月別アーカイブ: 3月 2016

縄文式チャネラー養成講座基礎コース千葉 5月開始 土曜クラス・木曜クラス 募集開始いたします!

<基礎コース>


2016年5月スタート  千葉(松戸市常盤平)
日程予定
<千葉>土・日曜日クラス 第11期 (募集開始いたします。)第2回前日6/17まで受け付け可能です。
2016年5月21日(土)①   6月18日(土)②   7月16日(土)③    8月20日(土)④  9月17日(土)⑤   10月29日(土)補講
13:00スタート

 

<千葉>平日木曜クラス 第11期 (募集開始いたします)第2回前日6/22まで受け付け可能です。
2016年5月26日(木)①   6月23日(木)②    7月28(木)③     8月25日(木)④    9月15日(木)⑤ 10月20日(木)補講
13時スタート

内容は下記をご覧ください。
意識ではなく、自分の中の大いなる声と対話し、神と対話することが、呼吸をするように自然に行えるようにサポートしたいと思っております。
チャネリングは特別なことではないので、手ごたえを得られない事も起きますが、コツをつかみ、感覚を磨いていくことで、ものの見方、捉え方が変わり、こだわりを開放しやすくなります。
常に対話していると、神計らいは多くなり、神からのプレゼントを受け取りながら、生きていく醍醐味を知ることができます。
ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

縄文式チャネラー養成講座基礎コース 募集中・個人レッスン募集中

 

ご予約
電話番号080-1301-4228

ご連絡お待ちしております。
下記のコンタクトホームもしくは、mitsuko.spirit.room♥icloudo.com
♥を@に変えてメール発信お願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

今日から新潟に入りました。

今日から長岡に入りました。

 

今日のHeart  Window  Art  長岡工房

太陽の光がほっこらと暖かく、穏やかな気持ちで絵を描きました。

なのに、描かれた作品はなんとも強烈!

下左の絵なんて、炎上を描こうとしている…何でしょうね?

絵自体は伸び伸びとしています。本人も一気に描きました。実は私です。

この作品を含め未完成のものもあります。この後、どんな風に変貌していくのか楽しみです。

image

今日はHeart Window Art 東京工房

参加者の描く世界はよくリンクするけれど、今回は1人の方と話していたキーワードと、遅れてきた方が受け取ったコンタクトに出てきたキーワードがリンクしていた!

闇を観ろ!

地獄を書き著したいのに、怖くて逃げた!

可哀想と思うのは驕り!

闇から逃げるな!

 

こんな話をしながら描いた作品です。

闇は本当の光を表せると思います。

作品は未完成のものもあります。まだ、闇が描ききれていないから、中途半端になっていますが、最初から闇を意識した作品は奥の光を引き出せました。

どんな風に見えるでしょうか?

image

 

 

立ち寄った大船観音 「そこに在る」の言葉

絵の教室の後、電車から拝見し気になっていた大船観音に、お参りする事にしました。
初めての参拝です。

急勾配の参道を登り、山門をくぐると、石段の先のお観音様の優しく圧倒的な眼差しに足がすくみました。

imageimage

 

 

 

 

imageimage

 

 

 

 

imageコンタクト
天高く  そびえ  そこに在る
我が心の中にある  この姿
全ての人が 尊き命
大いなる存在  
その大きさを実感するならば
その大いなる命に尊厳を持つのは当たり前
大いなる我を思いだせ
どんな所でも 天高く そびえる自分
そこにはおごりなど存在しない
畏怖の心のみ
それが『ひと』
『ひと』に神を見出し
我に神を見出し
大いなる在り方は 闇も観  
暗闇にも存在する
ただ在る  堂々とある  その在り方をつかめ

image

image

 

 

 

観音様の下に立つ豆粒のような『ひと』
観音様を見上げると天地がひっくり返るほど大きい。その観音様からの言葉
ただ在る  堂々とある
その在り方をつかめ
かみしめます。

 

 

image

中学校でHeart Window Art 教室

中学生の成長はめざましく、昨年1年生だった引きこもりがちの大人しい少年が、元気に溌剌に絵を描いていたので、後からあの少年と聞いてびっくりしました。

1年ぶりでしたが、みんなすぐに馴染んでくれて、自分に集中し、単純な円から渦へと描いていきます。

付き添いの先生としか話せなかった生徒も、段々と描く事に集中できるようになり、最後は個性的な点描画になりました。

完成作品写真を撮る時間がなかったのが、とても残念です。

新年度は、もう少し回数を増やして頂けそうなお話も出て、嬉しさも募りました。

展示会まで持っていけると嬉しいなと希望を持ちつつ、帰路につきます。

せっかくだから、どこか寄ろうかな…image

image image image