チャネリングで奇跡の人となる!

今日は長岡でのワークショップでした。

アートスペース wa  をお借りして、個人セッションと絵の教室 Heart Window Art を開催しました。

 

 

 

 

 

 

スペース wa  と オーナーの 若狭浩吉さんをご紹介します。

鍼灸師で指導もなさっていた若狭さんとの出会いは、新津で行ったわっぽーのワークショップでした。10数年前になるでしょうか。私の体のメンテナンスをしていただくと同時に、チャネリングをレッスンしていただきました。氣の流れを日頃読んでいらっしゃったので、すぐに興味を示されコツを掴んでいかれました。同時期に絵の方もチャネリング向上のために始めて頂きました。

色々な歩みののち、ご自分の作品展示のためのギャラリーを立ち上げ、同じ空間に瞑想部屋と、治療室を立ち上げたのです。

ご案内

エネルギーの高い絵に囲まれて治療を受ける事は、深い安らぎと、身体の回復を実感できる至福の時間ですし、どんどん進化していく作品を間近でみていくのも楽しみな事です。

今日の彼の制作風景をご紹介します。

先ずはチャネリングからです! 彼は緑内障が進んでおり、視覚障害をお持ちですが、この文章を書き、これから紹介する絵も描いています。今日改めて、「本当に見えないの」と聞きました。それくらい行動は健常者そのものです。ただ自分が描いた絵を見ることはできず、書いた文章は読めないので、私が代読し、ご自分で認識するのです。チャネリングによって、第三の目で物事を見ている「奇跡の人」です!  チャネルングをしてから下絵に入ります。今日はそこまでで終了でした。

コンタクト 若狭浩吉

目に見えないものは いつもそこにある

聞こえないものは いつもそこにある

どこにいても 耳目は断えず 忘れる事がなく

見ることは見えておらず 思い出しているだけだ

聞いても聞かず 考えているだけだ

そこにいても 別なところにいれば 自分はいつもなくなる

ただ、見て、ただ、聞く

そうすると、いつもある事が 気付かされる

気づけば 今までないものが 見えて 聞こえてくる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメントは停止中です。