月別アーカイブ: 12月 2011

2011年はありがとうございました!2012年よろしくお願いいたします!

2011年は大変なことばかり起き、大切なことは何か真剣に考え、自分を知ることもできました。

2012年も大変なことは起きるでしょう!
それでも生きて行きましょう!
どんな生き方でもすべてがその体験をしているだけです。
生きている間どんな体験も、自分自身の宝になっていきます!

みんなで関わり、みんなで互いを感じ合いましょう!
孤独の中で自分を知りましょう!

2012年もよろしくお願いいたします。

踏江みつ子

富士山セミナー記 ③

18日早朝日の出、朝日に照らされた富士山!

 

今日は白糸の滝  <コンタクト>

荘厳な力の前に立ち、我でありなさい!

圧倒される力を実感し、大地に根ざす我に立ち対面するのです!
この迫力に威圧されない我でいられたなら、あの滝の向こうに飛ぶが良い!
あの滝の向こうからの世界を目の当たりにするが良い!

世界がまるで違うであろう!
(この時点で、しぶきも光も違って見えていた。光はグリーンになり白になり、オレンジになり・・・粒子が飛び散っていた!!)

落ちてくる一粒一粒の粒子を観るが良い!
(上から下へと目を凝らし、粒子を見つめようとすると、だんだん滝の速度が遅くなり、粒が見えてきた!粒は互いに繋がり合って網目模様のような雪の結晶のような、もう美しい姿で上から下へと落ちてゆく!3D映像の様)

天と地が逆転!
(下から上へと粒は昇る!模様を成しながら昇る!もう凄過ぎて、立ち眩みしそう!)

大きな滝へと目を写せ。
まずは滝壺の中の粒を見るが良い!

大きな滝の粒を見るが良い!
(先程より勢いが強く、グランディングをしっかりしないと、本当に池に落ちそうになる。
だんだんスロウモーションに見えてくる。滝は複雑な動きをしながら、螺旋状や、岩にぶつかり弾けながら、形を変えて行く!時間が止まったような感覚になる)

 

 

時はいつでも同じ動きをしていない。

時の真実を知るには、時を掴むが良い!

時はエネルギーなり!!

 

白糸の滝ワークのみで、ふらふらになり、富士の水で沸かした旨~いコーヒーを頂き、富士市へと向かう!
もう帰るんだ~。。。

富士山にまた来ますと挨拶する!

その時太陽が目の前に現れた、何気なく観ていて眩しくない!
まあるい太陽の形が見える。輪郭がはっきりと白くまあるい太陽!!
太陽凝視をしている人たちはこんな風に観えているのだろう!
初めてみた太陽の姿!

また、来年、富士山に詣で、白糸の滝で、神々の懐に入り、まだ見ていない時間を知る旅がしたいと強く願う!!

 

富士山セミナー記 ②

富士山本宮浅間大社を後にし、次に富士山山宮浅間神社に詣でました。

山宮浅間大社はお社がありません!
荘厳な場があるだけです。
その場に、立たせていただけるだけで、神の懐にいるのだとわかります。

http://iiduna.blog49.fc2.com/blog-entry-8.html
本殿はなく、神奈備たる富士山そのものを拝し、祭祀を行う。これは古い自然信仰を色濃くとどめたかたちとされる。(文中より)

 

わっぽーの秘密を一つ明かすと、聖地に赴く前から、その場のエネルギーに向かうという事を伝えます。

そして、一つひとつの扉を開いていただけるよう、場とタイミングを掴み1礼2拍手1礼をします。初めて参加された方もビックリするくらい景色が変わります。
人が見たら、何でこんなところで??と言うような行動でしょうが、それをしないと前に進めない事もあります。

帰るときには同じように1礼2拍手1礼し、扉を閉じて帰ります。

山宮神社から富士山2合目まで登った地点

次は白糸の滝・・・・ここで凄い事が・・・

 

 

富士山セミナー記  ①

12月17日~18日で富士山セミナーに出向きました。
(まさに、金正日氏の逝去の日でした。)

新富士宮に降り立ちすぐに動けなくなり、地図を広げどこかに行けと言われている場所を探す作業からスタートし、行くことになったのは水神社!

ナビを頼りに向かった神社!ナビが到着しましたといえども神社は見えす、大通りに出るとすぐ角が神社。
神社の駐車場にいたのです。
けれども、右折できず、すぐに富士側にかかった大きな橋を渡る流れでした。
どういうこと??と天を仰げば、良し富士宮へ迎えと、言葉が聞こえる。きっと、何かなんだろ~と、大笑いしながら車を走らせました。

富士山のお姿は、微妙に違って、色々なお顔を見せてくださる。

メンバーは私を入れ3名!

富士宮に入るころには足はビリビリ痺れ、身体が熱く、頭はぼ~っとのぼせる感じ!
富士山のエネルギーと地のエネルギーに圧倒されていました。

コンタクトの内容は覚えていませんが、徐々に身体は場に馴染んで楽になりました。

富士山本宮浅間大社に着き、楼門のまえ、左右の鳥居が交差する地点で、立つと風が舞い抑え込まれるほどの力を観じます。

そこで聞こえたのは、「己を建て、竜巻のごとく立ち上れ!」でした。

風は己の中央に集められ、それに乗り何度もジャンプして、高く高く伸びるのです!
天に昇るとはこの事かと実感しました。それも、富士山本宮浅間大社の御前で!嬉しい~。。

わっぽー第五回新潟セミナー踏江さん口述② 時間を掴む、物事自体が動く (Tさんによる口述筆記)

昔から言われてることだけど、運は向こうからやってきてあっという間に去って行く。ちょっと年代上は聞いたことあるかもしれない。
Sさん:チャンスの神様は前髪しかないって、幸運の女神、キューピーは前髪しかない、来たときに前髪を掴まないともう行っちゃう。ってあれですか?
ふみ:横でももう危ないくらい、うん、あ、来そうだって時くっと掴まないと運が掴みにくい。ていうことを20年位前、もっと昔から言われてたこと だけどそれが今、時間になり始めています。時間がすごい勢いで通り過ぎはじめますので時間を掴んで行って下さい。でないと、出来ることが出来ないで終わっ てしまう、あれっ!て気がつけばもう時間がないということが起き始めています。だから時間を掴むと自分の出来る能力も上がっていきます。これは私あるクラ イアントのサポートで、自分の視野を広げるレッスン、段取りを作るレッスンをしました、そうすると人ってすごく出来る様になります。コミュニケーション能 力もついていきます 自分だけを見て狭い範囲にいるとついていけなくなります。
文明が進化したから、という話ではありません、時間の流れ、物事の流れが早くなっていきます。この狭い視野ではほとんどが全部抜け落ちていきます。
視野をひろげるには胸を開く。それで、時間を掴んでいくと今まで出来なかったと思うところまで出来る様になります。それを意識しないと今まで出来ると思っていたことが出来なくなったりもします。どうにでも自分を変えられますので。
できる自分にも、できない自分にも、どうでもいい、という自分にも、いつも、いつもどうにかしなきゃと思う自分にもなれます。そのぐらい早くなっ ています。意識を変えると明日別人になれる、という時代になりました。そのぐらい早いです。それぐらい意識を変えるのが早いです。前は3か月かかってまし た、今はもっと早いです。でも意識を変えないともっと後退は早いです。できるだけ、意識を変えていただいてもっと知らない自分自身に出会った方がいいと思 います。飛ばしてますが・・

N:質問いいですか?
こういう空間に私、今ものすごいいろんな出来事と物事とやらなければならない事があって、それで、全体は混沌としているんですね、で、どこかに着 地点を捜したいってちょっと焦っている感じなんですけど、でもこの状態で一つOKというところに立って、それで一つ一つ手を出していけばいいんですね?

ふみ:そうです。じゃあ、やってもらおうかな。実際に物事を置いて下さい、何個やらなきやいけないことあるの?今。

N:今ね、とりあえず大きいのが3つ

ふみ:1.2.3これがぐわーっと動くじゃない、1.2.3私はここにいる、完全に入ってください、1.2.3、あるでしょう、自分を広げて手が二本しか無いんだけど、それを同時にバーッと動かすっていう感じ、できるでしょう?

N:いつも多次元で仕事してるけどその感じ?

ふみ:その感じで、そうすると自分の空間自体が変わらない?

N:縦に伸びる感じ

ふみ:縦に延ばせば出来る感じ?もうちょっと奥側に延ばすといいんだけど。そうするとこの物事が動くの、エネルギーを持って、自分が支配しようと 思うと動けないの、このエネルギーを持って自分が意図する方向に行くの。会社ってものも動き始めるわけ、名前も決めた、頑張れ!頑張れっ!ていうとこれが 振動をはじめて動き出すわけ、私の中心理念はこれだから、って一番大切な種をちゃんと植えつけるわけ、動け!って言ってこれを利用しながら、そうすると大 きくなっていくわけ。

N:自分で支配しようとしていたから頭がいっぱい。

ふみ:そうするととっても大変だから小さくならざるを得ない。これを大きくした方が動かしやすい。自分の理念を植えて、動け!生き物だから。たと えば、PTAの役員、この仕事さえも生き物なの。人が集まってやるっていうことは生き物なのよ。これは、「子供たちが喜ぶことをする」、動け!って言うわ け、だけどそれに対して私が主役よ!という人がいるとイビツになるのよ、それでも頑張れってやるわけ。それで自分がどう関わるか、っていうこと。その全部 に関わるわけじゃないのよ、自分の会社でもね。違うの、この子を育てるような感じ。このエネルギー。そうするとね、全部こうやってこうするんではなくて。 スーッと杖を一本持って魔女のようにピシっ!と、そうするとこれが成長しはじめるわけ。ばーっと場を広げてくれる?何個まで同時に出来る?

N:50個

ふみ:すご!

N:だってそのぐらいあるんだもん

ふみ:わかった、だから支配をしようと思わない、

N:それがキーポイントかもしれないですね、全部自分の眼中に入れようとしてたから。それぞれが意志を持つわけですね、

ふみ:そう、大事なことだけを踏まえておいて、ポンポンポンとやって自由にしておいてよし、方向が違ったらぴし!ぴし!とそこ違うよ、と意志のところにちゃんとつなげておくわけ、違ったらテコ入れしていくわけ。

N:たとえば現実的な物事の動き方として、〇〇〇というミッションだったとするとサポートが来て、するするっとできたりするわけですね。

ふみ:そう。もしくは、そんなに時間がかからないで自分でできる可能性もあるわけ、全部細かーくやろうと思うと大変だから、要点だけでいいんだなって思えば。

皆さん、今の感じ解ります?自分のことに置き換えて考えてください。同じなんです。で、一人一人の能力が違うから比べることは一切しないでください。私はいくつ置くんだろうなって。
Mさんは物事をいくつ置けるかな、いくつ同時にできます?

M:3-4個

ふみ:わー結構できますね、何か言ってみて

M:〇と〇と〇

ふみ:ちょっと捉え方が大雑把なんで、たとえばね、お父さんの肩こりが問題だと思っている、こっちで今晩の夕飯が問題だと思ってる、あそこの押入 れを片付けるというミッションがある。家のことだけ言えばね、要はそんな風に具体的なわけ、これ、どうこなすんだ、お父さんの肩こりはお父さんの問題だか ら撤去!、押入れの片付けはこれ自体が綺麗になりたいと思ってるんだったら、その段取りがわかったりとかね。
物事をあまりにも大雑把に捉えると結局眺めてるだけで手が入れられません。今やったワークは、非常に具体的な物をおいて自分が同時にいくつやる能力があるということを知る、
高い低いではなくて今の自分を知るということです、それをやってください。これをやりやすくするためにはどうしたらいいんだろう、次に、いくつまで置けるんだろう、と、そうすると次の自分になりますから。
無理をしたら壊れますのでしないでください、負荷をかけないように、無理をしないように、楽しんでやれる範囲内で。今までの時代では1つか2つで十分だったんですよ。

N:ありがとうございました、なんか、カオスを眺めている感じがあったから。

ふみ:そうでしょう、だから手が出せないの。もっと具体的にやっていくとどうしたらいいかがわかる。動け!動け、と。現実に手を出しやすいんですよ、自分の知恵も湧き易い。どうしたらいいかわかるってことなんです。それをやるだけですから。
不安感を抱えた摩擦が実は一番大きいです。エネルギー的には。消耗が大きいです。それを早めに回避するために具体的にやってください。

わっぽー第五回新潟セミナー踏江さん口述① 思考の幅を広げる(Tさんによる口述筆記)

わっぽーセミナーでの踏江さんのコンタクトや口述は聞き返すと心に沁み渡ります。ずーっとチャネリング状態でお話されているので、あとで細かい事をお聞きしてもよく覚えていらっしゃらない事もあります。今回はもっとたくさんありますが、二本です。
コンタクト
天と地は違う動きをしています、その違う動きが、実は大きな一つの動きとなっています。
天と地の間にいる者たちは天と地を別に考えます。しかし、地で起きている影響は天にあり、天に起きている影響は地にあり。
そのことを意識してみると、自然の中で何かが動いているということを察知できます。
この法則は、物事の起き方、移行の仕方、にも関係しており、どこかで誰かが転んだならば、その影響が、他で、どこかで誰かが起き上がっていたり、どこかで誰かが助けを起こしていたり、何かの形が動いて、そのふたつによって一つという風な現象になっています。
よくよく思い出していけば、家族の中で、一人の人の状態が、あったなら、そこにみな着目するけれども、それに隠れて違う状態が起きてそのふたつがひとつの形を成していることがよくある事なんです。
良い事こと悪い事という風にとらえるとわかりにくいですが、デコボコと考えてください。非常に突出してた時には、どこかが引っ込んでいてでいてそれが一つになりやすいんです。
静かである時は静かである、非常にハイになっている時に、片方が沈みやすくなってそのようなことがおきやすいのです。今は二点で行っています、今までの地球はこの二点、二極というもので物事の反応がおきていました。
その時代から今度は複数が一つという風な時代に移行していきます、対極ではなくなっていきます。物事が複雑になっていきます。この次元へと上昇し ていくでしょう、その為には自分がどんなに変化しても自分を失わない、己自身というものが此処にある、その自分になることが必要です。
これからどんどん起きていくであろう、いろんな物事に対処するにはどんな状況でも自分を失わない我という風なあり方になっていくべきでしょう。
口述

 

体って右足があって、左足がある、それで歩くっていう行為が起きる。対でついてるわけ、目は一つでは立体にならないけど、ふたつになって立体になる、三次元になって見える。
前と後ろがある、実は後ろを感じる感じ方というセンサーもある。不安感は後ろで感じます。前側は把握できる、自分の把握エリアがあるんですよね、前は大体ここらへんで、人によって違うけど、後ろ側は闇とか、不安などを強く感じます。
背中のセンサーというのは別ものでこっちの前が凸凹の出ているとほうとすると後ろ側は引っ込んでいるほう、いままでのこの地球、三次元は、二極のバランスを取りながら把握していく、それが生きやすい状況だった、だった。
これを意識してみると、自分のなかで裏表があるんですよね、一つのことを良し、と考えているとその奥には実は反対の事を思う、例えば、お金を無く したというときに普通に考えると「わーどうしよう」とマイナスに捉えるけど、じゃあその奥にある反対側にある捉え方はって考えた時、
Uさんどう思う?
「厄落とし」
いいね~
Kさんは?
「まあ、誰かがが使えばいいか」
Sさんは?
「あーなんか意味あるのね~」
Nさん?
「意味あるのね、ピンチはチャンス」
それぞれの人の反対側ってえ!って思うでしょう、そんな風に思うんだって・・
厄落としなんていいでしょう!そんな風に一つの物事でも一個思ったことの反対側もあるから、それを意識するだけで、もっと広がるんですよ、物事の考え方や感じ方や、そして実は理解の仕方が。
すごくいい事が起きても、すごく幸せに感じてもその向こう側はなんだろう?いい答えの反対側のマイナスは重いんです。
良い思い方と悪い思い方ではないです。こっち側の思い方と向こう側の思い方です。
そこに一切価値を置かないでください、そうすると自分の考え方の幅がひろがります。自分の認識の仕方の幅を広げるための思い方です。
これはすぐにでもやってください。足も二本、指も二本、対極はやりやすいです。今、こう思ってる、じゃあ反対の思い方は何なの?これを早急にやってください

でもさっきのコンタクトでいくと、複数の事が同時に起きるということだから。
今までどうも物事の起き方が一つ来て、これを越えると次が起きてだった。
2000年を超えたころから複数の事が同時にいくつか起きるようになってきた。え!え!え!って一つ解決してから次では、一個一個解決していくと いう処理法では追いつかなくなっていく。まず、二つが同時にできるようになる。要はね、今起きている二つが連動しているかもしれない、という風に思った り、似ていることが2つあると4面から捉えられるそういう風な思考の幅、心の幅、そういう振動があっても、んーあるね、来てるね、ぐらいのゆとりが持てる ぐらいになって、まず、二つが同時に起きていても、「これは意味があるかも、で、で、その奥にはそれで?と」これとこれのこっち側、これを思考でやると頭 が重くなるので思考じゃあありません。さっきの質問の答えを、なぜ間髪入れないで答えてもらったかというと。思考を使うとこれがこうなってああなって、と 絡み合うんです。一つの事でこのやり方をして、これが二個あると同時にできません。これはこうなるだろう、その次にこうなるだろうあれはこうなるだろう、 あれ、どっちだっけ、どっちだっけ、どっちだっけ、とこんがらがって頭が大混乱になるので思考ではありません、ここでぽっと出す、思うんです。
今日はね、どう思うか、どう感じるか、だけでやっていってください。
私とっても加速しすぎて暴走してしまうことがありますので、ちょっとブレーキ踏んだほうがいい時は止めてください。それで自分のために質問をして ください。みんなのためと思わずに、思いっきり自己中になって自分の問題だけど、聞いて良いですかと質問をしてください、時間を自分の方に引っ張って下さ い、OKです、思いっきりそれをやってくださいOKです。

あるビジネスマンのチャネリング!<おそらくこれもチャネリング>(頂いたメールより)

12月7日受け取ったメール内容です。(ご本人のご承諾は頂いております)
通勤途中のワンシーンですが、こんな風に神と共にある日常はとても素敵と想いましたので、ご紹介いたします。

 

ふみえさん、

ようやく風邪も一段落し、メールをいただき「あー、チャネリング」と
思いました。
じっと座っていると、仕事のことが思い浮かび「え?そんなにひたってるんだっけ」と
疑問をもつと、なにもない自分が出てきただけで終了。

が、なにかメッセージが降りてきそうなことをひしひしと感じながら、出勤し電車では
小説を読み、会社まで歩く。

の途中でいきなり来ました。考えが丸ごと。●で落ちてきた感じ。
紐解くと

世の中すべて「ものがたり」

会社に出かけて仕事をする行為も。
道路の街路樹も踏み分け道の両側の木々も。
結婚して子供を育てることも。
すべては、細かい作業の集積を時間で紡いだものがたり
音楽も演劇も細かいことを時間で紡いだものがたり

人は時間を利用して、ものがたりを紡ぐ
大きなものがたりほど尊いとされるけど
本当の価値は大きくても小さくても同じ
宇宙は人だけが紡ぎ出せる、ものがたりを見たい。

あなたはどんなものがたりを紡ごうとするのか。
どんなものがたりでも可能だ。
それは現実でも意識でも同じ。
多くの人に受け入れられたものがたりは現実で上映される

自分が楽しめる ものがたりを紡ぎなさい。
材料を集めなさい。いらないものは見なければいいのだから。

ここで切れました。

後日のメールの中にこの一文が・・・

歩きながら情報を紐解いたのは始めてなので、ちょっと戸惑ってました。

2011年12月変化激しい月です。
みんなで大きく羽ばたきましょう!!
全ての人がチャネリングする時代です!!

 

わっぽーチャネラー&スピリチュアルカウンセラー2012年個人セッションin新潟のご案内です

わっぽーチャネラー&スピリチュアルカウンセラー2012年の個人セッションin新潟の予定です

2011年になってたくさんの事が起きました。
それは、自然災害も、世界中で起きているあらゆる事も、個人個人にもついていけないほどの事がらが起きている今だからこそ、自分自身を知る事と、もっともっと奥の我が何を望んでいるのかを知ることが必要になってきます。
そのステップをお望みであるのなら、どうぞ一緒に歩んでみましょう!!
サポートをさせていただきたいと心から願っております。

(T.NAGAIさん発信よりhttp://chemist-gabriel.com/?p=1171)
10年弱踏江さんのカウンセリングとコーチングを受けてきましたが、特にここ二年間の内面の変化には自分でも驚いています。それにともなって外側の状況もどんどん変化し続けました。
踏江さんの個人セッションやセミナー、チャネラー養成講座に参加することは自己実現、そして成長のための最短距離だと私は思っています。人は魂、意識、肉体の三位一体で存在している、というだけで奇跡なのです。ご自分の広い宇宙を知ってみたいと思いませんか?

料金は1時間10000円、2時間20000円、延長は10分1000円です。

会場は未定です、後日ご連絡となります。

2012年1月7日(土)11:00~12:00 1時間
   1月8日(日)11:00~13:00 2時間
         14:00~16:00 2時間
   (この日は時間の変更があるかもしれません)
   2月4日(土)11:00~12:00 1時間
   3月3日(土)11:00~12:00 1時間
   3月31日(土)11:00~12:00 1時間
   4月13日(金)11:00~13:00 2時間
         14:00~16:00 2時間
   4月14日(土)9:30~11:30 2時間   
         12:30~14:30 2時間
         15:00~17:00 2時間
   4月21日(土)11:00~12:00 1時間

4月15日(日)は2012年第一回目のわっぽーセミナーです!

ご希望の方はメッセージでご連絡ください。当日の連絡先(携帯番号)もお伝えください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

今年最後、わっぽー第五回新潟セミナー終了!楽しかった~!参加者の皆さんのご感想も添えて。

今回のセミナー・個人セッションでも、強く感じたのは、それぞれのジャンプが大きくなっていることでした。
お一人おひとりは、ご自分の変化を大きなジャンプと想っていないでしょうが、準備ができていうことの表れか、宇宙のエネルギーが後押ししてくれるのか、今この瞬間に掴もうという姿勢を感じました。
私自身も、それが強いのですが、こちらだけ思っておいても、相互エネルギー共鳴が起きなければ大変化は不可能です!
今年中に何かの到達点まで行きたいと魂が願っているのでしょう!
みなさん強烈なので、それに呼応しようとして、ちょっとオーバーヒートしていました!!
きっと私が強烈に観えているかもと想いますが、実は、みんながそうなんですよ!
ちょっと後押しと、気づきの為のショックをちょっと与えているだけです。
今想っても幸せな時間を過ごせましたexclamation ×2ありがとうございますハート達(複数ハート)
以下は参加者の体験談です!

新潟在住50歳女性
今年最後のわっぽー第五回新潟セミナーが終了しました。
先生の口述は、録音し後で振り返るとさらにもっと深く意識に染み込んでいきます。またそれは後日お伝えするとして、午後の公開過去世セミナーでの体験談を書き記します。

私が中央に座ることはない、と思っていたのですが、今回は読み手ではなく、読まれる方でした。
あまりにも大きなブロックがあると自分では読めない、わからないのです。この時わっぽー千葉のメンバーに読んでいただいた過去世もはじめ自分では読めませんでした。

細かくは書きませんが、何不自由ない幸せな暮らしから、闇の世界に落ち、人を恨み不条理に怒り、自分のあり方を忌み嫌いながらいつか這い上がれるはず、と思っていたが、そう出来るはずのない人生の終焉は打ち首でした。

この過去世をこの時知ったのは必然で、これから私はどうしたいのか、を問うた時、いまだ抜け切れていない善、悪のラベル付けと価値判断と、この世の不条理への怒りさえも私は超えて行くのだろう、と思います。

薬害問題や公害問題、原発問題、それから思春期からジェンダーバイアスにインスパイアーされ、尖って怒ってしまう私でしたが、これらの善悪の判断 を超え「あ!そう」と思えるところまで拡大していき、じゃあ私はどう生きるのだ、というところに立つ、というのがふみ先生からの教えです。

そして今身近にある薬害問題についてどう意識をシフトしていくのか、の答えはすでにサリドマイド被害者の増山ゆかりさんの生き方にあると再度気づ いたわけです。彼女は、「生まれた時からサリドマイド児だった自分はこれが自分だから不自由とは思わない。薬害の被害者は私ではなく、私を生んだ母だ、私 の薬害への仕返しは自分の足で立って自立して生きること、薬害問題については自分に出来ることをさせていただいているだけですよ、今は梅干しを干して裏返 す瞬間が最も幸せ!」と笑顔で楽しそうに話されます。一緒にお食事をしながら人間の器が違う、と思ったものでした。
また小さな自分を発見し、セミナー後も胸騒ぎが止まらなかったですが、大きな宿題にドタバタしながら取り組んでいこうと思う私でした。

来月からはチャネラー養成講座のアドバンスコースが開講します。
ドキドキしますが、楽しむモードにギアを入れて参加しようと思います。

「新潟にふみ先生のような方を招いてくれて本当に感謝しています」、と多くの方に言われました。少しでもお役に立ててとても嬉しく思います。ふみ 先生、参加者のみなさん、特に千葉からいらしていただいた方々に感謝いたしております。来年2012年はどんな年になるのでしょうか、予測もつきません。 私事で言えば大変革の年です。わっぽーの輪が私をサポートしてくれると信じています!
ふみ先生、わっぽーの方々、来年もよろしくお願いいたします。

51歳新潟在住女性
11月26日は一日わっぽーの日でした。

午前中にエネルギーワーク 午後は「縄文ビィ-ナス」と「在る在る在る」のエネルギーワークから始まって公開過去世へと盛りだくさん!

午前中は(朝から気が頭に昇っていて変でした)目が覚めていない状態?でワークに参加したので浮き上がってしまって 牛田さんに指圧をしていただくまでは自分でも分かる位挙動不審でしたあせあせ(飛び散る汗)

しっかり目を覚まして自分のエネルギー場を保って居ないと、やすやすと他のエネルギーを呼び込んでしまう事を学べて良かったです。声をかけて下 さったふみさん、抜いて下さった牛田さん ありがとうございました。次回からは「在る在る在る」のエネルギーワークをしてから参加しよっと晴れ

話は変わりますが、わっぽーのワークにパワーストーンをしていると手首が痒くなってはめて居られなくなるのは何故なんでしょう?

午後からの公開過去世では2人の方の過去世を見るワークに参加させて頂きました。前回参加したときは???な感じでした。が、しかし今回はそれぞ れの方の過去世と現在の課題がリンクしていて、過去世を読む意味がようやく理解できました。そして見えたイメージをどの様に解釈するかがとても大事である ことも分かりました。

今回も大変為になったワークでした。ふみさんはじめご一緒してくださった皆さんありがとうごさいました目がハート

それにしても今年はめまぐるしく変化する年だったような・・・
あとひと月 一体どこまで変化していくのか自分でも楽しみですじゃ~

で、持ち物ですが今朝方見たイメージデス。

上げた左手にいつものスズ
下げた右手にいつものタチ  埴輪でこんなポーズがあったナ

それから

額に直径15センチ位のカガミ (麻紐で結んで)

後頭部に榊の枝を2本

胸に緑のタマ

を付けて

満月を背にして凛とした表情で立っておりました。

我ながら凛々しくも頼もしくもありましたワ富士山

新潟在住40代男性
僕は、半年かけてわっぽーチャネラー養成講座の基礎コースを受講し、修了させてもらいました^^
(僕は再受講予定:参加者絶賛募集中!開催地:新潟&千葉)

その後、昨日、わっぽーのセミナーがあり、午後の公開過去世セミナーでの話です。
はじめて人の過去世を本格的に見せてもらいました。
一人でみていても、想像と区別がつかず自信がもてませんが、先生や先輩と同時にみるなら、少し信じられます。

初心者の僕が偏性意識に入りやすいようにするためサポートしてくれているのか?すごく眠くなりました。
数分間集中すると、不鮮明な白黒テレビのような画像がみえます。
最初に見えたのが、ベットで寝ている人でした。
その後、先生のアドバイスのもとどんなベット?外の景色は?他に人はいる?
細かく調べて行きました。(初心者なのでひとつみるのにも、かなり時間がかかる・・)
中世ヨーロッパ火事でやけどを負った女性であることがわかりました。
女性には酒乱の旦那と二人の娘が居ました。
長女が酒乱の旦那を嫌って家に火をつけました。
その火事でやけどを負ったのです。
その3年後、顔に残ったやけどの痕、生活苦、旦那を亡くした悲しみから、女性は自らの命を絶ちました。
参加者の方々が受け取ったビジョンのフォローもありここまでわかりました。
さて、その時の体験が今に同役に立つのか?
ここから先生にバトンタッチ。
的確な質問で、今の家族関係にもリンクする内容になっている事がわかりました。
やはり、過去世は真偽よりもみたビジョンが現実生活にどのくらい役立つかが重要だと思います。
最初の一歩ですね^^;

と。ここままで、楽しんでいますが、まだ僕は過去世自体に対して「これだ!」と言う思いがないのです。
もっと楽しみますね~