月別アーカイブ: 7月 2014

白馬から帰ってきました。わっぽー長野セミナーNO.1

わっぽー長野野外セミナー
(白馬・小谷・青鬼村・仁科三湖・姫川源流・黒部ダム)

<セミナー資料より>
心の臓の縁とヘソの縁から始まった今回の長野セミナーです。

6月30日個人セッション中チャネラー冨美江さんの手が白馬を差し示し、姫川上流とホッサマグナが強く想い浮かび、この地に決定しました。
この地に立ち、意図を持った臍の縁を地に埋めよという指示でしたが、あの頃より物事が進み、私たちの状態もかなり違って来ています。

私たちは、常に感じ、そこで降りてきたエネルギーや声と共に体験をしていきます。
常に、感じる事が最大のテーマです。

楽しみましょう!
この3日間を!!

*******************************

今回のセミナーは5人

長岡から参加していただいたMさんの車で天駆けまわった3日間でした。

<28日第一日目>
白馬八方尾根
IMG_0070IMG_0071ロープウェイから撮った高山植物可愛かった!

 

 

IMG_0077IMG_0085

 

 

 

新幹線の中でコンタクトは始まりました。自然・龍・人   池・松・・・
兎に角、場に委ねようと、ゆるゆる、ワクワクで長野入りしました。

八方池には今回は行かずとも良いという指示。
一人のメンバーが膝を痛めていたのと、昼食は八歩尾根のミッションが終わるまでお預けと言う事で、この写真の地に立つ前は、集中し続けコンタクトを受け取りました。

IMG_0078

谷間に残った雪が解け滝となって下っている道(竜の道…それは水の循環)と、岩肌がむき出しになっている尾根と、人
自然に神が降臨する
そこに人が立ち会わせてもらう

集中しその景色と気配を観続けていると、景色が一変してきた。

たくさんの観光客がいてもそこだけ静寂があり、一筋の滝が音を立てて落ちている。遠くの木々がハッキリと観えてくる。

3つあるロープウエイの2つまで降り、湿地帯の小さな池の前でコンタクト

水の音を聞き、水と一体となると良い。
人に気持ちを向けず、水に集中し、静かな湖面にさざ波を起こすと良い。
水と遊び、水によって自らを引き出され、顕わになると良い。

静かだった池はゆらゆらとさざ波始める。
本当の話です。
私たちが池に向かい手を差し伸べているので、一人の中年の女性が「何かあるの?」と聞かれたので「池があります」と答えたならば、「何もないのね」と去って行かれました。

全員で「えっ!」 観えないんだ。。。と実感した瞬間でした。
こんなにも美しい水をたたえた小さな奇跡の池があるのに。。
八方池は大きくて大きくて美しい池なのです。見ていませんが、写真で見てもそうなのです。だから、この小さな水たまりは何もないものになるのだと分かった瞬間でした。
今ブログを書いて八方池に行く必要はないと言われた意味が分かりました。
絶景はその偉大さに圧倒され、小さな存在の大きな奇跡を感じにくくさせるのですね。

 

この後、もっとすごいことが続きます。

龍が導いてくれた、秘境への道でした。

つづく

 

 

コンタクト

今日メールで送られてきたコンタクトをお伝えします。

踏江さん
公開は構いません。
踏江さんの昨日のメッセージから出てきたのですから。

引用
自他の区別のない今
神が創られた人の今
引用終わる

自他の関係 神が創られた意味がかなり出てますし
踏江さんの言葉からこれからの方向性が示されています。
今の今です。お使い下さい。

若狭

 

 

<若狭コンタクト>

自他の区別のない今
神が創られた人の今

奇跡

いま あなたたちが在ることを強く感じてください
いかに 神があなたたちに生きることを伝えようとしても
あなたという培地が水だらけで軟弱なら
せっかく良い種をいただいているのに
育たたないでしょう

 

まず水はけを良くして日に晒す
そして他者が耕すのでしょう

 

育つのはあなたたちではないのです
あなたたちがいつも畑に手を加えて端正にしていれば
芽吹き 成長し 繁茂していくことが分かります
あなたたちはあなたという培地を造るだけです
種を蒔くのは神なのです
耕すのは他者なのです

 

花や実を追ってばかりでは、しっかり根がつきません
あなたたちは培地をしっかりさせれば
神はそれに見合った花を咲かし実をつけてくれるのです
どんな花かは神に任せるのです

 

いいですか

在ることを強く感じてください
そこから出てくる感覚をまっすぐ受け止め次の感覚へ行くだけです

 

夜空を見上げてください
ただ 星が並んではいません
感覚の世界に入り込んだとき
星たちを星座として観るのです

 

あなたたちは本気で臨むのです
感覚を精錬してください
あなたたちの周りのモノたちと感じてください

 

 

松戸Heart Window Art教室

横浜からきてくれたタケル君5歳の絵です。

IMG_0058

 

 

 

 

 

最初は書けなかった渦もすいすい。

この絵は、水色で「ゆらめきゆらゆら」のエネルギーを書いた後、「後は好きにしていいよ」と言ったら、色をはめるのにはまっていました。

たのしぃ!!と言いながら。

黄色い渦を書いている時から、彼の世界は色彩豊かと感じたので、他の色を入れていいよと言ったならばすぐに赤を入れ始め、黄色と赤が混ざったところがオレンジ色になったよと手でもこすり始め、発想に枠がありません。写真撮ればよかったです。悔やまれます!!

色彩感覚も良いのですが、上の絵をご覧いただいてもお分かりのようにある秩序ができています。
自由にしかし支離滅裂ではありません。
黒は黒の世界があり、緑は緑の世界
それぞれの世界が他を壊さず、大きな一つになって楽しい絵になっています。

きっとママやパパの気持ちを察して、自分はこうしようと想える子なんだろうと推測しました。

 

ママがわっぽーのサイトにたどり着いたのは、紹介してくださっているマインドクラフトの高尾さんのサイトからでした。
マインドクラフトのサイトはこちらから

ありがたいことです。

 

 

また、一番弟子であり、経営コンサルタントもさせて頂いている長井知子さんのわっぽーを紹介していただいているサイトもご紹介させていただきます。

phoenix 長井さんのブログはこちらから

 

 

感情についてのコンタクト

17日の縄文式チャネラー養成講座で、感情について教わり、「今を今と理解する」のコンタクトについても教わりました。

この内容は、4時間の講座中、最後の30分で行った感情についてのコンタクトと対話でした。テープ起こしをしていただきました、Kさん、Sさんありがとうございました。文章にするにあたって少し手を入れていますが、ほとんどがコンタクトのままです。
文章にして読むことで、その時のコンタクトの意味を講座中より深く理解できたと想います。
ただこれも、欲のかたちであり、講座中に起きていたエネルギーとは違うものであることを分かった上で、アップさせていただきました。
大いなるソースは求めれば、自分が納得するまでコツをおしえてくれるので、その後は自分次第です。

 

感情というものをもっと理解した方がいいでしょう。
感情というのはちゃんと周波数があり、エネルギーを持っています。
エネルギーがそれぞれ違って存在しています。
今のあなた方の感情の使い方を例で説明しましょう。

怒りと悲しみが同時に起きたときに、どちらが強いかというと
実は悲しみの方が強いのです。
悲しみが怒りを飲み込み、そして悲しみを怒りが増幅させます。
この時に起こる事が、
被害者の意識になり、もっと 自分はダメなんだと思って
他に責任を置くようになります。
怒りが強くなったとき、人を攻撃しながら悲しみが内側にあります。
しかし、怒りが出たときこの怒りは自分をも燃やすので
痛みがすぐにわかるのです。

または、

喜びと妬みが同時にあった時、喜びがねじれを起こし
喜びにまだらな色がつくのです。
純粋な喜びだけではなくなり、妬みのうねりができ、そこに
浅い知恵、こざかしい知恵が生まれやすくなるのです。
喜びと妬みが一緒にあった時、
化学反応が小賢しい知恵をつくって薄っぺらな作戦を練って
自分に喜びを与える手法を得るのでしょう。

単純な、単体でいる時にその感情は単純なもので表現され
その単純な感情はそれだけで消滅するのです。
ただ、体験になって
泣いてさっぱりする
怒ってさっぱりする
笑ってさっぱりする
という状態を作ります。これが神が与えたものです。
そこに思考を乗せたときこの感情は変化します。
また、感情が単体でいたその後に思考が乗った時
違う感情を引き寄せてねじれを起こさせた時は
その感情がしつこく違ったものとして体にへばりつきます。
今、人々はこれによりあがいているのです。
自分のその感情から、離れられない囚われの身になっているのです。

単純な単体での感情を求めれば、それはとてもスッキリとする体験になるだけです。
もう少し分析するときに、そのような方法論もたせるといいでしょう。

感情は複雑に絡んでいるあなた方の今の状態です。
質問があれば答えます。

Sさん:その瞬間以外での出来事というのがあるじゃないですか
その瞬間の喜びであるとか怒りとか悲しみっていうのがあって、その瞬間が本当の意味での怒り悲しみ喜びであって、その後に湧き上がるものっていうのは、結局自分の思考が乗ったものですか?

そうです

Sさん:絡めるようなものなんですね

そうです

Sさん:そこに人と言うのは、思考を乗せる、なぜ乗せるかと言うと、その・・・

欲なのですよ

Sさん:あーー欲ですね

その体験した瞬間、あっ そういう事かと単純に納得したくないから、思いたくないからです。
いろんな欲がありますが、自分と言う存在をもっと大きくしたかったり、相手に何かをしらしめたいという思いがあったり、何かの欲の思考が乗っていくんです。
この欲が無ければ、あーーなーんだ よく解らないけど笑ったな、なんか怒ったな、と言う単純な感情だけになるんです。

Sさん:喜びとか楽しさっていうのは、後から思い起こして結構また楽しめたりするものじゃないですか?

それがもうすでに欲なのです

Sさん:っていう事ですよね

そうです。それさえも。
後から楽しむ時も思考が始まっています。
分析をしていって、そこにもう捻じれが起きてくるのです。
もうその時しかないのです純粋なものは。

もう一回あの感じと思ってしまうと、もう意識があってその時に違うものになってし
まう。

Sさん:それも意識させてしまえば、あの時こうだったねとただ言うだけなんですね。

ただ言うだけであれば、その言った瞬間に起きた喜びの感情がその時に起きるんです。
前に、一番最初に感じた喜びの感情とは違います。
実はもう色あせるんですよ。
だから人はそこにもっと足したくなって、あれだこれだと言っている。
だけどもうすでに、あの時のものとは違ってきている。
で、ここで想像すればいいんです。

あの時の物を火種にし、今を楽しんでいる。
今は火種から炎に変わったのに、
今楽しんでいる炎を、過去の火種と捉えると、全体がずれてきます。
過去の火種だと想っているものは過去には炎だったのに。

楽しみたいと言う今を、楽しむと言うならばOKなんです。

Sさん:またはない、またこの楽しみはありえないですね

そうです。楽しみたいと言う今を楽しむ・・・・

踏江:これだ!「今を今と理解する」のコンタクトの意味・・・

7月13日のコンタクト
今を今と理解していれば

どのような迷いも
どのような驕りも
どのような自己否定も
どのような心の不安定も
消えるであろう
病気を抱えたモノも
金銭で苦しんでいるものも
今を今と理解するだけでそのマジックは溶ける仕組みになっている

こういうことなんですね

Sさん:そっかー

踏江:そうすれば自己否定も不安も驕りも迷いも消えるね

Sさん:今のものは違うものですよね

踏江:うんそうそう

Sさん:その時に起きた不安とか驕りとかは今もっている不安や驕りとはこことここは違うということですよね。

踏江:そうそう、違う違う。
おもしろいねーーー(資料を見て)
何でこれ(yukaさんの20歳のチャネリング)<インナーチャイルド>を資料に出したかわかった。

これで、コンタクトとコンタクトが繋がった話になりました。
長い文章、最後までお読みいただきありがとうございます。

踏江みつ子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、祐加さんのコンタクトと繋がった話になりました。

 

赤は踏江さんで、黒は私です。

 

○○の時と言うのは分析するときでした

 

私の方にはノイズははいっていませんでしたーーー

 

 

 

ではよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

20歳のチャネリングを紹介します

<インナーチャイルド>

ここ最近、インナーチャイルドの影響を受けていました。

ヤダヤダと駄々をこねる子と、ひきこもろうとする子です。
ヤダヤダ言ってる子だと思いますが、イメージで

小学校1年生くらいの女の子の形をした黒い煙が見えました。
影響で、バイトに行きたくなくなったりしてました。

話を聞こうとすると、消えるというか分かりづらくなって

たくさんは聞けませんでしたが、
「めんどくさい

何もやりたくない

こわい

ついていけない

まだ子供だもん」 と言っていました。
その子に「迷惑です」と言ったら

「え?」と少し驚き、涙目でした。

今日のコンタクトです。
「平常心を求めるな

ジェットコースターを楽しめ

お化け屋敷を楽しめ

迷路を楽しめ
狂うとき

目を覚ませ

新たな縁によって広がり、聞こえるものが増える

濃厚な時間

何事も永遠ではない

どんなに長かろうと終わる

世間の波にもまれ、自分というものを確立していくとき

それは、子供から大人になるということ

エネルギーが変わり、人が変わる

生活も変わる

世界と繋がりなさい

未来に向けて宣言しなさい」
そこで、「大人になります」と宣言しておきました。

それからだと思いますが、インナーチャイルドの存在を感じません。

彼女の他の記事もご紹介します。ここから入れます。