踏江みつ子」タグアーカイブ

2月2日から新潟にいきます

2月2日~6日の予定で、長岡・新潟に入ります。

2017年になってから、瞬間が濃くなっているように感じます。
ですから、あまりに多くの出来事が起き、3ヶ月分が1ヶ月に圧縮されたかのように、濃い時間の中に入っており、時間が自分を超えてしまいそうです。
大きな車輪を漕いで次の2月に突入です。

新潟の皆様よろしくお願いいたします。

*   *   *   *   *

<Heart Window Art展覧会ご案内>
2017年1月9日~   新潟下越病院

 

 

 

 

*   *   *   *   *

セミナー・養成講座ご案内
4日 新潟セミナー  13:00~16:00         新津交流センター
5日 縄文式チャネラー養成講座アドバンス新潟 補講  新津交流センター

*   *   *   *   *

1月個人セッション>(お時間は変更できます)
4日(土)  9:00~10:30(90分)  11:00~12:30(90分) 新津交流センター
6日(月) 13:10~14:40(90分)  15:00~16:30(90分) フェニックス調剤薬局2F
*   *   *   *   *


Heart Window At工房活動ご案内

(Heart Window Art作品)

2日(木)       13:00~15:00     さいわいプラザ長岡
3日(金)       17:00~20:00        新津交流センター
6日(月)       16:00~18:00            下越病院会議室
時間は各自2時間(時間内での退出入は可です)
参加費(絵のレッスンのみ)1500円
チャネリングレッスンまたはチャネリングメッセージ込みの上級者コースは3500円
ただし、ご参加3回までは1500円のコースのみです。

Heart Window Art工房活動
自分の奥の世界の表現は、内観エネルギーアート制作になります。
教わるのではなく、奥の個性を引き出しすサポートを行います。ご参加いただいた皆様はアーティストです。
落書きのように絵を書きながら、隠れた自分の個性を 引き出し、隠れた感覚を引き出す作業をしていきます。その作業によって、知らず知らず に内なる声に触れ、直感力を高められるでしょう。
ご質問等お気軽にご連絡ください。

*   *   *   *   *

皆様のご参加お待ちしております。
ご連絡は下記からお願い申し上げます。
080-1301-4228  踏江みつ子

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

自分に来たメッセージ「事を始めるのに必要な立ち方」

私に宛ててのメッセージなのですが、何かを始めようと思っている方には必要なエネルギーだと思いますので、アップしました。

 

コンタクト

行け行け  後さき考えず

起こすならば

形は変化していく

スタートだ!

すっきりと立てばよい

背は立て

中心に真を通す

中心の中心

覚悟を持って

それ自体は大きなものになる

雲のようにふわり

中心の中心が 空洞となって

俎板の鯉となれば良い

神の前での料理人 そして 神の前での俎板の鯉  両方になる

人からのプレゼントも多くなってくる

受け取って負担に思うような狭さを変える

プレゼントは循環

神のプレゼントと 人のプレゼント

合わせ  

事を動かす力にすれば良い

どう使うかだ

粒子の動き

先は後に

上は下に

捉えどころなく

自由に動く元 それが真

腹すえて

覚悟を持って

本来の自由なる命となれば

全てが動きだす

よって

モノの成り立ちが変わる

そこに立つ

 

 

朝ごはん 食べたら ガツンと一言!

朝ごはん

昨日の朝、ホテルでバイキング朝食を頂いた時の事です。
新潟ラングウッドホテルの朝食は地場産の野菜を多く使い、品数も多く、見ているだけで嬉しいのですが、新潟滞在も5日目となり、疲れが溜まっていた私は、つい、たらふく食べてしまいました。
腹八分目にしようと思っていたのに。

満足しましたが、体は怠かったので、ボソッと、疲れた~と独り言言ったならば、間髪入れず、『命を食らって何を言っている‼️

ハッキリと声がして、自分の愚かさに気づけました。
そうだ、命を頂いた!
何度かつぶやいて元気になってきました。
ありがたい。
体の中で人参が光を放ち、梅干しが腸を調整し、コンニャクが、腎臓の手助けしてくれている感じがし、体が軽くなってきました。たくさんの命が私の中で、生きている感じがしたのです。
これ、妄想かもしれませんが、元気になったので、朝の散歩に行って、40分歩き、仕事に向かいました。

あの声は、厳しい不動明王様の声に似ていた、、、怒った男神の声は、低く太くバリトンのようですので、一気に目と心が覚めました!
甘えていました!

今朝は、感謝して、ほどほどに頂き、部屋にもありがとうを伝え、ホテルを後にしました。

長岡に向かう新幹線の中で、人生が変わるシーンになった講座を思い出し、みんなの絵を思い出し、幾つか決まった企画イベントに思いを馳せております。

新潟のみなさま、作物さん、ありがとうございました。

 

共に何かをすることが願いなのだ <コンタクトより>

ねこのとびら」HPより

コンタクト
(最初は少し切れています)
それから何かが舞い降りてきて 誰にも気づかれずに
その舞い降りたものは何かを知っている

舞い降りたことに気がついた者は
それと関わるその力を使い 自分の力をあずけ
共に楽しむことをするだろう

あなたが自由な体になり透明人間になったなら
透明になったことに気づいてくれる者に出会いたいだろう
透明がゆえに 在ることに気づかれず
意識は気づくように何かを仕掛けていく

それでも気づかぬならば 気づくことだけが目的になってしまう
それから 舞い降りるものは 気づいてもらうことが目的ではない
共に何かをすることが願いなのだ
その願いはあなた方も同じはず

聞こえるようになる 感じるようになることが目的ではない
感じ 楽しみ 共に歩む
共に何かを築き上げる
そこに向かって進むなら 何かを仕掛ける

我々の声のかけ方というのは
あなた方が声帯を使う言葉というものを生み出す
言葉の意味を使って伝え合うという方法ではないのです
そういう方法をとってはいません

だけれども あなた方の文化の中に
情報を伝えるために あなた方の言葉というものを使っていくのです
しかし それが苦手な場合もあるんです
そのときには 物を振動させたり 気配で伝えてみたりします
それが仕掛ける言葉に近い状況でしょう

仕掛けるときに あなた方の智慧というものを伝える場合もあります
しかし 特別なことではなく 智慧というものは もうあるものなのです
あるものをそこに表すだけなんですが
あるものを差し出しても見えない場合
それを見える状況にして渡すということをするしかないです
これは あなたたちが 小さな子どもに何かを教えるときにとる方法でしょう

小さな子どもたちが理解できることに変換して
それをわかるという体験をもたらす 
天から降りる
天という言葉を使うのもちょっと違うんですが
どこから降りるのか
見えないものは仕掛けをする 
仕掛けを楽しんでください
楽しめば その仕掛けを引き寄せることができます
転写終了

 

11月にスタートした縄文式チャネラー養成講座基礎コースのご参加のねこのとびらさんのHPに講座中の様子をアップして頂きました。
コンタクトは、かなり降りてきますし、沢山のワークを行っておりますので、私の記憶に残る事があまりありません。ですので、このように記録して頂けると本当にありがたいです。
あたらめてコンタクトを読み、その世界が感覚と共に思いだされました。本当に気持ちよいエネルギーでした。
私自身は、そのエネルギーに入り、全身でそのエネルギーの智慧を言葉に変換できるように自分を振動させています。
このコンタクトは、静かで微細なエネルギーソースからで、今まで良く受け取っていたソースとは違っていました。
講座参加者の未来人の感覚を持った若者が、きっかけになって繋がったエネルギーだなと感じました。

講座翌日の11月15日
私が同じコンタクトに対しての記事を書いております。
テープを取らなかったので、私が受け取った感覚で書きあわわしておりますが、自分の興奮が強く出ておりました。
ねこのとびらさん本当にありがとうございます。
ちなみに、その日の記事です。お恥ずかしいですが、お時間があればお読みください。

我々は言葉を持たない

 

最期までお読みいただきありがとうございました。

不安の感覚、そこから開かれていく

不安の感覚、そこから開かれていく!
 
大きなうねりに巻き込まれてもがいている感覚がする
それでも、自分を失わないと決めると、うずの中心はどこまでもいける穴が開いている。
それが開かれた世界への入り口。
呑み込まれるうずを意識しないと、どこかに弾き飛ばされても気づけない。
うずは超高速回転しているから。
目を開いて観よう!
何が起きているのか。
自分の心は何をしたがっているのか!
 
体をほぐして分かった事は、今までとは違う緊張の仕方をしていること。
丹田の中心だけでは体のエネルギーは抜けていく。
丹田の下、恥骨のすぐ上とみぞおちの2点を触っていると体が暖かくなる。
この2点を上空15センチあたりで捉え、動かしてみる。
エネルギーの動き方が変わってきた。
体のエネルギーを高め、心の力を高め、今の状況に対して切り開いていく智慧を受け取り希望を置くことが出来れば、未来が開かれていく。
 
幸せが奥から溢れる。
どんな状況でも人としての幸せを掴み続けている瞬間のみ!

お散歩

お盆ん真っただ中14日

image image image image image image imageセッションを終え、お墓参りに行きたいなぁと故郷を想いながらお散歩に出ました。

歩きながら体の調整します。

今日は股関節が硬いのでそこ意識して!

20分も歩けば痛みも取れてきました。

不都合がなくなれば、頭の中で色々な想いが浮かんできます。

木とお話しします。戦争や、先祖、中国の爆発、死ぬ瞬間の眩い輝き、…

支離滅裂でとりとめなく色々な想いに乗って遠くまで旅をします。

心も頭もかる~くなるまで自由の世界を自由に楽しんでいました。

みんなありがとう^_^

 

戦争と平和展の搬入しました。

今日、新潟最終日、長岡での「戦争と平和展」の搬入しました。

第10回 戦争と平和展
8.11(火)~8月20日(木)
長岡市美術センター(長岡中央図書館2F)
お近くの方はぜひご来場して作品をみてください。そして、ご自分にとっての戦争と平和を思ってください。とても身近な事です。

戦争についての考え方も、平和についての考え方も人それぞれです。
今回ここに出展させていただき感謝しております。

わっぽーの出展作品のみアップします。(他の作品の掲載許可を頂いておりませんので)

戦争と平和展作品1

 

 

 

 

image

 

 

 

 

image

 

 

 

 

image

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

<展示掲載プロフィール・戦争と平和について>

踏江 みつ子
作品テーマ いのち

<プロフィール>
島根県奥出雲町で生まれる
大和花道会(いけばな流派)創立者下田天映氏に師事し内弟子となり、
15年間現代いけばな作家として活動する。
<現在の活動>
スピリチュアルカウンセラーとしてアートセラピーを独自に研究し、
Heart Window Artを確立し、自己解放の為のセラピーアートと
自己探求の為のエネルギーアートを探求している
<作品出展>
2014年11月 砂丘館『蔵』 ・『日報ギャラリーえん』にてHeart Window Art展を主催し、出展する。

=戦争と平和展 いのちを考える=
命を奪う事によって、恐怖・絶望・怒りを植え付ける。その連鎖が戦争。
命あるモノは他の命をもらって生きているけれど、そこには「畏怖の心」がある。
生きるのに必要なものだけを頂き、命を生かす。
戦争は「畏怖」が無くなり、絶望と恐怖しか植えつけないから、底なし沼のようになる。
それを抜けるには、智慧しかない。
相手を認め、違いを知って、同一化せねこと。
他は他 我は我
個を認めあい、尊重し合う。
それには一人一人の智慧が必要。
一人一人の真の智慧をそこに使いたい。

薄く広がる絶望感 それでも人は立ち上がる

8月強烈に暑いです。暑く暑く色々なものが溶けそうです。
8月、今まで以上に人生が大きく変化していくように想えます。それは、自分自身が表面に表れてくるからです。
気が付かず、自分の我が出てきます。
その我は、奥の個性として眠っていたものだったりします。
それに気づかなければ、知らず知らずに自分のパターンを以前より強烈に表わしているでしょう。
昨日、私の中にあるのもが浮上しました。
仕事で緊張感を持ち神に祈り、事の推移を見守る事柄が起きました。
うまくいったと思ったら、どんでん返しが起き、でもこの最悪な状況はもっと大きな奇跡が起きるかもしれないと神の意図を感じていましたが、当事者がその緊張感に耐える事が出来ず、目先の考えで動き、振出しに戻ったのです。
急展開に唖然とし、絶望したあと、虚無に入っていきました。
全ての仕事に対して、心が重くなり、丁寧に寄り添っても徒労に終わるような薄い絶望感が全体を覆っていました。

その自分に違和感を感じ、TOMさんと話をします。
『その瞬間だけ!!
これが続くとかではなくその瞬間だけ。』
その言葉で、ふっと気持ちが変わってきました。自分がいる場所が変わってきました。
しばらくすると、先ほどの虚無も薄い絶望感も全くなく、起きた出来事さえ遠くに遠のいた感じです。
静かで、暖かく、明日どんな事が起きようとも粛々と丁寧に関わるだけの自分になっていました。
人は変わる事が出来ます。
そのヒントを、人の言葉や、神の言葉や、transcendensse(超越)から受け取る事が出来れば、人生を最期まで楽しめるののだと思います。
今朝母と電話で話しました。
桃を送ったと。
声が弱く、具合が悪そうだったのですが、話をしているうちに元気になっていきました。
87歳認知症が進んでいます。自分でもおばあちゃんはもうだめだ。と、言葉にしています。
分からない事が増えている、出来ない事も増えていると話します。死にたいと思ってもお迎えがなかなか来ない。でも朝5時半に起きて、少しでもおかずを創り、90歳を超えた父と調子の悪い兄の食事の用意をします。多分台所はかなりの状態でしょう。
食べさせてやりたい。それが母の願い。ずっと食に携わってきた母は、野菜も全て自分で作り、土地があればそれを生かすのが神様へのお礼と言って、土を愛した人でした。今は腰を痛めたので、家から余り得る事が出来ません。
草でおおわれていく畑や庭を見て、ため息をつきながら、若いものは・・・・まあ、出来る事だけだな~と言います。自分の部屋を小屋と初めて言葉にしました。改装する前の25年前の風景を言っているのです。認知症は進んでいます。それでも家族の為にご飯を作っています。
人の限界と、人の生き様を見せて頂いています。時間を創り、自分の体力を調整し、逢いに帰ろう。
奥出雲に帰ろうと今日思いました。  明日から新潟・・・調整せねば!

CAJ9DK9K2014052407230000

 

 

 

 

 

 

2014052508430000

金澤翔子さん書 『飛龍』の前で画くエネルギーアート

今日はHeart Window Art市川工房
金澤翔子さんの書 『飛龍』が今日のお昼ニューヨークから四国を回る旅から帰って来たばかりで、しまわれる前に飾って頂けたので、そのエネルギーを受けて絵を画くことが出来ました。
夢のようです!

メッセージは、「場を整えなさい!」
すぐに、周りをかたづけ、緊張して始めると、シュッシュッとエネルギーは飛び出し、金粉が舞い始めました。
パステルの粉も舞うので、畳を拭きながらの工房活動となりました。

IMG_0529IMG_0534

 

 

Heart Window Art終了後、『飛龍』は旅の疲れを取るように箱にしまわれ眠りにつきました。
感謝!!
興奮冷めやらぬ今宵となりました。

マタニティーチャネラー養成講座個人セッション

妊娠6か月から臨月前までチャネラー養成講座を受けられた方が、無事出産したとご報告くださったので、早速ベイビィに逢いに馳せ参じました。

 

 

 

母子ともに元気で安心しました。
この子を見て不思議な感覚がしています。自分がお母さんになったのか実感がないと話していました。
私もそうでした。
授かりものなので素直にそう思えます。
大変な事はいっぱい起きますが、大いなる存在が常にそばで観ていてくれると実感していれば、どんな事も乗り越えていけるでしょう。
ベイビィと一緒にチャネリングしたり、彼女が知っている世界を教えてもらったり、これから楽しみが沢山です。
二人でチャネリングレッスン来そうな感じでしたから、とっても楽しみです。
もうちょっと大きくなってからでしょうが、私も楽しみが増えました。
おめでとう!

ありがとう!

 

 

 

 

皇居に行きました  ②

そこに立たなければ見えない景色があるように、感覚が開かなければ聴こえない言葉、感じる事が出来ない世界がある。

思考がゆったりとし、感覚がさえてくる、皇居はそのような場です。

image

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

この大木からのコンタクト

この場所で命の数を数えると、把握しきれないほどの数である。

命は重さではなく、うごめく力
上がるところは上り、下がるところは下がる
立ち上っていく力がある。

高まっているところに立てばうごめく力を最大限にすることが出来る。
自分の個性を引き立たせることが出来る。

聞け聞け 今 聞け
智慧を 地球と共に生きる我々の智慧を
そこには 人間の時間を超え 智慧を知る事を求め続けて在り続ける在り方を表わされている
聞け聞け命を超えるには この在り方を投影するが良い

 *

木にはなれない
木は木としているわけではない

その宇宙観を知るが良い

長く長く生きると言う事を知るが良い

人が求めている長く生きると言う事は
大地を汚し 利己に走り 他を見下し 己の虚栄心を開かせているだけ
本当の長く生きる生き方に立っていない
長く生きるとは沢山の命を頂き
沢山の命を生み出している
小さな花々に喝采をし
雨に感謝し
天空に想いを飛ばし
この地から宇宙を感じ
宇宙の成り立ちを自分の中に見出し
地球と言う大きな智慧の一部を知る事を長く持ってあり続ける
これが長く生きる者の在り方
そこに至らぬものは 至らぬで
自分の花を開かせて朽ちるだろう
長くあり続けるものは その覚悟と たゆまぬ勤勉さを持っていくだろう

 

生きる覚悟を教えてくれた
謙虚さを持って むやみに生きるのではない覚悟の生き方を教えてくれた
二人で 智慧に感動し 感謝し  その後も語り合う

この日の〆
お蕎麦屋さんの前のお店ののれん  赤と白と黒 日本の在り方の色
image

魔がさして そして 気づく!

いつも前向きで、どん欲に学ぶ方が、どよ~~んとしており、反応が悪く、チャンリングしてもちょっと後ろ向きなメッセージを受け取っており、違和感を感じたので、その違和感を伝えても伝わらない状態が続きました。

7月は心に湧いたわずかな想いが形になりやすく、本人が気づかぬうちに自分が願ってもいない方向に進んでしまうと聞いておりました。
それがまさに起きていたのです。
ご親族の自死を想いだし、忙しい日々で疲れ、もうどうでもいいと思い、今日来る途中電車の人身事故の影響を受け不安定になった結果でした。

どうすれば心を切り替えられるか私自身チャネリングします。

このままこの方を帰す訳にはいかない、とても危険な状態と理解し、これを脱するにはチャネリングしかないと必死になりました。

私がメッセージを伝えても遠くに行っている魂に届きません。
ご本人が神と繋がっていただき、その神が内側から強く本人に響かせてもらうしかないと対話を始めました。
「神ご自身も強く本人に伝えてください!」

本人の自由意思
「人が魔の間につかまっている時はどうしようもありません、内側から本人が気づけるよう強くアプローチしてください。人も必死に生きています。でも、辛すぎると逃げたくなります。どうか神も本気で気づきを与えてください。人がいなくなれば、神も人に智慧を与える事が出来なくなります。今、本人に届けてください。生きる事を!神の愛の力!」

感謝する「感謝する」「感謝する

この言葉を出し始めてご本人の頬に涙がこぼれてきました。
エネルギーが変わってきました。
届きました。
目を開きやっと瞳がしっかりしてきました。

ご本人も
「やっとここにいると実感できます。そういえば、死と言う事に対して恐怖心が浮上していました。生きる事もどうでもいいと思い始めていました。神の言葉を出していて、最初は人ごとのようでした。遠くで聞いている感じ。段々はっきりしてきました。危なかったです。」

帰る頃には、別人のようになっていました。
人生の方向を大きく転換する覚悟をしていらっしゃいました。

「もう迷いはありません、どんな方法をとろうかと考え始めました。挑戦者になります。怖いけれども、学び進みます。実践します!!」

本当に良かったと実感しています。
この状態は他人ごとではありません。
疲れからこのような状態になる方もいらっしゃいます。
人の言葉を受けショックからこの状態になる方もいらっしゃいます。
逆に、わずかな希望が自分を大きく進化させてくれることも起きています。
自分の想いがすぐに自分に帰ってきます。それも思いもかけないほど大きくなって戻ってきます。

世界中の人にあなたはどうする?と問を突き付けているように感じます。

あなたはどうしたい!?
私はどうしたい!?

自分の想いに責任を持つ時代です!

そして、迷ったときにはチャネリングするしかないです。
自分自身の真我が自分を助けだしてくれるまでチャネリングしましょう!

新潟セミナー11月26日に決定!!

9月予定していました新潟セミナーを11月に変更いたしました。

11月26日(土)に決定しました。

今年最後のセミナーです。

11月はどんな状態かは想像もできませんが、その時にはその時のエネルギーでお会いできる事と想います!

一昨年の12月からわっぽー新潟セミナーが始まりました。

ご縁を繋げていただいたのは、T.NAGAIさんるんるんexclamation ×2

心より感謝しております。ありがとうございますハート達(複数ハート)

個性的な方々との出会いは、チャネリングの可能性を引き出してくれました。

天候や地震などの天災が多い地は、地場が高く、そこに住んでいらっしゃる方々は、内なるエネルギーも高まっているはず!そう想って、この地に立てる喜びを噛みしめてスタートしました。
過去世を読むにしても、初めての皆様もすぐにその場になれ、どんどん感じ始め、お一人お一人の個性がきらきらガンガン炸裂始めてきました!

一回一回が、その場限りの真剣勝負のように、人生が目の前で展開していきます。そして死を迎え、その時心に残った重い念を開放して、みんなで広がり一つになった感じでした。

この一年は、日本を想っても、世界に目を向けても、目まぐるしく、数年分のいいえ、一生分の体験をされた方もあったでしょう!!

私は、チャネリングはどんなときにも人を助けてくれる一番の方法だと想っています。
自分を知る事、人を知る事、宇宙を知る事、その手助けをしてくれます。
その支えがあると、人生がきらきらと輝き、生きていている事に感動できると想っています。
その支えがあれば、どのような状態になろうと、死を迎えるまで生き切る事が出来ます。

チャネリングという言葉で表現すると、違和感のある方もあるでしょう。

日本人は昔から、大いなる者に畏怖の念を抱き、感謝して生活していました。それが神にゆだね、自然と共に生きると言う事です。この心を、もう少し意識化させ、チャネリングという言葉で、内なる声を語源化させるレッスンです。

感情や思念、思考自体の在り方が変化を始めていくと教わったなら、もっと簡単にできる方法を教わり、実践していくことで、目の前が広がり、世界が変わっていきます。

沢山の個性が集まると、それだけの広い宇宙空間がそこにできていきます。

一人ひとりの個性を輝かせながら、それぞれのチャネリングをしていきます。
チャネリングは全員が出来ます。

自分を知り、自分の宇宙を知りたい皆様、是非ご参加ください。

お待ちしておりますハート達(複数ハート)

詳しい事は後日アップいたします。

また、千葉では月2回のセミナーを開催しておりますので、ご都合が合えばご参加ください。

お待ちしております。

踏江みつ子

未来?の姿を観せられた時

コンタクトは大きなエネルギーと共に突然降りてきます。
この言い方でも変ですが、体験すると「あ~、そういう事」と分かってきます。身体に何かの反応が起きます。
エネルギーは見えませんが、五感で感じる事が出来、感じる事ができなければ、イメージの場合があるのです。感じるセンサーが敏感な方と、感じにくい方とはありますが、ちょっとコツが分かれば、鋭くなっていくものです。全ての人が持っている感覚ですから。

 

7月26日、マヤ歴新年の日におこなった個人セッション中にコンタクトが降りました。

未来は他(地球外?)の者と共に歩みます。
宇宙における地球の役割は、別世界から始まらなくてはいけないのです。
地球人と他の者と共に新たな歩みが始まり、地球は「最初から宇宙の中の地球」という
意識から始まる。
一緒にやらなくてはいけなくなる。
大地は裂け、地底、地上、空中、この3層に人は分かれ、それぞれの進化を遂げていき
ます。
いったんは互いの交信はできないでしょう。
でも、ある時が来て再会をした時、宇宙は地球人を試すのです。
地球人はふたたび戦うのか、互いに助け合うのか、その時、宇宙は地球人に問うのです
同士を抹殺するのか、エゴを撰ぶのか。それとも・・・

言葉にするとこんな感じですが、映像は宇宙に浮かんでいる地球(今の地球とは色が違う)

大地が裂ける時は、強烈な美しさを見せてくれました。

宇宙が問う時、静寂の中に声だけ聞こえていました。

だからと言って、それをどうこうするものではありませんが、そ~か!と受け入れてみれば、問われた事は今も問われている事が分かります。
エゴを選ぶのか。それとも・・・
自分はどうする??