波動絵」タグアーカイブ

ドド〜んと、エネルギーアート(波動絵)

1月の皆さんの作品

ささえ愛よろずクリニック波動絵のクラスでは、2020年のスタート  自分の形と自由になる形  という意味を込めて「手」をテーマにしてみました。3から5番目の作品は90代の認知症高齢者の利用者さん4名の力作が含まれています。

手きっかけにどんどんダイナミックな作品も生まれました。

 

人の大いなる可能性を目の当たりにし、記憶とは何だろうと考えさせられていま。記憶が無くなる事で、生活に支障があり、その不安にさいなまれる言葉、行動。

描く事に集中している時にはその不安は何処かに飛んで行くのでしょう、無心にただ生きている証の様に作品が生まれて行きます。

その光景はfuxanntasutekkuでamazingでした。

 

今年最後の波動絵

今年最後の波動絵です。
テーマ 2017年 進化した何かを見つけ、それを大切に磨き育てるように描いてみましょう!と長いテーマでした。

⭐️意志を持って進む自分
⭐️病状が良くなる前と、完治した自分
⭐️ハンドパワー
⭐️包まれる
⭐️前向きになった自分
⭐️進む
⭐️何かがある(未完)
⭐️変わる前と変わった自分そして、気になる嫌なざわつきを置いてみる(未完)

…みんな本当に素敵でした!
触発され、私も自分の絵を描きたいと強く思いました!
一年間ありがとうございました。

 

 

 

 

 

ささえ愛よろずクリニック波動絵

ささえ愛よろずクリニックhttp://www.yorozu-caretown.com/波動絵院内展示を入れ替えました。

テレビ両わきの宇宙曼荼羅のペン画は、穏やかな広がりを生み出し、奥の10点の絵は優しく静かに 皆様を包んでくれます。トイレスペースの絵は、浄化の役割を担ってくれます。そしてデイケアスペースの壁の作品群は、それぞれの個性が炸裂しながら、全体が一つになりました。

 

ささえ愛よろずクリニック搬入

新潟市秋葉区にあるささえ愛よろずクリニック 院内壁面に波動絵(Heart  Window  Art) の入れ替えをしました。

今回は作品数を増やし、パワーアップした構成にしております。

昨日(2/6)時間があったので、絵の前でまったりと浸っていたら、1人の若い女性が食い入るようにご覧になっているので、声をかけご感想を伺いながら、説明をしました。

「不思議な絵ですよね。どうしたらこんな風にかけるのですか?」

「誰でも描けます。まあ、行き当たりバッタリの絵です。」

「へっ?」

「丸から描き始まります。今回3人初めての方がいらっしゃるのですが、素敵でしょ!遊ぶのです。小ちゃな子供のように・・・

うまく描こうなんて思うと、描けないです。心が自由になることが大切です。並べるとか、バランスを取ろうとする心を、解放して、ただクレヨン持って遊ぶのです。」

「・・・・    でも、むずかしそう・・・」

ちょうど名前を呼ばれたので、お礼を言ってお別れしました。

絵たちは、これからもたくさんの人の心に語りかけるでしょう。

 

写真に写っている男性は、作者の方です

 

 

雲と空

昨晩は大荒れに荒れていたが、今風は激しいがこんなに綺麗な空の新潟です。

新津に向かう途中で真っ暗になり、雨が降り出しました。

今日は1日荒れ模様です。

これから、デイケアで波動絵の指導させていただきます。どんな景色が現れるか楽しみです。

image image