Heart Window Art」カテゴリーアーカイブ

小諸本陣 「六龍」Heart Window Artコラボ展でコンタクト

無事コラボ展が終わりました。

六龍のオーナー<游龍子>(ゆうりゅうし)のご姉妹のおかげで、叶った今回のコラボ展、5日間で600人のご来場者の皆様に感謝いたします。
ご来場いただいた皆様に喜んでいただけて、嬉しかったと、游龍子のご姉妹は嬉しそうに毎日受付やお客様との対話を楽しんでいました。
小学生高学年の少女はお習字を習っているのか熱心に翔子さんの書を見た後、書が沢山描かれているカレンダーを自分のおこずかいと弟のおこずかいを借りて購入してくれたり、新聞を見て遠くからわざわざ訪ねてくださった方とのお話や、Heart Window Artのスピリチュアルなお話がするする通じる女性は、カウンセラーの方で、絵は使わないけれども魂に向き合う事をしている姿勢は同じだとご縁を感じました。加えて、住まいもとても近く、お子さんが今島根に在住と聞いてますます強いご縁を感じました。
今回同時開催の浅間学園に繋げて頂けたのは、NPO法人こもろ杜・土屋さんでした。浅間学園の利用者さんの持っている才能を作品に生かし、グッズを販売展開したスッタフからここまで来るのに10年かかった話や、Heart Window Artのサポートし方をちょっとレクチャーしたりとお互いの持ち味を伝え合う事が出来ました。嬉しいご縁です。

私は5日までの3日間しか会場にいられなかったのですが、後ろ髪を引かれながらお二人にお任せしました。

 

 

 

 

 

会場にいる間中コンタクトが降りてきます。あまりに強烈なので、絵の入れ替えをして、柔らかいエネルギーに変えました。が智慧と厳しさを含めた愛のメッセージは続きました。

 

 

 

 

会場で降りたコンタクト

5月2日 12:10 踏江
一つ
人の魂を見ているようで意識の在り方を読み取って言葉にするものがいる
魂の在り方は気高く尊い、尊ぶもので
人がそう捉えられるものではない
であるから形を大切にしなさい
頭を下げるべくは頭を下げる

二つ
場所によって流れ、気の流れ、風の流れ
それを読み取る知恵を掴む
この場が既に鬼門の場という事を知るならば、鬼門に立つというエネルギーのせめぎ合いをする必要はなくなる
場を知る事である

三つ
気高くあろうと思うなら、鯉のぼり
風を捉え、自由にどこまでも飛び出して
巣に戻る
人間が歩いて小さなエリアで広がっていくというより、風を捉えてもっと自由に空を飛ぶという事を、地形が険しいほど、自由には知恵が必要と実感できる
その知恵と意志を持って大いなる存在でここに在るという事を実践すると良いだろう

この3つを持って、この場を堪能するならば、小さなこの点から日本、大陸、地球全体を捉える事ができるだろう

5月2日 12:30 牛田さん
帝は地を嫌い
天に昇りたがる
しかし地を知らなくては
天があると感じられないが
帝として生まれたからには
まず地を知れ
人としてこのちを知れば
天は地と一体化して
天も地もなく
一つの大きな空間であり
上下もなく、横もない
ただ今ここに在るだけの存在として
大きく大きく広がりを持つだけの生き方をする事が生きる糧となる

5月2日 13:30 牛田さん
寝姿は涅槃のごとく
立ち姿は龍のごとし
そのかこまれた地に立つには
ここに根をはったならば
常に我の姿と向き合っていかなければ
ここに居る事はいたたまれない
ただ生きてるだけでは
ここに居るではない
この地で生き居る事は恵まれた
空気に満ち
ある事だけで
我は人として生き神として生き
我他
そこにかべはなく
しかし大きな道もあり
すぐに行き着くところもあれば
はるかかなたの道のりとなって
我の未熟さに打ちのめされて
また我の姿を成長にここにある事
超えるべき事があればあるほど
感謝するだろう

5月2日14:30 牛田さん
下りの時に流れが変わり
その時の流れから 今の時代に入る
流れは文化を運び 文明が栄え
人の生き方は便利を求め
格差が広がり
人としての尊厳を持つ事が必要となる
流れは常にあり
大きな変化の流れがある時は
時代を変える大きな力を起こす
自然の流れは命を消滅させ
命を生み
土地は形を変え
人の生き方を変える
流れは常に必要である

5月4日10:00 牛田さん
人にあるならば人としての生き方を全うせよ
神に近くあると 
我も神として 真似しても
人間として生きるからには 神にはなれない
しかし
この世での生き方によって 精神は成長し
大きな愛を育み 
この世界に無償の愛を伝え
神の愛の世界を表現することができる
愛は宇宙なり
人は愛に育てられ 愛に生きる
今ここに繋がりを持ち
周りとの関わりは 一瞬の出会いであっても
その愛の空間を 分かち合い
それをそれぞれの場に持ち帰って
その得た事を 広められれば
それぞれの場に 愛のスポットがあり
大きな場として広がり始めるだろう
それを成し得た時 人として生が終わる時
大きな愛に包まれ
満足して
その生を全うする事ができるだろう

長野小諸で六龍・Heart Window Artコラボ展始まりました!

 

長野小諸で、コラボ展始まりました!

コラボ展始まりました!

 

 

Heart Window Art新潟

4月4日から10日の新潟Heart  Window Artです。

言葉を通さず、自分を観つめる作業はとても貴重です。内観アートの質が高いHeart Window Artですが、小難しい内観と言う言葉の中には、子供の時のように、ただただ絵に夢中になるという要素も含まれます。
お試しください!

 

 

 

4月4日から新潟に行きます

4月4日~10日
新潟に入ります。

新潟の皆様どうぞよろしくお願いいたします。

*   *   *   *   *

<Heart Window Art展覧会ご案内>

 

 

 

 

 

 

 

*5月2日(木)~6日(日)   金澤翔子『六龍』Heart Window Artコラボ展 長野県小諸市 小諸本陣


5月10日(木)~20日(日)Heart Window Art2018長岡展 アオーレ長岡 協同センターギャラリー

<常設>
ささえ愛よろずクリニック
下越病院

<わっぽーイベントご案内>

4月14日(土)鎌倉野外セミナー

6月29日(金)~7月1日 出雲大社 隠岐の島 野外セミナー(予定)

*   *   *   *   *

<チャネラー養成講座・セミナー ご案内
☆4月7日(土) セミナー 13:00~16:00新津交流センター(ご参加ご希望又はお問い合わせは 080-1301-4228 まで)
☆4月8日(日) 縄文式チャネラー養成講座アドバンス 補講13:00~16:00  新津交流センター

<4月個人セッション>(お時間は変更できます)
7日(土曜日)  11:00~12:30(90分)   新津交流センター
9日(月曜日) 13:10~14:40(90分) 15:00~16:30(90分)  フェニックス調剤薬局2F


Heart Window At工房活動ご案内

 

 

 

 

 


4日(水)  17:00~20:00     新津交流センター
5日(木)  13:00~15:00     さいわいプラザ長岡

10日(月)  18:00~20:00          下越病院 会議室

時間は各自2時間(時間内での退出入は可です)
参加費(絵のレッスンのみ)1500円
チャネリングレッスンまたはチャネリングメッセージ込みの上級者コースは3500円
ただし、ご参加3回までは1500円のコースのみです。

Heart Window Art工房活動
自分の奥の世界の表現は、内観エネルギーアート制作になります。
教わるのではなく、奥の個性を引き出しすサポートを行います。ご参加いただいた皆様はアーティストです。
落書きのように絵を書きながら、隠れた自分の個性を 引き出し、隠れた感覚を引き出す作業をしていきます。その作業によって、知らず知らず に内なる声に触れ、直感力を高められるでしょう。
ご質問等お気軽にご連絡ください。
080-1301-4228  踏江みつ子

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

記念講演会『龍と人の六変化』中に降りたチャネリングメッセージ

3月24日金澤翔子六龍Heart Window Artコラボ展 記念講演会 『龍と人の六変化』にご参加の皆様お待たせしました。

牛田富美江さんの自動書記と、踏江・高橋のチャネリングメッセージをまとめました。対談:『凸凹姉妹が龍でひとっ跳』前や最中、定方昭夫先生の公演中、そして、展示期間中に降りたチャネリングメッセージをアップいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月24日講演会前 牛田さん

震える空から龍が姿を見せた時
雷、雨、そして晴れ
人は自然の姿を改めて感じ
今の時代の知能がいかに儚く
馬鹿げた事かをこれからは知ることができるだろう
自然はそのまま、
今生ある人間がここに生きる喜びを持って
むやみに機械化された知識を有り難がる事はもう慎む方が賢明だろう

 

 

 

 

 

 

 

3月24日講演前踏江コンタクト
最初は点、点と言葉を紡いで
それが線になって
突然拡大した空間になる
その時狼狽せず
意識を拡げ、この場に大きく存在すれば
今この瞬間に地球に生きていると言う
実感を持つだろう
そこから先は始めるのだ
一人一人が今どこに生きているのか実感し
自分をそこに表す
大きな実験がここに行われている
違うジャンルの者たちが
一つの合言葉「リュウ」と言う合言葉で
大きな渦を共鳴し作り上げる

 

 

 

 

 

 

 

3月24日定方先生講演中
牛田さん
今もって、宙に姿を見て表さず
それを持って人間の成長を重ねて
質を観る
この龍によって人間は神として捉えると
ここに人間と龍の生き方を智れば
このそれぞれの言葉の意味を
神の言葉として、そこに理解力に
素直に人間の成長を天との繋がりを感じ
宇宙の倫理
天と地の在り方
そして人間はこの龍の姿が我と重なり
天に届く大きな姿も我となりうると
この地に生きていても
天を智り、地も天となり
神となりうる事が我にもあると
この地に生きていても安心を持つ事が出来るのが龍の有難さである

 

 

 

 

 

 

3月24日対談中 牛田さん

人は柱を必要とするが
柱は別物ではなく
自分の中に何かがある
何がしたいと想えば
それが柱となって
その自分の中で芽生えた柱は光となって
しっかりと自分の中で光り輝き
ここに我ありと存在が大きくなって
その力がこれから生きると
何がしたいか、どうしたいか柱が大きな支えとなる
外側の価値に惑わされず
自分の中に芽生えた事に光を当てよ
そうすれば本物の自分が大きくなる

 

 

 

 

 

 

3月24日対談中 牛田さん

「リュウ」の鱗が剥がれる時
動きが止まる
剥がれ落ちた時は終わるが
剥がれかかった時、事が起きれば
新しい鱗となり
大きな変化を起こし
次の動きの時代に変わるだろう

 

 

 

 

 

 

3月25日 会場で 牛田さん

手を広げ、胸を広げ、ただそこに立つ
絵の奥はその人のその姿が絵になっている
心の奥の開放が今、ここにある絵となっている
常に開放の手段を手に入れて
心の奥が素直に表現されるようになると
日常が素直に受け入れられて
今ここにある自分が本当の姿となって
表されて
常に自分は大きく
姿をここに居て
全てを受け入れられている
自分を智る事に感動する人生になっていくだろう

 

 

 

 

 

 

3月25日14時40分 控え室 牛田さん

後から付いて来るからと言って
待つ事はない
先に行ける者は先に行け
後から行く者は先に行く者について行く事はない
焦らず我が道で道が一緒だからと言って
先に行く者とゴールが一緒ではない
朗らかに楽しく道は同じようでも
歩き方か違えばその道は違った歩き方になる
自分なりの歩きと歩幅で周りも楽しみながら、我が道を歩き、飛び、休み
歌あり涙ありでこの人生の道を
楽しんで次の生まれが始まるとよし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月25日 14時45分 控え室
高橋から牛田さんの連携で

難しく考えることはない
ただこれだけと
むしゃくしゃして
むしゃくしゃして
むしゃくしゃすると怖くなる
怖くなると面白くなる
くっつきたくなる

牛田さんへバトンタッチ

空(くう)は空を呼び
魂は自由に
飛ぶ時、そこに虚しさはない
感情はそのエネルギーとして爆発し
その爆発は皆が怖れを持つほど
大きくなれば良し
感情は力なり
怒りはため込まず、表現された時
新たなる心の持つ幅が広がり
そこに慈しみの心が湧き
愛が生まれる
その大きさに身を委ね
感情が出る事に怖れを抱かず
大いなる者に全てを委ねて甘えてみよ!