エネルギーアート」タグアーカイブ

チャネリングで奇跡の人となる!

今日は長岡でのワークショップでした。

アートスペース wa  をお借りして、個人セッションと絵の教室 Heart Window Art を開催しました。

 

 

 

 

 

 

スペース wa  と オーナーの 若狭浩吉さんをご紹介します。

鍼灸師で指導もなさっていた若狭さんとの出会いは、新津で行ったわっぽーのワークショップでした。10数年前になるでしょうか。私の体のメンテナンスをしていただくと同時に、チャネリングをレッスンしていただきました。氣の流れを日頃読んでいらっしゃったので、すぐに興味を示されコツを掴んでいかれました。同時期に絵の方もチャネリング向上のために始めて頂きました。

色々な歩みののち、ご自分の作品展示のためのギャラリーを立ち上げ、同じ空間に瞑想部屋と、治療室を立ち上げたのです。

ご案内

エネルギーの高い絵に囲まれて治療を受ける事は、深い安らぎと、身体の回復を実感できる至福の時間ですし、どんどん進化していく作品を間近でみていくのも楽しみな事です。

今日の彼の制作風景をご紹介します。

先ずはチャネリングからです! 彼は緑内障が進んでおり、視覚障害をお持ちですが、この文章を書き、これから紹介する絵も描いています。今日改めて、「本当に見えないの」と聞きました。それくらい行動は健常者そのものです。ただ自分が描いた絵を見ることはできず、書いた文章は読めないので、私が代読し、ご自分で認識するのです。チャネリングによって、第三の目で物事を見ている「奇跡の人」です!  チャネルングをしてから下絵に入ります。今日はそこまでで終了でした。

コンタクト 若狭浩吉

目に見えないものは いつもそこにある

聞こえないものは いつもそこにある

どこにいても 耳目は断えず 忘れる事がなく

見ることは見えておらず 思い出しているだけだ

聞いても聞かず 考えているだけだ

そこにいても 別なところにいれば 自分はいつもなくなる

ただ、見て、ただ、聞く

そうすると、いつもある事が 気付かされる

気づけば 今までないものが 見えて 聞こえてくる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

3月4月のデイケア波動絵

3月4月のクリニック波動絵

コロナの不安の中、参加なさったメンバーにより、不安も吹き飛ぶ集中力で力強い絵が描けました。

無意識に互いに影響し合います。また、意識的に誰かの力をもらい、今の自分を超えるきっかけを作る事もあります。言葉を交わさずとも共同している信頼関係が生まれ、その力が今抱えている何かを超えた自信になるのだと思います。

「知らなかった自分を知った気がする。意外といい絵が描けている!自分は自分で良いんだと思った。」

「人の目が怖かったから、自分に無理していた。まあいいか!と思えるようになった。」

参加者の言葉です。

何かを思いっきり出来ることが、とっても素敵に今を生きていることなのだと思います。

もう少しです。

みんなで乗り切りましょう!

3月のHeart. Art. Window エネルギーアート作品

家族を亡くし、新しい家族を迎える体験をした、心の作品です。

そして、同じ手法なのにそれぞれの個性が現れた作品  下越病院教室の作品群です。絵を描いている瞬間は、内観と同じなのです。絵を描き終わった時、確実に内なる変化が起きているのです。

命  を描いたのは、9歳の少女です。最近おばあちゃんを看取り、そして妹が生まれ、命を実感し、自分にとっての命の意味を真剣に考えて描きました。

「人の命が繋がっていくこと」を描いたそうです。

 

 

みんな光

新潟

光の雪とHeart  Window  Art

Heart Window Art 長岡 作品

 

 

 

 

 

 

今、一月がとても長く感じる。

久しぶりの長岡工房

前日の新津工房作品は写真を撮ることを忘れてしまった。

みんなしまった。みんな深化している。今回も面白い作品が出来た!!