奥出雲への帰郷  その①

22日から今日まで、半年ぶりの帰郷でした。

母の米寿。父は再来年満90歳。

聞いていない話を聞きたい、自分に出来る事を今したいと想い、帰郷しました。

 

 

2014052217310000 2014052217300000

米子鬼太郎空港から松江に向かう空港バスからの風景

中海に注ぐ光
出雲の国の光です。

柔らかいのに沁み込んでくる光

 

 

 

今日の帰りの風景を見てください。

2014052613570000

 

スサノオノミコト

八雲立つ 出雲八重垣
妻籠みに 八重垣作る
その八重垣を

 

この歌のように、出雲は八雲たつ様が常の事で、コロコロと天候が変わります。
そして、気が満ちていました。

 

 

コメントは停止中です。