コンタクト「色を超えた創造」

起きている事故事件をみると、人がどんどん壊れているように感じます。
先達も同じように感じていたでしょうか?
昔はこうじゃあなかったという言葉は、いつの時代にも聞こえたでしょう。
自分も同じように壊れているのでしょうか?
たぶんそうです。
壊れるから、次の世代が誕生するわけで、人間が大きく変化するにはいったん壊れる必要があります。
しかし、ほとんどの人が自分は難を逃れていい感じで次の世界へとシフトすると思っている。
これが問題です。
壊すことを恐れず、壊し創造していきましょう! 自分自身を!

コンタクト(25日新潟セミナーにて)
闇を闇と思うなかれ
光を光と思うなかれ
色分けする事によって 人はわかった気になる
色分けをした時点で内容を察知する
色があるから楽しいはずなのに
色があるから 浅い所でも理解したと勝手な納得に収まる
しかしそれも地球人だと思えば
自ら愚かと思うより
愛しさが募るだろう
進化したいもの達は
色に惑わされず
本質を見極める目を作り
色を超えた何かの創造物を作り
色をつけていけば良いのです
狂うほど楽しいでしょう

色に惑わされない本質を見極める目はどうやって作れますか?

色のない世界を体験させなさい
そうすればわかる事です

コメントは停止中です。