落書きお絵かき」タグアーカイブ

わっぽー  心の扉を開く Heart Window Art

落書きお絵かきは、自己解放・自己発見 そして、自己表現

色々な可能性を秘めている方法は、たくさんの心理学の世界でも、教育現場でも行われていると思います。

私たちの行っているものもそう変わりはないようですが、指導するものがチャネラーであることがこの絵の違いだと思います。

この間デイサービスの利用者の方々に絵の指導をさせていただきました。

参加者の方の一言がこの違いを言い当てているように思います。

「見透かさられるようで怖い」

実際、ご本人が書きたがっている世界をこちらが先に透視しています。
それをアドバイスしていくので、ご本人の気持ちより先に絵が形になってきます。
ただ、これは私の私的な思考も感情も載せない訓練をしておりますので、ご本人の世界を見ているにすぎません。
例えば、円を書き続けていただいているとき、丸が紙いっぱい並んで描かれるのと、次にその円が重なり始める絵と、その円が動き出すのが続いて観えたりします。徐々にアドバイスしながら、私が観えた世界は速い時間に到達します。

2013042015410002

 

ふっと、感じが変わり、次何が書きたいと言葉をかけると図形が観えるのと同時起きたことがありました。図形どう?とお聞きすると、すぐに三角を紙全体に書きはじめられました。考える必要がないのです。やっぱり三角だねと言う確認だけでいいのですから。

 

 

 

同じ渦でも一人ひとり違います。
その個性は、ご本人が持っている宇宙観に通じ、今の考え方を透視することにもなります。

概念や、意識を、言葉を通してを変えていく作業とは違い、感情の抵抗がそうありません。
とはいえ、イライラして肩がこるエネルギーを書き続けることもありますし、怒りをぶつけ、画用紙が真っ黒になることもあります。その時は、怒りが 面に出ています。それらを画用紙にぶつけていくことで、ご自分の中にも周りの人にも、その感情エネルギーが残ることはありません。

気持ちが良かった!と言う感想が多いのは、そういう作業だからだと思います。
集中力をかなり使いますので、終了時はかなり疲れが出ます。
けれども、翌日から心が軽くなったり、集中力がついて勉強する力や仕事を継続する力がつくものと想います。

単純な形を何も考えずに書き続けていると、心の開放も起き、ある時、画用紙に形が観えてきます。それも何も考えずに、手の赴くまま、見えている形のまま書き表していると、それが自分を助けるエネルギーになっていくでしょう。

メンバーの長井知子さんが、ご自分の絵の歩みをまとめてくださっています。ご覧ください。

http://phoenix-nagai.com/?page_id=2699




7月27日(土曜日)  鹿島神宮・香取神宮セミナー
現地10時集合・16時頃解散予定  料金10,000円
◎7月31日千葉本八幡
Heart Window Art教室 15:00~17:00 
7月3日千葉セミナー11:00~14:00   料金5,000円
◎8月1日 長岡
Heart Window Art教室 13:00~15:00 参加料1,500円
場所:若狭鍼灸院 0258-39-8919 長岡市幸町1丁目
月2日 新潟
Heart Window Art教室教室 ①15:00~17:00 ②18:00~20:00
参加料1,500円  今回から新津での
Heart Window Art教室教室は2本行います。ご都合のいい時間帯をお選びください。
新津コニュニティセンター JR新津駅徒歩1分
◎新潟・長岡での個人セッションは
8月3日 9:30~11:30  新津
8月4日 9:30~11:30  長岡
8月5日 14:00~16:00 新津
8月6日 9:30~11:30  12:00~14:00   14:30~16:30  新津
◎8月25日
 Heart Window Art教室 15:00~17:00 参加料1,500円
新京成線 常盤平駅 徒歩2分


新潟滞在以外は千葉で個人セッションが可能です。カレンダーをご覧の上ご連絡頂きますようお願いいたします。

ご予約 080ー1301ー4228(踏江)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文