月別アーカイブ: 7月 2015

Heart Window Art 2015  エネルギーアート展

Heart Window Art展を新潟で開催いたします!
皆様のご来場、スタッフ一同お待ちしております。

3か所開催
アオーレ長岡  『協同センターギャラリー』10/1~6    『ホワイエギャラリー』10/7~11
新潟日報メディアシップ  『日報ギャラリー えん』 12/1~14

scan-001scan-003

 

 

 

 

 

 

 

Heart Window Art 2015
エネルギーアート展 -心の宇宙を覗いてみてください-

アオーレ長岡      新潟県長岡市大手通1丁目4番地10

『協働センターギャラリー』    10月1日(木)~6日(火)
入場無料 8時~22時 初日12時open 最終日11時close ワークショップ 交流ホールD 10月1日(木) 13時~14時 参加料金お一人1000円(スケッチブック・クレヨン込)

『ホワイエギャラリー』      10月7日(水)~11日(日)   入場無料 8時~22時 最終日17時close
ワークショップホワイエ会場内9日10日11日 1クラス各1時間 10時~ 13時~ 15時~
参加料金お一人1000円(スケッチブック・クレヨン込)
新潟日報メディアシップ  新潟市中央区万代3-1-1 メディアシップ2階

『日報ギャラリーえん』 12月1日(火)~14日(月)  入場無料
10時~18時 最終日16時close

 

Heart Window Artとは   クレヨンなどで単純な線と色のパターンを無心になり反復して画くことで,その人の内側に溜まっていたエネルギーが開放され、心が軽くなっていくエネルギーアートです。 日常から解き放たれ、自由に手を動かし、体を動かし、画いている世界に浸っているうちにその人の内なる宇宙(世界)が紙の上に現れてきます。Heart Window Artは内側から湧き上がるもので画く世界ですので、子供も老人も、健常も障害も、誰でも皆自分を表わす事が出来ます。画かれた絵は作者や人々に勇気や元気、自信など沢山のプレゼントを与えてくれます。表わした絵によって自分を知る事ができるのです。
わっぽー 踏江みつ子

 

工房活動紹介  新潟市 新潟市万代市民会館 新津地域交流センター 下越病院
長岡市 長岡中央公民館(さいわいプラザ)
関東  東京(東京駅前) 千葉県松戸 千葉県市川

Heart Window Art県内工房活動ご案内
長岡市中央公民館(さいわいプラザ)13時~15時7/2.8/6.9/3.11/5.12/3
(木曜日)
(10/1 13時~アオーレ交流ホールDにてワークショップ)
新潟市新津地域交流センター   16時~20時7/3.8/7.9/4/10/2.11/6.12/4 (金曜日)
新潟市万代市民会館2階  17時30分~19時30分 7/4.9/5.10/3.11/7.12/5 (土曜日)
新潟市下越病院会議室   18時~20時7/6.8/10.9/7.10/5.11/9/12/7 (月曜日)

出展者 コメント

長井知子
絵は描き手そのもの、踏江先生はそこからその人の個性や可能性を見事に読み解かれます。知らなかった自分と出会い、課題に向き合うことで生き方にも変化が及ぶのです、ひょっとしてカウンセリングより効率が良いのかも知れません。描かれた絵には見るものを圧倒する不思議な力強さがあると感じており、それも大きな魅力だと思っています。

若狭浩吉
Heart Window Artでは、絵を描きながら、意外な自分を発見することがあります。その時の感じは、本当に心の底から沸き上がる充足と広がる幸せ、そして生きていることのかけがえのなさを体験するのです。できた絵を観て泣いたり、笑ったりすることもあります。そんな自分を知ってみんなで共有できる素晴らしい世界がHeart Window Artです!

高橋真帆
「この絵が浮かぶの?」聞かれた私自身が一番わからず不思議…何と無く画像と色を感じ、絵になっていきます。その絵から今の状況を理解し、もっと深く奥の自分に入る為のアドバイスを与えるのが踏江先生です。隠しておきたい本質までも「あらわ」になるので本能的に拒否する人もいます。私は絵に現れた自分にびっくりしワクワクしながら絵を描いています。

YUKA
私の思考回路は、支離滅裂です。私の絵も支離滅裂です。まとまることがありません。私の魂は、他者だけでなく意識の私にさえ理解されなくていいから、表現したいと言います。私が私の人生でしたいことです。この文章を書いていて、涙が止まりません。私は、生きるために絵を描いています。

主催 わっぽー   共催 株式会社ファルマフェニックス  わかさ鍼灸整骨院
協力 医療法人社団 ささえ愛よろず
連絡先 わっぽー代表 踏江みつ子 Tel 080-1301-4228
わっぽーHP mitsuko-fumie.com

金澤翔子さん書 『飛龍』の前で画くエネルギーアート

今日はHeart Window Art市川工房
金澤翔子さんの書 『飛龍』が今日のお昼ニューヨークから四国を回る旅から帰って来たばかりで、しまわれる前に飾って頂けたので、そのエネルギーを受けて絵を画くことが出来ました。
夢のようです!

メッセージは、「場を整えなさい!」
すぐに、周りをかたづけ、緊張して始めると、シュッシュッとエネルギーは飛び出し、金粉が舞い始めました。
パステルの粉も舞うので、畳を拭きながらの工房活動となりました。

IMG_0529IMG_0534

 

 

Heart Window Art終了後、『飛龍』は旅の疲れを取るように箱にしまわれ眠りにつきました。
感謝!!
興奮冷めやらぬ今宵となりました。

マタニティーチャネラー養成講座個人セッション

妊娠6か月から臨月前までチャネラー養成講座を受けられた方が、無事出産したとご報告くださったので、早速ベイビィに逢いに馳せ参じました。

 

 

 

母子ともに元気で安心しました。
この子を見て不思議な感覚がしています。自分がお母さんになったのか実感がないと話していました。
私もそうでした。
授かりものなので素直にそう思えます。
大変な事はいっぱい起きますが、大いなる存在が常にそばで観ていてくれると実感していれば、どんな事も乗り越えていけるでしょう。
ベイビィと一緒にチャネリングしたり、彼女が知っている世界を教えてもらったり、これから楽しみが沢山です。
二人でチャネリングレッスン来そうな感じでしたから、とっても楽しみです。
もうちょっと大きくなってからでしょうが、私も楽しみが増えました。
おめでとう!

ありがとう!

 

 

 

 

Heart Window Art東京工房

真夏の太陽ぎらぎらですが、エネルギアートに集中する時間がとても嬉しいです。
あっという間の2時間でした。
右上のTOMさん バナナを描こうと始めたらこうなりました。とさ!面白すぎ。
そういえばバナナの房にも見えてきました。
みんな自分を掘り下げています。それは楽しい作業です。

2015/ 7/25 15:52

2015/ 7/25 15:52

2015/ 7/25 15:02

2015/ 7/25 15:02

2015/ 7/25 15:02

2015/ 7/25 15:02

2015/ 7/25 15:13

2015/ 7/25 15:13

2015/ 7/25 15:03

2015/ 7/25 15:03

2015/ 7/25 15:41

2015/ 7/25 15:41

皇居に行きました  ②

そこに立たなければ見えない景色があるように、感覚が開かなければ聴こえない言葉、感じる事が出来ない世界がある。

思考がゆったりとし、感覚がさえてくる、皇居はそのような場です。

image

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

この大木からのコンタクト

この場所で命の数を数えると、把握しきれないほどの数である。

命は重さではなく、うごめく力
上がるところは上り、下がるところは下がる
立ち上っていく力がある。

高まっているところに立てばうごめく力を最大限にすることが出来る。
自分の個性を引き立たせることが出来る。

聞け聞け 今 聞け
智慧を 地球と共に生きる我々の智慧を
そこには 人間の時間を超え 智慧を知る事を求め続けて在り続ける在り方を表わされている
聞け聞け命を超えるには この在り方を投影するが良い

 *

木にはなれない
木は木としているわけではない

その宇宙観を知るが良い

長く長く生きると言う事を知るが良い

人が求めている長く生きると言う事は
大地を汚し 利己に走り 他を見下し 己の虚栄心を開かせているだけ
本当の長く生きる生き方に立っていない
長く生きるとは沢山の命を頂き
沢山の命を生み出している
小さな花々に喝采をし
雨に感謝し
天空に想いを飛ばし
この地から宇宙を感じ
宇宙の成り立ちを自分の中に見出し
地球と言う大きな智慧の一部を知る事を長く持ってあり続ける
これが長く生きる者の在り方
そこに至らぬものは 至らぬで
自分の花を開かせて朽ちるだろう
長くあり続けるものは その覚悟と たゆまぬ勤勉さを持っていくだろう

 

生きる覚悟を教えてくれた
謙虚さを持って むやみに生きるのではない覚悟の生き方を教えてくれた
二人で 智慧に感動し 感謝し  その後も語り合う

この日の〆
お蕎麦屋さんの前のお店ののれん  赤と白と黒 日本の在り方の色
image

皇居に行きました!①

時代が大きく変わる今だから、どこかの場に立ち、次の時代に向かうためのメッセージを受け取る必要があると伝わってきます。

7月19日日立野外セミナーを中止しようとしたら、頭の上から圧がかかり??場所を変更し、19日は皇居に行くことにしました。OKが出ました!!とみえさんと二人旅です!なぜに皇居か?  変わる今だからでしょう!!

東京駅からスタート
image

 
歩道に立っている赤いTシャツに黒いズボンのお二人(赤いTシャツのグループの方々が13人くらいすれ違っていたと後で気づきました)、と朱のタクシィー 赤い色はこれからも続いて現れた。赤と黒と白 この日のキーワードでした!

image

 

 

 

 

歩きながら、不穏な時代、人は何を掴めば良いのだろうとつぶやく。

<コンタクトは青字>

それもあるあれもある
在るからよけるのではなくて その上に立つ
感じる事が大事
感じ取る感じ取る
感じ取らないと メッセージが受け取れない
木と空と太陽と光 風や 虫の声生き物の声命の声を感じ  ゆったりとして歩く事


コンタクトが終わった瞬間、「自転車の方は気をつけてわたってください~!」とスピーカーでどなった声が聞こえました
意識しないと風や光に浸り味わう事がしにくいぞ!と言われたようなタイミングでした。
不安に埋没しないためには、感覚を開き、もっと大きな自然宇宙を目の前の自然で感じるだけで、本来の人間に戻り、人が創る出した不安の世界から脱却することが出来るのだろう!と思いました。

和田倉橋を渡り噴水公園に入ると空が広がり心地良いです。
image

 

 

 

image

 

 

 

 

 


門をくぐった瞬間 別世界になる

ざわつきは取れ、聖域に入った観がある。
どこまでも広がる静けさを感じ、メッセーシは存在すること生きる事を教えてくれる。人種も性別も貧富の差も受け入れたうえで、もっと人として生きる事を伝えようとしてくれる。
どこまで受け取れるかわからないが、今できるだけを受け取ろうと覚悟して。

人間の根源を観る

命の尊さ

命がなくなる事に囚われないほどの尊さ
蝉の人生  地下に長くいて 短い限り生きて死ぬ 個ではなく大いなる命の連続性
木の人生  長い人生だけれども朽ちる 無くなる事は当たり前 我はなくなっても在る

自分の命・・・・・

日本は命の尊さの根底が分かる人類  のはずだった・・・・・

自分は守られている  それはみんな平等にある事
自分は恵まれている  それは知らない世界が多い事

観ると言う事を研ぎ澄ます
緊張感を持ってもっと観る事をすると
生きている在り方が大きくなってくる
共に生きると言う事は
自分を表わす もっと表わす 
それでいて他も表わす
競争すると言う事ではない
自分も他も表わす
大きく表す 大きく表す 大きな声を出すではない

そこには戦争と言うものはない
人種が違っても言葉が違っても 表わす 表わす
これ以上大きくなれなくなった時
もっと表わすものが巨大になってくる
もういいと表わす事をやめたものは満足して小さくなっていく
大きさの違いは 始まる 個性の違いとなって

隣にある共にある

自然の摂理(植物の世界)は大きくなるとこをあきらめたものを もっと大きくなろうとするものが呑み込むこと
それが競争に負けたと言う事ではない
本人はこれ以上大きくなりたくないと満足しているから
観える形として  成長が止まったり 朽ちていくだけ
それは終わりではない
そうなっただけ
全てのものがその過程を経て 満足して 朽ちるだけ
今日も感じる事

大きくなる  満足して 朽ちる
それが  生きる力死ぬ力

IMG_0505

 

アジサイ
朽ちる姿も 味わいがある

 

 

image

 

 

堂々としたモミジの木

魔がさして そして 気づく!

いつも前向きで、どん欲に学ぶ方が、どよ~~んとしており、反応が悪く、チャンリングしてもちょっと後ろ向きなメッセージを受け取っており、違和感を感じたので、その違和感を伝えても伝わらない状態が続きました。

7月は心に湧いたわずかな想いが形になりやすく、本人が気づかぬうちに自分が願ってもいない方向に進んでしまうと聞いておりました。
それがまさに起きていたのです。
ご親族の自死を想いだし、忙しい日々で疲れ、もうどうでもいいと思い、今日来る途中電車の人身事故の影響を受け不安定になった結果でした。

どうすれば心を切り替えられるか私自身チャネリングします。

このままこの方を帰す訳にはいかない、とても危険な状態と理解し、これを脱するにはチャネリングしかないと必死になりました。

私がメッセージを伝えても遠くに行っている魂に届きません。
ご本人が神と繋がっていただき、その神が内側から強く本人に響かせてもらうしかないと対話を始めました。
「神ご自身も強く本人に伝えてください!」

本人の自由意思
「人が魔の間につかまっている時はどうしようもありません、内側から本人が気づけるよう強くアプローチしてください。人も必死に生きています。でも、辛すぎると逃げたくなります。どうか神も本気で気づきを与えてください。人がいなくなれば、神も人に智慧を与える事が出来なくなります。今、本人に届けてください。生きる事を!神の愛の力!」

感謝する「感謝する」「感謝する

この言葉を出し始めてご本人の頬に涙がこぼれてきました。
エネルギーが変わってきました。
届きました。
目を開きやっと瞳がしっかりしてきました。

ご本人も
「やっとここにいると実感できます。そういえば、死と言う事に対して恐怖心が浮上していました。生きる事もどうでもいいと思い始めていました。神の言葉を出していて、最初は人ごとのようでした。遠くで聞いている感じ。段々はっきりしてきました。危なかったです。」

帰る頃には、別人のようになっていました。
人生の方向を大きく転換する覚悟をしていらっしゃいました。

「もう迷いはありません、どんな方法をとろうかと考え始めました。挑戦者になります。怖いけれども、学び進みます。実践します!!」

本当に良かったと実感しています。
この状態は他人ごとではありません。
疲れからこのような状態になる方もいらっしゃいます。
人の言葉を受けショックからこの状態になる方もいらっしゃいます。
逆に、わずかな希望が自分を大きく進化させてくれることも起きています。
自分の想いがすぐに自分に帰ってきます。それも思いもかけないほど大きくなって戻ってきます。

世界中の人にあなたはどうする?と問を突き付けているように感じます。

あなたはどうしたい!?
私はどうしたい!?

自分の想いに責任を持つ時代です!

そして、迷ったときにはチャネリングするしかないです。
自分自身の真我が自分を助けだしてくれるまでチャネリングしましょう!

病院で展示

昨日、下越病院Heart Window Art 展 搬入終了しました。前回より少し刺激エネルギーの高い作品を揃えてみました。
絵のエネルギーが賑やかに動くので、絵の位置を15センチ上にあげて展示してみると、通路の上の方で光がうごめきそして全体に広がっていくので、歩いて心地良い空間になりました。
絵の表情は一刻一刻と変化していきます。エネルギーの広がりも空間を超えていくでしょう!職員のメンバーが日々絵に声かけをしながら、絵からも人からもも らったアドバイスを聞けるのが楽しみです。2ヶ月間楽しんで頂けると思っています。空間制作をしたメンバーとメンバーの息子さんです。
絵を描くのも自分を知る事が出来るので楽しいですが、絵の空間創り、インスタレーションもとても楽しい作業でした。
今日千葉に帰ります。濃い新潟滞在でした。
ありがとうございました。

image image image image image image

エネルギーアート Hreart Window Art 新津 

今年は皆さんの成長の速度が速いです!

毎月ハッキリとした変化を感じ先月の絵を思い出しながら、今月のテーマを見つけ絵で表現するサポートをしています。

言葉を超えた原語がHerart  Window  Art だと痛感しています。

image

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

テーマは「睡眠の入り口」

制作中

image

 

 

DLばんえつ物語号

新潟から急いで新津に向かうので、ばんえつ物語号に乗りました。一駅の旅になりました。

image image image image image

エネルギーアート Hrart Window Art 長岡

初めての方も2人参加して、いい緊張感のある工房日でした。

image