだまだ無理だったけど

次のライブの目標としよう

全てが奇跡の連続

{F696F426-6D93-45F9-A3D4-6E59355EFC33}

{CB3E2F2F-3E90-45F2-8840-C3FFFC31B4F7}

 

 

 

 

チャネリングコンタクト   「宇宙物語4/19」

4/19 千葉養成講座アドバンスコース中のコンタクト

一本の糸があるとしよう

その糸は始まりも無く終わりも無くあり続ける

その糸は自分の姿を知りたくなって

始まりと終わりを見つけるために、糸はぐるぐる巻きになったり、ぐしゃぐしゃになって

始まりと終わりを手繰り寄せていく

始まりと終わりは、姿を現さず

こんがらがった糸が巨大になり あげく全てを呑み込んでしまう

宇宙とはこういう事

始まりも無く 終わりも無い

だから

経過も無い

あるのは

糸があるという

その事実だけ

永遠にあり続けるという事は無く

消滅という事も無く

瞬間にあるという事は

あり続けるという事では無く

ただ瞬間にあるという事だけ

そしてそこで重要な事は

自分が自分を呑み込んでいくという大きな真実

存在は 存在するものがすべて

自分が自分を呑み込んでいるのかいないのかもわからなくなって

それが法則

始まりも終わりも無く

しかし存在は

自分を知るために自分を膨張させ 自分を呑み込んでいく

 

質問

糸があり続けると知りたいと端を手繰り寄せるという意志はどこから来るのですか?

糸の意志ですか?

 

糸の意志であり

宇宙の意志であり

全ての意志である

 

質問   こんがらがった糸という言葉は何を表わしているのですか?

 

自分が膨張しているという事

 

質問 自分と言うものは何ですか?

 

糸(意図)

 

質問  それはみんなに当てはまる事ですか?

 

そう

全てに当てはまる

水も木も土も空気も・・・・

消滅するとは自分に呑み込まれるた時の事を言う

 

質問 自分で呑み込まれるのならば消滅しないのですか

呑み込まれようが 呑み込もうが消滅する

 

それは 全てになるという事

 

ふ~~。ありがとうございました。

チャネリングコンタクト 『自由に飛び続ける』

4月18日金澤翔子さん書の六龍がいる中でのコンタクト

跳ね上がって、跳ね上がって、大地から躍動しなければ、飛ぶことはできないのです。

躍動するとき、物事が壊れていきます。

それでも自分を生きたい、自分を生きたい、

もっと自由になりたい!

広い世界を観たい!

挑戦したい!

全ての責任は自分にあるから、神よ力を与えてくれ!

そう思って始めて飛べるのです。

自由に飛び続けるのは、強い意志を持って、覚悟を持って 

色々なものを捨て、ただ己だけで在るとなって、飛び続けるられるのです

全てのものが実現するわけではない

自由に飛んでいるものは

見下さず

物事を狭く見ず

決めつけず

囚われず

他の在り方を認め

他の存在が飛ぶ事も認めるのです

決めつける必要はなく

奢る必要はなく

広い視野を持って

己が自由にあると強い意志さえ持っていたならば

飛び続けられるのです

それぞれが自分の在り方を全うすれば良し

それで良し!

IMG_0072

 

 

 

 

踏江撮影

チャネリングコンタクト

<神の視点と、魂の視点で「体の死を超えた死」をチャネリング>
4月3日新潟チャネラー養成講座アドバンスクラスで「生きる事死ぬこと」のチャネリングを行った時参加者が受け取ったコンタクトです。
その瞬間は今世の最高の瞬間です。
沢山の不安を手放し、沢山のこだわりを手放し、ただ、全てに感謝のみになった瞬間です。
人生を知るには欠かせない事だとメッセージを受け、皆で挑戦しました。

Aさん
孤独だけど安心
孤独はわかり切っているけれど安心できる

Bさん
自分の人生を振り返る時間を創ってくれる瞬間
自分の人生の意義を創ってくれる

Cさん
ひとつのものから始まって
ひとつのモノに向かって進む
全体が融合し
全体の形は変わっていく
変わらないものは何もない
その中に死が出現してくる

土に帰る

Dさん
形が変わっていく
死は終わり
でも次があると置き換えている
死と向き合える強さ
それが人生のテーマ

Eさん
生きている事を観方を変えてあちらこちらから見る瞬間
色々な方向を向いた鏡の空間
多面的な鏡
時間の概念も変わっていく
どれだけ成長したかを確かめる時期
良い人生だったと、人生幸せの最高の時期のような気がする!

Fさん
体が朽ちていくと同時に
それぞれの終わり
体と意識と魂がそれぞれ終わる

 

言葉では言い表せませんでしたが、皆さん心地よく澱みのない安心感に包まれ言葉を出していました。
生き切った先にこの瞬間があるのならば、安心して今できる事を精一杯できると、分かった日になりました。

生きるとは…   

3月突然病名がつき治療が始まった方とのメールのやり取りです。
死を意識し、覚悟し、委ね、今を生きる事をなさっています。
そのような時、自分自身を知り、神のコンタクトが生きる力を与え、心を支えてくれます。
そして、周りの人が寄り添います。
みんなで生きていきたいと強く思います。

* * * * * * * * * * * * *

手術からまだ3週間。順調に経過しているが、次の治療は危険を伴うことがいくつかある為、医師は慎重に進めようとしている。とても誠実な医師である。

しかしせっかちな私はずいぶん時間が経ってしまっているかのような錯覚に陥り、この状況に少し焦りを感じていた…

TOMさんとやり取りする

「こ んばんは、今あって当たり前とは、今までは、死の病です。簡単ではありません。だからこそ、何があっても仕方がないのです。今良くても当たり前だと思わな いでください。甘えないで、今これからの生きる時間大切にしてください。次が産まれます。だからこそ、あって当たり前です。」

難しい…

自分の中で混乱している。

大変な病気という思いと大変だと思いたくない思いと職場の人にいつ頃復帰出来そうか?と連絡がきたり、気分転換に外に出た方が良いと言われるとそんな簡単じゃないよ!と思ってしまう気持ちと。

早く復帰して欲しいと言われるのは有り難い事なのに面倒くさいと感じてしまったり。

今この瞬間が奇跡だと思うのにこれからの事や治療での体調変化や脱毛を思うとそんなにしてまで生きるのが面倒くさいと思う自分もいる。

でも家族みんなと別れるのはまだ辛いなと…

家でも職場でも自分の役割があって
みんなが元気に復帰するのを待ってくれている
こんな有り難い事はないはずなのに
なんなんだろう…

TOMさんからの言葉

「生 きるのは、受け入れるのではなくて、認めるのだと思います。そして、次の自分で今何をするか、今何したいかだけですね。周りも家族もその前に自分です。貪 欲に自分を示して生きてください。人の評価ではなくて、生きて行く自分の満足です。そこに立てれば、周りの気持ちを踏んで、自分の自由な気持ちで、受け止 めて摩擦なくて過ごしてください。」

この返事の届く少し前に
なんなんだろう??と自分に問うていた…
黒いクレヨンで塗つぶして描いてたら少しスッキリしてきた。
誰かの為ではなく
自分の為に生きようと…
誰かが笑顔になる為にするのではなく
自分がその人の笑顔がみたいならすればいい
自分が見たくなければ関わらなければいい
無理して関わる必要はない
自分が必要だと思う仕事をすればいい

ちょうどこのメールを送ろうとしていた。

踏江さんからも…

「良かった。
自分の心の奥にはたくさんの偽善があるようです。気づくとびっくりです。
それでも、自分の為に生きるならば、すっきりすると思います。
自分の思いにも気を向けて、やりきりましょう❗」

読んでいただきありがとうございました。

チャネラー養成講座基礎コース 『子供のころのブロック外し』

明日、チャネラー養成講座基礎コース千葉土曜クラスの5回目ですが、前回の養成講座内容4時間分の膨大な情報を発信してくださっているので、ご興味のある方はご覧ください。

『子供のころのブロックブロック外し』の内容とご本人の変化を克明に表していただいています。

明日の講座でもこの作業をしようと思っております。

何の情報も無い方の子供のころをリーデイング出来るようになれば、過去世も読めます。
リーデイングは人の人生を読むことが自然となり、リーデイング内容は深く厚くなるでしょう。
周波数を変えたならば神からのチャネリングもしやすくなるのです。

三つ子の魂百まで 子供のころの想いは人生の基盤となります。幼い時持った想いを長く引きずる事もあります。
子供の頃をリーデイングはそれを知る作業なのです。それを知った時から想いは溶け始めます。みんなでその記念すべき作業をするのです。
ねこのとびら 読んでみてください。

 

肝を緩ませて  腑をしっかりさせ

人が怖くて、緊迫した状況でご相談を受けた。緊急で専門士を探さなくてはいけなくなった。

こんな時には神頼み
コンタクトをもらうと
「大丈夫だぞ、女の専門士がいるから・・・」

と言葉が聞こえたので、どこかで繋がるはずと、二人浮かんだ知り合いに、連絡したならば、お一人がこれから女性の専門士と会う予定と言ってくれた。
神は全て見ていてくれる。
もう大丈夫!!と安心し、その方と繋げてくださいとメールした。

しかし、繋げてくれない。
すぐに繋がるであるはずなのに、なかなか繋げてくれない!?
なぜ??

 

何度もメールのやり取りし、こんなに困っている人を助けてくれないのですか?
ならば、結構です。
そんな、専門士は本物ではない!
と怒りが出た。

コンタクトとぴったりなのに・・・

繋げる役割の方が、ご自分が納得出来るまで説明を求め、時間をストップしていた。
通常ならばそれでいいのだろうが、私もギリギリの時間を空け新幹線で移動中途中下車しセッションし、クライアントも新幹線を使い緊急でセッションを受けに来ていた。そう時間がなかった。

その日夜、電話で怒りエネルギーと共に緊急だからと詳しい内容を伝えて初めて繋げてくれた。

後日分かった事だが、最初のメールにクライアントの電話番号、お名前、と最小の内容を伝えていたが、緊急と言う言葉に不信感を持ちすべてが止まったらしい。
繋げる方はメールを最後まで読まなかったらしい。

脱力した。
あの緊張感が体に戻り、疲れが一気に出た。
これは、今後も起きると絶望に似た感覚になった。
その時エネルギーが降りる。
コンタクトを受け取る気力がなかったが、同席したTOMさんが取らなくてはいけないという態度でそのエネルギーを渡してきた。
やるしかないと、気持ちを引き締め受け取る。

 

肝を緩ませて
腑をしっかりさせ
何があってもやりつくすと決めているのならば
どんな事も神計らいが起き
どんな事も結果はでる
結果を信じるのではなく
生きるという事を常にするならば
己のすべては報われる
報われなくても報われる
報われようとするならば報われない
自分の概念・感情・思考 これに引っ張られると生き辛い世の中になるだろう
もっと奥のものを引き出して
人生を楽しめばよい
人生を楽しむことをしていると信じればよい
全てはあなたの計画であり
全ては宇宙の中で行われている事
全ては観られている事
堂々と! 堂々と! 
その瞬間瞬間できる事をすれば良い

神は厳しい。
そして愛に満ちている。
胸が熱くなって、覚悟ができた!

 

繋げる方も移動しながら、専門士の方に信頼されるようつなげようとしていた。
そう、どちらもギリギリ
ドラマチックな展開だった。そう思えた。

この後、展開は続く、
繋げる方のこだわりはどこから来るのか
それは、自分を守るための要所を置き、人から非難されない完璧な行動をする癖が、今回の現象を起こしたと分かった。
そこへのアプローチは始まったばかり。
体力・気力を持って、人と関わらなければ、自分が崩れる。
肝を緩め
腑をしっかりさせ
何があってもやりつくす
この言葉が私を支えるくれる。

 

小さな治療家、本当の感謝とは…   ひま語録

生まれる前からの約束通り、ばばと孫は命と向き合い、生きる本当の意味を語ります。
最強の小さなヒーラーからの治療を受けるのは怖かった!
孫を守りたい思いから。
ばばと孫の生まれる前の約束に気づき、勇気を持って、孫に命をかけた治療を受けたとき、6歳の孫は、壮大なる宇宙を教えてくれた。

たかまのブログより

病気がわかり

沢山の人達が自分に出来る事を精一杯してくれている。
本当にありがたい。
病気は身体のエネルギーを奪い取っていく
「エネルギーを補給したい」
「いつでもおいで」「いっぱい送ります」
本当に沢山のエネルギーを命を削って
愛と共に送ってくれている。
それはその後の消耗した様子を見れば
わかる。
「だから、感謝ね
感謝がエネルギーとなり、彼の消耗も生かされ、あなたの力になるの
死ぬ気で感謝とは何なのかを知ること出来ます!」
本当の感謝とは相手に感謝の気持ちを送る事ではなかった…
ひまが教えてくれた。
「周りからもらっても良いんだけど
自分で働かないと本当にはもらえないんだよ。ババのお仕事はなんなの?
病院のお仕事は止めたの?
自分が生きていく事の意味がわからない人に教える係は止めたの?
そうやって自分でお仕事をすると本当にもらえて、少しずつ貯まってきたら
病 気が治るんだよ。ひまもババと本当に生きていきたい。ひまもババと会えて良かった。ひまは最初人間に生まれてくるのが怖かった。人間は地球がしゃべる事を 信じてくれないんだよ。宇宙人がいる事も信じてくれないんだよ。宇宙人は人間に紛れ込んでるし、人間の事好きなんだけど、信じないんだよ。でもひまは今人 間に生まれてきて良かったと思うよ」
本当の感謝とは…
命を削って本気で愛とエネルギーを送ってくれる人がいる
それを自分の中できちんと受け取って
人間が生きている事、人間を作った大いなる存在に感謝して、自分が生ききる事
ひま語録続く
生きていく意味をわからない人が
わからないままでいると
本当にわからなくなって倒れていく
だからババのお仕事は倒れそうな人を助けるの。病院の仕事より大変だよ。
命には形が色々ある
丸だけではないんだよ
そして神さまからいっぱいもらいながら生きているんだよ
ひまからエネルギーをいっぱいもらった。
小さな身体は目の下のクマ…
でも元気。「ひまは神さまからいっぱいもらいながら生きているから大丈夫なんだよ」
小さな治療家は神と繋がりながら
色んな事を教えてくれた
小さな治療家は
「おっぱいの傷少し治したからね」
と得意顔
「踏江先生に伝えてねー」
そして布団の中で
「ひまね、ババとなら生きていける」
ひまからでなく、私が言わなきゃね。
ひまと生きたいと!
もう一言ひまが
「あのね
ババの事褒めてあげようと思ったの
ババが今までお仕事いっぱい頑張って
よくここまで来たねって。
これは一つのゴールなの。
そしてこれからまたいっぱいお仕事するだけなんだよ」
これからを本気で私が生きようとしなければ!!

ちょっと仕掛けてみよう

千葉セミナーコンタクト(2016・2・3)

モノがひっくり返る時
形がこわれる時
幾層もの形が崩れ始め、ひっくり返る前の不穏な時がだいじ。
形が壊れ始めた時は方向が決まっている。
変化が起きる時の意識の方向性や決意のエネルギーが大切。
変化の形が現れ始めた時は流れに任せる事が出来るが、その前は、強い意志、覚悟が必要。
自ら変わると言うものは、変わるという流れの者となり、
変わろうとしなかったものは、流れが自分にとっての不都合となり被害者と言う意識になる。
ここで道が大きく変わる。
無意識でも、今までの状況を守ろうという意識があれば、被害者意識となるであろう。
この形になる前の、振動している状態、振動を起こす側に立つことが大切。

 

人は弱い
弱いけれど、被害者とならなければ、全てが必然と思え
不安であるけれども
何とかはいつくばってでも
自分を生きるしかない
自分を生きるしかないと思えば、
最期までの 相棒が自分なのだと ちょっと間をあけて 自分を観つめてみる

愛おしいなと体を触ってみる

何か出来ると思えたのならば、
自分を震わせてみる
揺らす感じ
揺らしていくと、体は緩み
気は中心に集まってくる

ちょっと仕掛けてみよう
その場で、
変化とやらを仕掛けてみよう。
何のことはない。
変化が起きている。
はいつくばっていたかたくなな力が抜けている。
今日はこれで終了。

明日、また這いつくばるのならば、揺らしてみよう
心も体も

聞こえてくる
奥から
今日はこれやろうと!

強い意志と覚悟はそういう事だろう。
今日これやろう!という気持ち。

『あのね!立派なおばあちゃんになれるよ!』  ひま語録

久しぶりのひまちゃんのメッセージです。

たかまのブログ  ひま語録

久しぶりにひまに会って一緒にお風呂に入ってひま語録全開でした

そしてこの言葉

強烈でした

「聞こえないフリをしてると

本当に聞こえなくなる」

 

地球がバラバラになるの

バラバラになって滅びる

 

生まれる時

神様から丸い硬いものをもらって生まれてくる

それは自分の神様と繋がっていて

それをどんどん大きくしていく

そして金色のお金をもらうの

金色のお金の使い方は神様から聞くの

一生懸命頑張った人がもらえるの

 

ババは地球がバラバラにならないように病気になったの

kちゃんも地球がバラバラにならないように勉強してるの

ママもそうだよ

丸い硬いものがわからない人はどうするの?

ババが教えるの

ババは教える係なの

 

ババだけ?

そう、ババは教える係

 

踏江先生はどんな係?

踏江先生は選ぶ係

あなたはこうしなさい

あなたは地球

あなたは土星…とかね

みんな地球だとダメなんだよ

ババの病気は重いから

死ぬ事もあるかもしれない

自分の心とかをもっとよく見ると…

あのね!立派なおばあちゃんになれるよ!

 

ひまは6歳になって良かったよ

5歳の時は苦しかった。

だから6歳になって気持ち良くなったから

ひまがみんなを守れるようになった

Tにいちゃんの事も守ってくれるの?

(Tにいちゃんが聞く)

自分の心は自分で守ってよ

そういう事してると自分にバチが当たるよ!

全開です!!

6歳の子がはっきりと真実を教えてくれます。
私たちは受け取り、実践して、この子たちが生きやすいよう礎になりたいと強く思います。
ひまちゃんありがとう!

愛情と憎悪は同一線上にある

新潟から、一昨日帰ってきました。
あまりのハードな日々で、ブログをアップする事もできませんでした。

大切な智慧を沢山宇宙から頂いたので少しづつアップします。
新潟のアドバンスメンバーがご自分の個人セッションで書かれたことをまずはアップします。

たかまのブログ

命をかけて

人生を変える

魂の約束をしてきた

私のもとに生まれてきた彼が過去何度生まれ変わり繰り返して変われなかった

それは私自身の魂の約束でもある

彼がいなければ変わる事の出来ない事

私が嫌悪している戦争、残虐な殺しあい、これは私が過去にやってきた事

 

 

「貴方は可愛い孫をいたぶる男をみたらどうしますか?

諭す事をしないでしょう

憎しみと憎悪で相手の息の根を止めるでしょう

愛情と憎悪は同一線上にある

そこを超えようとしなければ

本当の智慧にはいかない」

 

 

そこを超える為に私は命をかけている

そして同じように超えれなかった彼と共に今世生きている

 

 

彼は息子 私は母
息子は母が
嫌悪している戦争、残虐な殺しあいのゲームを楽しむ。その姿を観て怒りが抑えられない。何かがあると模索してもらったコンタクトでした。
セッション後、息子が愛おしくて抱きしめると、息子は照れくさそうに、母ちゃんどうしたんね。と言ったそうです。
変化は確実に起きているそうです。
ご自分にも彼にも、そして、お孫ちゃんを含め家族全員に!
きっとそう遠からず、戦争、残虐な殺しあいを超え、人や、生きる事を正面から話し合える家族となるでしょう。

 

セッション後、私自身が思った事

『愛情と憎悪は同一線上にある

 そこを超えようとしなければ

 本当の智慧にはいかない』
 
このコンタクトを受け取った時、今まで観えなかった世界が観えてきました。
愛情では憎しみは消えない。
愛だけでは、憎悪のエネルギー増幅する力に呑み込まれる。
もっと違う状況・・・
ヒントは時間そして空間
愛情も感情の空間に存在している。
 
憎しみを持ったまま亡くなった霊体にどのような空間に存在しているかを聞いてみる、そんなことが可能になりました。

このコンタクトは、その決意をくれたのです。
肉体的にはリスクがあります。

アドバンスでは、そのレッスンを兼ね、違う空間にいる存在がどのように変化していくかを教えてくれます。それがいま私たちが意識を変える時に必要な情報なのです。

時間と空間

これがキーワードです。
ご自分の時間を変える事で感情は変化していきます。
意識は感情が変化すれば、抵抗が無くなりますので、変化させやすいのです。
ご自分でも、感覚を敏感にさせ、空間を感じ取る事をしてください。

コンタクト 「シナゴーグ」

とても深いメッセージでしたので、チャネラー長井知子コンタクトをご紹介します。

長井知子ブログ より

いつものごとく2-3日前から聞こえる一言メッセージ
「シナゴーグ」

今日も仕事中にまた聞こえて
神様何のことですか?
と尋ねたら聞こえたメッセージです、じわーっと心にしみました。

***********************************************************
心のよりどころを持ちなさい
 
 それは内なる宇宙です

 それによって生かされ

 それによって指針を得

 それによって学び

 それによって敬い尊ぶという
 
 生きる姿勢が育まれるのです

 賢くありなさい
 
 それはいつでも、感じられずとも そこにあるのです

 問いかけるのです 

 そうすれば教えられるでしょう

 生きる意味がわからない人々

 宇宙に生きていてもその数は多いのです

 広大な宇宙に思いをはせることなく終わることを思ってみてください

 なんと勿体無い事か

 伝えてください

 内なる宇宙(指針)の存在を

**************************************************************

Wikiより
「シナゴーグ(ヘブライ語: בית כנסת‎[1]、イディッシュ語: שול‎[2]、英: synagogue、独: Synagoge、蘭: Synagoge、ハンガリー語: zsinagóga)とは、ギリシャ語のシュナゴゲー(集会所)に由来するユダヤ教の会堂のことである。聖書には「会堂」の名で登場し、ユダヤ教会と俗称 されることもある。キリスト教の教会の前身であるが、役割はやや異なる。
もともとは聖書の朗読と解説を行う集会所であった。
現在では祈りの場であると同時に、各地のディアスポラのユダヤ人の礼拝や結婚、教育の場となり、また文化行事などを行うコミュニティーの中心的存在ともなっている。」

チャネリング生活の参考にしてみてください。

チャネリングを実践している方々のブログです。
チャネリングの参考にしてみてください。

 

たかまのブログ

チャネラー&薬剤師の日記

みみちゃんブログ

mishowミショウのブログ

木に愛され、木に教わる!

木と対話しているMさんがもらったメッセージです。

(ご本人のご承諾を得ております)

2016.1.8
よく見ると足元にはどこから来たのかわからないものが沢山絡まっている
どこから来たのか?は関係ない
色んなものが絡まって今がある
そして上に向かって立つだけ

 

2016.1.11
追いつこうとすると追いつけない
関わろうとすると関われない
意志と流れは別のもの

ひまがちょっと前に受け取った言葉
「ママの好きなようにすれば良いだって」

そのあと家に戻ってきて
またひまのコンタクト

「ババも好きなようにやればいいって!
周りを気にしないで!だって」

すごい…

また大きな流れが起きそうである

コンタクト真帆 木

 

2016.1.11
「心が折れたなら
折れば良い

折れ切れたなら
新しく芽が生まれてくる」

今朝の木からのメッセージ
意味がわからなかったのですが…
その日の夜ある男性と話していて納得。

彼はガラスの少年
とても優秀だけど繊細すぎる。
好意を寄せてる女性に少しアプローチした時、スルーされ「心が折れた」と…の言葉

木からのメッセージを伝えた
なんの事かわからなかったけどこれなのだと…
彼は目を大きく開いて言葉を聞いてくれた
「折れても良いんだよ。大丈夫だから」
とにかく自分の気持ちをきちんと正直に伝えてと言いました。

先読み
そして大きく包み込むメッセージ。
すごいなぁ…😊

コンタクト 真帆 木③

 

 

 

 

 

 

 

2016.1.17
複雑に「見える」ものを
複雑だと思うと
複雑にしかならない

複雑に「見える」だけ
なのだと
見る方向を変えてみると
ただ
そう見えるだけだと気がつく

同じ公園を表と裏から撮る
見え方が違っても
同じ公園

 

違う場所の木からのメッセージ

「崩れ朽ちる時まで
する事がお前にも
あるだろう?」

 

 

 コンタクト真帆 木②

 

図形でエネルギー場を創る それは 多くの可能性を含む

新潟アドバンスクラスでエネルギー場を創るレッスンをしました。
地場をあげる方法は沢山あります。
神社仏閣で昔から行われていた、塩と粉炭を大量に交互に入れ水を入れ踏み固める方法は、最近は多くの方がご存知だと思います。
塩や火によっての浄化や、神事を行う事で、その場は高まり、聖域のエネルギーを創りだし、そこに神に降りて頂く。

私が、チャネラー養成講座でお伝えする内容は、どなたでも行なう事が可能であり、一人一人の個性が表れやすい方法です。
前置が長くてすみません。

図形を選んで自分の空間を創るというだけです。
ただ、魂や、エネルギーソースと繋がって創る空間は、時としてとんでもないことをおこします。
以前、男性が、創った場に入った途端震えだしてジャンプし始め、棒のようになった体で回転を始めました。
そこまでの現象でなくても、創られたエネルギー場に入ると体が変化します。
皆さん神様整体を受けたようですと言う言葉が出てきます。
自分が創った空間も心地よいですが、人が創った空間を味わうのもなかなかのものです。

3人の方の写真がありますので味わってみてください。
①エネルギー場②エネルギー場エネルギー場③

 

楽しい空間気持ちになる空間desita.

 

 

 

 

この空間に入ると体が押し上げられてくるようでした。強かった!!

 

 

 

色々のものがたくさんたくさん詰まった広がる強烈な空間。支離滅裂のようで、居心地は良かったです。

 

 

 

その人の個性が表れます。
人の数だけ生まれるエネルギー場、とにかく楽しんで味わいました。

写真を撮っていなかったのですが、WAKAさんの空間は、まるで(UFO)の中のようでした。
放射能や、電磁波が飛び交っている宇宙空間で飛んでいる宇宙船(UFO)のような空間でした。
円の外側は強い耳鳴りがして、めまい吐き気がするのに、円の内側は静かで透明感がある空間です。
人が創れる空間ではないなと思っておりました。

エネルギー場のワーク終了後、感想を聞いていると、先日アップしたコンタクトが突然降り始めました。彼が創ったエネルギー場も、このエネルギーソースが創り、私たちに体験させてくれたようです。

コンタクト 「時間軸に奥行きがある」
コンタクトを降ろした後、ご本人に聞いてみると、記憶が無く、感覚だけ残っていると。
彼はチャネラーであり、長岡でわかさ鍼灸院を開業している院長です。
体と言う空間に常にアプローチして、コンタクトを受け取りながらの治療は、神と共に治療を行っているかのようです。

コンタクト 「時間軸に奥行きがある」

新潟チャネラー養成講座での、コンタクトです。

かなり難しいコンタクトでしたが、じっくり身に染み込ませていきたいと思います。
<コンタクト>  WAKA

あなた方が作る空間と言うものは
あなた方の意識と肉体によってできるものではなくて
与えられたものがあらかじめあるのではなく
突如として表れるものです
一つの図形が幾つかの図形と関わる時に
その図形の本質は次のものに変わっていくのです
その変換の様式をあなた方は時間と呼ぶのです

もっとわかりやすく教えてください

空間は宇宙の空間と地球の空間がまず違うという事
でも空間としては同じなのです
そしてその空間はいつも入れ替わっているのです
でないとどちらの空間も成立しないからです
守られているわけではなく
空間には2つの要素、グルグルと動くあの宇宙空間と静かな空間が入り込んでいるのです
1つの形として出てくるのではなく、その要素として
あるものはこちらが強くて
あるものはこちらが弱くてと偏在して融合する

それは2の事?

違います
融合しますから2ではない
対立したものがぶつかるのではないのです
全く違う異質の空間が融合したり離れあったりするからです
個数ではない

それを超えた言葉をお願いします

一つの柱を思い浮かべてみると
その柱というものは上に伸びたり下に伸びたりして
絶えず動きを止まない
止めないものなのです
その振り子の具合の感覚で空間というものは
広さを持ったり縮まったりして出来て
柱に周りを掘ったり広がったりする

そこに時間が加わると?

軸の動きが時間となる
今後時間の概念の考え方、次の時代に入るためには?
一定の周期のように動く振り子ですが
上から見ると8の字になったり
四角になったり左右に動くのでなく
グルグルの動きになる
我々の見ている動きは左右の時間である
もっと一定の動きではなく
幅や奥行きがある
「時間軸に奥行きがある」

Herat Window Art 長岡 私もホテルで!

長岡に入りました。

皆さんの作品です。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の絵も描きたくなってホテルで制作中!
image

 

 

 

 

 

 

せっかくだから、コンタクトをもらうことにしました。

コンタクト
たゆまず変化し続けていると
いくらでも空間が生まれる
人の概念では創ることができない空間が生まれる
その空間が人に影響し
人は活気づく
変化することそれは 創造し続け 変化し続けること

 

ですね。
絵描いていると、限界がはっきりとわかります。
この薄っぺらい絵の先にもっと大きなエネルギーがあるけれど、まだ観えない、描けないと思ったら、悔しいから、観たいと願うと、ちょっとヒントをもらえます。
もうちょっと先までいけたら良いなと、思いながら今日の制作はおしまい

フェースブックにわっぽーメンバーの高橋さんが、自宅ギャラーの記事アップしました。
先ほどのコンタクトとも連動していることなので掲載しました。
絵は空想のでかいとか非日常ではありません。人が生きている場で生き生きと命をかがかやせます。

引っ越してから35年間ずっと置いてあった父と母の教員時代の教育関係の蔵書。すごい本達が埃を被って置いてありました。
ちょっと前まで「死ぬまでそのまま絶対触るな!」と言ってた父に年末「整理できるものある?」と聞いたらアレヨアレヨと片付けOKとなり😮大掃除出来ました。
まだ残したいものもあるようで全部とはいかないにしても、かなりスッキリしました。
その空間を利用して、娘の笑顔の写真、孫の100日記念写真、そして私と息子の絵を展示😁
さすがに絵を飾るとすごい早さで色んな出来事が起きていて、年明けから全開で対応しています😤

高橋 真帆さんの写真
あなたと山田 りんこさん、諏佐 文昭さん、他3人が「いいね!」と言っています。
コメント
踏江 みつ子
踏江 みつ子 凄 い、ギャラリーだ!!素敵ですね!ご家族の人生も加速するでしょね。やはりピンクの渦は只者ではありません!この渦がないと、それぞれがそれぞれで良い! という感じですね。変化したい時期を越えたら、ちょっとピンク渦さんには休憩してもらったが良いかも。息つく暇のないくらいにことが起き過ぎますので!!

高橋 真帆
高橋 真帆 アドバイスありがとうございます。
やっぱりですよね^^;
娘は良い感じで変わってきてますので
二男がもう少し動き出したらお休みしてもらいます😅

踏江 みつ子

返信する…
 

新年明けましておめでとうございます

皆様のお力を頂きながら、2015年を乗り越えられました。

2016年 どうぞよろしくお願いいたします!

元旦コンタクト

とっておきのプレゼントは最初からもらっている
そのプレゼントを開くときを待っている
プレゼントとは
生まれる時産道をくぐるその力!
超えたのだから
どのような事もくぐり抜けられる
自分を信じるならばそのプレゼントが持つ可能性をもっと発揮できるだろう!

死が最大の光のショーで、人生最大の喜びの瞬間と教えてもらい、その最後の時、死の自覚と生への感謝が持てる人になっていたいと、そのような自分を目指して日々生きております。
今日のコンタクトは、産道を通る時、頭蓋骨が変わるほど〆詰められ、呼吸が止まり、そして初めて肺呼吸が始まるのですが、それは、生きる最大の力を使っていたのだと改めて意識しました。
だから、自分に与えられた出来事で乗り越えられないことはない。
どんな形になっても、そこで生き続ける事をしたいのだと自分自身の意志を知りました。

今年一年神々も、UFOも、木木々も、自然界も、人々も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

わっぽー  踏江みつ子

 

コンタクト 賢くなりなさい!

新潟県庁Heart Window Art展が今日で終了しました。
どうしても、最後に絵に逢いたくなり急遽新潟に行って搬出し、フェニックスに額を運んでゆっくりしていたら、コンタクトが降りました。

 

様々な景色がそこかしこに現れてくる
違う景色が混ざり合わずに重なり合う
賢くならなければ、何がなんだかわからなくなる
今見えているものがひとつの表れではないと思うと
違う景色が重なっていることに気づきやすい
賢くなりなさい
理解できるしなやかな考え方、洞察力をつけなさい
来年も期待します

 

様々な景色  様々な状況が同時に起きる事をだと思いました。
混乱しやすくなる、だから、賢くなりなさいと!

 
回り巡る出来事が重なりあって、沢山押し寄せてくる
しかし重なっているだけと一つ一つの物事の中心点を捉えるように見ると
色々なことがわかりやすい
中心点を捉えるには一つ一つを味わうこと
そうするとそんなに複雑ではなく一つずつの出来事の方向が見えてくる

 

賢くなるとは自分の何がわからないのかがわかるという事

 

 

朝新潟に向かう時新幹線内から、新潟の雪景色  越後湯沢・長岡・燕三条 美しい雪景色です。
急に決めた新潟行き!今年の締めくくりにピッタリはまりました。
コンタクトは今後のモノの観方を教えてくれました。
意識して、中心を捉える事、いくつもの事が同時に起きているであろうと予測する事
その訓練を今から始めようと決意しました。
帰ってメールを確認すると、大変な問題が起きている方からのご相談。
今日のコンタクトを活かせるほど力がついておりませんでした。未熟なアドバイスだったと振り返り、今の自分に出来る限りのサポートでしたが、明日はもう少し、読み取る力がついているよう、もうちょっと訓練します。
神の指導はすぐの実践付です。
常に常に進化するようコーチングを受けております。
ありがたい。

2015/12/28 9:47

2015/12/28 9:47

 

 

 

 

 

2015/12/28 10:16

2015/12/28 10:16

 

2015/12/28 10:22

2015/12/28 10:22

共に何かをすることが願いなのだ <コンタクトより>

ねこのとびら」HPより

コンタクト
(最初は少し切れています)
それから何かが舞い降りてきて 誰にも気づかれずに
その舞い降りたものは何かを知っている

舞い降りたことに気がついた者は
それと関わるその力を使い 自分の力をあずけ
共に楽しむことをするだろう

あなたが自由な体になり透明人間になったなら
透明になったことに気づいてくれる者に出会いたいだろう
透明がゆえに 在ることに気づかれず
意識は気づくように何かを仕掛けていく

それでも気づかぬならば 気づくことだけが目的になってしまう
それから 舞い降りるものは 気づいてもらうことが目的ではない
共に何かをすることが願いなのだ
その願いはあなた方も同じはず

聞こえるようになる 感じるようになることが目的ではない
感じ 楽しみ 共に歩む
共に何かを築き上げる
そこに向かって進むなら 何かを仕掛ける

我々の声のかけ方というのは
あなた方が声帯を使う言葉というものを生み出す
言葉の意味を使って伝え合うという方法ではないのです
そういう方法をとってはいません

だけれども あなた方の文化の中に
情報を伝えるために あなた方の言葉というものを使っていくのです
しかし それが苦手な場合もあるんです
そのときには 物を振動させたり 気配で伝えてみたりします
それが仕掛ける言葉に近い状況でしょう

仕掛けるときに あなた方の智慧というものを伝える場合もあります
しかし 特別なことではなく 智慧というものは もうあるものなのです
あるものをそこに表すだけなんですが
あるものを差し出しても見えない場合
それを見える状況にして渡すということをするしかないです
これは あなたたちが 小さな子どもに何かを教えるときにとる方法でしょう

小さな子どもたちが理解できることに変換して
それをわかるという体験をもたらす 
天から降りる
天という言葉を使うのもちょっと違うんですが
どこから降りるのか
見えないものは仕掛けをする 
仕掛けを楽しんでください
楽しめば その仕掛けを引き寄せることができます
転写終了

 

11月にスタートした縄文式チャネラー養成講座基礎コースのご参加のねこのとびらさんのHPに講座中の様子をアップして頂きました。
コンタクトは、かなり降りてきますし、沢山のワークを行っておりますので、私の記憶に残る事があまりありません。ですので、このように記録して頂けると本当にありがたいです。
あたらめてコンタクトを読み、その世界が感覚と共に思いだされました。本当に気持ちよいエネルギーでした。
私自身は、そのエネルギーに入り、全身でそのエネルギーの智慧を言葉に変換できるように自分を振動させています。
このコンタクトは、静かで微細なエネルギーソースからで、今まで良く受け取っていたソースとは違っていました。
講座参加者の未来人の感覚を持った若者が、きっかけになって繋がったエネルギーだなと感じました。

講座翌日の11月15日
私が同じコンタクトに対しての記事を書いております。
テープを取らなかったので、私が受け取った感覚で書きあわわしておりますが、自分の興奮が強く出ておりました。
ねこのとびらさん本当にありがとうございます。
ちなみに、その日の記事です。お恥ずかしいですが、お時間があればお読みください。

我々は言葉を持たない

 

最期までお読みいただきありがとうございました。

シャキッとする感じが嬉しいメール

2014.12.12 一年を振り返ってその日のブログを見ました。
(2015.12.12今日は、縄文式チャネラー養成アドバンス講座IN千葉の第1回を行いました。内容は後日発信します)

遠い昔のようです。
このメール送ってくれた方は、今はもっと人生に責任を持ち、希望に向かって挑戦し続け願いを叶えていっています。
このメールを見て、自分を諦めなければ、自分を輝かす事が出来ると強く思えました。

養成講座参加者のお一人からメールが来ました。
2014年イキイキと前に進んでいるのが言葉に表れていました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

昨日は、ありがとうございました。

本当にズドンと来るものが沢山ありました。
スタートですね。
とにかく自分を知って、変わっていく事を一生懸命します。

ブログにも書きましたが、家にお金を入れる事にしました。
親にそれを話すときは、何かがものすごく変わるとハッキリ分かり、決意がいりました。
今は、シャキッとする感じと、甘えは許されない厳しくて、怖い感じがあります。

寝る前に、ふと思い出して4期のチャネラー養成講座アドバンス修了証書のコンタクトを読み返してみたら、ズバリ今のことでした。

長いですが、書きます。

コンタクト
「日常の中に闇や光り輝く世界が、幾重にも重なり合って、そこにある
どの世界と関わるのか、自分次第
想い、考え、認識、決めつけ…
その一つ一つの世界が広がっている
自分の中に在ってはならないものはない
自分の中に在ると、重くて辛いものはある
しかし、それも意外と味わいがあるものだ
一つ一つを味わい尽くしてから、解放してやりなさい
あなたの中で生まれたものたちだから、これからあなたの内なる世界から産み出されるものを、楽しみにするといい
楽しめるものたちが生まれてくるだろう
未来の価値観も生まれてくるだろう」

本当に有り難いです。
私、頑張ります!
よろしくお願いします!

コンタクト 「点在する黒くて硬いもの そこをかき分け、進むには・・・」

新潟セミナー中のコンタクト

点在する黒くて硬いもの
そこをかき分け、進むには
軽いフットワークと柔軟な物の考え方
遠くまで見渡せる心の眼
点在する黒い塊を上手に超えて
現れた大きな壁をぶち壊し
ぶち壊した破片に乗ってもっと高見にジャンプし、行け行けもっと行けと調子こいて軽く転げ落ち
またすり抜けぶつかりジャンプする
人生であとどのくらいこれを繰り返せるのかを楽しみにすると良いでしょう
ぶつかり、壊し、壊され、力をつけたなら、その作業は終わりとなります
次に待っている抵抗のない深い智慧を受け取るかどうかは
わからないという抵抗のないあなたの感覚と脳の変化が必要です

 

 

千葉セミナー内容

時間の感覚が今までとは全く違うと感じるのは私だけでしょうか?
とにかく速いです。人の心も、一時も留まってはいません。昇る時は龍のごとく、落ちる時は転がり落ち、意識を持ってついていくこともできないほど流れが速いです。毎日物事は起き、ゆっくり考えてからなんて言ってられません。

焦ると自分が観えなくなってしまいます。
けれども、ワクワクたのしいだけでは済まされない時代です。
神はどんな状態でも自分を助けてくれますし、喜びを大きくしてくれます。
幸せ観が変わってくる時代です。
新たな幸せ観を感じてください。
コンタクト
<TOMこんたくと>
時間泥棒それぞれが自分の責任を持っていればあったりする時など相手の大切な時間を奪わない
自分かってな動きをしていれば、いくらでも相手の時間を大切にしない時間だけでなく、何事に対しても自分も責任感が必要
身勝手な動きをするは、自分を大切にしていない

 

<踏江コンタクト>
興味の置き場と言うのは自分の意識を超えたところ
本質に興味を置く
相手によってどうこうと言うのは関係ない
相手に意識を向けて 挑む
それが自分を生かす方法  対手が変わるという事は目標としておいているだけ
自分の興味に入る事が生きている証
そこに入る事が出来るものが
自分の場を持っているもの

未来は(上を指示し)ここに在る  (横を指示し)ここに在る希望は(胸に手を当て)ここに在る
未来はここ上に在って 希望はここハートにある
未来に希望があると思っているならば違います
希望を未来に置くのではなく 希望は今に置くのです未来を希望に変えるには 希望の思考をすることです

心に染みた言葉、「人様はメッセージ」

「人様はメッセージ」「起きる物事もメッセージ」

Tomさん(富美江さん)と電話で話した時の彼女の言葉です。

『人様はメッセージ』

心に染みます。

自動書記を行っていても、彼女は受け取ったコンタクトには興味を示しません。
ですので、10年前に出会った時から降りてきたメッセージを私の方で発信を始めました。
(もちろんチャネラー冨美江(TOM)コンタクトとして、私が受け取ったものとは別に発信しております。)彼女は興味がないので、自動書記したものをどうして良いか分からずゴミ箱に入れようとすると、手がそれを邪魔するようで、捨てるに捨られず貯めていたのでした。
神のメッセージに興味がないのは、自分は頑固なので、何を言われようが、自分の意志を曲げない自分だからと言葉にしています。
「この世に起きる事を沢山体験したい」というのが彼女の希望です。
わっぽーセミナーでのTOMさんのメッセージは他の人との体験になると話されています。

今日の千葉セミナーでの彼女の言葉です。

知り合いが暗い話を年賀状に書こうとしていたから止めたが良いと伝え、どうしても書きたいのならば、来年は申年 「見ざる聞かざる言わざる」を使って、『良く見て、よく聞いて、よく話をしよう!』だけ書けば読んだ人は年の初めに心に残るよ!と伝えたと話されました。
この言葉も心に染みました。
ちなみに、以前ブログでアップした、鎌倉(長谷)野外セミナーで、砂浜に自動書記を書いていた方です。

メッセージを受け取りそれを理解し智慧に変え実行するのは「ひと」

縄文式チャネラー養成講座基礎コース(11/20)中に降りたコンタクトをみんなで受け取り、理解し、智慧に変換する楽しいワーク

学ぶことは沢山ある
けれども 一番大事な事は「今を生きる事」です!ここで生きる事  電車に乗って生きる事
家族と共に生きている自分と ここでチャネリングを学んでいる自分を分離させない
区別はしていいです。色々なバージョンの自分はあっていいのですが、どの場に置いてもあなたはあなたの考えを表わし、行動し、自分を知り、もっと自分になろうとする。

家族と話をしている時も、自分の湧き上がらる真実を誤魔化さないように。
誰と話している時も自分を誤魔化さないように。
些細なごまかしが、大きな自分の岐路になります。
自分を生きるか、都合で生きるか、そういう岐路になります。
その岐路は魂は望みません。
あなたが立つ帰路は、右でも左でも選べる岐路に立つべき。

今ここで生きる事をしていきなさい。

 

直線がゆがんでいくようなエネルギーが降りてきて、みんなで受け取りました。

特別なものはない
思考は楽しみむ為のもの
感情は彩
体は道具
それぞれが持っている能力
これこそがあなたが決めた無くてはならないもの
才能とは人間社会に生かされるもの
才能とはその人の特色 それは人とは違った歪なるもの
才能とはあなた自身
その才能の中で生き切れば
人間は共に暮らすという醍醐味が分かるだろう

しかし 人の才能は側にいるものにとって不都合なものだから
人は人の才能をつぶそうとする
不都合だから認めようとしない
才能の中に生きようとして、生まれてきても、その才能に入る事さえ許されなかった者たちがどれだけいるか・・・・才能に入りなさい
それはあなたがあなたを生きる事です

参加者の一人が、「聞いていたら、図形が観えた」

この後、自分自身の事と照らし合わせ、コンタクトを咀嚼していきました。

才能と言う事を歪なものと言っている感じがした。例えば障害がある事を才能と言っていた。
変わっている事も才能と言っている。人と違っている事を才能と言っている。
それは、次の時代の感覚を持っている者たち
本人にとっては普通だけれど、周りの人と調和しずらい。
でも、堂々と自分を表わす事が、周りも自分も共に認めあう事になる。

お互いにつぶし合うではなく、認める、才能を認めあう
うまくいっていないところに才能は発揮されている
他と違うという事を堂々と表わしていい。

自分の癖を隠そうとするとうまくいかない
自分の癖を堂々と出す
すると、一つにまとめようとしなくない
ひとつの価値観にまとめる事ではない!

 

参加者のひとりが「どうしてもパーフェクトにしたいし、パーフェクトでないと安心できないからイライラして子供に対しても言葉が出てしまう。でも、子供は なんでそんなこと言うの?変だよと言って取り合ってくれないから、そうだよなと気持ちを切り替えるけれどまた同じ癖が出てしまいます。」

それに対してのアドバイス
自分の癖を自覚したならば、その癖が生まれた時からのものと、育つ過程で自分が創り上げたものかを判断し、自分の本質のものではないならば、強い意志力を持って手放さなければ開放はできません。自然に無くなるものではありません。意識して、もうそこはいらないと自分に言ってください。
その癖はいつか消えています。

 

感想:言葉の奥にあるものを一つひとつ魂に染みこませ、そして閃いてくる情景で理解を深めるような作業でした。
参加者4名で上も下も無く、自分はどう思う人なのかを掘り下げ、魂をぶつけ合え、認めあってる人々との対話は、心がしびれるような感動を与えてくれました。

きっと国同士もこのような意識でいないと、互いを理解しにくいだろうなと言うところまで話が及び、このコンタクトについては終了となりました。
コンタクトは突然来ますので、カリキュラムをこなしていても、すぐに予定変更になります。
けれど、知らない世界観・宇宙観を提示してもらえるので、興味津々、心ワクワクして、受け取っております。

 

お読みいただいてありがとうございました。

居酒屋でのチャネリング

先日チャネラー仲間と居酒屋へ行きました。
もちろん神様同伴です。
常に生きる事を語り合える仲間がいるのは本当にありがたいです。
本音を伝え合い、もっと深い魂からの言葉を出し合い、そしてそこにチャネリングが降りる。
ですのでメッセージきまくるので、違う視点からの智慧をもらえます。
話は深くなり、理解も深くなります。
お酒も美味しく、幸せ度が高まります。
生きていて良かった。
出会えてよかった!
人生って面白いね。と何度も言葉にします。
どんな状態でも、その状態は悪いことではないと超越」(transcendence)した存在は言います。
悪いことと思えない観方・考え方を教わるのが超幸せな瞬間になります。

魂からの言葉
人として納得出来たら それで良い!
それが一番の安心
この人生 不安がない
最期まで見とどける事が出来る
今までの体験 全てOK
葛藤は沢山あるけれど
自分の中で保証はないけれど
不安はない
相手も納得してくれれば 人生最高
不安はあるけれども 納得できる

ご家族に介護が必要になって来そうな状態で語った言葉です。
刻々と症状が悪化するご家族を前に湧いた「生きる真我」なのだと思いました。
私自身、以前家族が目の前で麻痺がおこり、歩けなくなり、闘病生活を余儀なくされたとき、自分が納得できる限りをすると決めていました。
相手も納得してくれれば、人生最高です。
何の後悔も残らないでしょう。

 

コンタクト
花には それぞれの咲く土壌があります
あなたの咲く場所はどこか
探してみるのがいいでしょう!
あった場所で咲く花は 素晴らしいでしょう!

このコンタクトは一人の方の話をしている時に降りてきました。
ご本人にもお伝えしましたが、みんなに通じる事だと思いお伝えします。
花を咲かせる場に身を置けることが、自分を幸せに導く最高の方法だと思います。
ここで咲かせると思ったならば、頑張る事できますから!

我々は言葉を持たない

昨日から新しい縄文式チャネラー養成講座基礎コースのクラスが始まりました。
私は録音を取らなかったので、自分が受け取ったコンタクトの記憶は曖昧ですが、内容をお伝えします。

天から何かが降りてきて、気づくものは関わり
気づかぬものは、通り過ぎる
何かは、気づかぬものに、仕掛けをする
その仕掛けを、見つけると、人生が面白くなる

質問 仕掛けとは何ですか?

何かの現象

質問 言葉も(コンタクト)そうですか?

我々は言葉を持たぬ
ただ、あなた方が理解をするために便宜上言葉を使う

ざっとこんな内容だったと思います。
言葉・・・・・
言葉を使わない伝達・・・・・(Heart Window Artも言語だと思っています。)
でも、それでは、内容が分からない。

感じる事で、その内容を受け取れる回路を創っていくのだと、改めて確信しました。

人は何かを感じているのですが、自分なりにストーリーを創り、言語化しているのだと思います。
コンタクトは、エネルギーを、五感で受け取り、そのまま脳に伝達して、エネルギーソースが言葉を組み立てたものを出すという作業だと思います。
五感で感じたものを言語化する。
感じたものをイメージ化しない。
その訓練は意外と大変です。なぜならば、人は自分が創り上げたイメージで多くの事を受け取っているから、何を感じたのかをキャッチせず、感じた情報から湧いた事柄のみに意識を向けていることが多いのです。

チャネラー養成講座では、とにかくこの訓練をしていきます。
すると、自分の思考癖や、囚われているものが浮上してきますので、それを認識して頂きだけで、心の開放が起きます。
チャネリングは、特別な技を手に入れるのではなく、もっと自分になるための具体的な方法なのです。

予言???

コンタクトが5歳児に降りました。
ばあばと電話で話していると、ざわ~~っと私にも降りたので、続けてアップします。

考えると探ってしまいますので、エネルギーで感じてください。
そして、ご自分でもメッセージを受け取ってください。

ひまチャネリング(5歳児)
1月一日になるとみんな生まれてきて生まれない人は死ぬ
神様が怒って光でバラバラにして細かくなる
そして燃えて飲み込まれる
地球が燃えるんじゃなくて地球のちょっと離れた所に神様がおんぶして連れていく
赤ちゃんからやり直さない人は
細かくなって燃えてなくなると
もう会えない
生まれる人はちょっとだけいなくなる
違う顔になるかも
声も変わる

 

踏江みつ子チャネリング
2017年に大星団がくる
あなた方は沢山の予言の中にそれを受け入れているけれども
現実に起きることはあなた方の想像を絶するだろう
2016年は後悔なきを
どの瞬間も覚悟をするべし
一握りの聖なるものを求めず
絶望するくらいの広い宇宙を求めなさい
自ら宇宙に飲み込まれて行くがよい
微かな気配として
神でも宇宙でもない真我も全て含めた何かを垣間見るだろう
我を失い狂う寸前の所で垣間見るだろう
0という在り方
ないのではなく
0という在り方になれば良し

チャネリングなしでは生きられない理由 

これはチャネリングの方法ではありません。
ドジな踏江を神が救ってくれている実話です。

2016年4月25(月)~30日(土)銀座 シロタ画廊 Heart Window Art展は、来年四月だと思ってのほほんとしていましたが、10月31日東京工房の直前どうしてもシロタ画廊に行かなくてはけないと聞こえ(思い)画廊に連絡しました。正にそのタイミ ングで、新潟の出展希望者がフェースブックに東京での勉強会に来ているとアップしたので、すぐに電話して、夕方合流して画廊に行く手筈を整えました。
彼女が電話に出る事が可能だったのがほんの20分間だけ、そのタイミングでブログを見て、迷うことなく電話して、18時勉強会終了後有楽町で待ち合わせ18時15分急ぎ画廊へ向かいました。

神様、はめているなと思っていたら、それには理由があったのです。
土曜日だから19時までやっているかなと、思いこんでDMを見ずに決め込んでいたならばびっくり、さっきまでの作品は撤収され、次の方の搬入のさ中でした。
電話で連絡していたので、係の人が、搬入中でしたが丁寧に案内してくださったのです。オーナーの奥様もスタッフの方々も懐が大きく、また、美術をこよなく愛し、作家を暖かくサポートしてくださいました。
そのまま帰ればよかったのですが、気持ちよい空間だったのでなんとなく、常設スペースの椅子に腰かけ、浸っていたら、係の方が、4か月前の準備の話を始めたのです。
びっくりです。
関 東のメンバーはまだいいのですが、新潟は、私が行ったとき打ち合わせになるので、明後日からの長岡・新潟で話をし、作品点数、写真データーを決め、来月12月には提出してもらわなければいけない、、、、と言う事は、今月テーマをチャネリングしなければいけないと言う事が分かりました。
また、搬入日を間違えていたことも発覚しました。
搬入は4月23日(土)17時から・・・日曜日だと思っていましたから・・・

 

12月の新潟展覧会2か所
来年3月新潟市民ギャラリー
その後4月 銀座シロタ画廊
こんなに宇宙はさせたいんだ~~
こんなに自分はしたいんだ~~
展覧会三昧だ!!と痛感しています。
だから、10月31日にシロタ画廊に行かなければ、いろいろな事に支障が出ていたのです。
チャネリングした情報は、自分の意識を超え流れがスムーズにいくように導いてくれるのです。
神と繋がらない自分は考えられません。
自分の意識だけで物事を決めていたならば、失敗だらけで沢山の人を巻き込んで混乱させたでしょうから・・・

神様これからもよろしくお願いいたしますと何度もお願いしました。
感謝しかありません。

2015年12月 Heart Window Art展

互いにチャネリング

縄文式チャネラー要請講座アドバンスクラスで一人に対し二人がそれぞれにコンタクトを受け取るレッスンをしました。コンタクトソースは読まれる人のサポートエネルギーもしくは真我エネルギーです。
お読みいただければ幸いです。

<Aさんに向け Bさんコンタクト>
強さだけにすがるのは危険なことがある影を伴った強さ
陰りが混ざり合ったあなたがいる
強さに惹かれるときは見栄を張るとき
強さを隠したいとき
強さの裏には あなたに不必要なものがある
弱さは素敵!

<Aさんに向けCさんコンタクト>
上が強く したがスカーンと広い
分離している 頑張りが強い

<Cさんに向けAさんコンタクト>
感情というものは様々で 自分でも認識していなかった 自分を観るがいい
自分が知っている自分を 観るがいい
自分で何でもできる
自分がやったほうが早い
できない自分が悔しい 恥ずかしい という感情がないか?
<Cさんに向けBさんコンタクト>
泣きたい時にはもっと泣きなさい
泣いて良いのよ
笑うだけが人生ではない
泣きながらの人生も 雨が降り 花が咲く
緩やかに 穏やかに 時が過ぎるので
泣きたいときは泣きなさい
笑う必要がないのに 笑うあなたには 悲しみが多く来る
涙にも 暖かさがあるのを感じてください

Bさんに向けてのコンタクトは他のワークを行った為、受け取っておりません。
このコンタクトがどういう意味かを探求することをワークで行いました。
コンタクトを真摯に受け取り、深く理解しようとすれば、コンタクトを受け取るステージが高まっていきます。
感覚が変わっていくからですが、理解するということは、体の感覚も、考え方も、感情のわき方も根底から変わります。
また、コンタクトはチャネラーの個性を通し受け取ります。
自分の個性を知るにも、自分のコンタクトを味わい、他の人が同じものに対し受け取ったコンタクトを味わい、自分を知っていく作業をします。
グループワークの利点です。

『畏れ』と『豊かに生きることへの罪悪感』

個人セッションをお受けになった方(きみいのブログ)とのメールのやり取りをご紹介します。
発達障害のお子さんを育てながら、ぎりぎり心の状態でありながら、希望を諦めず、お子さんご家族やご自分の幸せの形を求め続けて、真剣勝負で生きていらっしゃる方です。
こんばんは

お会いしてから一か月が過ぎましたね。

毎日、ひたすら呼吸法を実践しています。(それしかできないので・・・(笑))
そして時々神様にお願いも(;^ω^)

『つまり』に関して直接神様からメッセージを受け取ったわけではないのですが、私の周囲の人の口からや目にした文章から原因の一つが分かったかもしれません。
それは『畏れ』と『豊かに生きることへの罪悪感』です。

『畏れ』とは、私なんかにそんな大それたこと(エネルギーを動かすとか神様からメッセージを貰うとか)出来るはずがない!っていう気持ち。
『豊かに生きることへの罪悪感』とは、重たい荷物を苦しくても一人で持つということに美徳を感じている、みたいな?
または、物質的に豊かになることを望むのは卑しいこと、という思い込み、かな?

『お金の心配をせずに豊かな生活をしたい』と思っている間は今までと同じような生活をぐるぐるしていたのですが、
『(状況は何も変わっていないけど)お金の心配をせずに豊かな生活をしてもいいんだ。それは悪いことじゃないんだ。』
と思うようになってからは、とても体が軽くいつもの風景が明るく見えるようになりました。
特に理由もないのにわくわくしている感じが常にするようにもなりました。

そしてそう思ったとたん、『畏れ』の方もどこかに行ってしまいました。(ちょっと残ってるけど)

そしてその翌日には、専業主婦を10年続けている私に、お仕事の依頼を頂くということが起こりました!

それは『口から入るものに過敏な人たちのために、安心して笑顔で食べられる、心の拠り所になるようなオリジナルスイーツの企画と試作』。
以前からこの話は合ったのですが、上記と同じく『私みたいな素人には無理~!!』って思っていた(逃げていた?)んです。
が、この時は何故か『私が適任かも?』と思い、すぐにOKしました。
正式な依頼はまだですが、ワクワクが止まらない~という感じで高揚しています。

直接メッセージを受けとる能力がない私のために、いろんな媒体を使って神様はたくさんアプローチしてくれてたのかな?
と、今になって思うようになりました。

呼吸法を実践しても、僅かに感じているエネルギーはもしかしたら気のせいだけ?と不安になる事が多々ありますが、
とにかく助言通りに難しいことは考えずにひたすら呼吸法を続けて行こうと思います。
呼吸法のおかげで心境の変化が起きたのかな?

長くなりましたが最後まで読んでいただいてありがとうございます。
お忙しくされていることと思います。
返信は気になさらないでくださいね。
前回のメールでちゃんとそちらへ届いていることが分かったので安心しています。
読んでいただけるだけでも嬉しいです。

 

お返事

ご無沙汰しております。
メールありがとうございました。
呼吸法と意識を変える事を毎日実践なさっている姿は素晴らしいです。そして、嬉しいです。

お金はいくらでも心配し続けられる魔物です。
でも、お金の心配をせず豊かに生活できる方法は魔法の生き方です。
沢山の魔法を自分にも周りにも振り撒くと、自分の周りは笑顔だらけになります。
素敵ですよね。
希望の生き方です。

ご依頼のお仕事、ピッタリです。
私にはお仕事の依頼は起きると思っておりましたので、とっても自然です。
頂いたクッキーあまりに心がとろけそうだったので、娘のところにも持っていき一緒に食べたくらいです。

IMG_0614 IMG_0615 IMG_0616

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肩の力をぬき、太陽を見上げて、私頑張ってま~す!もっとお力をくださいと光をもらってください。
そして沢山の人にお世話になって、感謝のエネルギーが増してくると、自然と人に何かをさせて頂きます。それも感謝と感動だけで動けていきます。

また、直接メッセージを受け取るのもコツなのです。
実は聞こえていて、それをキャッチしているけれども、自分にとってあまりに自然な事なので意識しにくいのだと思います。
意識するとメッセージが具体的になってきますので、もっと楽しくなるのですが、そう焦らず呼吸法をしたり、心がちょっとでも重くなったらそれがチャンスととらえて、開放をしていってください。
光がもっと増えてきて、肩の力が抜けてくると、感じる瞬間が多くなりますので。

「呼吸法を実践しても、僅かに感じているエネルギーはもしかしたら気のせいだけ?と不安になる事が多々ありますが、」
僅かに感じている事が事実です。それを大切にしてください。
すでに景色が違ってきていると書いていらっしゃいますので、ご自分が変化してきたいる事を喜んでください。
その振動が次の奇跡を起こしますので。

ありがとうございました。

踏江みつ子

 

 

不安の感覚、そこから開かれていく

不安の感覚、そこから開かれていく!
 
大きなうねりに巻き込まれてもがいている感覚がする
それでも、自分を失わないと決めると、うずの中心はどこまでもいける穴が開いている。
それが開かれた世界への入り口。
呑み込まれるうずを意識しないと、どこかに弾き飛ばされても気づけない。
うずは超高速回転しているから。
目を開いて観よう!
何が起きているのか。
自分の心は何をしたがっているのか!
 
体をほぐして分かった事は、今までとは違う緊張の仕方をしていること。
丹田の中心だけでは体のエネルギーは抜けていく。
丹田の下、恥骨のすぐ上とみぞおちの2点を触っていると体が暖かくなる。
この2点を上空15センチあたりで捉え、動かしてみる。
エネルギーの動き方が変わってきた。
体のエネルギーを高め、心の力を高め、今の状況に対して切り開いていく智慧を受け取り希望を置くことが出来れば、未来が開かれていく。
 
幸せが奥から溢れる。
どんな状況でも人としての幸せを掴み続けている瞬間のみ!

新潟野外セミナーでのコンタクト

新潟野外セミナーが無事終了しました。
セミナースタート時のコンタクト、神との対話です。
(テープ起こししていただきましたまほさんありがとうございました。)

image image

慈しみの色が濃くなると
情に流され我を失う
新潟は情が濃い
しかし「理」も強く
我は我なり、他は他なりとなる
しかし我と他を一つになれば
情と理が合わさる
世界を大きく捉えなさい
それが海と向かい、他国と向かい、我と向かう
そのエネルギーの満ちた地で生きる
そのエネルギーで満ちなさい

 

 

 

右足をしっかり大地につけて、左足を添える
内股を締めてお尻の穴を締めて仙骨を立てて胸を張る
身体がぐらつくものは足をバッと開いて、まず立つということをしなさい
呼吸を整え、心を静めれば周りの雑音は気にならず
自分と大地と海と今日の恵みの雨と一体となりどれほどまでも拡がる事ができるでしょう
この雨が恵みの雨、この雨によって細かな粒子がもっと感じやすくなるでしょう
聴覚が
鋭くなってきます
どこまでも吸収して伝達してくれます

一つ一つが球として存在している
もともとの個性は違えども同じ球である
自分には満足せず何かが物足りない
球は球としては完璧である。しかしつまらない
色々なものを見て色々な状態を味わいたい思っている
色々な球が集まって何かの形になる
形が違うそれぞれが同じ形で存在するという事があなた方の言う平和であろう
でもそこには平和以上の事は知り得ない
もっと大きな感動があるであろう事は体験できない
球体の一つが自分
形になったものは形を変えて次の形を作る
今この瞬間ここにこうやっている形は次の瞬間違うものになる
濡れながら感じると良い
貴方の神、降ってきた雨は貴方と一体化して、雨を貴方の皮膚に感じると良い
命はこうやって産まれる

命の根源はどうやって広げていけば良いですか?
雨粒は貴方の上だけに落ちているわけではない
まず雨が沢山降っているということで雨の存在を意識する
自分の五感全てで感じる
そして五感で感じることのできない部分にも存在する
そうやって広げていくこと

人が思っている平和とは穏やかで変わらずあるということをですね
球体に命があった時に何の変化もせずその形であれば攻撃もなく自分を侵す事もない
安心はあるのですが何の変化もないのです
ただ存在するという事です
停止しているのです。
それは自分の考える幸せ以上にはならないのです
何かがあって不安定になって不安定を不安定と捉えない
動いているという状態、これはもともとの球体から次の形を生み出そうとした時に必要不可欠な事です。
不安定であって今まで味わった事のない世界に入っていきます

金澤翔子さん書 『飛龍』の前で画くエネルギーアート

今日はHeart Window Art市川工房
金澤翔子さんの書 『飛龍』が今日のお昼ニューヨークから四国を回る旅から帰って来たばかりで、しまわれる前に飾って頂けたので、そのエネルギーを受けて絵を画くことが出来ました。
夢のようです!

メッセージは、「場を整えなさい!」
すぐに、周りをかたづけ、緊張して始めると、シュッシュッとエネルギーは飛び出し、金粉が舞い始めました。
パステルの粉も舞うので、畳を拭きながらの工房活動となりました。

IMG_0529IMG_0534

 

 

Heart Window Art終了後、『飛龍』は旅の疲れを取るように箱にしまわれ眠りにつきました。
感謝!!
興奮冷めやらぬ今宵となりました。

皇居に行きました  ②

そこに立たなければ見えない景色があるように、感覚が開かなければ聴こえない言葉、感じる事が出来ない世界がある。

思考がゆったりとし、感覚がさえてくる、皇居はそのような場です。

image

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

この大木からのコンタクト

この場所で命の数を数えると、把握しきれないほどの数である。

命は重さではなく、うごめく力
上がるところは上り、下がるところは下がる
立ち上っていく力がある。

高まっているところに立てばうごめく力を最大限にすることが出来る。
自分の個性を引き立たせることが出来る。

聞け聞け 今 聞け
智慧を 地球と共に生きる我々の智慧を
そこには 人間の時間を超え 智慧を知る事を求め続けて在り続ける在り方を表わされている
聞け聞け命を超えるには この在り方を投影するが良い

 *

木にはなれない
木は木としているわけではない

その宇宙観を知るが良い

長く長く生きると言う事を知るが良い

人が求めている長く生きると言う事は
大地を汚し 利己に走り 他を見下し 己の虚栄心を開かせているだけ
本当の長く生きる生き方に立っていない
長く生きるとは沢山の命を頂き
沢山の命を生み出している
小さな花々に喝采をし
雨に感謝し
天空に想いを飛ばし
この地から宇宙を感じ
宇宙の成り立ちを自分の中に見出し
地球と言う大きな智慧の一部を知る事を長く持ってあり続ける
これが長く生きる者の在り方
そこに至らぬものは 至らぬで
自分の花を開かせて朽ちるだろう
長くあり続けるものは その覚悟と たゆまぬ勤勉さを持っていくだろう

 

生きる覚悟を教えてくれた
謙虚さを持って むやみに生きるのではない覚悟の生き方を教えてくれた
二人で 智慧に感動し 感謝し  その後も語り合う

この日の〆
お蕎麦屋さんの前のお店ののれん  赤と白と黒 日本の在り方の色
image

皇居に行きました!①

時代が大きく変わる今だから、どこかの場に立ち、次の時代に向かうためのメッセージを受け取る必要があると伝わってきます。

7月19日日立野外セミナーを中止しようとしたら、頭の上から圧がかかり??場所を変更し、19日は皇居に行くことにしました。OKが出ました!!とみえさんと二人旅です!なぜに皇居か?  変わる今だからでしょう!!

東京駅からスタート
image

 
歩道に立っている赤いTシャツに黒いズボンのお二人(赤いTシャツのグループの方々が13人くらいすれ違っていたと後で気づきました)、と朱のタクシィー 赤い色はこれからも続いて現れた。赤と黒と白 この日のキーワードでした!

image

 

 

 

 

歩きながら、不穏な時代、人は何を掴めば良いのだろうとつぶやく。

<コンタクトは青字>

それもあるあれもある
在るからよけるのではなくて その上に立つ
感じる事が大事
感じ取る感じ取る
感じ取らないと メッセージが受け取れない
木と空と太陽と光 風や 虫の声生き物の声命の声を感じ  ゆったりとして歩く事


コンタクトが終わった瞬間、「自転車の方は気をつけてわたってください~!」とスピーカーでどなった声が聞こえました
意識しないと風や光に浸り味わう事がしにくいぞ!と言われたようなタイミングでした。
不安に埋没しないためには、感覚を開き、もっと大きな自然宇宙を目の前の自然で感じるだけで、本来の人間に戻り、人が創る出した不安の世界から脱却することが出来るのだろう!と思いました。

和田倉橋を渡り噴水公園に入ると空が広がり心地良いです。
image

 

 

 

image

 

 

 

 

 


門をくぐった瞬間 別世界になる

ざわつきは取れ、聖域に入った観がある。
どこまでも広がる静けさを感じ、メッセーシは存在すること生きる事を教えてくれる。人種も性別も貧富の差も受け入れたうえで、もっと人として生きる事を伝えようとしてくれる。
どこまで受け取れるかわからないが、今できるだけを受け取ろうと覚悟して。

人間の根源を観る

命の尊さ

命がなくなる事に囚われないほどの尊さ
蝉の人生  地下に長くいて 短い限り生きて死ぬ 個ではなく大いなる命の連続性
木の人生  長い人生だけれども朽ちる 無くなる事は当たり前 我はなくなっても在る

自分の命・・・・・

日本は命の尊さの根底が分かる人類  のはずだった・・・・・

自分は守られている  それはみんな平等にある事
自分は恵まれている  それは知らない世界が多い事

観ると言う事を研ぎ澄ます
緊張感を持ってもっと観る事をすると
生きている在り方が大きくなってくる
共に生きると言う事は
自分を表わす もっと表わす 
それでいて他も表わす
競争すると言う事ではない
自分も他も表わす
大きく表す 大きく表す 大きな声を出すではない

そこには戦争と言うものはない
人種が違っても言葉が違っても 表わす 表わす
これ以上大きくなれなくなった時
もっと表わすものが巨大になってくる
もういいと表わす事をやめたものは満足して小さくなっていく
大きさの違いは 始まる 個性の違いとなって

隣にある共にある

自然の摂理(植物の世界)は大きくなるとこをあきらめたものを もっと大きくなろうとするものが呑み込むこと
それが競争に負けたと言う事ではない
本人はこれ以上大きくなりたくないと満足しているから
観える形として  成長が止まったり 朽ちていくだけ
それは終わりではない
そうなっただけ
全てのものがその過程を経て 満足して 朽ちるだけ
今日も感じる事

大きくなる  満足して 朽ちる
それが  生きる力死ぬ力

IMG_0505

 

アジサイ
朽ちる姿も 味わいがある

 

 

image

 

 

堂々としたモミジの木

魔がさして そして 気づく!

いつも前向きで、どん欲に学ぶ方が、どよ~~んとしており、反応が悪く、チャンリングしてもちょっと後ろ向きなメッセージを受け取っており、違和感を感じたので、その違和感を伝えても伝わらない状態が続きました。

7月は心に湧いたわずかな想いが形になりやすく、本人が気づかぬうちに自分が願ってもいない方向に進んでしまうと聞いておりました。
それがまさに起きていたのです。
ご親族の自死を想いだし、忙しい日々で疲れ、もうどうでもいいと思い、今日来る途中電車の人身事故の影響を受け不安定になった結果でした。

どうすれば心を切り替えられるか私自身チャネリングします。

このままこの方を帰す訳にはいかない、とても危険な状態と理解し、これを脱するにはチャネリングしかないと必死になりました。

私がメッセージを伝えても遠くに行っている魂に届きません。
ご本人が神と繋がっていただき、その神が内側から強く本人に響かせてもらうしかないと対話を始めました。
「神ご自身も強く本人に伝えてください!」

本人の自由意思
「人が魔の間につかまっている時はどうしようもありません、内側から本人が気づけるよう強くアプローチしてください。人も必死に生きています。でも、辛すぎると逃げたくなります。どうか神も本気で気づきを与えてください。人がいなくなれば、神も人に智慧を与える事が出来なくなります。今、本人に届けてください。生きる事を!神の愛の力!」

感謝する「感謝する」「感謝する

この言葉を出し始めてご本人の頬に涙がこぼれてきました。
エネルギーが変わってきました。
届きました。
目を開きやっと瞳がしっかりしてきました。

ご本人も
「やっとここにいると実感できます。そういえば、死と言う事に対して恐怖心が浮上していました。生きる事もどうでもいいと思い始めていました。神の言葉を出していて、最初は人ごとのようでした。遠くで聞いている感じ。段々はっきりしてきました。危なかったです。」

帰る頃には、別人のようになっていました。
人生の方向を大きく転換する覚悟をしていらっしゃいました。

「もう迷いはありません、どんな方法をとろうかと考え始めました。挑戦者になります。怖いけれども、学び進みます。実践します!!」

本当に良かったと実感しています。
この状態は他人ごとではありません。
疲れからこのような状態になる方もいらっしゃいます。
人の言葉を受けショックからこの状態になる方もいらっしゃいます。
逆に、わずかな希望が自分を大きく進化させてくれることも起きています。
自分の想いがすぐに自分に帰ってきます。それも思いもかけないほど大きくなって戻ってきます。

世界中の人にあなたはどうする?と問を突き付けているように感じます。

あなたはどうしたい!?
私はどうしたい!?

自分の想いに責任を持つ時代です!

そして、迷ったときにはチャネリングするしかないです。
自分自身の真我が自分を助けだしてくれるまでチャネリングしましょう!

今日のコンタクト

千葉のチャネラー養成講座アドバンスで、過去世のレーデイングレッスンやチャネリングソースとチューニングする方法を行って、終了。

かなり消耗したので、横になって体を休めて、ちょっと神様とお話ししようと思い繋げてみても聞き取りにくい。
と言うより全く聞こえない。
まさか・・・ちょっとあせって、
しつこくチャネリングすると
「休む時は休め!!」と聞こえ、納得。

頭が休みにくい状態が続いているので、より納得でした。

コンタクト(6/8) NO.3 「自分を変えるのに必要な方法は」

チャネラー養成講座アドバンス新潟中のコンタクト

今まで思っていた理想の自分は 本当の自分ではない
本当の自分を知った方が良い
腹括り本当の自分から逃げない
そして委ねること
自分を変えるのに必要な方法は自分から発せられている自分を内包すること
今の自分を手放す事が出来ない時は内包して自分のエネルギーとすること
嫌でも呑み込む事
自分がそう言ってるのだからそうなんだなぁと呑み込む
呑み込むかどうかをジャッジしてしまう事はしない
変なものを呑み込んだ時は具合が悪くなる それも経験

自分がしたい事が神がさせたい事
手放すだけでは本当の自分にはなれない
手放していくと本当の自分が浮上してくる
そして浮上してきた本当の自分を呑み込む、内包する、受け入れる、そして開き直ってください
それを認識しないと心の中で思っている事をそれは違う!と否定し続けてしまう
それは限界になってきている時代