北九州・宗方大社セミナー 6/29〜7/1 ①

念願だった宗方大社やっと行ける!胸踊らせ飛行機に乗った。

すでに、ためしは始まっていた。

出発前から、天候不良の為、着陸空港変更ありと聞き出発した。が、まさか、私たちの飛行機だけ、1時間半空で旋回していた。

定時に着いた新潟からのメンバーは、早い便だったので、2時間半空港で笑いながら待ってくれていた。

レンタカー2台に乗りいざ門司に向かう。目指せ和布刈神社!

 

高速乗る前に、田んぼの中でコンタクト

踏江  コンタクト

三重の層があって
横にも縦にもある
違う世界が同じ場所にあるという事を認識をして立ちなさい
自分が見ている一つの世界をまず見て
それ以外に2つあると見たときに
縦にあると見えるもの
上下にあると見えるものがいる
3つあるという事を意識して動きなさい
3つを言葉にすること
自分の元々持っている3つの世界観がわかってきます
同じ場に3つの次元があると思い
その場に立つ
それを再認識して
自分を知るという事をすると良いでしょう


習わしとは
見たことある世界と無い世界を繋ぐもの
見た事のあるものだけを重んじ
見た事の無い世界をないがしろにしたところがある
見たものより 見た事の無いもの
今後の動作には
ないがしろにしてきた
見た事が無いものをみる
それが今後の課題となって大きく影響を及ぼす事になるだろう

高速に2台の車がそれぞれに乗り出発

階段は登るだけではない
階段を横から見ている感じ
自分の見え方を変えると
もっと色々な見え方になるだろう


和布刈神社に行くはずが私たちの車は、玄界灘を渡ってしまった!
わおおー!!!
行先も違うかもしれないと必死でチャネリングする!!
車中でのコンタクト

踏みしめて次のところは気合を入れないと
受け取れない
ドスドス

渡す木と木があるから
橋渡し
人と人の繋がりを渡す
橋渡し
しかし残るのは橋のみ
人と人は入れ替わり
質も変わってきます
渡すという橋が残り、受け継がれていく
何を渡すのかは生きている人が決めていくもの
それは愚かなる事も尊き事も
橋を渡す事ができる
一人一人が何の橋を渡すのか
自分に問うと良い


鬼に教わる

鬼の世界を知る必要がある
鬼や魔 それらの智慧を知らずしてこれからの真実を知る事はできない

どこに行くかのキーワードをTOMさんに受け取ってもらった
『古事記』山口
探してみると 忌宮神社(いみのみやじんじゃ)

ついた瞬間ここだという手ごたえ
鶏が出迎えてくれた

そして、鬼石がある!!
鳥肌が立つ!

神は本当に教えてくれる!
本気で受け取り
本気で実行し
本気で理解しようと 決意する!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで和布刈神社に行ったもう一台と合流
和布刈神社の写真

日没後になりましたが、準備ができたようなので、宗像大社のそばまで行って、明日来ますとご挨拶をし、ホテルに帰り、夜の宴会に突入
死に物狂いでチャネリングしまくると決意するが、体力はなくなり、わたしは早めに消灯!

全てのテープ起こしをしていただいている、高橋真帆さんには心から感謝しております。

コメントは停止中です。