Heart Window Art展」タグアーカイブ

Heart Window Art 2015  エネルギーアート展

Heart Window Art展を新潟で開催いたします!
皆様のご来場、スタッフ一同お待ちしております。

3か所開催
アオーレ長岡  『協同センターギャラリー』10/1~6    『ホワイエギャラリー』10/7~11
新潟日報メディアシップ  『日報ギャラリー えん』 12/1~14

scan-001scan-003

 

 

 

 

 

 

 

Heart Window Art 2015
エネルギーアート展 -心の宇宙を覗いてみてください-

アオーレ長岡      新潟県長岡市大手通1丁目4番地10

『協働センターギャラリー』    10月1日(木)~6日(火)
入場無料 8時~22時 初日12時open 最終日11時close ワークショップ 交流ホールD 10月1日(木) 13時~14時 参加料金お一人1000円(スケッチブック・クレヨン込)

『ホワイエギャラリー』      10月7日(水)~11日(日)   入場無料 8時~22時 最終日17時close
ワークショップホワイエ会場内9日10日11日 1クラス各1時間 10時~ 13時~ 15時~
参加料金お一人1000円(スケッチブック・クレヨン込)
新潟日報メディアシップ  新潟市中央区万代3-1-1 メディアシップ2階

『日報ギャラリーえん』 12月1日(火)~14日(月)  入場無料
10時~18時 最終日16時close

 

Heart Window Artとは   クレヨンなどで単純な線と色のパターンを無心になり反復して画くことで,その人の内側に溜まっていたエネルギーが開放され、心が軽くなっていくエネルギーアートです。 日常から解き放たれ、自由に手を動かし、体を動かし、画いている世界に浸っているうちにその人の内なる宇宙(世界)が紙の上に現れてきます。Heart Window Artは内側から湧き上がるもので画く世界ですので、子供も老人も、健常も障害も、誰でも皆自分を表わす事が出来ます。画かれた絵は作者や人々に勇気や元気、自信など沢山のプレゼントを与えてくれます。表わした絵によって自分を知る事ができるのです。
わっぽー 踏江みつ子

 

工房活動紹介  新潟市 新潟市万代市民会館 新津地域交流センター 下越病院
長岡市 長岡中央公民館(さいわいプラザ)
関東  東京(東京駅前) 千葉県松戸 千葉県市川

Heart Window Art県内工房活動ご案内
長岡市中央公民館(さいわいプラザ)13時~15時7/2.8/6.9/3.11/5.12/3
(木曜日)
(10/1 13時~アオーレ交流ホールDにてワークショップ)
新潟市新津地域交流センター   16時~20時7/3.8/7.9/4/10/2.11/6.12/4 (金曜日)
新潟市万代市民会館2階  17時30分~19時30分 7/4.9/5.10/3.11/7.12/5 (土曜日)
新潟市下越病院会議室   18時~20時7/6.8/10.9/7.10/5.11/9/12/7 (月曜日)

出展者 コメント

長井知子
絵は描き手そのもの、踏江先生はそこからその人の個性や可能性を見事に読み解かれます。知らなかった自分と出会い、課題に向き合うことで生き方にも変化が及ぶのです、ひょっとしてカウンセリングより効率が良いのかも知れません。描かれた絵には見るものを圧倒する不思議な力強さがあると感じており、それも大きな魅力だと思っています。

若狭浩吉
Heart Window Artでは、絵を描きながら、意外な自分を発見することがあります。その時の感じは、本当に心の底から沸き上がる充足と広がる幸せ、そして生きていることのかけがえのなさを体験するのです。できた絵を観て泣いたり、笑ったりすることもあります。そんな自分を知ってみんなで共有できる素晴らしい世界がHeart Window Artです!

高橋真帆
「この絵が浮かぶの?」聞かれた私自身が一番わからず不思議…何と無く画像と色を感じ、絵になっていきます。その絵から今の状況を理解し、もっと深く奥の自分に入る為のアドバイスを与えるのが踏江先生です。隠しておきたい本質までも「あらわ」になるので本能的に拒否する人もいます。私は絵に現れた自分にびっくりしワクワクしながら絵を描いています。

YUKA
私の思考回路は、支離滅裂です。私の絵も支離滅裂です。まとまることがありません。私の魂は、他者だけでなく意識の私にさえ理解されなくていいから、表現したいと言います。私が私の人生でしたいことです。この文章を書いていて、涙が止まりません。私は、生きるために絵を描いています。

主催 わっぽー   共催 株式会社ファルマフェニックス  わかさ鍼灸整骨院
協力 医療法人社団 ささえ愛よろず
連絡先 わっぽー代表 踏江みつ子 Tel 080-1301-4228
わっぽーHP mitsuko-fumie.com

搬出した足で搬入 よろクリアート展

24日 砂丘館 『蔵』が終了しました。

最終日24日は午前中に50名様のご入場があり、ワークショップも満席になり、ご希望の皆様にご迷惑をおかけいたしました。
5歳から60代の年齢も性別も職業も様々でした。
二階の会場はこんな感じでした。IMG_1030ここに座卓を置きお座布団に座って絵を画きます。

この絵たちが一堂に会する事も、ここで、絵を画けることももうないだろうと想い、メンバーも時間がある限りエネルギーに浸り絵を画いていました。

 

__

 

 

 

 

5時から搬出

蔵の場にありがとうと感謝し、次の搬入に向かいます。

 

よろクリデイケアスペースに展示

PB240011

PB240013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PB240016

 

 

 

 

PB240017楽しい空間になりました。

夢が実現する11月Heart Window Art展

新潟で11月Heart Window Art展が開けることになりました。

 

3日前、新潟市のホテルでふっと湧いた言葉、「同時開催」が頭の中で連呼しました。

自分の時間が空いていた昨日、メンバーと一緒に新潟日報社に行き、アポも取らずギャラリーで展示会をしたいと私の絵を持参して審査に挑みました!!

コンセプトをきちんと著わした企画書も用意せず、二人で行き当たりばったりで、Heart Window Artを説明していましたから。

でも、優しさが前面に出ている担当者は、「分かりました。空いている日は11月18日から12月1日です」と

決まっている市の展示会は11月20日~24日なのです。11月18日~12月1日これ以上ないスケジュールです。

奇跡でしかありません。神様ありがとうございますと、担当者の前でいっていたかもしれないです。

何故同時開催か。

それは、質が全く違うからです。
市の施設ではHeart Window Artに関わって絵を描き続けている方々(病院に通院中の方、引きこもっている方、チャネリングを人生の支えにしている方)の作品を展示する予定です。内なる宇宙を描いた作品や、心の解放は進み、絵が変わっていく様が分かるような展示の仕方もしたいと想っています。

新聞社では、絵の販売も兼ね展示をします。

これは、引きこもり支援の一つの形でもあります。作品は素晴らしいものです。
私も含め数人が出展いたします。

 

 

今回の流れは、自分のためではなく物事を進めていると、宇宙が用意していることをしたいと想うのでしょう。きっと!

先読みと、やりたい!したい!が同一化した瞬間でした。

 

2014061012220000打ち合わせ前の緊張している様子

 

 

 

2014061013520000奥が喫茶店になっています。

コーヒーもケーキも美味しかった!
2014061013530001

 

 

 

 

 

楽しみいっぱい、幸せいっぱいの人生です。

 

ありがたいです。