ミディアムメッセージ」タグアーカイブ

コンタクト

2018.5.30 踏江みつ子コンタクト

天の形を地に降ろす時

瞬間を超える

場はあっても 時間を超え

膨大なる智慧を

瞬間に圧縮させ 拡散させ

これから瞬間が変わる

一つの動き その真逆の動きを 瞬間に置く

心してかかるが良い

 

6月に入って強く感じる物事の動きの速さ!

先読みをしていて、起きること分かっていても、現実化する速さに恐れを感じる。けれども、言霊の力を借りる為、湧いた恐れとは真逆の言葉を口にする!大丈夫なんとかなる!良い流れに乗っている!と。

瞬間を超え

時間を超え

膨大なる智慧を、圧縮させ拡散させる

とにかく、やってみようか!

 

⭐️

2018.5.30 牛田富美江コンタクト

神は人間の親としてみてる

人間は親となれば

思った通りに子は育たない

しかし しつけで 親の考えは無意識に残る

神も 人間はこうあるべきとして ただ一つ 魂を与え

そこに神の祈りがある

だから 人間は 何かある事に 魂をみつめ

それを成長させようとしている

それは 環境によって 変わるものではなく

どのような場で どのように生きようと

根源の魂は 神が願っているものである

しかし この地球は なぜか 魂がないものが増えている

それは 神としての欲かもしれないが

親として 愛すべき者たちには

自分らしく 魂と共に

喜びを感じられる生き方を 望んでいる

 

神の愛をありがたく思う。

親の想い。

良いも悪いも、いろいろ湧く親の想い。

子を思う時、神が人を見つめる眼差しを描いて、真似をしてみる。

 

クライアントと一緒に、想像してみる。

それだけで心が暖まる💚

コンタクト レッスン ①

K.Wさんから先日ご相談がありました。自分の受け取ったコンタクトの内容(意味)が分からないと。
と言うわけで、私なりの解釈を伝え、分からないと言う緊張を解き放ち、言葉を宇宙空間で自由にする実験をしました。
頭で理解するのではなく、エネルギーソースの中に入っていく作業です。
それを文章にするには私の表現力が足りなすぎるので、コンタクトと解釈を入れました。
解釈は人それぞれの受け取り方で良いと想います。
コンタクトはご本人はもちろんどなたにも通じる内容です。
生きていくヒント満載だなと思っております。

 

K.Wさんコンタクト
19:33 2015/01/06

あなたが生きることを辞めないかぎり

その責任から離れることはできません。

しかし、考えてください。

責任は誰かに対してとるものではありません

自分自身にとればいいのですし

責任は神の愛ですので罰せられることはありません。

あなたが罰を求めるならそれは神に基づくものではありません。

 

解釈例:あなたに死が訪れるまで、あなたは生きる責任(生き切る事)から離れる事はできません。しかし考えてみてください。あなたの生きる責任(生き切る事)を、あなた以外の人に対し取るものではありません。また、人から問われるものでもありません。生きる責任(生き切る事)は、神の愛(与えられたチャンス)ですので、罰せられることはありません。あなたが罰を求める(反省し、自己否定するような事)ならば、それは神が与えたモノではありません。

受けとった感覚
これを読んだ時、広がって行く感じと、そこで自由にして良いよ、と暖かく見守られているのを感じました。自分で在ることをし続けるだけと、その空間は言っているようでした。

 


コンタクト
物事を受け取るときは

順序や秩序など忘れるといいです。

自分自身の法に照らしてきめてゆくのですですから

当然うまく行かないこともあります。

でも神の愛を分かち合っていると思えば

喧騒や侮辱も自然の関わりから生まれます。

ちょっと難しいコンタクトです。
解釈例:物事(起きている出来事)を受け取る時(かかわる時)
順序や秩序など常識にのっとった段取りや常識ある秩序を考えないと良いです。
魂や大いなる真我の法に照らして、決めていくのですから
今の時代の常識から外れ、うまくいかない事もあります。
心の奥から湧き上がってくる法は、人の魂には響くでしょうが、そういう場面だけではありません。
でも、神の愛を分かち合っていると思えば、分かる事は多いでしょう。
自然の関わりには、人間の目から見たならば、喧騒と捉える事も、侮辱と捉える事も、自然に起きております。自然は、それらさえ内包しており、それは神の愛なのです。
ですから、当然うまくいかないこともあります。・・・・・大丈夫!

感想
前出のコンタクトのような広がりではなく、ブロックの塊が構築されていくようなものを感じました。建設的な感覚でした。
人それぞれです。

読んでいただきありがとうございます。
このコンタクトはもう少し続きます。色々な世界観に入っていきます。こうご期待ください!

IMG_0306