月別アーカイブ: 8月 2014

ちょっと振り返って、、

ちょっと前のセミナー資料を読み返してみます。
8月、7月、6月 たった3ヶ月ですが、長い旅をしてきたような感覚です。
時代の流れが速いことが、振り返ってみると改めて実感できます。
8月はとにかく災害が多く発生しました。セミナーのあと広島の災害も起きています。どこにいてもいつでも、自然の猛威(愛のむち)が振るわれるか分かりません。ほんとに。
だからこそ、今の命を生き切りたいと想います。
*  *  *  *  *  *  *  *  *  *
8月13日千葉セミナー資料
2014年立秋を過ぎ、新たな感覚の世界に突入してきたように感じます。
一つは、物事があらわになって来た事。
人の心も
自分自身の質も
方向性も
二つ目は、時代が向かおうとしている流れが、今までは多様性と言う方が出来ましたが、これからは、大筋の幾つかの流れが他の流れを飲み込み、多様性ではなくなる気配を感じます。
人が方向性を作っているようで、流れが流れを産むように感じます。
人が始めた事が、人を飲み込んでいく
二つ目は、明らかに、次の時代のものの考え方、捉え方が既に始まっていると言う事です。

時間の流れ人生命を、一つの方向として、こちらから向うへ向うと言う考え方から、球体で捉える事をコンタクトを取りながら行っていきましょう。

 

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *
7月2日千葉セミナー資料

集団的自衛権
これを通す政治体制になるとは、5年前に想像だにできませんでした。

大きなうねり、大きな地球の流れ、人類の止まらぬ欲望
それを観て、絶望で死んでいった人はどれだけいたでしょう。
息子の過ちを諭していた母親は、今はどれだけになったのでしょう。
本当の幸せを願っている母親は、今どれだけ減少したのか・・・
父親は家族に何を与えようとしているのか・・
子供はどこを見て成長し、どこに向かおうとするのか
7月、なにやら荒ぶれたエネルギーが人に影響を及ぼし、人を動かしているように感じます。

また、本当に自分を隠す事が出来ない時代になりました。
自分を知るにはとってもいい時代です。
母であったり、父であったり、子供であったり、家族の中の自分と
それらを超えた、ただ命ある個性を持った自分を!!

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *
わっぽー2014年6月4日千葉セミナー資料

大変な5月でしたね!!
息つく暇も無く、ひっくり返る事が起き続け、想いがハッキリとした形になっていく6月になりました。
自分でも認識していなかった自分の想いが突然目の前に形になっていくでしょう。
曖昧におさめていたことも、ふたをしていたことも、開かれていきます。
些細な方向の違いも、大きな差となってきます。
自分自身を知るにはとってもありがたい時代です。
今回の人生で奥深くに在る自分を知ってください。
そして、その自分を超えた大きな自分がいるという事を感じてください。
その自分はどんな個性でしょうか?
どんな「大人の魂」の自分がいるのか楽しみです。

兎に角、動きが速いです!
想った瞬間宇宙が動いている感じです。
表現がしにくいですが、打った玉が自分に戻ってくるくらい早くに現象がかえってきます。
自分の想いや、言霊は観察してください。
想いや言葉を止めず、自然にあふれてきたものを観察して、自分を知ってください。

今日もコンタクトに始まり
神の計らいを大いに楽しみたいと想います。
コンタクト2014.6.4
楽しめ楽しめ狂うほど楽しめ
楽しむ行動を抑えないには必要なものがある
それは 楽しむ時の自分を観てほほ笑む自分
楽しむ時 人は周りが見えなくなる位自分の内なるエネルギーが高まる
まるで子供のように
その自分をみつめほほ笑みむ己がいると 
安心して 狂うほど楽しむことに集中できる

棚の上にひょいと置いてあった、半年前のコンタクト 今 ピッタリと想いアップします。いつでもぴったりなのでしょうが、先ほど見つけたので、今なのでしょう!!

人生には多くの体験があるが良い
苦もあり幸もある 苦の状態を
体と智慧を使い
乗り越えようとしている時
運を引きつせる力を つけていく事が出来る
運と言うのは すぐに効果を発揮するわけではない
運が無いと観える状態の時ほど
根底の人間の力を 育てているのだ
人は 単純な事だけでは飽きてしまう 色々な手法を使って
生きる力を 養っていけば良い これから 眠っている 自分の力を披露する時期に入るでだろう
人に希望を与える力
諦めるという大きな決断と 希望と言う希望
(託し 大いなる流れを引き寄せ その流れに乗る力)を見つける
その力を発揮する

新潟セミナー(9月6日)のご案内

募集する間もないご案内で大変申し訳ありませんが、9月6日新潟セミナーを開催します。

新潟でのセミナーは2013年9月22日 わっぽー弥彦神社野外セミナー+縄文の地(馬高)で星との交信ワーク  以来1年ぶりです。

今回のテーマ
①変化が激しい時代 現実を観つめる力を持ち、現実と正面から関われる人になる為の丹田と腰を作ろう!!
②時間・人生を一つの流れと捉えず、球体として捉え、その感覚を実際の生活に生かすには!

これは、ほとんどわっぽーのテーマですので、毎回やっていますが、9月は微細な振動になりそうですので、より強化したいと想います。どういうことかと言いますと、8月までは、はっきりとした形で物事が目の前にドカッとおかれ、そこに翻弄され、絶望したり諦めたりしながら希望の方向に大きくかじ取りをしていたように想います。まだそこに至っていない方も、自分を見つめ、他のせいにせず、ご自分を変える事をし続けていらっしゃれば、それが現実になっていきます。
9月は、物事がはっきりせず、静かな動きに観えますが、実はとても大切なことが動き出すように感じます。
ですので、その力をつけるためのレッスンをしたいと想い、後は大いなるエネルギーに身を委ね、セミナーを楽しみたいと想います。

日時9月6日 13時~16時(3時間)
場所:新津交流センター
参加料金:5000円

皆様のご参加をお待ちしております。

わっぽー 踏江みつ子 080-1301-4228

 

 

8月Heart Window Art教室作品

8月市川教室の風景と作品です。
20140812175900002014081218010000

 

 

 

 

20140812180200002014081218030000

 

 

 

 

長岡Heart Window Art教室の作品
どこか似ている作品群です。

8月Heart Window Art

9月4日~8日新潟に行きます!新潟の皆様よろしくお願いいたします

関東は秋の気温です。
最高気温が23度。
体もびっくり。もうちょっと続きそうですね。
また気温30度に戻りそうですので、体さんとお話しします。
「想定外は想定内ね、しなやかに、強かに、今の状態をゆったりと受け入れようと!」でも、休息をしっかり取り、体を冷やさないよう心がけながらです。

皆様もご自愛ください。

*   *   *   *   *

9月4日長岡に入ります。
新潟の皆様よろしくお願いいたします。

個人セッションご予約できます。ご連絡お待ちしております。
また、下記以外でご希望の方はご一報ください。
調整が取れる場合もあります。

個人セッション空き情報 (8月28日現在)
ご連絡お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

9月5日(金) 13:00~14:30                                 新津地域交流センター
9月6日(土)  9:00~10:30  10:40~12:10  新津地域交流センター
9月7日(日)  9:00~10:30  10:40~12:10  新津地域交流センター
9月8日(月) 13:00~14:30  15:00~16:30  フェニックス調剤薬局2F (秋葉区滝谷町)
9月9日(火) 11:15~12:45              新津地域交流センター

料金:1時間10,000円  1時間半15,000円 延長1時間半以降10分1,000円

 

Heart Window At教室

月4日(木)    13:00~15:00    長岡中央公民館さいわいプラザ303
9月5日(金)    16:00~20:00    新津交流センター 和室
9月8日(月)    18:00~20:00    新潟下越病院別棟会議室6

Heart Window Art教室では、落書きのように絵を書きながら、少しずつ隠れた自分の個性を引き出し、隠れた感覚を引き出す作業をしていきます。それは、知らず知らず に内なる声に触れ、直感力を高められるでしょう。ご質問等お気軽にご連絡ください。ご予約お待ちしております。

Heart Window Art教室 お一人様 1500円
クレヨン・スケッチブックをご持参ください

(ご予約は電話にてお願いいたします)
080-1301-4228  踏江みつ子

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

 

 

 

苦しみの後の・・・

結石で入院したチャネラー仲間の言葉

「なんだかとても不思議な感覚なの
全然揺らがない
人間的感情が無くなったのかな?
それとも人の感情が薄れたのか、いろいろな事が出来なくなっても、そうかとただ受け入れている自分を感じるの。
楽しみにしていたキュプロスへの旅。
母の一周忌。
友達との飲み会。
みんなナシになった。
一回の手術で取れり切れなかったから、もう一回手術を行う事になり長引く入院!
6日間の絶食。
食べる事と楽しむことが無くなることに対して動揺する前の自分だったら思いっきり揺らいでいただろうに、揺らがない。
これは何だろう!

とても静かな自分になった。
今の現実はこれなんだと、淡々と過ごしているの
目の前にご飯が出てきたら本当に嬉しい!それ以上は欲しない」

 

この言葉を聞いて、
起きていることをただ受け入れ、それ以上を望むことなく、あるものを喜び、小さなことに心を弾ませる。
これから自分もそんな風に生きていけたら良いなと思いました。

 

言葉では今までも言っていたのですが、静かな佇まいと、大きな瞳が今まで以上に深くなっていたので、今までとは違う感覚になっているのだなと実感しました。

夜中急に苦しみだして、我慢して我慢して、そしてかんねんして娘さんが病院に連れていき、救急車で違う病院へ搬送された後起きた感覚でした。
息がつまり言葉が出せず、一晩でかなりスッキリと痩せるほど苦しかったのでしょう。

今回命に別状がなく済んで良かったと、密かに神に感謝しました。

 

 

 

 

Heart Window Art展 を開催します!

新潟にてHeart Window Art展 2か所同時開催することになりました。
(11月18日~12月1日*2か所同時は11月20日~11月25日です)
チャレンジですが、出展者、サポーター一丸となって形にしていこうと想っております。
個々の宇宙を開いて自由なると、大きな一つの宇宙になっていくと思います。
会場でもワークショップを行います。体験しに来てください。お待ちしております。

Heart_poster_1

 

―心の宇宙を覗いてみてください―

Heart Window Artとは
クレヨンなどで単純な線と色のパターンを無心になり反復して画くことで、その人の内側に溜まっていたエネルギーが開放され、心が軽くなっていくアートワークです。日常から解き放たれ、自由に手を動かし、体を動かし、画いている世界に浸っているうちにその人の内なる宇宙(世界)が紙の上に現れてきます。幼児から大人まで老若男女問わずに誰にでもできる不思議なアート。思わぬ自分と出会い、そのもっと奥へと旅する絵の世界、それが心の扉を開くHeart Window Artです。

砂丘館『蔵』 11月20日〜24日 入場無料
開催時間 10時〜18時 初日13時open 最終日17時close
新潟市中央区西大畑町5218-1
tel/fax 025-222-2676
砂丘館に駐車場はありません
西循環(12/2A系統)または観光循環バス「西大畑坂上」下車
砂丘館 蔵 にてワークショップ Heart Window Art教室
22日23日24日午前中開催 参加料 1000円 各1時間
(会場にてお申し込みください。空き次第ご参加できます)

日報ギャラリー『えん』 11月18日〜12月1日 入場無料
開催時間 10時〜18時 最終日15時colse
新潟市中央区万代3-1-1 メディアシップ2階

Heart Window Art教室紹介
新潟市新津教室 よろクリデイケア教室 下越病院教室 長岡教室
千葉県松戸教室 千葉県市川教室

主催 わっぽー
共催 株式会社ファルマフェニックス
協力 医療法人社団 ささえ愛よろず
連絡先 わっぽー代表 踏江みつ子 tel080-1301-4228

 

養成講座参加者の体験談です。

養成講座参加者の体験談です。

死神様にあったというお母様のお話しです。

母と子の対話をご紹介します。
魂と魂 そんな言葉のやり取りです!
http://ameblo.jp/mishow-cat/entry-11911641025.html

 

  • 鈴木 和子踏江さん、ありがとうございます。母はすごい回復力をみせてくれています。死神様のおかげだねーーと。他にも面白い話が聞けました。
    今度ゆっくり聞いてください(#^.^#)
  • 踏江 みつ子お 母様ご回復されて良かったです。死神様と接した時に感じたのは「愛」でした。人が光と闇と言う区別をして、闇を怖がり、闇をほおむったのではないのだろう かと思うこの頃です。闇には真実があり、現実を乗り越える力が内在していると想います。このような言葉を外に発する事が出来る時代になったのだと嬉しい気 持ちがあります。奥出雲の山の中で育ったのですが、遊んでいた裏山にはたくさんの闇がありました。その中で、智慧をもらっていたように想います。山の事を 明治生まれの祖父が教えてくれていましたし。  和子さんたくさんお話聞きたいです。  お疲れと想いますので、休める時は休んでくださいね。
  • 踏江 みつ子

 

縄文式チャネラー養成講座基礎コース(9月スタート全5回)募集開始いたします。

来年のクラスまで待てない、早くチャネリングを始めたいというありがたい若者が数人来て下さり、縄文式チャネラー養成講座基礎コースの新しいクラスを立ち上げる事になりました。
そのクラスの募集を開始します。
千葉県松戸市クラス  新潟県新潟市クラス  両方募集いたします。
チャネリングにご興味のおありの方は是非お問い合わせください。
仔細はこちらから

神(真我)とは と言う大それたコンタクト

立秋の8月7日のセッション開始時、よろしくお願いいたしますとご挨拶をしながら手を合わせるのですが、その瞬間におりたコンタクトです。
セッション内容に入る前にこれを受け取りなさいと言う軽~い感じから始まりました。
段々私自身も訳が分からなくなりましたが、その時はこの内容を理解する時間が無く、セッション内容に入りました。その日やらなくてはいけない事がたくさんあったので、コンタクトを頂いたのに失礼だなと想いながら、お見通しでくださったのだろうと解釈しました。
終了後、テープ起こしをお願いし、ここにアップできました。
Iさんありがとうございました。

 

神(真我)とは、自分の「モト」へ近づいていく段階、段階、で啓示を与えてくれる存在です。
あなたが聞く 読む 見る、そのほとんどがあなたの「モト」に行く途中にある啓示なんです。
あなたの方向と違ったものは、あなたは見ていません。逆に言うと、あなたが見ているものは全て見た瞬間、私はこの方向をもっているんだと言う事です。
納得しようがしまいがあなたの方向に無いものは、あなたは見ません。
そう思っていくと今までの自分が得た情報、体験、などかなりの膨大なもので、これが全て、嫌なことも含めて、全てあなたの「モト」に向かう途中段階の事柄なのです。
「モト」にいくという事は、「モト」に向かって拡がるという事です。自分のずっと小さい時から加えて重ねてきた色々な読んだもの、見た映画、演劇、観賞物でもこれだけあります。それから人から聞いたこと、会った人、その人の体験を見てる、というようなことも含めていくと、自分の人生にはちょっとないなと思って外側に置いているようなものもあるでしょう、関係ないと。でもそれも含めて自分の「モト」にある方向に向かう。すると幾つもの線が出来ていく。まったく違うものもありますから、幾つにもできて収拾がつかなくなります。「大モト」は収拾がつかないほど拡大されたものです。それを今のあなたが理解しようと思う方が間違っています。それに気がつきますか?
今の自分が理解できないほど巨大なんだと。しかしそこに一歩近づくと あなた自身がフッと広がります。三歩近づくともっと広がります。今まで拒否してたことが、あなたが関係ないと思ってたことがとても身近になり “それは私自身のことだな” と。十歩も行ってみなさい。今の自分の人間としての持っている力よりも、十倍以上、もっと二十倍、三十倍の大きさになっている可能性がある。
そこが「モト」ではない。もっと巨大なのです。ですから心を開くこと、心を開くことによって、そして自由になること。これが自分自身になる旅なのです。心を狭めようとするものがあったなら、それはあなたの本質ではないのです。あなたの本質ではない。狭めようという力があったなら、ならばこの狭めようとするこのものを見ればいいのです。それは自分ではないと。自分の本質ではないものが、何かがこうしているのだと思えば、しっかりとそのものの本性を見極めればいいのです。

8月17日~19日 新潟・長岡に行きます。

お盆明け8月17日~19日 新潟・長岡に行きます。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。

個人セッションご予約できます。ご連絡お待ちしております。
また、下記以外でご希望の方はご一報ください。
調整が取れる場合もあります。

個人セッション空き情報 (6月27日現在)
8月18日(月)   15:00~16:30           新津交流センター
8月19日(火)   9:10~10:10  10:30~12:00
長岡  長岡市中央公民館(さいわいプラザ)
料金:1時間10,000円  1時間半15,000円 延長1時間半以降10分1,000円

 

Heart Window At教室

8月17日(日)   16:00~18:00    新津交流センター
8月18日(月)   18:00~20:00    新潟下越病院別棟会議室6
8月19日(火)   12:30~14:30    長岡中央公民館さいわいプラザ

 

Heart Window Art教室では、落書きのように絵を書きながら、少しずつ隠れた自分の個性を引き出し、隠れた感覚を引き出す作業をしていきます。それは、知らず知らず に内なる声に触れ、直感力を高められるでしょう。ご質問等お気軽にご連絡ください。ご予約お待ちしております。

Heart Window Art教室 お一人様 1500円
クレヨン・スケッチブックをご持参ください

(ご予約は電話にてお願いいたします)
080-1301-4228  踏江みつ子

 

 

白馬最終日 岩岳

わっぽー長野セミナー NO.6 今日は白馬最終日

岩が浮かんでいたのと、時間が無いことを考慮して、フロントで相談
岩岳に決定!ユリも咲き頃らしい

ロープウエイに乗っていざ頂上へ。
まず百合の群生から

IMG_0133

 

 

 

 

IMG_0134

 

 

 

 

圧倒されるエネルギーがそこに在りました。
最初に行った八方尾根も見えます。
山山の個性が違って、そこにいてくれる。それを強く感じました。
IMG_0132

 

肉眼では、雲がかかっている左の尾根に山小屋も観えます。

 

 

コンタクト
5つの山の神の話し合い
未来・子孫?の事を話し合う
その話に参加する時
全体は鎮まる
五人の山の神の言葉を聞くことが参加
山の神の事を知っている人は
話し合いがある時 山に立ち入らない
知らないで入ったものは
命が無い

 

山の神の話し合いに宇宙の話は出ますか?

 

憧れ

宇宙との交信は
気や鳥や人
命を持っているものたちがする
山は地球であり続ける

 

(喫茶店での岩岳のコンタクト)(以下Mさんテープ起こし文)

宇宙と交信するのは大事じゃない。
交信するのは、木だったり、鳥だったり、命あるものがする。
(なんか泣きそうだねー。泣ける。)
地球は地球であり続ける。
山は地球であり続ける。

ーーー(踏江さん会話)
(お地蔵さんのコンタクトを引用して)
同じことだなぁ。役割がある。
地球は地球であり続ける。
宇宙には憧れるけど、宇宙に飛んじゃいけない。
そういうこと。自分の役割
自分以外に憧れて、自分以外を演じようとしたら、違うんだよね。

今回受けて来た役割が、それなんだものね。(冨美江)


あの大きな山ですらそうなんだもの。
だから、人が自分であるというのは、本気でやるべきだよね。
もっと本気で。
(テープ起こし文終わり)


今回は5名で体験しました。
一人一人の個性が活かされ、互いに織り成して最後まで協力し合い多くの智慧を吸収できたと想います。
長野白馬の山の神さま 地の神様 出会った皆様 本当にありがとうございました。
また、稚拙で読みにくい文章をここまでお読みいただいた皆様ありがとうございました。
白馬を含め長野はまた訪れたいと想っております。
神々がとても近くに感じ、チャネリングはいつもより多く入ってきました。
智慧を、実感を持って理解できるよう沢山の奇跡の体験もさせて頂きました。
もらったコンタクトを繰り返し反芻して、自分の生きる力に変えていかなくてはと想っています。
何はともあれ、超楽しい時間でした!!

ありがとうございました。

 

 

姫川源流

わっぽー長野セミナー NO.5 7月29日
黒部ダム・居屋里湿原・青木湖でもうお腹一杯くらい体験しホテルに向かおうとしていた時、ふっと姫川源流の看板を見つけ行ってみようと言う事になった。

湿原を歩いていくと段々ドキドキしてきた。
IMG_0130IMG_0129

 

 

 

 

この清く豊かな流れは一か所の湧き水から始まっている。

IMG_0127

IMG_0126

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンタクト
湧き出す
産みだす
産めば流れが起き
流れを創りたいなら
産みだせばよい
流れは四方八方起きてくる
一方だけではない

何度もかみしめながらホテルに向かった。
産めば流れは起きる・・・産めばいいのだと!

 

居谷里湿原 

わっぽー野外セミナーNO.4 長野 居谷里湿原 姫川源流

黒部ダムとお別れし、あちらこちらに車を走らせ、最初にたどり着いたのが龍神湖
以前乗ったタクシー運転手の寅男さんから聞いたところにたどり着きました。
でも、そこで冨美江さんがチャネルしたのは、龍につながるのではなくその上のエネルギーにしなさいと言う事でした。

車を感じを頼りに右に左に走らせどこに行くのか分からず、地図を見ても分からず、全くミステリーツアーになってしまいました。
これは運転する方も疲れるのですが、チャネリングする方も、運転手に悪いな~と言う気持ちが湧くし、集中しなければどっちに行っていいのか分からなくなるので、かなり集中力を使い疲弊します。
しかし、どこかへ天が向かわせてくれているので、それを信じ向かいました。

 

たどり着いたのが、居谷里湿原でした。(写真を撮る間がありませんでした)
湿原の中に突然赤い鳥居が現れました。
女神の声で「穏やかな世界いるけれども、・・・動きがとまる」と聞こえます。
それに対しての答えを受け取りました。
すっとした、性別が無い風の感じがする音でした。
コンタクト(以下Mさんのテープ起こし文です)

異次元の世界。
妖精たちのこの世界は、とても神の世界と行き来しやすい。ここの領域は行きやすいが、この次に行くには壁がある。

三方原理を使うならば、、、
この地で二つのもの(妖精か神と自然)でおりなしている限界があるから、そこにひとつのものが入って、その二つの限界領域に刺激を与えるということをするとよい。
この静寂を壊して、次の静寂に行く、ということが始まったとき、いまの、ここにいるこの領域から次の領域へと移行するであろう。
だからこの静寂をあなた方が壊す。

どうすれば良いんだろう??
しゃべればいいんですね

歌って踊る。
神を崇めたて祀るんでなくて、自然と遊ぶことをしなさい。

そうすれば、この二つの織りなしているものが一旦壊されて、次の織りなされることを始める。

私たち人間は自然を破壊しているが

そこはあなたたちが関わりません。
神と自然の織りなすところは、そこは聖域ですから、関わらないのです。
しかし、織りなされているところにあなたたちが関われるのであれば、それは光栄なる”おまつり”と言えるでしょう。

お祭りのように太鼓のようにみんなでリズムを取り、飛び回る!

(質問を受けて)

今日あったことは、神と自然の関係が固定化されていたので、それで女神が次の領域に行きたい、どうすればいいかーーという話でした。

その二つの、三方原理、人、神、自然。これが神と自然が織りなしているところに人が加わることによって、恵みを、三方が織りなして今日の奇跡のような祝福として与えられた。
この原理を使っているから、神と自然がカチッと固まっているときにこの均整を壊すには人がここで騒ぐということをすればいい。近くで、だけど正面じゃない横で。だから自分達が神を変えるとか、自然を変えるとかいう姿勢は違う。

 

この後、青木湖で人々が土地の権利を主張し、湖におりる事が出来ませんでした。
人のエゴを目の当たりにしたのです。
自然と神  人が入ると穢れが起き、元々の力を失っていく様子をみせて頂きました。私自身も、存在することで自然を壊していると実感できました。
だからこそ、感謝だけです。

この日の最期は、姫川源水に立ちました。お話は次のページで。

 

 

 

黒部ダム追記

IMG_0107
IMG_0123

 

 

 

 

 

(運転をしてくださったMさんのテープ起こし)
黒部での虹を見ながらの言葉。踏江さんと冨美江さんとみんなで言葉を織り上げて理解を深めました。

「自然と神との織りなしたところに湧き上がった秘密を知りたかったら、人間がそこに積極的に参加する。関わらせていただく。それが祝福になる。それを受け取れる。それぞれがあわさったところで秘密を知る。
だから、秘密を知りたかったら、祝福を受け取りたかったら、参加しなければだめだということ。」

わっぽー長野セミナーNO.3 黒部ダム 

7月29日朝8時に出発

扇沢 ここからトロリーバスに乗り    IMG_0105
黒部ダムへ向かいます。

コンタクト

自由には 法則がある
中心軸があり、それの両側にゆったりと点がある
この三つがセットになって自己が解放され自在に在ることができる

コンタクトの内容はよく分かりませんでした。
でも、分から無いことはいつかは分かるであろうと、心の隅に置き、黒部に向かいました。

 

トロリーバスでいざ黒部ダムへ
2678mの赤沢岳のトンネルを抜けきった時、龍の別天地のようにそこに在りながら、大地も空も自由に存在しているように感じました。(表現が変ですが、水はそこに在り、空はそこに在るのに、天も地もひっくり返ったり、揺れ動いているような感じです。)

コンタクト

天の光を浴び
祝福を受けた
秘められた力を受け取るならば
海中から浮き上がる渦を見つけるがよい
焦点を当て 力が合わさる

 

自然と人間と神
それぞれが色を織り成している
自然と神が色を織り成して
色に参加して合わさると
祝福として
秘められた力を与えられる

IMG_0110

 

 

 

 

IMG_0112

 

 

 

 

IMG_0111

 

 

 

 

黒部湖遊覧船から撮った龍の雲です。

青い光の玉があり、龍の上に神々がたくさん立って祝福していたと、冨美江さんはっきり見えたと言っていました。

龍は神の使いで、その上に神が乗っている。
そんな話(コンタクト)をみんなでしていました。

IMG_0117

 

 

 

 

IMG_0118

 

 

 

 

IMG_0123

 

 

 

 

IMG_0122

 

 

 

 

天の光を受け祝福を受け、祝福は沢山の智慧とそれを立証するかのように空に地に形として現れました。
感謝しか浮かびません。
黒部ダムで体験したことは、自然と神はそれぞれに色を織り成していて、そこに人も入っていける事でした。人が入っていなければ、色の織り成し方はもっとダイナミックになるのかもしれません。ときどき、ここからは立ち入らぬようにと言われますから。神聖な場に人は入れないのでしょう。
それでも、十分すぎるほどの祝福を頂きました。

昼食をとり山を下ります。
IMG_0125

この後、湿原と、姫川の源流に立てました。
それは、次回につづきます。

わっぽー長野セミナーNO.2 青鬼集落

わっぽー長野野外セミナー
(白馬・小谷・青鬼集落・仁科三湖・姫川源流・黒部ダム)

八方池に行かなかったので時間ができ小谷方面栂池を目指して、白馬八方尾根の最期のロープウエイに乗る前にタクシーを頼み下山しました。これはホテルのフロントの方からのアドバイスでしたが、降りてみると大混雑しておりましたから、アドバイスに感謝でした。

今回は龍を強く感じ、水の循環と言うコンタクトも多いので、タクシーに乗り込み、白馬近郊で龍の伝説とか由来の土地とかありますかと聞いたならば、運転手さんお名前は寅男さんは、龍は自分の専門だ!と
大町龍神湖、たかせ、鬼無里(きなり)、さいりゅう、松本・・・とメモもかけない勢いでお話しくださいました。

寅男さんの話は勢いがあり、龍がうおーーと叫びながら天を駆けているイメージでした。寅男さんいくつものキーワードを伝えてくれていました。後からその点が繋がってくるのです。神のお使いかしらと頂いたキーワードを心に入れ次に向かいます。

 

ホテルからあっという間に栂池方向に曲がる交差点を・・・運転手Mさん「なんか違う~」と通過してしまい、次の交差点も通過してしまいました。
どこに向かうんだろうと目をつむり集中すると橋が観えます。
橋があるから、ここら辺で止まれない?と言ったら橋が目の前に現れ、ここだ!と車を降り、楠川大橋に向かいます。
途中、不思議な看板があります。
山村集落「青鬼」

IMG_0086
なんだろう?

 

 

 

 

まずは、橋の上でワークを行います。すべてがコンタクトで行います。
地場を上げるとか、何かの役割とかではありません。
私たちが、今この瞬間生きて自然と関わらせていただきそこに神が関わってくださる体験を与えられただけです。
その体験は、水の循環、命の循環を教えてくれます。

*岩岳からの流れを辿ると水は龍のごとく動き始め、私たちを飲み込みます。
そこに振動を与えるためにコンクリートで創られた橋の上でジャンプしたりして振動を起こし「共に遊ぶ」を体現します。
最初は橋が本当に揺れるし、水量は増してくるので怖くなりましたが、宇宙暴走族のような冨美江さんが眼をくるくると輝かせ、楽しーとはしゃいでいるので段々乗ってきました。
体は軽くなり、自然が色鮮やかに輝いています。
神も自然も人も共にそこで遊ぶ、まさにお祭りのようでした。
天を観るとキラキラと沢山のエネルギーが渦を巻いていました。

さあ、心も体も高揚して、青鬼集落に向かいます。
何だろう?何があるのだろうと!
看板を越えるとすぐに姫川第二ダがありました。突然現れたダムに魅せられましたが、青鬼村に車を進めます。

行けども行けども、山に入り込み、どんどん道も狭くなっていくではありませんか。
Mさん、きっと間違えた~~と不安がり、車を止めようとするのですが、狭い道では引き返すこともできません。対向車が来たらアウトです。

ドキドキしながら、「神様は止めていないから、大丈夫だよ!と言いながら山道を進みます。

突然です、突然開けて、家が見えてきました。それも、大きな古民家です。すべてが・・・

まるで夢の世界です。
(青鬼集落は文化財重要伝統的建造物群保存地区になっているのです。
そこでは日常の生活が営まれているので、写真は許可を取ってください。農作業などの日常生活を侵すような行動はお控えください。などの看板がありました。)

まず私の目に飛び込んできたのは、「キハダ」胃腸薬です。
28日朝から胃の調子が悪かったので、どこかで薬を買おうと想っていたので、天からのプレゼントとしか思えませんでした。
IMG_0088IMG_0089

 

 

 

次に、それを作っている松倉さんにお話しを沢山伺っているうちに、この方は、仙人か神様か!?と想うようになり、つい、写真を撮っていいですかとおねだりしました。後で、あれはもしかしたら夢?ときっと想うだろうから、証拠写真を撮ろうと想ったのと、キハダを作っているお爺さんを紹介したいとおもい、ブログでお顔を乗せても良いと許可を頂きました。
松倉さんを囲んで
IMG_0090

 

 

 

 

松倉さんにお名刺を頂きました。
DSC_0036

 

 

 

 

青鬼の由来 この山の向こうは鬼無里(きなり)と言い、鬼が悪さをして村人が嫌がり鬼を追い出した。この村は鬼は悪さをしないから、ここには鬼が鬼が住んでいる。神社も、青鬼神社だし。

タクシー運転手寅男さんが教えてくれた、キーワード<鬼無里(きなり)>がここで繋がりました。

「この目の前の道は戸隠や善光寺にも続く塩の道
『東山 塩の道 善光寺 上田街道』と言うんだ。伝えていかにゃあ誰も知らんようになるの~」

後で地図を観たら周りは鬼無里(きなり)の地名がついており、鬼がつくのはここだけ。
鬼は、蝦夷の事だろうか?と想いながらお話をきいていました。
松倉さん88歳
「キハダは7月しか取れない。来年なくなったらまたおいで。生きていたら作っているから。」

この言葉を聞き、石垣づくりの棚田を見て、ホテルに向かいました。

IMG_0095
IMG_0092

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0101IMG_0100

 

 

 

 

 

 

トイレを借りようとトイレの矢印があった集会所に入ると、素晴らしい古民家でした。懐かしくて木の香りをかぎ、寝そべって数分仮眠を取ります。
これも神様のプレゼントでした。疲れがスーッと消えました。
数分でした、さあ行け!!と聞こえ感謝と寄付をして、古民家を後にします。

 

濃い野外ワークは終わり、夜の部屋飲みワークが満天の星を見ながら夜更けまでつづきました。。。
翌日は、黒部ダムです。

つづく