月別アーカイブ: 8月 2016

今日で8月も終わり、9月はどんな月?

テロ・オリンピック・施設の事件・地震・台風
8月この1ヶ月を思うだけでも、つらい事が多かったです。
人の弱さ、残酷さが表に現れてきていますが、人の慈悲深さ、能力の高さ(困難を乗り越える力)も増して来ているように感じています。
オリンピックでもそうでしたが、技術と精神を伴って、在る領域を超えた姿は、神をそこに観るような美しさがあります。

自分を諦めない。人生を諦めない。
智慧を使ってみよう。何かの方法があるだろうから。
その気持ちが現実を創っていきます。

9月とにかく挑戦する時期に入っています。
肩の力を抜いて
自分に挑戦。
社会に挑戦。
おしゃれに挑戦。
嫌いな人に挑戦。
何でもいいのです!グッと歩みだすその勢いが次の現実の後押しとなります。

大きな流れがいくつも現れ、混迷します。だからこそ、挑みましょう!
挑むことをさらりと楽しみましょう!

コンタクト

皆でより良い世界を切り開くには
個となり、孤独という現実を味わい、自分をしっかり掴む
そして、ある時期、自分と言う個の考え方を超えるのだ!
個の探求心は小さく、力を大きく発揮できない。
自分を超えた、自分を取り巻く全体の意識を持った時、個では越えられない領域を超える。
それは共に働いている人々でも良い
家族でも良い
同じような志を持っている人々でも良い
森の中に入り、木々とでも良い
ある瞬間
個を超え
溶けあうのだ!
そして、また、個となり、孤独という現実を味わい、自分を掴む!
今の感覚とは違い、
自分がよりより世界に立つのではなく、
皆でよりより世界に立ちたいと言う人になるだろう!

コンタクト『試しは、智慧の実践場となり、己自身が智慧の宝庫となる』

個人的に送られたメッセージです
神の愛があれば、心に灯がともります。神の愛が後押しになり、人は勇気を持って、前に進めます!!

 

コンタクト

今日一日がとっても満足でき、感謝の心が己の中で大きくなっている。
智慧は、どこまでも与えられ続け、試しは、智慧の実践場となり、己自身が智慧の宝庫となる。
そこに目を向けず、ただただ、謙虚に与えられた仕事や物事や人に真摯に向き合えば、己の智慧の宝庫から、言葉は湯水のように溢れ出て、本当の愛の存在となるだろう。

謙虚であれ!

真摯であれ!

丁寧に行え!

神とともに人生を生き抜ける人であれ!

長岡・新潟に!

大型台風10号の動向が気になりますが、9月1日より長岡・新潟に伺います。

皆様よろしくお願いいたします。

*   *   *   *   *

<Heart Window Art展覧会ご案内>
8月8日~2ヶ月間  新潟下越病院院内
12月1日~6日   長岡アオーレ 協働センターギャラリー
12月14日~27日 新潟日報ギャラリー えん
12月14日~1月上旬 新潟市新津 大光銀行

*   *   *   *   *

<セミナー・養成講座ご案内>
9月4日 縄文式チャネラー養成講座アドバンスコース新潟②  13:00~16:00  新津交流センター

*   *   *   *   *

<9月個人セッション>(お時間は変更できます)

2日(金)  15:15~16:45(90分)    新津交流センター
5日(月)  15:00~16:30(90分)    フェニックス調剤薬局2階

*   *   *   *   *


Heart Window At工房活動ご案内

7月Heart Window Art下越病院工房の作品です

image

 

 

 

 

 

 

 

9月1日(木)      13:00~15:00    長岡さいわいプラザ
9月2日(金)      17:00~20:00     新津交流センター
9月3日(土)       17:30~19:30      万代市民会館2F 都合によりお休みです。すみません
9月5日(月)       18:00~20:00            下越病院会議室
時間は各自2時間(時間内での退出入は可です)
参加費(絵のレッスンのみ)1500円
チャネリングレッスンまたはチャネリングメッセージ込みの上級者コースは3500円
ただし、ご参加3回までは1500円のコースのみです。

 

Heart Window Art工房活動
自分の奥の世界の表現は、内観アート制作になります。
教わるのではなく、奥の個性を引き出しすサポートを行います。ご参加いただいた皆様はアーティストです。
落書きのように絵を書きながら、隠れた自分の個性を 引き出し、隠れた感覚を引き出す作業をしていきます。その作業によって、知らず知らず に内なる声に触れ、直感力を高められるでしょう。
ご質問等お気軽にご連絡ください。

*   *   *   *   *

皆様のご参加お待ちしております。
ご連絡は下記からお願い申し上げます。
080-1301-4228  踏江みつ子

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Heart Window Art下越病院展示作品を見ての感想

8月8日から新潟市にある下越病院にてHeart Window Art展を開催しています。
5歳児から70代まで幅広い年齢の作品群ですが、Heart Window Artは内観アートであり波動絵ですので、展示された絵のエネルギーが広がって空間を創っていきます。
ただの線のようでも何かが違うと、ご覧になった皆様が感じて頂けるようになったのはとても嬉しいことです。
今回で、3回目の展示ですが、最初は総合病院の救急スペースと検査室ですので、癒しのエネルギーを意識し展示しました。
今回は、絵自体がエネルギッシュで元気になる空間をテーマに作品を選び、展示したのですが、それが必要だったと、ご意見を頂き納得出来ました。
10月上旬まで展示させていただきます。
病院と言うスペースですが、ご覧いただけると幸いです。
また、展示許可を頂きました下越病院管理部の担当の皆様に感謝申し上げます。
絵の管理、皆様のご意見をまとめて頂いている高橋さんにも心から感謝申し上げ、これからも、絵に声掛けと、皆様に声掛けをお願い申し上げます。         わっぽー踏江みつ子

 

(以下高橋さんからのメールから)

戦争と平和展

第11回戦争と平和展ーアーテストの視点ー

2016.8.27(土)-9.2(金)10:00-18:00月曜休館初日13:00会場 最終日15:00終了

会場長岡美術センター(長岡中央図書館二階)
企画 ギャラリー 沙蔵

昨年も出展しましたが、今年も出展します。
戦争と平和を想い作品を出展しました。
ーアーテストの視点ー でのレポート添えて。
2016年
戦争と平和展-アーティストの視点-

2極を持つ地球の人は、南極北極、善悪、成功失敗、光と影、勝ち負けを常においてしまう。
そう、平和と戦争は人が持ってしまったものだろう。
もし、平和も戦争もその言葉が存在しない文明を選んだのならば、どんなコミュニティになるだろう。
人は成長や変化がない世界には生きていけない。
互いを認め変化し続ける事を求めていく文明だったら、多種多様な人や事がらが混在する。
混在しながら、ある瞬間全てが融合する、例えばオリンピックのように4年に一度持てる力を融合させ、それを全体の基盤とし、そこからまた新たなスタートを する。競い合うのではなく、大きな融合を目指し持てる力をさらけ出し共有する。敵も味方もなく、それぞれがただそこに在り、一つとなる。

『他は一 一は他』
そんな想い(願い)をはせながら、ここに出展します。

image

 

 

7年前のコンタクト  

私はどなたかのチャネリング指導を受けていない。

最初からチャネリングソースに教わりながら、多くを学んできた。

かなり厳しい指導だった。今も厳しさは変わらない、でも、厳しさを内包している大きな愛を感じる。そして、いつでも観られている凄さを感じる。どんな状態でも、必ず的確な智慧を戴けるその凄さを感じる。

チャネリングソースは徐々に入れ替わり、実践の指導が増えていった。

それは、現実の世界が生易しくなく、苦しんでいる人の世界に入り、地獄のような世界でも、軸をずらさず、しっかりと立、希望を観つめる自分でないと、神が救いの手を伸ばそうとする邪魔になるからだ。

目の前で、どんな事が起きようとも、目をつむらず、起きた事と向き合う心の強さを育ててもらっていた。

波乱万丈であっても、自分の人生体験では想像すらできない方々とのご縁が広がっていった。目の前のクライアントの状態が楽になる方法を観つける、それが、実践だった。

 

7年前のコンタクトが、今でも新鮮に感じるので、ご紹介します。

コンタクト集 踏江指導霊コンタクト (2009/09/30)
見渡しなさい もうそばで 共に在る人がいます

足元は 見なくてよい

足元は しっかりと大地に繋がるだけで 整ってくる

今は 見つける為に 心のわだかまりを捨て 心を広げ あらゆる人と関わるように

命はかけなくてよい

人は 支えられ支え 与えられ与えている 存在だから

もっと心が豊かになる事で 現実の幸せは すぐ手に入る

心にあるわだかまりを捨て 広く誰とでもかかわっていくよう

コンタクト集 踏江指導霊コンタクト (2009/10/6)

山に登るような感覚で、今を超えるのではない

丘を目指し先が見えないが、楽しく登って行った先は、高い高い絶壁だった。

向こうの世界は想像もつかない霧の中

それでも今度は、飛び込むだけで、その世界に入れるのだ

飛び込め、飛び込め!

後先考えず、飛び込め!!

行った先は別世界 行った者にしか分からない別世界 われわれ全てが勧める別世界

しかし、帰る保証は無い別世界

行った者しか体験できない別世界

コンタクト集 踏江指導霊コンタクト (2009/11)
新たな時代の幕開けは全てのものに訪れる 宇宙は進化しているのだから 進化とともに 新たな世界となっていく

人も動物も木々もそして 地球も

このままでいいという概念は 宇宙にはない

常に振動し変化している事が 宇宙の在り方

さあ 意識して 全ての思いを捨てなさい

そうすれば宇宙の在り方と 一体化する

進化し続け 膨張し続ける宇宙と一体化する

***********************************
何かを手に持って 我を感じ

もった物を手放して 我を感じてみれば 良いだけだ

何かを手にした時 我がものと 思うのも 思わないのも 今の在り方

もった物を手放した時 寂しさを感じ 手放したくないと思っても 何の執着がないと思っても

それが 今の在り方

手放した後は 全てが過去の事

今 この瞬間のあるがままには 過去はもうなし

同じことを繰り返すという思いは 過去の思い

在るがままの 今ならば 過去はもうなし

***********************************
ひとひらの雪が舞い降り 地には 光の白き天使が 乱舞する

人々は寒さで縮みながら 心は喜びを感じ取る

命とは そんな時に輝けり

命の輝きは 人間社会の価値には見えず 見えぬ価値のみ

身体と共に在りたいのなら どのひと時 尊く在れ

人は気づきながら実行せず 分かる領域を狭めている

どのひと時も 有り難く尊い在り方を 真に行えば 溶けてくる事も多い

天から雪が舞い降り 人々は 心に喜びを感じるように

***********************************
つるべ落としの このひと時の流れの時が 非常に怪しげな 光を放つ

その光は 一瞬にして 消えていく

その光の速さが 心を奪われる

その光を見失ってしまったとあせると その光は 尊く美しいものになってしまう 

そのような 思い込みは 世界をつまらなくしてしまう

全てが 光が美しいものではない

怪しげな光は ただ怪しげに 人の心を打つものだというだけでいい

気にくわない光も 曖昧な光も 美しい光もある

そうただ在るだけ

それだけで よしと思えば これからも 思いもよらないものから 光が出てくる事に気がつく

そのエネルギーを これからは 楽しみなさい

お読みいただきありがとうございます。

踏江みつ子

コンタクト 『現実に起きることは、あなたの道しるべ』

特定の人に対して降りてきたコンタクトですが、ご紹介します。

*人との信頼関係を築きそうになった時、ご自分の強きが表に出て信頼関係を壊してしまう癖がある方が、人を信頼すること、大いなる存在に委ねることを始めた時に降りたコンタクトです。

 

コンタクト

さあ、夢から覚めた気分はどうだ。

重苦しく狭い世界の夢だった。

しかし目が覚めてみればそれも懐かしく、よき世界だったと分かるであろう。

そこにいることが必要だったということも。

賢いあなたならば、それがわかるだろう。

しかしその賢さは、あなたの深淵なる智慧の邪魔となる。

智慧は賢さが及ばないほどの世界だ。それも薄ら気づいているか?

さあ、気が絶するほどの深淵なる己の世界への旅立ちが始まった。

友はいる、道案内もいる、生きる場所もある、何の心配もいらず、その道を進むがいい。

現実に起きることは、あなたの道しるべとなるであろう。

現実を区別せず、排除せず、すべてを受け入れるところから始まる。

成長は拡大すること。成長は永遠に続く。

それが宇宙の真実。

コンタクト  『内に隠された世界が開かれた時』

特定の人に対して降りてきたコンタクトですが、ご紹介します。

*虐待を受け、体も心も委縮し、怒りや憎しみの心が自分を覆い、
そして、その心を観つめるのが耐えがたくなり、怒りや憎しみは奥にしまい、
自己否定心が表面を覆い、
自分を守るために、人を排除し、殻にこもっていた方に降りたコンタクトです。
殻を、少しづつ脱ぎ、恐れる心で、周りを観るには、心を開くことにより希望が生まれると信じるところから始まるのです。

 

コンタクト

内に隠された世界が開かれた時、今までなぜ苦の状況があったのかが理解できるだろう!

内に隠された世界が開かれた時、これからの己がいかに常識を超えたものの見方を手に入れ、自由なる世界を切り開いていくかがわかるだろう!

内に隠された世界が開かれて、その自分になれた時、もっと奥に隠れた己がいることが、微かに、けれども確実にあるとわかるであろう!

そう、隠れた己は、次の世界を開いていく力だ。

どんどん自分を切り開き、そのことを証明し、他の者たちをも切り開いていく力を身に付けなさい。

あなたの深淵の世界に眠っている知恵を解放するのです!

 

 

<コンタクト>

人を知るには人の愛を通して神の愛を知ることから始まる。

人を愛しなさい!

人を思いやる前に人を愛しなさい。

すると、愛に実感が沸き!人に実感が沸き!自分に実感が沸く。

実感はそのもののあり方の実を感じること

愛することは押しつけではなく、愛することは耐えることでもなく

ただただその存在を認め愛おしむこと

そうすれば己自身を認め、愛おしむことができるだろう

あなたは 愛されるべき存在 

愛すべき存在 

そして 愛を体現出来る存在である

 

お読みいただきありがとうございます。

朝の散歩

久しぶりのハーブ園

カレーの香りに包まれ夏の花々を堪能出来ました。

蜂も蝶々もお食事中です。

下越病院Heart Window Art 沢山のご参加ありがとうございました!

昨日の下越病院の絵の教室は、今までで一番の参加者でした。

初めて参加された方からのご感想

「楽しかったです。

渦の向きで本当に変わるのがわかったし、自由に広がる感覚!

でもただ広がるだけじゃない自由

自分の知らない面を教えてもらって、なんだか楽しみになった

自分の事が一番自分がわからない」

そんな風に伝えていただきました。嬉しいねと全体を管理してくれている真帆さんとやり取りしました。

 

教室では、みきちゃん5歳    ひまちゃん6歳   そうまくん9歳 みんな自由な絵が描けました。

平均年齢がぐっと若く、エネルギーが部屋いっぱい弾けていました。

全体写真と、お菓子を配る子供達です

image

image image image

新潟下越病院で、Heart Window Art 展

新潟市の総合病院  でのHeartWindowArt展始まりました。

今回は弾むエネルギーに満ちています。

救急室・検査室の廊下です。

生きよう、回復しようとする命と絵たちは呼応するでしょう!

この廊下を歩いていて心が温かくなります!

最年少みきちゃん5歳   そうまくん9歳の素晴らしい作品も見応えあります。

自分の体験は、人生の教科書!

人生のつらさ

痛みを持って、話してくれる言葉は、同じ痛みを持つものの心のおくまでやさしくクリームを塗ってくれるように、心をなでられる。
傍にいてくれるだけで、暖かい。

たかまさんのブログご紹介します。
みんなで寄り添い、助け合いたい。
病気を治すことはできなくても、寄り添うことはできそう。
押し付けでなく、同情でもなく、ただ、傍にいたい。

教科書

職場の友人にガンが見つかった

 

三男と同じ年の息子さんが一人いる。

赤ちゃんの頃から一緒に病院の保育園に通い、中学まで一緒…

ずっと仲良くしていた

 

私の顔を見て自分から病気の事を伝えてくれた

見つかったばかり…体調もかなり悪い…

 

私は自分の経験。

そして

ひまが言った言葉。

「本気で生きようとしなければ

この病気には勝てない」

 

「もう良いかな…」と思った時期もあった

 

そんな話をした…

 

三男は早速友達に連絡

「大変だけど頑張れ」と。

母が病気になって支えてきた先輩としての言葉。

友人も息子さんも嬉しかったと…

 

8月に入ってからすぐの出来事

 

踏江さんからの言葉

 

「生半可な時代ではないと言う事ですね。

たかまさんの生きる姿勢は、希望を与えます。

でも、今のたかまさんの意識になるには、たくさんの覚悟を越えています。

思い出してください。

 

楽に乗り越えてはいませんでした。

 

人のサポートは、自分の体験一つ一つが教科書です。

怯えていた心を越えるにはどうしたか?

子供たちがヒーリングし、体に関わるには、どんな気持ちを越えたか思い出してください。

 

それが、ガンが見つかった方の力になります。」

 

思い出しながら…

思いを伝えている。

私の全ての経験が学びとなっている

 

Heart Window Art 長岡・新津

パワー全開。個性炸裂!

image image

癒しフェア ありがたかったです!

癒しフェア わっぽーにお立ちよりいただき、お声をかけて頂いた皆様、セッション・ヒーリングをお受けいただいた皆様、ありがとうございました。

今回の癒しフェアでは2日間で32,084名の方にご来場頂いたと事務局から連絡を頂きました。
実に楽しい体験でした。

エネルギーの影響で頭痛やめまいがあった方もいらっしゃいましたが、その刺激も幸せな刺激なのだと思います。

参加させて頂き、自分を外側から観つめたり、あの広い空間でエネルギーを維持し拡大する方法を編み出したり、他のブースを回り、癒していただいたり、お話し伺ったり、学び多い2日間になりました。何よりも楽しめました!

来年また、参加したいなと思っております。

ありがとうございました。

image

大いなる智慧を引き出す必要に迫られている

あまりにも次から次から世界中で事件が起き、先に起きた事の結果が出る前に、皆の目が違うところに向けさせられる。そんな印象を持ちます。

何故このような事になのかと思い、現実に起きている事を誤魔化そうとしても、できず、説明も出来ない事ばかりが多くなっています。

物事から目を離さず、心は自由にいるには、集中力が必要で、それが継続していきにくい感じを受けます。

自分を知る事が、どれだけ大切か、本当に切実に感じています。
どのような状況になっても、自分を生き切るには・・・

 

人が信じられなく、自己否定が強く、けれども自分に対して特別感があり、大いなる存在を求めながら大いなる存在を否定なさっている人がいました。しなくてはいけない事が重なったりすると、頻繁に頭が真っ白くなり、体も意識もフリーズするパニック状態に陥ってしまい、もうすべてを終わりにしたい、誰ともかかわらないで、静かに生きていたいと言葉にしていらっしゃいました。

 

奥にあるものを開放しなければ、心が壊れそうな状態でした。

 

子供のころをリーディングすると、2~3歳のころすでに人が怖く、人を疑い、神に対しても否定観がありました。

 

何があったかを読みます。

 

人の奥はとても複雑ですが、人生のその瞬間はシンプルにして、
焦点を明確にしそこに集中していながら、抱えきれなくなった時、抱えきれないものを持ちながら爆発すると、それを超えた領域に行くことが分かった内容でした。

 

過去世を読み終えたご本人は、人が怖くなくなり、用もないのに人に逢いにいき、人が恋しくなってきたと話します。

 

パニックに陥る感覚も無くなりました。

 

自分をみつめ、もっと奥に入るには、大きな存在に身を委ね、そこから、人が考える事もできない大いなる智慧を引き出す必要に迫られているように感じています。