月別アーカイブ: 8月 2014

ちょっと振り返って、、

ちょっと前のセミナー資料を読み返してみます。
8月、7月、6月 たった3ヶ月ですが、長い旅をしてきたような感覚です。
時代の流れが速いことが、振り返ってみると改めて実感できます。
8月はとにかく災害が多く発生しました。セミナーのあと広島の災害も起きています。どこにいてもいつでも、自然の猛威(愛のむち)が振るわれるか分かりません。ほんとに。
だからこそ、今の命を生き切りたいと想います。
*  *  *  *  *  *  *  *  *  *
8月13日千葉セミナー資料
2014年立秋を過ぎ、新たな感覚の世界に突入してきたように感じます。
一つは、物事があらわになって来た事。
人の心も
自分自身の質も
方向性も
二つ目は、時代が向かおうとしている流れが、今までは多様性と言う方が出来ましたが、これからは、大筋の幾つかの流れが他の流れを飲み込み、多様性ではなくなる気配を感じます。
人が方向性を作っているようで、流れが流れを産むように感じます。
人が始めた事が、人を飲み込んでいく
二つ目は、明らかに、次の時代のものの考え方、捉え方が既に始まっていると言う事です。

時間の流れ人生命を、一つの方向として、こちらから向うへ向うと言う考え方から、球体で捉える事をコンタクトを取りながら行っていきましょう。

 

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *
7月2日千葉セミナー資料

集団的自衛権
これを通す政治体制になるとは、5年前に想像だにできませんでした。

大きなうねり、大きな地球の流れ、人類の止まらぬ欲望
それを観て、絶望で死んでいった人はどれだけいたでしょう。
息子の過ちを諭していた母親は、今はどれだけになったのでしょう。
本当の幸せを願っている母親は、今どれだけ減少したのか・・・
父親は家族に何を与えようとしているのか・・
子供はどこを見て成長し、どこに向かおうとするのか
7月、なにやら荒ぶれたエネルギーが人に影響を及ぼし、人を動かしているように感じます。

また、本当に自分を隠す事が出来ない時代になりました。
自分を知るにはとってもいい時代です。
母であったり、父であったり、子供であったり、家族の中の自分と
それらを超えた、ただ命ある個性を持った自分を!!

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *
わっぽー2014年6月4日千葉セミナー資料

大変な5月でしたね!!
息つく暇も無く、ひっくり返る事が起き続け、想いがハッキリとした形になっていく6月になりました。
自分でも認識していなかった自分の想いが突然目の前に形になっていくでしょう。
曖昧におさめていたことも、ふたをしていたことも、開かれていきます。
些細な方向の違いも、大きな差となってきます。
自分自身を知るにはとってもありがたい時代です。
今回の人生で奥深くに在る自分を知ってください。
そして、その自分を超えた大きな自分がいるという事を感じてください。
その自分はどんな個性でしょうか?
どんな「大人の魂」の自分がいるのか楽しみです。

兎に角、動きが速いです!
想った瞬間宇宙が動いている感じです。
表現がしにくいですが、打った玉が自分に戻ってくるくらい早くに現象がかえってきます。
自分の想いや、言霊は観察してください。
想いや言葉を止めず、自然にあふれてきたものを観察して、自分を知ってください。

今日もコンタクトに始まり
神の計らいを大いに楽しみたいと想います。
コンタクト2014.6.4
楽しめ楽しめ狂うほど楽しめ
楽しむ行動を抑えないには必要なものがある
それは 楽しむ時の自分を観てほほ笑む自分
楽しむ時 人は周りが見えなくなる位自分の内なるエネルギーが高まる
まるで子供のように
その自分をみつめほほ笑みむ己がいると 
安心して 狂うほど楽しむことに集中できる

棚の上にひょいと置いてあった、半年前のコンタクト 今 ピッタリと想いアップします。いつでもぴったりなのでしょうが、先ほど見つけたので、今なのでしょう!!

人生には多くの体験があるが良い
苦もあり幸もある 苦の状態を
体と智慧を使い
乗り越えようとしている時
運を引きつせる力を つけていく事が出来る
運と言うのは すぐに効果を発揮するわけではない
運が無いと観える状態の時ほど
根底の人間の力を 育てているのだ
人は 単純な事だけでは飽きてしまう 色々な手法を使って
生きる力を 養っていけば良い これから 眠っている 自分の力を披露する時期に入るでだろう
人に希望を与える力
諦めるという大きな決断と 希望と言う希望
(託し 大いなる流れを引き寄せ その流れに乗る力)を見つける
その力を発揮する

新潟セミナー(9月6日)のご案内

募集する間もないご案内で大変申し訳ありませんが、9月6日新潟セミナーを開催します。

新潟でのセミナーは2013年9月22日 わっぽー弥彦神社野外セミナー+縄文の地(馬高)で星との交信ワーク  以来1年ぶりです。

今回のテーマ
①変化が激しい時代 現実を観つめる力を持ち、現実と正面から関われる人になる為の丹田と腰を作ろう!!
②時間・人生を一つの流れと捉えず、球体として捉え、その感覚を実際の生活に生かすには!

これは、ほとんどわっぽーのテーマですので、毎回やっていますが、9月は微細な振動になりそうですので、より強化したいと想います。どういうことかと言いますと、8月までは、はっきりとした形で物事が目の前にドカッとおかれ、そこに翻弄され、絶望したり諦めたりしながら希望の方向に大きくかじ取りをしていたように想います。まだそこに至っていない方も、自分を見つめ、他のせいにせず、ご自分を変える事をし続けていらっしゃれば、それが現実になっていきます。
9月は、物事がはっきりせず、静かな動きに観えますが、実はとても大切なことが動き出すように感じます。
ですので、その力をつけるためのレッスンをしたいと想い、後は大いなるエネルギーに身を委ね、セミナーを楽しみたいと想います。

日時9月6日 13時~16時(3時間)
場所:新津交流センター
参加料金:5000円

皆様のご参加をお待ちしております。

わっぽー 踏江みつ子 080-1301-4228

 

 

8月Heart Window Art教室作品

8月市川教室の風景と作品です。
20140812175900002014081218010000

 

 

 

 

20140812180200002014081218030000

 

 

 

 

長岡Heart Window Art教室の作品
どこか似ている作品群です。

8月Heart Window Art

9月4日~8日新潟に行きます!新潟の皆様よろしくお願いいたします

関東は秋の気温です。
最高気温が23度。
体もびっくり。もうちょっと続きそうですね。
また気温30度に戻りそうですので、体さんとお話しします。
「想定外は想定内ね、しなやかに、強かに、今の状態をゆったりと受け入れようと!」でも、休息をしっかり取り、体を冷やさないよう心がけながらです。

皆様もご自愛ください。

*   *   *   *   *

9月4日長岡に入ります。
新潟の皆様よろしくお願いいたします。

個人セッションご予約できます。ご連絡お待ちしております。
また、下記以外でご希望の方はご一報ください。
調整が取れる場合もあります。

個人セッション空き情報 (8月28日現在)
ご連絡お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

9月5日(金) 13:00~14:30                                 新津地域交流センター
9月6日(土)  9:00~10:30  10:40~12:10  新津地域交流センター
9月7日(日)  9:00~10:30  10:40~12:10  新津地域交流センター
9月8日(月) 13:00~14:30  15:00~16:30  フェニックス調剤薬局2F (秋葉区滝谷町)
9月9日(火) 11:15~12:45              新津地域交流センター

料金:1時間10,000円  1時間半15,000円 延長1時間半以降10分1,000円

 

Heart Window At教室

月4日(木)    13:00~15:00    長岡中央公民館さいわいプラザ303
9月5日(金)    16:00~20:00    新津交流センター 和室
9月8日(月)    18:00~20:00    新潟下越病院別棟会議室6

Heart Window Art教室では、落書きのように絵を書きながら、少しずつ隠れた自分の個性を引き出し、隠れた感覚を引き出す作業をしていきます。それは、知らず知らず に内なる声に触れ、直感力を高められるでしょう。ご質問等お気軽にご連絡ください。ご予約お待ちしております。

Heart Window Art教室 お一人様 1500円
クレヨン・スケッチブックをご持参ください

(ご予約は電話にてお願いいたします)
080-1301-4228  踏江みつ子

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

 

 

 

苦しみの後の・・・

結石で入院したチャネラー仲間の言葉

「なんだかとても不思議な感覚なの
全然揺らがない
人間的感情が無くなったのかな?
それとも人の感情が薄れたのか、いろいろな事が出来なくなっても、そうかとただ受け入れている自分を感じるの。
楽しみにしていたキュプロスへの旅。
母の一周忌。
友達との飲み会。
みんなナシになった。
一回の手術で取れり切れなかったから、もう一回手術を行う事になり長引く入院!
6日間の絶食。
食べる事と楽しむことが無くなることに対して動揺する前の自分だったら思いっきり揺らいでいただろうに、揺らがない。
これは何だろう!

とても静かな自分になった。
今の現実はこれなんだと、淡々と過ごしているの
目の前にご飯が出てきたら本当に嬉しい!それ以上は欲しない」

 

この言葉を聞いて、
起きていることをただ受け入れ、それ以上を望むことなく、あるものを喜び、小さなことに心を弾ませる。
これから自分もそんな風に生きていけたら良いなと思いました。

 

言葉では今までも言っていたのですが、静かな佇まいと、大きな瞳が今まで以上に深くなっていたので、今までとは違う感覚になっているのだなと実感しました。

夜中急に苦しみだして、我慢して我慢して、そしてかんねんして娘さんが病院に連れていき、救急車で違う病院へ搬送された後起きた感覚でした。
息がつまり言葉が出せず、一晩でかなりスッキリと痩せるほど苦しかったのでしょう。

今回命に別状がなく済んで良かったと、密かに神に感謝しました。