月別アーカイブ: 10月 2014

新潟日報新聞

28日新潟日報新聞にHeart Window Art展の紹介を載せていただきました。

nippou20141028

 

 

 

 

新潟日報社 メディアシップ ギャラー 『えん』
11月18日~12月1日
同時開催
砂丘館 『蔵』  11月20日~24日 20日14時open ☆
心の扉を開くとそこには自分の宇宙があります。みんな自分の世界を画いています。
10人の宇宙絵が同じ空間におかれる今回の展覧会、会場構成も楽しみです。どんな風に絵が動き出してくるか、どんな空間になっていくのか、出展者みんなで 楽しみたいと思います。そして、見に来て下さった皆さんとご一緒に空間を動かして行けるワークショップにしたいと思います。
皆様のご来場をお待ちしております。
展覧会ご案内はこちら

出展者からの声

映画「かみさまとのやくそく  胎内記憶」

未来医療研究会主催 映画「かみさまとのやくそく」上映会+シンポジウムに参加します。

2014年11月3日 11:00

東京都 千代田区 星陵会館

ゆったりの一日

3日間お仕事が入らず、ちょっとゆったりできたので、網戸洗いと窓ふきを決行しました。

お日様ピカピカで、窓枠もIMG_0248ピカピカ

久しぶりにほっとする一日になりました。

 

 

 

気持ち良かったので、宮崎のヒーラーに電話して、久しぶりに懐かしい声を聞き、霧島の入山規制や道路封鎖のお話し聞き、えびの高原の美しい景色を思い出していました。

 

これから、絵画きましょう。

11月6日~11日新潟に行きます。

新潟の皆様よろしくお願いいたします。

11月6日長岡市
11月7日~11日新潟市の予定です。

新潟セミナーご案内 11月8日(土) 13:00~ 16:00 新津地域交流センター
内容は過去のセミナー内容をご参照ください(過去のセミナー内容です)
(参加料7000円講座参加者5000円)

縄文式チャネラー養成講座基礎コースご希望の方はご連絡ください。

*   *   *   *   *

個人セッションご予約賜ります。
また、下記以外でご希望の方はご一報ください。
調整が取れる場合もあります。

個人セッション空き情報 (10月24日現在)
ご連絡お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

11月10日(月) 15:00~16:30  フェニックス調剤薬局2F (秋葉区滝谷町)

ご連絡お待ちしております。

Heart Window At教室ご案内

11月6日(木)    13:00~15:00   長岡中央公民館さいわいプラザ工作室
11月7日(金)    16:00~20:00   新津交流センター 和室1
11月10日(月)   18:00~20:00   新潟下越病院別棟会議室5

Heart Window Art教室では、落書きのように絵を書きながら、少しずつ隠れた自分の個性を引き出し、隠れた感覚を引き出す作業をしていきます。それは、知らず知らず に内なる声に触れ、直感力を高められるでしょう。ご質問等お気軽にご連絡ください。ご予約お待ちしております。

Heart Window Art教室 お一人様 1500円
クレヨン・スケッチブックをご持参ください

長岡教室風景

IMG_0164

 

 

 

 

11月17日からのHeart Window Art展の作品も制作

IMG_0167

 

 

 

IMG_0168ちょっと部分だけ拝見

 

 

 

080-1301-4228  踏江みつ子

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

木と木

昨日のチャネラー養成講座で、木とお話しするため雑木林に入り、それぞれが今の自分のテーマを木からヒントをもらってみる事にしました。
(養成講座は野外に行き木と対話する日を入れています。場所が近くにあれば古代遺跡にもいき、チャネリングするレッスンを取り入れています。昨日の講座は目の前に雑木林があるのでありがたかったです)
どんぐりが沢山落ちていた地面は、落ち葉も積もってふかふかのじゅうたんのように柔らかでした。気持ち良かった。
Aさんのテーマ 我が強い自分と分かり、人とのコニュニケーションの取り方を悩み、「我」についてきいてみます。
ナラの木は、「我はある!」と言っているようです。
大きな木が何本もある林で、ちょっとねじれた我の強そうな木にひかれるみたいと、自分の好みも分かってびっくりでした!

Bさんのテーマ 家族との関わりで、今までと同じ方法を取っていると、自分が壊れそうになる。
距離を置きたい。でも、してあげたいという気持ちが湧いて中途半端な状態になる。
冷静に接することが分からない。

木に接し、お話ししてみると、太い木も細い木も、振動してさぁーっと昇っていく感じがして、これを言葉にすると、「循環」の感じを受け言葉をもらっていました。

Aさんが最初に選んだ木を感じたBさんも、この木は自意識が強いです!とこの木の個性をお二人とも同じように受け取っていました。
優しく包んでくれる木も隣にいました。

 

若いコナラの木とクヌギの木が隣り合ってくっつかず、ほんのわずかな距離を持ちながら、のびのび~っと大きくなっていた2本の木を見つけみんなで感じます。

まるでダンスを踊っているようです。こんな風に関わり会えたら、その姿は美しいねと強く実感しました。
2014101815580000

 

 

 

 

 

 

2014101815580001

 

 

 

 

 

 

 

ごつごつ肌のクヌギの木はすっくと立ち、若い木を慈しむように体をうまく回転させ、つるつる肌の若いコナラ?の木は両手を広げ上手にちょっとずつ回転しながら枝を伸ばしています。伸ばした先に倒れ掛かった細木(2本の木とは別の木)を支えていたのです。
なんと!

自然の木々は助けるのも、枯れ落ちていくものを静かに見守るのも、特別なことではないというふうに、静かに淡々と人生ドラマを表わしていました。

人が目を向けなければ通り過ぎるほど、さりげなく。

2014101816000000