感情」タグアーカイブ

溶けて、消えていく過程・・・・・

<高岡の、火焔土器に囲まれたビーナスが語ってくれた、吸い込まれたその向こう>

吸い込まれた世界のその向こう

全てがひっくり返る

天と地が

左と右が

向こうと手前とその後ろ

ひっくり返ってそこに在る

<吐き気を伴う感情と、振動し続ける思考のたどり着く先は>

突然現れた感情

とめどなく湧いてくる思考

それらはどこから来て

どこに行くのか?

それは

私の中に突然現れて

育っていく!

感情が育つ時

思考が手助けをする時もあり、邪魔をして感情を溶かしてしまう時もある

思考を楽しもうとしているのに

感情が思考の邪魔をする時もある

面白い

愉快だ

そう想っていたら

感情の気配が消えた

そう想っていたら

思考の渦が静まった

面白い!愉快だ!と思ったのはだれだろう??何処から来たのか??

そう想ったら

思考が動きだした

感情が揺れる

やはり面白い!愉快だ!

ただただ、「面白い!」・「愉快!」だけでいると

弾もうとしていた「愉快!」と「面白い!」は静かにそこに佇み、細やかに振動している。

その振動は、静けさを通り越し、耳の奥に大きな穴が開き、何処までもどこまでも続く道?になった!

静かというより

音をみんなすいこんでしまい

耳から音と一緒に私も吸い込まれた世界に誘われた

チャネラーとしての自分の在り方と、この場を借りの宣言!!

チャネリングは自分次第です。

宇宙は無限で、宇宙と自分は一体と言うのは事実ですが、今の自分を知る事を常にしていないと、その自分が繋がっている宇宙からのメッセージですから!

自分に安心した状態で有れば、チャネリングはできます。

宇宙は拡大しています。

これが自然の状態で、己自身の拡大を止めた時、朽ちていく方向が始まるでしょう。

雑念・エゴ・感情・・・・神はこんなに宇宙と繋がりを断つ要因を創り、それを超えるのはお前次第と言わんばかりに迷わせてくれます。

私自身も体験し、いま、目の前に大いに迷っている人を観ると、何か(このシステムを創られた神)に対し怒りさえ感じます。

なぜ人は掴んだ事を素直に喜び、そしてもっと自分の真なるものを掴もうとしないのかと!

迷いの根源にヒントがありその向こうに行く事を選びさえすれば、方法を宇宙は与えてくれるのに、なぜそこを観ようとしないのか。

何故、その宇宙の愛を受け取らず、自分のエゴで自分を小さくするのか・・・・・

 

そんなに難しい事ではないのです、スイッチを切り替えるだけです!
宇宙真理はとてもシンプルです。

それが分かりにくいのも事実です!私もはっきりとは分からない!

なぜ?

たらーっ(汗)
私は、自分の未熟さをまざまざと見せつけられ、伝える事の難しさを感じ、涙しながら、ある絶望が湧きあがってきます。。。

ここのところ何回か、もういいだろう!

こんなにも人はこのエリアの感情エネルギーをいつまでも掴もうとする!
私はその世界に身を置く事が辛すぎる!!

何故、人は本当の宇宙の愛を知ろうとしないのだろう!
と、こんな思いが身体中をめぐり、死を求めた無気力感に襲われました。

ほとんど入院前の出来事でした。

今も、時々襲われます。

でも、「踏江さんはそれがしたくてここに来たんじゃないの!」と言われ、そうだ!
そんな傲慢な事を望んだのは自分だと想い、まだ、望んだ所まで到達していない事に気づきました目

自分の望み、“今回の文明の最初の意図に到達したい!”(それはシュメールの超古代文明に隠されているという事は分かっていました。)そのヒント がやっとつかみかけており、何人かのチャネラーが育ってくれれば、共にそこをチャネリングしていけばいいのだと知っています。超古代の錬金術から今回の物 質主義文明が始まっており、資本主義社会へと続くのだろうな~と漠然と思っていました。

そこまで考えた時、私は門前の小僧でしかない!と言う事も気づきました。

“門前ではなく、神殿に入りたい!”

そこで、「踏江さんが入るのは、今の文明の神殿では無く、まだ秘密の次の神殿でしょう!!」と言われ、納得しました。

この言葉はまさに神からの言葉、チャネラー富美江さんはいつもそばに居て、指摘してくれます。

ありがたい!!ぴかぴか(新しい)

神殿は幾つもあると想っています。
地下神殿を創っているダマヌールの方法もあります。他にも色々!

私自身、『形を求めぬもの』です。
形を求めぬものは、どんな次の世界があるのでしょうか?

私は何人かの得意な分野を持っている人、それを狂わんばかりに求めている人と出会い、その人々を開き、共にそこに立ち、次の世界の神殿で学んだ事を、伝えていくのだと確信しました。

ですので、今の地球で、満足する方には私は厳しいでしょう。

ある方のメールから
『聖地に行くとやはりチャンネルが変わっていくのです。
踏江の日記より引用「自由な心と、感謝の心と、畏怖の念があって初めて起きる事だと想っています。」
このことが圧倒的な情況で確実に起こります。』

そう、自分を知り、手放し、始めて知る、自由な心!

全てのものに対し感謝しか湧かないほどの愛の心!

全てのものに対し畏怖の念を持ち、愚かな自分を知って到達する自由な心

そこに行きませんか?

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)