コンタクト集」カテゴリーアーカイブ

2018年4月のエネルギー

4月2日千葉セミナー資料より

2018年4月がとうとう来たと言う感じです!

 

 

 

新しいエネルギーに変わった感じがしています。

また、個人の周りでも、社会情勢も、ころころ状況が変わっていく、変換の時代なのでしょう。

これを利用して、もっといろいろな状況を創りだす事が出来るのだと思います。

まずは自分から!

自分自身の事が、自分の行動・言動を観るとよくわかります。

よくわかると同時に、自分を変えようと強く意識すると、変換できやすいのです。

「何故そう思うのだろう?」がキーワードですが、全てを肯定して自分に聞いてください。

否定感があると、小さな声は閉ざしてしまいます。

肯定して、共感すると、自分の中の小さな声は色々な想いや考えを出してきます。

コンタクト 踏江

あなたに分かる事はあなたに分かる事

他の人に分かっている事があなたに伝わるわけではない

言ってみれば、自分の世界で起きていることが自分の真実で

他の人の世界で起きていることは

あなたにはわかり得ない

しかし

分からなくてもやってしまう事がある

やってしまう事は他の人も共有できること

やってしまう事は他の人もやってしまう事なのだ

時間差はあっても

やってしまう事は誰かがやることで

あなたかもしれない他の人かもしれない

やってしまう事は 起きる必然のことなのだ

ころころと変容していく中、自分を失わないには、もっと自分を手放し、自分を出せば良いきがします。
そうすれば変容を含めた全体意識のわれに到達するのでしょう。

コンタクト 踏江

人は自然と宇宙に委ねるられるようになる

それが人と言うもの

出来ない事がはっきりとわかった瞬間から、委ねる事が始まる

宇宙の大きさと自分の小ささとを実感した瞬間から、委ねる事が始まる

気が遠くなるほどの宇宙の広さを実感した瞬間から、委ねる事が始まる

そして

委ねる幸せを掴むだろう!

セミナー資料を開かず1ヶ月の振り返りをしていると、前の日に創った資料道理進んでいることがよく起きました。

今日も正に、そんな状態でセミナーは進んでいきました。

「もっと自分を手放し、自分を出せば良いきがします。
そうすれば変容を含めた全体意識のわれに到達するのでしょう。」
この踏江の言葉は、富美江さんによって

自分を出した瞬間から出したものが独り歩きするから
自分を出した瞬間から手放しているんじゃあないかな?

踏江「自分を出してその言葉や行動を掴む人が多い!
赤ちゃんがぐーぱーするように、つい握ってしまうのが人間かもしれない」

コンタクト 富美江

入口は出口と違うと思っても、ただ一緒なのにどこが違うのだろう
出入り口はどちらでも良いのが、こちらの世界だ。
だからこそ、どの場も言葉の違いだけだと知れば
その言葉だけで、意味を捉えなくて良いだろう。
こだわりは、自分の中で意味づけし
出した瞬間に、大きくこだわりを持たなければ
ただできた事を手放し、
その時、宇宙に大きく解き放たれる!

講演会のご感想と人生超前向きな富美江さん語録をご紹介します!

ご参加のドクターから頂いたメールと発達障害の質を持つ超前向きな富美江さん語録をご紹介します!

富美江さんの存在感には圧倒されました。今村先生の名司会で、富美江さんの個性が存分に引き出されたと思いました。最後まで残っていられなかったのが残念でした。貴重な経験をさせていただきありがとうございました。

発達障害については、「生まれつきの脳機能の発達のアンバランスさ・凸凹」がべーすにあるとの説明でしたが、とかく凹だけが目立ち、凸を見つけてあげることには大変な苦労があるのではないかと感じました。親、兄弟、学校の先生方、世の中の理解が広がり、障害をマイナスとばかりとらえるのではなく、個性ととらえプラスの部分が光るように、社会としてのサポートが必要なのではないかと感じました。

しかし発達障害はあまりにも広い障害を含んでおり、とりわけ高度の自閉症や知能障害の場合には、どこにプラスを見つけてあげられるのか、一個の人間としての存在そのものに価値、いえ尊厳を見出すのか、親の負担、親が死去された後のサポートなど、開かれた社会の中で生きていくことは容易ではありません。現実には施設に収容状態が実態ですよね。むずかしいです。

富美江さんのように輝いて生きている方の存在は、発達障害で悩んでいる当事者、家族に希望と勇気を与えてくれたと思います。

 

富美江ゴロク

ごまかさない

嘘つかない

自分に対しても、人に対しても、忖度(そんたく)はできない

努力・目標・疑う・嫉妬・忖度は自分の中にない

想像・妄想は大いにある

母の介護の時
介護をしていると思っていない

側にいるだけ、歩きにくい時には手を出し、ぐちゃぐちゃ同じ話を聞くときも自然な事

できる事しか与えられていない、だからできる。

出来ない事は与えられない。目の前の状況はできる事

寝る場所だから寝る 横になれば寝る体制だから寝る

する場所だからする

目の前のやることはやる

出来ない事は お任せ

先の事はわからないからしない

予防接種も健康診断も

事が起きたらまな板の鯉だな~と受け入れ対処してもらう

嫌という気持ちもない

(心臓病・脳梗塞・胆管結石・出産時無痛分娩で出血が止まらず一晩で髪が白くなるなどの体験をした、今もある)

年をとると出来なくなることが増える

次、何が出来なくなるかと思うと

未知の世界で、ワクワクする。

病気があっても、病人にはならない。

苦しい~~ う~~~  でも楽しい!

(1歳になるお孫さんの先天性心臓手術の翌日のメール)

変化ある毎日で、私の性格にあって、飽きない日常です。

この変化を楽しんでいます。

孫がドラマチックな人生を始めるんだな~。

生まれた時からそばにいて欲しい時に母が側にいない孫

そこにいっちょかみの私が、関われる。

 

対談:『凸凹姉妹が龍でひとっ跳び』ビデオ「発達障害の質を持った方の、超前向きな生き方」

3月24日に行われた記念講演会 対談『凸凹姉妹が龍でひとっ跳び』の一部で、
発達障害の質を持った方の、超前向きな生き方をご紹介します。

六龍オーナー 森下とし枝・牛田富美江
司会:今村達弥(ささえ愛よろずクリニック院長)・踏江みつ子(わっぽー代表)

対談『龍でひとっ跳び』ビデオ チャネリング紹介

3月24日に行われた記念講演会 対談『龍でひとっ跳び』の中でチャネリング(定方昭夫先生の易経公演中に降りたメッセージ)をご紹介した映像をアップします。

六龍オーナー 森下とし枝・牛田富美江
司会:今村達弥(ささえ愛よろずクリニック院長)・踏江みつ子(わっぽー代表)

 

 

 

 

 

 

今もって、宙に姿を見て表さず
それを持って人間の成長を重ねて
質を観る
この龍によって人間は神として捉えると
ここに人間と龍の生き方を智れば
このそれぞれの言葉の意味を
神の言葉として、そこに理解力に
素直に人間の成長を天との繋がりを感じ
宇宙の倫理
天と地の在り方
そして人間はこの龍の姿が我と重なり
天に届く大きな姿も我となりうると
この地に生きていても
天を智り、地も天となり
神となりうる事が我にもあると
この地に生きていても安心を持つ事が出来るのが龍の有難さである

記念講演会『龍と人の六変化』中に降りたチャネリングメッセージ

3月24日金澤翔子六龍Heart Window Artコラボ展 記念講演会 『龍と人の六変化』にご参加の皆様お待たせしました。

牛田富美江さんの自動書記と、踏江・高橋のチャネリングメッセージをまとめました。対談:『凸凹姉妹が龍でひとっ跳』前や最中、定方昭夫先生の公演中、そして、展示期間中に降りたチャネリングメッセージをアップいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月24日講演会前 牛田さん

震える空から龍が姿を見せた時
雷、雨、そして晴れ
人は自然の姿を改めて感じ
今の時代の知能がいかに儚く
馬鹿げた事かをこれからは知ることができるだろう
自然はそのまま、
今生ある人間がここに生きる喜びを持って
むやみに機械化された知識を有り難がる事はもう慎む方が賢明だろう

 

 

 

 

 

 

 

3月24日講演前踏江コンタクト
最初は点、点と言葉を紡いで
それが線になって
突然拡大した空間になる
その時狼狽せず
意識を拡げ、この場に大きく存在すれば
今この瞬間に地球に生きていると言う
実感を持つだろう
そこから先は始めるのだ
一人一人が今どこに生きているのか実感し
自分をそこに表す
大きな実験がここに行われている
違うジャンルの者たちが
一つの合言葉「リュウ」と言う合言葉で
大きな渦を共鳴し作り上げる

 

 

 

 

 

 

 

3月24日定方先生講演中
牛田さん
今もって、宙に姿を見て表さず
それを持って人間の成長を重ねて
質を観る
この龍によって人間は神として捉えると
ここに人間と龍の生き方を智れば
このそれぞれの言葉の意味を
神の言葉として、そこに理解力に
素直に人間の成長を天との繋がりを感じ
宇宙の倫理
天と地の在り方
そして人間はこの龍の姿が我と重なり
天に届く大きな姿も我となりうると
この地に生きていても
天を智り、地も天となり
神となりうる事が我にもあると
この地に生きていても安心を持つ事が出来るのが龍の有難さである

 

 

 

 

 

 

3月24日対談中 牛田さん

人は柱を必要とするが
柱は別物ではなく
自分の中に何かがある
何がしたいと想えば
それが柱となって
その自分の中で芽生えた柱は光となって
しっかりと自分の中で光り輝き
ここに我ありと存在が大きくなって
その力がこれから生きると
何がしたいか、どうしたいか柱が大きな支えとなる
外側の価値に惑わされず
自分の中に芽生えた事に光を当てよ
そうすれば本物の自分が大きくなる

 

 

 

 

 

 

3月24日対談中 牛田さん

「リュウ」の鱗が剥がれる時
動きが止まる
剥がれ落ちた時は終わるが
剥がれかかった時、事が起きれば
新しい鱗となり
大きな変化を起こし
次の動きの時代に変わるだろう

 

 

 

 

 

 

3月25日 会場で 牛田さん

手を広げ、胸を広げ、ただそこに立つ
絵の奥はその人のその姿が絵になっている
心の奥の開放が今、ここにある絵となっている
常に開放の手段を手に入れて
心の奥が素直に表現されるようになると
日常が素直に受け入れられて
今ここにある自分が本当の姿となって
表されて
常に自分は大きく
姿をここに居て
全てを受け入れられている
自分を智る事に感動する人生になっていくだろう

 

 

 

 

 

 

3月25日14時40分 控え室 牛田さん

後から付いて来るからと言って
待つ事はない
先に行ける者は先に行け
後から行く者は先に行く者について行く事はない
焦らず我が道で道が一緒だからと言って
先に行く者とゴールが一緒ではない
朗らかに楽しく道は同じようでも
歩き方か違えばその道は違った歩き方になる
自分なりの歩きと歩幅で周りも楽しみながら、我が道を歩き、飛び、休み
歌あり涙ありでこの人生の道を
楽しんで次の生まれが始まるとよし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月25日 14時45分 控え室
高橋から牛田さんの連携で

難しく考えることはない
ただこれだけと
むしゃくしゃして
むしゃくしゃして
むしゃくしゃすると怖くなる
怖くなると面白くなる
くっつきたくなる

牛田さんへバトンタッチ

空(くう)は空を呼び
魂は自由に
飛ぶ時、そこに虚しさはない
感情はそのエネルギーとして爆発し
その爆発は皆が怖れを持つほど
大きくなれば良し
感情は力なり
怒りはため込まず、表現された時
新たなる心の持つ幅が広がり
そこに慈しみの心が湧き
愛が生まれる
その大きさに身を委ね
感情が出る事に怖れを抱かず
大いなる者に全てを委ねて甘えてみよ!