肝を緩ませて  腑をしっかりさせ

人が怖くて、緊迫した状況でご相談を受けた。緊急で専門士を探さなくてはいけなくなった。

こんな時には神頼み
コンタクトをもらうと
「大丈夫だぞ、女の専門士がいるから・・・」

と言葉が聞こえたので、どこかで繋がるはずと、二人浮かんだ知り合いに、連絡したならば、お一人がこれから女性の専門士と会う予定と言ってくれた。
神は全て見ていてくれる。
もう大丈夫!!と安心し、その方と繋げてくださいとメールした。

しかし、繋げてくれない。
すぐに繋がるであるはずなのに、なかなか繋げてくれない!?
なぜ??

 

何度もメールのやり取りし、こんなに困っている人を助けてくれないのですか?
ならば、結構です。
そんな、専門士は本物ではない!
と怒りが出た。

コンタクトとぴったりなのに・・・

繋げる役割の方が、ご自分が納得出来るまで説明を求め、時間をストップしていた。
通常ならばそれでいいのだろうが、私もギリギリの時間を空け新幹線で移動中途中下車しセッションし、クライアントも新幹線を使い緊急でセッションを受けに来ていた。そう時間がなかった。

その日夜、電話で怒りエネルギーと共に緊急だからと詳しい内容を伝えて初めて繋げてくれた。

後日分かった事だが、最初のメールにクライアントの電話番号、お名前、と最小の内容を伝えていたが、緊急と言う言葉に不信感を持ちすべてが止まったらしい。
繋げる方はメールを最後まで読まなかったらしい。

脱力した。
あの緊張感が体に戻り、疲れが一気に出た。
これは、今後も起きると絶望に似た感覚になった。
その時エネルギーが降りる。
コンタクトを受け取る気力がなかったが、同席したTOMさんが取らなくてはいけないという態度でそのエネルギーを渡してきた。
やるしかないと、気持ちを引き締め受け取る。

 

肝を緩ませて
腑をしっかりさせ
何があってもやりつくすと決めているのならば
どんな事も神計らいが起き
どんな事も結果はでる
結果を信じるのではなく
生きるという事を常にするならば
己のすべては報われる
報われなくても報われる
報われようとするならば報われない
自分の概念・感情・思考 これに引っ張られると生き辛い世の中になるだろう
もっと奥のものを引き出して
人生を楽しめばよい
人生を楽しむことをしていると信じればよい
全てはあなたの計画であり
全ては宇宙の中で行われている事
全ては観られている事
堂々と! 堂々と! 
その瞬間瞬間できる事をすれば良い

神は厳しい。
そして愛に満ちている。
胸が熱くなって、覚悟ができた!

 

繋げる方も移動しながら、専門士の方に信頼されるようつなげようとしていた。
そう、どちらもギリギリ
ドラマチックな展開だった。そう思えた。

この後、展開は続く、
繋げる方のこだわりはどこから来るのか
それは、自分を守るための要所を置き、人から非難されない完璧な行動をする癖が、今回の現象を起こしたと分かった。
そこへのアプローチは始まったばかり。
体力・気力を持って、人と関わらなければ、自分が崩れる。
肝を緩め
腑をしっかりさせ
何があってもやりつくす
この言葉が私を支えるくれる。

 

コメントは停止中です。