わっぽー」タグアーカイブ

体とスピリットは未来を知っている!知らないのは意識ばかり!

ここのところ時間の進みが早くて、意識も体もついていくのがやっとの状態です。

皆さんも心当たりありませんか?

私だけならば、失礼しました。

今日から新潟滞在、昨日荷造りに丸1日かかってしまいました。他の作業もしていたのですが、洋服が決まらないのです。仕事の内容によって服も変えていますが、何度考えても分からなくなるので、とうとう認知症かと心から悲しくなりました。業者さんが取りに来てくれる時間に、ほのって間に合いホッとし、夜、セッション予約も入れ、寝る前にホテルの確認をしようとしてパソコンを見たら、なな何と!!ホテル予約日が違っていたのです。荷物を送ったホテルは2日目3日目は取れたのですが、大きなイベントがあるらしく、18日は他のホテルになりました。

送ってしまった荷物に仕事の道具、資料が入っており、なんとか取りに行かなくていけないし、服は思いっきり無駄になりました。なるほどです。荷造りしにくいはずです。

いく場所が違うし、いらないものがたくさん入った荷物を作っていたのですから。

体とスピリットは知っていたのです。教えてくれれば良いのにと思いましたが、あの時点で分かったらもっと手こずったでしょう。

とにかく今は新幹線の中で、ゆったりと段取りを考えているところです。

結果オーライになるように!

神様さすがです。私の成長促進させていただきました。

不安の解消。意識の転換!緊急対処!

実はホテルだけではなく、クライアントの状態を察知してセッション場所も変更出来ました。

感謝です。

 

チャネリングで知る『今は問いの時代』問い未来を知る!

2018年4月新潟セミナー中に降りたコンタクト  踏江みつ子

 

弾む時代からそこにある

次にある

その間に疑問が間に入ってくる

次にある「なぜ」

次にある「なぜ」

人も状態も時代の流れの中に

経営も含め、聞こえない疑問のキーワードが放たれているから

人も物事も形がはっきりしてくる

なぜと問われてくるから自分を出し、

なぜと問われているから自分のしたい事を強く現す。否定されない為に…

またはそこにあるただそれの為に…

疑問が多くなる時代は人は智慧を宇宙から与えられる時代なのです

人が人として考えてるには限界だから

「なぜ」「なぜ」と問うのです

この時代は短いです

チャンスとして掴むが良い

疑問が多い時代こそ何度も脱皮が出来る時代なのだから…

 

 

 

 

 

 

Q疑問を詳しくお願いします

 

単純な言葉で「なぜ」と問えば良いのです
そうすれば貴方の心の奥になぜの次の言葉が湧いて来ます
その「なぜ」の次の言葉が智慧なのです

Q起きた事に「なぜ」と問う癖を付ければ良いのですか?

そうです
問いながら、それに対する次の言葉を引き出していくからです
なぜを問うた答えを言う必要は無いのです
なぜと問うた次の言葉を引き出せば良いのです。
次の疑問でも良いし、答えになっていても良いが
答えという限定を求めた瞬間から「なぜ」は小さなものになっていきます

Q原因とかの細かな小さな事ではないのですね?

 

力を抜いて「なぜ」という感じ

子供と同じ「知りたい」という感覚

決めつけの時代ではない

2018年4月のエネルギー

4月2日千葉セミナー資料より

2018年4月がとうとう来たと言う感じです!

 

 

 

新しいエネルギーに変わった感じがしています。

また、個人の周りでも、社会情勢も、ころころ状況が変わっていく、変換の時代なのでしょう。

これを利用して、もっといろいろな状況を創りだす事が出来るのだと思います。

まずは自分から!

自分自身の事が、自分の行動・言動を観るとよくわかります。

よくわかると同時に、自分を変えようと強く意識すると、変換できやすいのです。

「何故そう思うのだろう?」がキーワードですが、全てを肯定して自分に聞いてください。

否定感があると、小さな声は閉ざしてしまいます。

肯定して、共感すると、自分の中の小さな声は色々な想いや考えを出してきます。

コンタクト 踏江

あなたに分かる事はあなたに分かる事

他の人に分かっている事があなたに伝わるわけではない

言ってみれば、自分の世界で起きていることが自分の真実で

他の人の世界で起きていることは

あなたにはわかり得ない

しかし

分からなくてもやってしまう事がある

やってしまう事は他の人も共有できること

やってしまう事は他の人もやってしまう事なのだ

時間差はあっても

やってしまう事は誰かがやることで

あなたかもしれない他の人かもしれない

やってしまう事は 起きる必然のことなのだ

ころころと変容していく中、自分を失わないには、もっと自分を手放し、自分を出せば良いきがします。
そうすれば変容を含めた全体意識のわれに到達するのでしょう。

コンタクト 踏江

人は自然と宇宙に委ねるられるようになる

それが人と言うもの

出来ない事がはっきりとわかった瞬間から、委ねる事が始まる

宇宙の大きさと自分の小ささとを実感した瞬間から、委ねる事が始まる

気が遠くなるほどの宇宙の広さを実感した瞬間から、委ねる事が始まる

そして

委ねる幸せを掴むだろう!

セミナー資料を開かず1ヶ月の振り返りをしていると、前の日に創った資料道理進んでいることがよく起きました。

今日も正に、そんな状態でセミナーは進んでいきました。

「もっと自分を手放し、自分を出せば良いきがします。
そうすれば変容を含めた全体意識のわれに到達するのでしょう。」
この踏江の言葉は、富美江さんによって

自分を出した瞬間から出したものが独り歩きするから
自分を出した瞬間から手放しているんじゃあないかな?

踏江「自分を出してその言葉や行動を掴む人が多い!
赤ちゃんがぐーぱーするように、つい握ってしまうのが人間かもしれない」

コンタクト 富美江

入口は出口と違うと思っても、ただ一緒なのにどこが違うのだろう
出入り口はどちらでも良いのが、こちらの世界だ。
だからこそ、どの場も言葉の違いだけだと知れば
その言葉だけで、意味を捉えなくて良いだろう。
こだわりは、自分の中で意味づけし
出した瞬間に、大きくこだわりを持たなければ
ただできた事を手放し、
その時、宇宙に大きく解き放たれる!

対談:『凸凹姉妹が龍でひとっ跳び』ビデオ「発達障害の質を持った方の、超前向きな生き方」

3月24日に行われた記念講演会 対談『凸凹姉妹が龍でひとっ跳び』の一部で、
発達障害の質を持った方の、超前向きな生き方をご紹介します。

六龍オーナー 森下とし枝・牛田富美江
司会:今村達弥(ささえ愛よろずクリニック院長)・踏江みつ子(わっぽー代表)

対談『龍でひとっ跳び』ビデオ チャネリング紹介

3月24日に行われた記念講演会 対談『龍でひとっ跳び』の中でチャネリング(定方昭夫先生の易経公演中に降りたメッセージ)をご紹介した映像をアップします。

六龍オーナー 森下とし枝・牛田富美江
司会:今村達弥(ささえ愛よろずクリニック院長)・踏江みつ子(わっぽー代表)

 

 

 

 

 

 

今もって、宙に姿を見て表さず
それを持って人間の成長を重ねて
質を観る
この龍によって人間は神として捉えると
ここに人間と龍の生き方を智れば
このそれぞれの言葉の意味を
神の言葉として、そこに理解力に
素直に人間の成長を天との繋がりを感じ
宇宙の倫理
天と地の在り方
そして人間はこの龍の姿が我と重なり
天に届く大きな姿も我となりうると
この地に生きていても
天を智り、地も天となり
神となりうる事が我にもあると
この地に生きていても安心を持つ事が出来るのが龍の有難さである