月別アーカイブ: 4月 2016

5月5日新潟に行きます

5月5日より長岡・新潟に伺います。

皆様よろしくお願いいたします。

*   *   *   *   *

<チャネラー養成講座>
7日 縄文式チャネラー養成講座基礎コース新潟④ 12:30~  新津交流センター
8日 縄文式チャネラー養成講座アドバンスコース新潟④ 12:30~ フェニックス2F

*   *   *   *   *

5月個人セッション(お時間は変更できます)

6日(金) 13:30~15:00(90分)  15:15~16:45(90分) 新津交流センター
*   *   *   *   *


Heart Window At工房活動ご案内

image

 

 

 

 

 

 

5月長岡の作品です

5月5日(木)      13:00~15:00   長岡中央公民館さいわいプラザ
5月6日(金)      17:00~20:00   新津交流センター
5月7日(土)       17:30~19:30   万代市民会館2F
時間は各自2時間(時間内での退出入は可です)
参加費(絵のレッスンのみ)1500円
チャネリングレッスンまたはチャネリングメッセージ込みの上級者コースは3500円
ただし、ご参加3回までは1500円のコースのみです。

Heart Window Art工房活動
自分の奥の世界の表現は、アート制作になります。教わるのではなく、奥の個性を引き出しすサポートを行います。ご参加いただいた皆様はアーティストです。
落書きのように絵を書きながら、隠れた自分の個性を 引き出し、隠れた感覚を引き出す作業をしていきます。その作業によって、知らず知らず に内なる声に触れ、直感力を高められるでしょう。
ご質問等お気軽にご連絡ください。

*   *   *   *   *

 

皆様からのご連絡をお待ちしております。

080-1301-4228  踏江みつ子

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

チャネリングコンタクト  「形に囚われず 形を慈しみなさい」

4/27コンタクト

形に囚われず

形を慈しむ

この二つが 命がある時にだけできる事

形を生み出す前の意識は

人と成りを全て使い 全力で表わすが良い

地位や名誉や欲によって生み出すならば

その姿勢があなたの方向を生み出し

いつしかあなたが 地位や名誉や欲に使われるようになるだろう

自分の探求にのみ想いをはせれば

全ては与えられ

あなた自身が背伸びをせず

身の丈の安心感と

広大な宇宙空間を自由に飛びまわるような自由を手に入れるだろう

形に囚われず

形を慈しみなさい

 

*  *  *  *  *  *  *

現在銀座で8人展を開催しています。
出展者のブログを読んでいたら、まさに、形に囚われず形を慈しみなさいのコンタクトのエネルギーと同じものを感じ同ページに紹介しました。
生きている事が瞬間の形の積み重ねです。
たかまさんのブログをお読みください。

*  *  *  *  *  *  *

 

人生を表わす瞬間となりました。

今ここに居る事が奇跡だと実感している

半年くらい前に取ったライブのチケット

銀座での展覧会とちょうど一緒になる

銀座で出展してみたい

2つの目標を持ちながら過ごしていた

その時には想像つかなかった

今の自分…

病気がわかった。

生きる事を選び、治療に入る。

そうすると上京はかなり厳しい…

もっと生きる事を選び覚悟した

そうしたら

流れが変わってきた

病気がわかる前描いた絵と手術前に描いた絵が銀座に展示されていた

自分の生きてきたそのものがあった

案内を送った友人達が絵を見に来てくれた

全く知らずに同じ病いと闘っていた友人がいた

20年ぶりに会った

語り合った

彼女は全く連絡をせずに私が今日来る事を知っていた

奇跡のライブを堪能した

何というパワーだろう

エネルギーをたっぷりともらった

もう一つの目標だった

英語のMCをそのまま理解したい

まだまだ無理だったけど

次のライブの目標としよう

全てが奇跡の連続

{F696F426-6D93-45F9-A3D4-6E59355EFC33}

{CB3E2F2F-3E90-45F2-8840-C3FFFC31B4F7}

 

 

 

 

始まりました!

8人展  始まりました。

絵の前でその絵について何人かで語っていると、絵は輝き出して、存在感が増してきます。絵は聞いています。そう、生きています。何故なら、そこに存在しているから、命があるのです。そして、存在している絵もいつかは消滅します。

植物に語りかけたり音楽を聞かせると元気になったり、美味しい野菜になると言います。絵も同じ現象が起きます。

命を描き、描かれた絵が命を持つ!それを実感した今日は最高に幸せな一日となりました。そして贈られたお花たちによって会場は華やいでいます。おいでいただいた皆様と語りあえることに感謝し、皆様をお待ちしております。

土曜日の搬入の様子と、会場受け付け風景です。

image image image

image image image

 

 

 

Heart Window Art展2016銀座

チャネリングコンタクト   「宇宙物語4/19」

4/19 千葉養成講座アドバンスコース中のコンタクト

一本の糸があるとしよう

その糸は始まりも無く終わりも無くあり続ける

その糸は自分の姿を知りたくなって

始まりと終わりを見つけるために、糸はぐるぐる巻きになったり、ぐしゃぐしゃになって

始まりと終わりを手繰り寄せていく

始まりと終わりは、姿を現さず

こんがらがった糸が巨大になり あげく全てを呑み込んでしまう

宇宙とはこういう事

始まりも無く 終わりも無い

だから

経過も無い

あるのは

糸があるという

その事実だけ

永遠にあり続けるという事は無く

消滅という事も無く

瞬間にあるという事は

あり続けるという事では無く

ただ瞬間にあるという事だけ

そしてそこで重要な事は

自分が自分を呑み込んでいくという大きな真実

存在は 存在するものがすべて

自分が自分を呑み込んでいるのかいないのかもわからなくなって

それが法則

始まりも終わりも無く

しかし存在は

自分を知るために自分を膨張させ 自分を呑み込んでいく

 

質問

糸があり続けると知りたいと端を手繰り寄せるという意志はどこから来るのですか?

糸の意志ですか?

 

糸の意志であり

宇宙の意志であり

全ての意志である

 

質問   こんがらがった糸という言葉は何を表わしているのですか?

 

自分が膨張しているという事

 

質問 自分と言うものは何ですか?

 

糸(意図)

 

質問  それはみんなに当てはまる事ですか?

 

そう

全てに当てはまる

水も木も土も空気も・・・・

消滅するとは自分に呑み込まれるた時の事を言う

 

質問 自分で呑み込まれるのならば消滅しないのですか

呑み込まれようが 呑み込もうが消滅する

 

それは 全てになるという事

 

ふ~~。ありがとうございました。

搬入

25日からの8人展の搬入を23日行います。
出展者新潟から4名、千葉東京から4名

Heart Window Art展のたびに沢山の事が起き、それらを乗り越えて展覧会に立っていました。
2016年の展覧会は、乗り越えられない事が起き、ただ今の自分を次の自分が超えて今ここで立つと意識を変えました。
今回、熊本大地震が起き、地震はおさまらず、どこで起きてもおかしくないほど、緊迫しているように感じます。
だからこそ、ありがたい事です。

どの作品も宇宙が描かれており、その作品で宇宙空間を創る事は神事なのです。
幸せな事です。
銀座7丁目にどんな空間が出現するのかは、まだわかりません。
その場に立った時、メッセージが降り、神事が始まります。

そして期間中、聖地となった場で、お越し頂いた方との一期一会、そこに神も関わり、神計らいも起き、メッセージを沢山いただき、今日の自分を超えていくので、楽しみです。

皆様のご来場をスタッフみんなでお待ちしております。

8人展出展者が紹介されましたシロタ画廊ご案内はこちらからです。

8人展 ~Heart Window Art心あそぶ~

シロタ画廊 東京都中央区銀座7-10-8   03-3572-7971
2016・4.25(月)~30(土)11:00~19:00 最終日17:00まで

 

scan-004

 

 

 

 

 

 

scan-001 (2)

チャネリングコンタクト 『自由に飛び続ける』

4月18日金澤翔子さん書の六龍がいる中でのコンタクト

跳ね上がって、跳ね上がって、大地から躍動しなければ、飛ぶことはできないのです。

躍動するとき、物事が壊れていきます。

それでも自分を生きたい、自分を生きたい、

もっと自由になりたい!

広い世界を観たい!

挑戦したい!

全ての責任は自分にあるから、神よ力を与えてくれ!

そう思って始めて飛べるのです。

自由に飛び続けるのは、強い意志を持って、覚悟を持って 

色々なものを捨て、ただ己だけで在るとなって、飛び続けるられるのです

全てのものが実現するわけではない

自由に飛んでいるものは

見下さず

物事を狭く見ず

決めつけず

囚われず

他の在り方を認め

他の存在が飛ぶ事も認めるのです

決めつける必要はなく

奢る必要はなく

広い視野を持って

己が自由にあると強い意志さえ持っていたならば

飛び続けられるのです

それぞれが自分の在り方を全うすれば良し

それで良し!

IMG_0072

 

 

 

 

踏江撮影

チャネリングコンタクト

<神の視点と、魂の視点で「体の死を超えた死」をチャネリング>
4月3日新潟チャネラー養成講座アドバンスクラスで「生きる事死ぬこと」のチャネリングを行った時参加者が受け取ったコンタクトです。
その瞬間は今世の最高の瞬間です。
沢山の不安を手放し、沢山のこだわりを手放し、ただ、全てに感謝のみになった瞬間です。
人生を知るには欠かせない事だとメッセージを受け、皆で挑戦しました。

Aさん
孤独だけど安心
孤独はわかり切っているけれど安心できる

Bさん
自分の人生を振り返る時間を創ってくれる瞬間
自分の人生の意義を創ってくれる

Cさん
ひとつのものから始まって
ひとつのモノに向かって進む
全体が融合し
全体の形は変わっていく
変わらないものは何もない
その中に死が出現してくる

土に帰る

Dさん
形が変わっていく
死は終わり
でも次があると置き換えている
死と向き合える強さ
それが人生のテーマ

Eさん
生きている事を観方を変えてあちらこちらから見る瞬間
色々な方向を向いた鏡の空間
多面的な鏡
時間の概念も変わっていく
どれだけ成長したかを確かめる時期
良い人生だったと、人生幸せの最高の時期のような気がする!

Fさん
体が朽ちていくと同時に
それぞれの終わり
体と意識と魂がそれぞれ終わる

 

言葉では言い表せませんでしたが、皆さん心地よく澱みのない安心感に包まれ言葉を出していました。
生き切った先にこの瞬間があるのならば、安心して今できる事を精一杯できると、分かった日になりました。

Heart Window Art 市川

今日の作品

話し込んでしまったので、1時間だけの制作になりましたが、内観した自分をぶつけた作品になりました。

image

 

あるモノはこばまず!

自然は厳しく容赦ない、争う事は出来ない!

報道で見る画面や文章と自分が体験した事から、被災者の皆さまに想いを向けております。

続けざまに起きている熊本・大分の群発地震、南米エクアドルでの地震!地球が動いており、常に変動しているのだと突きつけられます。

小さな厳しさは、人を育ててくれます。

大きな厳しさは、人生が変わるほどのショックを与え、心の強さと柔軟な智慧を要求してきます。

何が起き、これからどうすれば良いのか?

そんな時、熊本の皆さまが避難所でも助け合い炊き出しなさっている姿を拝見し、胸が熱くなりました。今できる事を見せて頂きました。

それが愛だと気づき、。

互いの命を愛し合い、慈しみあい、助け合う。

共に生きる。それが、難しくても,

その生き方を選んでいるのが、地球に生きる事なのだとしみじみ感じています。

 

昨日の大風の中 東京駅Heart  Wnidow  Art にご参加いただいた皆さんの作品です。

強風で電車が止まり、恐怖に陥ったけれども、一時間遅れで到着し、気持ちを切り替え、全てがあって良い事とふに落とされ、一気に描きあげた作品です。

image

 

 

熊本 大分の皆様

熊本・大分の皆様

被害に遭われた方には心からお悔やみ申しあげると共に、

被災された方々のご無事と1日も早い大地の落ち着きを祈るばかりです

まだまだ余震も続いているようなので

気持ちが休まることはないでしょうが

どうかどうかお気を強くお持ちください。助け合い生きていきましょう。

 

生きるとは…   

3月突然病名がつき治療が始まった方とのメールのやり取りです。
死を意識し、覚悟し、委ね、今を生きる事をなさっています。
そのような時、自分自身を知り、神のコンタクトが生きる力を与え、心を支えてくれます。
そして、周りの人が寄り添います。
みんなで生きていきたいと強く思います。

* * * * * * * * * * * * *

手術からまだ3週間。順調に経過しているが、次の治療は危険を伴うことがいくつかある為、医師は慎重に進めようとしている。とても誠実な医師である。

しかしせっかちな私はずいぶん時間が経ってしまっているかのような錯覚に陥り、この状況に少し焦りを感じていた…

TOMさんとやり取りする

「こ んばんは、今あって当たり前とは、今までは、死の病です。簡単ではありません。だからこそ、何があっても仕方がないのです。今良くても当たり前だと思わな いでください。甘えないで、今これからの生きる時間大切にしてください。次が産まれます。だからこそ、あって当たり前です。」

難しい…

自分の中で混乱している。

大変な病気という思いと大変だと思いたくない思いと職場の人にいつ頃復帰出来そうか?と連絡がきたり、気分転換に外に出た方が良いと言われるとそんな簡単じゃないよ!と思ってしまう気持ちと。

早く復帰して欲しいと言われるのは有り難い事なのに面倒くさいと感じてしまったり。

今この瞬間が奇跡だと思うのにこれからの事や治療での体調変化や脱毛を思うとそんなにしてまで生きるのが面倒くさいと思う自分もいる。

でも家族みんなと別れるのはまだ辛いなと…

家でも職場でも自分の役割があって
みんなが元気に復帰するのを待ってくれている
こんな有り難い事はないはずなのに
なんなんだろう…

TOMさんからの言葉

「生 きるのは、受け入れるのではなくて、認めるのだと思います。そして、次の自分で今何をするか、今何したいかだけですね。周りも家族もその前に自分です。貪 欲に自分を示して生きてください。人の評価ではなくて、生きて行く自分の満足です。そこに立てれば、周りの気持ちを踏んで、自分の自由な気持ちで、受け止 めて摩擦なくて過ごしてください。」

この返事の届く少し前に
なんなんだろう??と自分に問うていた…
黒いクレヨンで塗つぶして描いてたら少しスッキリしてきた。
誰かの為ではなく
自分の為に生きようと…
誰かが笑顔になる為にするのではなく
自分がその人の笑顔がみたいならすればいい
自分が見たくなければ関わらなければいい
無理して関わる必要はない
自分が必要だと思う仕事をすればいい

ちょうどこのメールを送ろうとしていた。

踏江さんからも…

「良かった。
自分の心の奥にはたくさんの偽善があるようです。気づくとびっくりです。
それでも、自分の為に生きるならば、すっきりすると思います。
自分の思いにも気を向けて、やりきりましょう❗」

読んでいただきありがとうございました。

長岡の桜と忘れ物

一昨日5日新潟から帰ってきました。新潟の皆様ありがとうございました

長岡駅に向かう車の中でのコンタクトです。

色々なトラブルが起きてやっと解決する方向が見えたので、これで安心!と天に向かって言ったならば、「いや、そう上手くはいかないぞ!」と言われ、何かまた起きるのかなと心の片隅に入れておきました。

鍼灸の治療を受けた後長岡の桜の名所に連れて行っていただき、 長岡でお花見ができ、緊張がやっとほぐれ、長岡駅に到着です。新幹線掲示板を見ると3分後に東京行きがきます。

走ってホームに駆け上がると新幹線が入ってギリギリ間に合い全て上手くいったと喜び、車両のテロップ見たならば、次は大宮とでています。そう大宮までノンストップの電車です。なんてラッキーと喜んだ直後、スーツケースがない事に気付きます。ロッカーから取り出すことを忘れてしまったのです。

コンタクトはこれでした。大宮まで行けば戻るのも断念し、長岡の鍼灸の先生に取り出していただくようお願いし、対処をして席に落ち着きコンタクトも踏まえ内観します。

過去も今も、未来も、全て良し!全て必然ならば、不都合な事も、心を緩め、現実を認め、人に頭を下げ、ただ対処するだけ。感情を思考にくっつけず、ただできる事をするだけ。そうすれば全て解決できる事と思いが至った時、次々としたい事と方法が浮かびました。

この過程が面白いのです。神はお見通し。でも、それを実行するのは生きている私たちです。不都合にみえる事も想定内なのです。そしてそこに関わる神も人も共に生きている!それは本当の幸せな事!味わわせていただきました。

 

長岡でのお花見綺麗でした。

8歳、5歳の子供たちの絵

万代市民会館でのHeart  Window  Art  工房作品です。

8歳と5歳の

兄妹が

来てくれました。

2人も楽しみにしてくれていますが、私も、2人に会えるのが、とっても楽しみです。

大人にトライしてもらっている手法に挑戦してもらいました。

出来上がって、2人とも誇らしげに作品をファイルにしまっていました。宝物が増え、何かに挑戦する力と集中力を手にしたようでした。

image image image image image