投稿者「fumie」のアーカイブ

今日5月31日から東京に入ります。

関東の皆様よろしくお願いします。
*   *   *   *   *
<チャネラー養成講座・セミナー ご案内>
☆1日(土) 縄文式チャネラー養成講座アドバンス④ 13:00~16:00  四谷
☆5日(水) セミナー 13:00~16:00 千葉県市川市

<個人セッション>(お時間は変更できます)
2日(日)ご予約埋まりました。

来月は7月7日8日個人セッションを予定しております。

お申込み、お問い合わせお待ちしております。

080-1301-4228 踏江みつ子まで

新潟に移住して7か月!

t昨年2018年10月に新潟に移住し丸7ケ月がたちました。

もっと長くいるような気もします。少しづつ新潟県県民なってきています。
この間に心療内科外部講師が本格化し、まだ生活も仕事もリズムがつかめないうちに、父と母が他界し、おおきな人生の転換真っただ中で、猪突猛進と突き進んでいる感じでいます。

自分が人生の筋書きを描いているというより、天からひらひらと舞い降りた筋書きを受け取った瞬間から物事が動き出し、状況が刻々と変わっていっているように感じています。
いつも意識しているのは、どんな状況も希望を見つけ、今を楽しむこと!やりきること!です。
ただそれだけですが、ありがたいな!と思う自分がとてもありがたいです。

今を楽しむといえば、ささえ愛よろずクリニックで波動絵の指導をさせていただいていますが、今年に入ってから参加者の作品が突然グレードアップしてきました。
毎回展覧会のように、パワーあふれる作品がおひとり2作3作と描かれるのです。
2019年は 地球のエネルギーも高まっている気がします。

高まっているからこそ、体も心もバランスが崩れやすいのですが、中心の思いがぶれなければジャンプもワープも変身もできる時代です。
どんな時も持ち続ける信念のようなものです。

ぜひとも、みなさん、自分自身を大いに楽しんでください。
したいしてください。

 

コンタクト「色を超えた創造」

起きている事故事件をみると、人がどんどん壊れているように感じます。
先達も同じように感じていたでしょうか?
昔はこうじゃあなかったという言葉は、いつの時代にも聞こえたでしょう。
自分も同じように壊れているのでしょうか?
たぶんそうです。
壊れるから、次の世代が誕生するわけで、人間が大きく変化するにはいったん壊れる必要があります。
しかし、ほとんどの人が自分は難を逃れていい感じで次の世界へとシフトすると思っている。
これが問題です。
壊すことを恐れず、壊し創造していきましょう! 自分自身を!

コンタクト(25日新潟セミナーにて)
闇を闇と思うなかれ
光を光と思うなかれ
色分けする事によって 人はわかった気になる
色分けをした時点で内容を察知する
色があるから楽しいはずなのに
色があるから 浅い所でも理解したと勝手な納得に収まる
しかしそれも地球人だと思えば
自ら愚かと思うより
愛しさが募るだろう
進化したいもの達は
色に惑わされず
本質を見極める目を作り
色を超えた何かの創造物を作り
色をつけていけば良いのです
狂うほど楽しいでしょう

色に惑わされない本質を見極める目はどうやって作れますか?

色のない世界を体験させなさい
そうすればわかる事です

コンタクト 「遠くまで見渡す」

チャネラー養成講座アドバンス新潟で降りたコンタクト

背すじを伸ばして、姿勢を正し
遠くまで見渡せる体制を作って、
心の置き場をそこに置き、見渡すように心がけなさい
今世界中が何かが起きそうなザワザワとした空気に覆われているから、見渡してもはっきりとは見えにくいのですが
下を見て足元だけを見る姿勢でいたならば
体も心も縮こまるしかない。
遠くを見渡すという気持ちを足せば
下を見たとしても、少し広がったものの見え方が出来ます
時々思い切り遠くまで跳べるような心を持ち
遠くまで飛んで行った先を見渡すならば
今いる場で見渡す事もしやすくなります
持って生まれた身体を使い、大いに自分を発揮していきなさい。

当たり前のことをメッセージは伝えてくれます。

当たり前のこととタイミングあった時、そのメッセージは人生を変えるほどの変化をもたらしてくれます。

要は、「やるっきゃない」と思ったとき、大きな支えとなることが多いのです。

コンタクト 千葉セミナー

コンタクト(5/6千葉セミナー時にコンタクト)
目を閉じ心の中に入る者と
目を閉じている事に気付かず 観ていると勘違いしている者。
この二つの在り方は、全く違う世界となる。
目を閉じ心の中に入るならば
自分の外の環境も 自分と同化し 中に入りながら外にも広がって行く。
目を閉じ、観えない状況環境になっているにも拘わらず
自分は、観えていると思うならば、
自分が、思い描いた世界を 現実として見ている訳で
大きな勘違いが、生まれてしまう。
目を閉じ 中に入るという在り方は、そう出来る事ではない。
その状態を 求め、瞑想を 修練している者達も多くいる。
目を閉じ、自分の内側に入ると、雑念という層が、自分を 取り囲む。その奥になかなか行けない。
そこで、目を 閉じる事を 止めたなら
現実を見て、現実の中にもっと入るという事に価値が、あると気付くであろう。
それが、生きていると言う事です。
目を閉じず、現実を深く見ると言う事をし
大いに体験を する、と言う事が、望ましいのです。
コンタクト(5/6千葉セミナー時にコンタクト)

勝手に何でもかんでも変わっていいものでは、ない。
今までの格式を 続ける事も大事。
人生の荒波を 越えてきた事は、子に現れてくる
歳を取っても 物を掴んで物を得たいものだ。
時を 奏でる者は、時を奏でる力がある。
運がある
時を奏でる者は、何かを使う為に苦労して
必死に物を掴んで引き寄せる様な事を しなくて良い。
生き方、生きる場所も違う者たちが、同じ方向を 見ることは、出来ない。
バラバラに散り散りになって行く。
それぞれが、好き勝手に・・
好き勝手と言うより 自分が、好きな場所で生きるしかない。それが、現実。
ただ、存在していい。
全く感謝の仕方が、違う

コンタクト(5/6千葉セミナー時にコンタクト)
マァ 言っても言わなくてもいい事だけど、
チョット 人生にスパイスを 振り掛けるのは出来るの。
神がするスパイスと、人がするスパイスは違うの
人のスパイスは、染みになり、神のスパイスは、味わいになる。
神にしてもらうには?
それは、神が、加担したくなる様な状況があった時
神が、加担したくなる動きを、人がしたとき。
自分が何かを思う時。
同時に神の存在を 意識的に思うと、きっと何かしてくれると思う。

神のスパイス・・・否定しない
想いを 寄せる。
批判しない
出来ない事は、きちんと断る事も大事