新たなチャネリング方法を伝授される

8月3日セミナー中に降りたコンタクトです。

熟してから発信すると、これほどの時差が起きました。

自分に起きた事柄によって、より理解したかったのです。

そう、手術を経験した後の自分がどう理解するのか待っていた感じです。

コンタクト

富士山
上を観上げ 憧れる時代は終わった

上を観ながら 最頂点(中心軸の突端)を上げる

すると自ずと 中心点も上がる

グランディングをしっかりし

言いかえれば 足元をしっかりと置き 気持は地球に根ざし

上を観ながら 最頂点を上げる

今まで観上げていたものは 真正面に在る

崇める時代は終わった

チャネリングソースは当然高周波なので、3次元の地球人である自分に届けて貰うには、自分自身の心を軽やかにし、拘りや囚われる事がない自由な心で、心を穏やかにし上を観上げてそのソースに近い領域に行っていました。

このコンタクトは、人は多くを手放していくのであろうことを前提に、次のチャネリングを伝えてくれたのだと想います。
そう、拘りを持っている場合では無い、何かに囚われていたなら、囚われる事ばかりで、絡まり、身動きが出来なくなってしまう、そんな場合でもないと気づき、手放し自由な心を手に入れた時のヒントです。

心に重さがあると、中心軸は歪み真っ直ぐ上がったと想っても、ずれたコンタクトを取る事が起きます。

己を観る 
内なる世界を観る

これは必須です

それが出来た時、自分に宇宙ソースが何かを伝えようとアプローチしてくれた瞬間、上を観、自分のプラン―ナ管を上に最大限に伸ばし、地球にも、伸ばし、限界まで意識を広げた時、エネルギーソースの存在を目の前に感じるのです。
すると、チャネリング内容は分かりやすく、細部まで理解できるのです。
上の神の中に入のではなく、前の神にスーッと入る事が出来ました。

神と対等などという事ではありません。

言葉が見つかりませんが、この現象には、自由な心と、感謝の心と、畏怖の念があって初めて起きる事だと想っています。

このチャネリングにより、もっと具体的な図形、方法、新たなエネルギーを知る事が以前より可能になったと想っています。

時間がないというのが、実感です。

この方法、各セミナー、個人セッションでお伝えしていきます。

内観は常におこなってください。

自分を知る事が生きる事です。

チャネリングは、もっと奥のご自分を知る為の方法です。

知らない自分をもっと知って、今世のご自分を生き切りましょう!!

コメントは停止中です。