新潟チャネラー養成講座中のコンタクト

昨日行われた、新潟チャネラー養成講座アドバンスクラスでの、コンタクトと対話の一部です。

 

少し整理をしておきましょう
あなた方は想像してみなさい
神がこの身体を作った時、母なる神が愛しい子供を作る時、どのような道具をどのように置けば良いのか
どう考えたのだろう?神の意図を思えば、今自分がこの出来上がっている形を理解しやすいでしょう
この身体という道具を使いこなすにはこの道具を作った大いなる存在の意図に思いをはせなさい
智慧は自ら湧いてくるでしょう

Q:身体を勉強しているとすごく良く出来ていると思うのですが、他の動物達と人間の違いは何がありますか?

では聞きましょう
動物と植物の違いは何がありますか?
貴方の質問の答えです。

Q:自分で動く

そうです
それぞれがそれぞれの生態系を持ち、優劣などありません
それぞれが違う、生存していくシステムを与えられているのです。生きながら変化していくのです。
今人間を生きていますので学んでいくと良いでしょう
他の生命体を見る時に人間を見るような見方で見ないように。
その動物なら動物の世界を見るように
その世界で必要な形を与えられていると気づくように
そうすると貴方が知りたがっている事に到達するでしょう

Q:人間はとても未熟ですが、わざと学びが必要な形にしているのでしょうか

人間というのは可能性がある
どの方向を選んでも生存していけるような作り方がされている
例えば水の中で生きなくてはならなくなった場合、過去の記憶にある肺呼吸にシフトを変えることも可能です。
そういう変化を願ったのならば…
生きているもの達の意識を形にしやすい
そして脆い形になっています
病気もしやすい、傷つきやすい、なので治療というものが進化しやすい。

学ぶんじゃない、創り上げていく!
自分達が自分達をどう創り上げたいのかと思いをはせると、
神が自分の子供を創り上げるとき、どんな思いで作ったのか?を感じざるを得ないであろう。

 

⭐︎

「苦」という文字は
真ん中に「古い」がある
上には草かんむり
つまり、古いものから芽吹く時、「苦」となる
それを「苦」と捉えるか、新しいものに変わる時の変化と捉えるかで全く変わっていく

コメントは停止中です。