妄想の中に不安が起きた、それに対するコンタクト

2017.11.26

明日のことを考えず、今の在り方に集中すべし。

今の自分の在り方は、今の場にも、今周りにいる人々にも、未来の自分にも、過去の自分にも同時に繋がっている。その現実を知るならば分かる事である。
今が希薄ならば、全てが希薄になる。
今までと同じ己の在り方を、今ここで現せ。
セレが自分を生きる事であろう・・・いつでもそう在るのみだ

ふ~~ 問題は起きませんか?

問題とは?
変化は起きる。
変化・深化はトラブルではない。
変化・深化は、今を壊し、次の形になるという事。
壊す準備ができているものに現れる。だから、起きたならば、その現象を信じ、大いなる流れに従っていけば、不都合も、トラブルもほんの瞬間の現れでしかない。
すぐに消えるだろう。そして、次が始まっている。

 

<日本統合医療学会合同大会で 日本ホリスティック医学協会 天外伺郎先生の公演を聞いた後沸いた妄想に対するコンタクト>
1日半に及ぶ濃い沢山の講義を拝聴し、刺激を受け、脳がパンクしそうなとき、天外伺郎先生の講義に何年振りかで触れられて、その後起きた現象でした。
天外先生が何かを起こしたのではないかと思いました。勘繰りですが。
自分に起きた事は事実でしたので、とても面白い体験になりました。
そして、帰り、会場から乗ったタクシーが、見た事のない様相を呈していました。ドアと床がガムテープでとめてあり、走っている時、キュルンキュルンとなりながら、車体が左右に振れるのです。これは現実なのだろうか??と不安になりましたが、すぐに、あのコンタクトに相応しいなと、この奇怪な現象も楽しめました。事故もエンストも、車体崩壊も無く、目的地にたどり着けたのですが、もし何かが起きたとしても、ひとつの変化・深化のきっかけにしかならないのですから、すべて楽しい出来事でした。

久しぶりに最近のご報告が出来ました。
お読みいただきありがとうございます。

コメントは停止中です。