4歳児のコンタクト」タグアーカイブ

4歳の女の子のコンタクト ひま語録 6/26

ひま語録だけどー

テーマ:ブログ

遠い国からきた男の子のお母さんはみんなの近くにいる
男の子は狼に食べられた
狼とは?
スゴくスゴく大きくて怖いの
狼と恐竜は仲間
でも恐竜の方が強いの
絵の書ける男の子の為に
色鉛筆で見たことある女の子を書いていたのに消えてしまった
男の子は近くにいる
女の子の目だけは残ったの
ピンクと黒を混ぜた目だったから消えないの
虹色の目なの
ピンクは光で上
黒は影で下
みんな集まったの
遠い国から来た女の子はお家にいたのに食べられたの
食べた恐竜はお家ごと食べて
苦しいと言ってお家をゲロと一緒に出したの
女の子は中にいて
赤いボタンを押したら
恐竜と狼が沢山出てしまった
狼と恐竜は4つ居る
みんな閉じ込められたの
メリーちゃん、さくらちゃん、パピちゃん、ロクちゃん、マスクちゃん
みんな吸い込まれた
女の子は電気みたいに光ってる
そこにお化けがいるから
閉じ込められたの
この話のあと
「この神様、ひまの事神様って言ってるよ」とつぶやく
すぐにお礼を言って切る…
踏江さんに伝える
ひまちゃんが神様と言うコンタクトは危険です。
みんな神様と繋がっている
ひまちゃんが特別と言う神様とお話ししないで、
しばらく、コンタクトしないで、遊んでくれる子どもの神様来てくれるようお願いしてみましょう
 
その夜
発熱と嘔吐…
 
早くに症状が起きると言う事は、体も魂も良い感じです。

今回の知恵熱でまた成長します

 
色んな事起きます
 

4歳女の子のコンタクト 『ひま語録 6/22』

ネジくれたコンタクトです。
感じやすい方は読まないでください。体が変な感じになります。
お読みになる場合は、最後までお読みください。
途中でやめると、やはりネジくれます。

 

*    *    *    *    *    *    *    *

遠い国からきた男の子のお母さんはみんなの近くにいる


男の子は狼に食べられた

狼とは?
スゴくスゴく大きくて怖いの
狼と恐竜は仲間
でも恐竜の方が強いの


絵の書ける男の子の為に

色鉛筆で見たことある女の子を書いていたのに消えてしまった
男の子は近くにいる


女の子の目だけは残ったの

ピンクと黒を混ぜた目だったから消えないの
虹色の目なの
ピンクは光で上
黒は影で下
みんな集まったの


遠い国から来た女の子はお家にいたのに食べられたの

食べた恐竜はお家ごと食べて
苦しいと言ってお家をゲロと一緒に出したの
女の子は中にいて
赤いボタンを押したら
恐竜と狼が沢山出てしまった
狼と恐竜は4つ居る


みんな閉じ込められたの

メリーちゃん、さくらちゃん、パピちゃん、ロクちゃん、マスクちゃん
みんな吸い込まれた


女の子は電気みたいに光ってる

そこにお化けがいるから
閉じ込められたの

途中ふざけて

喋り出したので
それ神様の言葉じゃないですね


はい

ネジくれて喋りました
笑いました
ネジくれる自分わかってます

*    *    *    *    *    *    *    *

 

バーバがちゃんとサポートしてくれるので、変なところと繋がり続ける事も無く、普段は可愛い4歳児らしく、保育園に通い、お友達と楽しく遊んでいます。
バーバにだけ話している、ヒミツのお話をここにアップしています。
と想っていますが、実はこれも知っているかもしれません。

いいよ!と言ってくれている気がします。
バーバは日常的にいつ心を読まれても良いように、何の隠し事も無く、自分に嘘をつかず、時には厳しくひまちゃんを包んでいます。嘘のない付き合いは大人も子供も心地よいものです。

ひま語録の世界は、私たちが受け取るコンタクトとはエネルギーが違います。
言葉を超えた不思議な世界にいるような感覚になります。はい、本当に!

4歳女の子のコンタクト  『ひま語録 6/8』

4歳女の子のコンタクト  『ひま語録 6/8』
バーバの腕の中で始まりました。
バーバが記録してくれたコンタクトでした。
二人の深い信頼関係があったからのコンタクトです。
言葉に囚われずにお読みください。
子供たちが知っている本当の世界の一部です。

*   *   *   *   *   *   *   *   *  

6月8日寝る前のコンタクト

知っている事は信じる
知らない事は信じない
知らない人の言った言葉は自分の心で信じない
知らない人の言った言葉は地獄の人の鏡の所に飛んで行けとする
赤鬼(オート)青鬼(ミーク)緑鬼(パーピ)がいる
英語でスパイ、スパイ、スパイというそれは嬉しい言葉でないことになっていくの
そして知らない言葉を言った人に返っていくの
地獄の見物する事
鏡を作るのは子供なの
鬼は強い扇風機があってその言葉が帰っていく
嬉しい言葉は虫が電気の中に入るような感じで心の中にみんな入って逃げ込む
嬉しい言葉はキリンのようにクビを伸ばして嬉しい言葉を待っている人の為に飛ばす
飛ばし方は電気を消すと虫はそこにいなくなるような感じ
電気を消しても強い虫はくるから嬉しい言葉はなくならない
*   *   *   *   *   *   *   *   *  
もう一つの話は
線路は一つに繋がってるんだけど産まれる時、線路が壊れて半分に分けたら、半分無くなった
半分を持っている犯人
それを探すのが人生
犯人は遊ぶものじゃない線路を持ってわざと変な事をする
4歳児の6月8日寝る前のコンタクト
養成講座の内容とリンクしていました
繋がってるんだね
「でっかい神様で疲れたよ…」
4歳のチャネラーは呟きました^^