コンタクト 千葉セミナー

コンタクト(5/6千葉セミナー時にコンタクト)
目を閉じ心の中に入る者と
目を閉じている事に気付かず 観ていると勘違いしている者。
この二つの在り方は、全く違う世界となる。
目を閉じ心の中に入るならば
自分の外の環境も 自分と同化し 中に入りながら外にも広がって行く。
目を閉じ、観えない状況環境になっているにも拘わらず
自分は、観えていると思うならば、
自分が、思い描いた世界を 現実として見ている訳で
大きな勘違いが、生まれてしまう。
目を閉じ 中に入るという在り方は、そう出来る事ではない。
その状態を 求め、瞑想を 修練している者達も多くいる。
目を閉じ、自分の内側に入ると、雑念という層が、自分を 取り囲む。その奥になかなか行けない。
そこで、目を 閉じる事を 止めたなら
現実を見て、現実の中にもっと入るという事に価値が、あると気付くであろう。
それが、生きていると言う事です。
目を閉じず、現実を深く見ると言う事をし
大いに体験を する、と言う事が、望ましいのです。
コンタクト(5/6千葉セミナー時にコンタクト)

勝手に何でもかんでも変わっていいものでは、ない。
今までの格式を 続ける事も大事。
人生の荒波を 越えてきた事は、子に現れてくる
歳を取っても 物を掴んで物を得たいものだ。
時を 奏でる者は、時を奏でる力がある。
運がある
時を奏でる者は、何かを使う為に苦労して
必死に物を掴んで引き寄せる様な事を しなくて良い。
生き方、生きる場所も違う者たちが、同じ方向を 見ることは、出来ない。
バラバラに散り散りになって行く。
それぞれが、好き勝手に・・
好き勝手と言うより 自分が、好きな場所で生きるしかない。それが、現実。
ただ、存在していい。
全く感謝の仕方が、違う

コンタクト(5/6千葉セミナー時にコンタクト)
マァ 言っても言わなくてもいい事だけど、
チョット 人生にスパイスを 振り掛けるのは出来るの。
神がするスパイスと、人がするスパイスは違うの
人のスパイスは、染みになり、神のスパイスは、味わいになる。
神にしてもらうには?
それは、神が、加担したくなる様な状況があった時
神が、加担したくなる動きを、人がしたとき。
自分が何かを思う時。
同時に神の存在を 意識的に思うと、きっと何かしてくれると思う。

神のスパイス・・・否定しない
想いを 寄せる。
批判しない
出来ない事は、きちんと断る事も大事

コメントは停止中です。