チャネラー養成講座中のコンタクト

地球規模で加速する次元上昇。現象が想像を超えどんどん起きていきます。天災も人災も、今回のコロナウイルスもそうですが、自分の人生の速度も速くなって、起きている事柄についていけない気持ちになることも多いでしょう。
けれども、魂の成長を主にして今をみつめると、こんな恵まれた刺激的な時代はありません。
ぜひとも、現状から逃げず、どんな状況でも希望を持ち、起きることを体験によって学び、どんどん大きくなっていきたいと強く願います。
最大の希望は「死が訪れるその瞬間まで、生きることができるのです!」精いっぱい生きましょう!

1/19に行われた「わっぽー縄文式チャネラー養成講座アドバンスIN新潟」で講座最後に降りた一人一人に対してのコンタクトです。

踏江に対してコンタクト
はっきりとした視点は良いでしょう
足りないところは想像力
貴方の人としての意識を持った想像力が足りません
意識を超えた所の受け取る力はあるのです。
想像力が足りないが故に意識を超えた所からくる情報にゆとりがない。
もっと想像豊かにすぐに手放さないでしばらく自分でこねくり回した後、手放してメッセージを取ったり、もっと広いものの見方をして良いでしょう
こねくり回す時間はそう長くないので支障はない

 

高橋に対してのコンタクトたかまのブログ
明快なようでありますが、実は曲線を描いている
物の核心に行った後、自分の中に入っていく戻りがある
という事は自分思考の中に入り込んでいくと捉えて良いでしょう
思考に入る前のはっきりとした見つかった、そこだけで良いのにもうちょっと手ごたえのある所まで求めるが故に巻きこんだような感じになります。そこは気をつけた方が良いでしょう。
要はやり過ぎる所があるという事です。
今年もう一つ大きく扉を開くタイミングですから色々なところでグッと押しあけるような動きをした方が事が早く馴染んだり、早く聞こえたり、早く掴む事が出来るでしょう
内側からの力を大きくしながら丁寧に開けていくような感じ。

 

講座参加者の一人に対してのコンタクト
束縛から自由になる事
自分の中にある思いで繋がった縁と自分の思わざる所から繋がった縁
確かに縁というものは色々と要素がありますがほとんど貴方の生き方に影響を与えてくれるのは貴方の思わざる所からの縁です
それは予想し得ない所へ創り出し力となり今までと違う事を生み出し連れて行く
心の奥底でそれを望んでいるならば自らの思いとそれ以外と瞬別した上でそこから自由になって、そこから見つめ直せば、もっと楽に色々な事がやってくる

巨人が人の世界をまたいで歩くているように、貴方は人の尺度ではなく、立ちたい所に立ち、立ちたい歩みをする
そういう存在です。
人の尺度を持つと自分を枠にはめ、形を作ろうとします。
それも必要な事。しかし本来の自分に戻るときには大きな巨人が手をブラブラさせながら、大きな歩幅で、立ちたい所に足をおく、空を見上げる、ただただこの地球を面白がる、そのような存在です。
そのような人の中に収まりにくい者が仕事を与えられ、やりたい事を見つけられたのは、ひとえに縁があったから貴方は方向を見出す事が出来たのです。
貴方は楽になると遠い彼方を見つめ、意味のない動きをし、何も形にすることはできなかったでしょう。その貴方を生かしたのが縁です。
縁があったからこそ今形になったやりたい事、微かにやりたい事、きっとこうなるのかなと状況によって与えられる事が次々と貴方の所に生まれ、形をなしていきます。
このまま進んでいけばよいでしょう
ただ周りの人が貴方を理解し、貴方の個性を認め共感し、共有出来るには、縁を大切にする「言葉」が必要でしょう。
そこは努力をする必要があります。
頭を使う必要はありません。もう少し人に寄り添えば、言葉は自然と溢れてきます。特別な時間を作る必要もありません。
気持ちを寄り添わせればよいのです。

言いたい事は山ほどある
人もほかの神もそうでしょう
聞きたい事が山ほどあるようになったならお互いの関わりは深まるでしょう。
私はまだ言いたい事が山ほどある。
ちゃんと取れるように!

***

コンタクトを受け取ったときは脳がしびれる感じがし、全身が消耗していますが、ハートは満たされています。
今回も高橋真帆さんがテープ起こしをしていただいたことによりこのように発信できました。感謝します。
音で受け取っていた時とは違う智慧をいただいたようにも感じています。
沢山伝えたいをもっと深く受け取れる人になっていきたいと、願い、日常でも常にコンタクトを習慣としています。発信がなかなかできないことを反省し、今後もう少しコンタクトメッセージをお伝えしていこうと思います。

きょう1/23は長岡での個人セッションと、Heart Window Art教室があります。ここでも数多くメッセージが来ますので、ひとつでもお伝えしたいと思います。

お読みいただきありがとうございます。 踏江みつ子

 

 

コメントは停止中です。