戦争と平和展

第11回戦争と平和展ーアーテストの視点ー

2016.8.27(土)-9.2(金)10:00-18:00月曜休館初日13:00会場 最終日15:00終了

会場長岡美術センター(長岡中央図書館二階)
企画 ギャラリー 沙蔵

昨年も出展しましたが、今年も出展します。
戦争と平和を想い作品を出展しました。
ーアーテストの視点ー でのレポート添えて。
2016年
戦争と平和展-アーティストの視点-

2極を持つ地球の人は、南極北極、善悪、成功失敗、光と影、勝ち負けを常においてしまう。
そう、平和と戦争は人が持ってしまったものだろう。
もし、平和も戦争もその言葉が存在しない文明を選んだのならば、どんなコミュニティになるだろう。
人は成長や変化がない世界には生きていけない。
互いを認め変化し続ける事を求めていく文明だったら、多種多様な人や事がらが混在する。
混在しながら、ある瞬間全てが融合する、例えばオリンピックのように4年に一度持てる力を融合させ、それを全体の基盤とし、そこからまた新たなスタートを する。競い合うのではなく、大きな融合を目指し持てる力をさらけ出し共有する。敵も味方もなく、それぞれがただそこに在り、一つとなる。

『他は一 一は他』
そんな想い(願い)をはせながら、ここに出展します。

image

 

 

コメントは停止中です。