チャネリングメッセージ」タグアーカイブ

コンタクト 「ワーッ と動き出せ」

久しぶりですが、コンタクトをお伝えします。
みなさん沢山のメッセージを受け取っていらっしゃると思いますが、ご自分と共鳴する言葉が見つかるかもしれません。

心に響いたメッセージがあれば、それを現実のご自分の考え方・思い方に影響を及ぼしてください。

変化センサーが働きだし、変えたいと思った古い考え方をした時にセンサーが違和感として教えてくれます!
変わりやすい2017年、変化し続けましょう。

踏江みつ子コンタクト

ワーッ と動き出せ

ドッ と形にしろ

スッ と己の姿は軽やかに

感情はあらわにし

意志は出し 意志を自覚すべし

幼児のようであり

初めて創られた人のように

そして

作られた人を楽しむべし

人が作った社会で

神が創った人として

心より人生を楽しむべし

 

WAKASAコンタクト①

高まることが常とならず

この変容を善しとせず

一つ一つ刻世界

刻まれし 意志

規定が生まれ変わる 確かなものが現れ・・・・効果がある

それを越えていけるのは

己を越えて信じて 行くのみだ

闇の力も光も

ひとつの事柄となり

細胞分裂のように 細かく分かれ

多くのモザイクを創りだしていく

己が試されることとなる

コンタクト②

聞きたいことを聞くよりも

耳を傾け 姿勢を正す

奥から沸いてくる思いに委ね

己の言葉を過信せず

ただ一本の管のようになって 振動を言葉に変えるだけで良い

ただ 耳を傾けるだけで良い

 

 

ちかコンタクト7/6

差別

そう思うならそれはそれであり

それに対しどう対処するかが今後の問題

もっと深いところでわかりあう認識することが肝要

良い課題だ!

探ってみよう

Q探る方法はどうしたらいいですか?

手探りで

 

WAKASAコンタクト③

高まる事が常とならず

変容を善とせず

一つひとつ刻まれたこの世界が

一度に広がり崩壊し

すべての規則が生まれ変わる

確かなものが何も現れず

ただそこに個があるのみとなる

己を超えて信じていくのみだ

 

WAKASAコンタクト④

闇の力も光もひとつの事柄となり

細胞分裂のように細かく分かれて

それぞれが今までのように

均等に発生するのではなく

違った生き方で

多くのモザイクを生み出していく

 

WAKASAコンタクト⑤

まず 聞きたい事を聞くよりも

耳を傾け 姿勢を正す

奥から湧いてくるおもいに委ね

己の言葉を過信せず

出がままに 人々に伝える

ただ 一本の管のように

振動を言葉に変えるだけでいい

やりたいと思わなくても ただ耳を傾ける

 

変化に乗る

踏江コンタクト

やんわりと伝えているのに

人はいろんな風に変化させながら言葉を出す

それがまた面白い

我々の世界から小さな単位で情報やエネルギーを送っても 

人の世界では 大きな影響をもたらす
受け取りようで

あなた方の変化は丁度良い変化であるから

宇宙の領域の物事を動かす練習しているようなもの

自分が何かによって変わるという事を もっとドラマティックにダイナミックに表現することで 周りに人に影響が及ばされる

それは宇宙が何かを起こすという練習なのです

小さくして影響を止めるという事は

宇宙の世界から遠ざかる事です

思いっきりのたうち回り

思いっきり地団駄踏んで

騒いで

その自分を隠さず表わす事で

宇宙がことを起こす練習をしていると認識を持つ事で

自分が置かれている状況は 置かされている状況だと理解していくでしょう

自分がことを起こしているのではなく

事が起きる事に加担しているだけ

自分の変化に乗っていけばよいでしょう

変化は爆発となり

自分自身にたくさんの体験を与えてくれるでしょう

質問:自分の変化に乗っていくという事が、
自分が変わるという実感はあるけれど、

ほくそえんでその状況で自己満足で止まる時どうすれば良いでしょう

表現すれば良い

自分は今こんな状態と喜びを大きくすればよい

弾け飛ぶような喜びを エネルギーを大きくすればよい

怒りにしてもなんにしても エネルギーを大きくしていけばよい

人の変化に乗っても大きくなる

闇の神よりコンタクト  2017/5/10

かなり怖いコンタクトなので、心の準備がない方は、読まないでください。

 

2017年5月10日 闇の神様よりコンタクト

人は本来残酷である

残酷に人を罰し、人を破滅させ

自分をも破滅させる

喜びの中で生きるというのは

喜びの瞬間を生きるというのは

その残酷さを超えたところにある

残酷を超える手前の喜びは偽りである

残酷さを知り

その相手への拒否・否定があって

それでも関わろうとした時 初めて 本来の人を超えた

『神の領域の愛おしいという想い』

『感謝の愛の世界』

を知るのです

人は残酷なものです

残酷な仕打ちを受けている時 ありがたいと思うならば

それは偽善でしかない

残酷な仕打ちを受けている時

相手を拒否したり 相手を憎んだりして

真正面からその残酷さを受け身に染みさせる

そうすれば

その向こうにある 慈しみの世界に入っていくでしょう

しかし

感覚がこの残酷さを認識出来なくなっていく

残酷を残酷と思えない状態になったならば

それは闇ではない 生きている世界でもない 神の世界でもない

人が創ったゲームのような世界

ただただ 意味のない何かをし続け

それがどういう事をしているかも考えず

智慧も働かせず

相手を分かろうともせず ただただし続ける

そこに陥ってしまったなら そこはあり地獄のように

あがけばあがくほど埋没して

無感覚の孤独という世界に入っていく

それがウイルスのように広がっていく

いつ感染してもおかしくない

 

 

 

2017年3月31日 コンタクト

2017年3月最後のコンタクトです。

海で生まれた風

山で生まれた風

ビルによって生まれた風

人を遮る風

人と人を繋げる風

嵐となる風

風にも様々あるけれど

風が吹き  物事が動き 時代が変わる

動き  変わったが良い

嵐の中では大きく目を開き 中心に入り 嵐を動かす意志を観る

草原を渡る風に目を細め 心穏やかに 人とくらす

ビルの谷間で吹き上げる風に乗って 天高く昇り 現象を観

海から山に吹き上げる風に乗って 自然の雄大さ荘厳さを感じ 畏怖の心を知り

窓を開け 我が家に風を入れ 

家族が変化成長する風を起こす

 

貴方のチャンスは相手のチャンスになる

長い間自分を観つめる作業をし、ご自分の感情はどんな事があっても穏やかにいられるようになった方のお話です。
その方は、4年の間に夫を看取り、弟さんのキーパーソンとなり看取り、その後ご両親を看取り、残された家族が穏やかに暮らせるよう、一族の家長の役割を果たしてこられました。
今回大人になった息子さんたちにどう対応すれば良いか、特に長男のさんに対してどう関わるのかのセッションを行いました。
彼の人生を想い、親として後悔のない自分の想いを伝えるためのコンタクトです。

コンタクト

今の流れでいいでしょう。
時を大切につかみなさい。
掴んだ時をチャンスと思いチャンスを自分だけのものとせず
相手のチャンスに変えるには
貴方の魂の奥にある尊厳の心を大きくし
貴方の愛の力を自分の心を越えた宇宙に拡げられる状態になれば
貴方のチャンスは相手のチャンスになる。
そしてその体験が人生の目的と言って過言ではない。
この瞬間の為に今まで学んできたと思いそこに立ちなさい。
その体験がいかされたなら貴方はすべてに感謝できるでしょう。
夫にも感謝できるでしょう。
息子の命を心から愛おしく思えるでしょう。
貴方の息子は素直でありながらねじれた心を持って生まれている
そのねじれた心に手を入れる事が出来る最大のチャンスです
貴方の命をかけその瞬間に立ちなさい。
ご本人からのメール
「尊厳、愛を宇宙に拡げるなんて神業のような課題の前に自分の小ささに愕然ですが、一晩たった今は目の前にきたことに逃げない私を息子にさらそうとだけ思っています。
尊厳、宇宙の愛についてはもっと私の中で醸してみたいです。」

 

踏江メール

「ありがとうございます。
私も気持ちが引き締まります。
宇宙の愛に向かい、愛すべき息子さんに向かい歩んでください。
応援しています!」
ご本人のメール
「立ちなさいといわれるこの瞬間とはどのくらい前からの神の計画なのかと考えると気が遠くなります。本当に宇宙に拡がるようです。」

 

個人セッション時のメッセージとその後のメールのやり取りです。(ご本人の承諾を得ております)